サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
一九世紀後半オーストリア民事訴訟における口頭審理と法曹たち 上田理恵子 著 1−34
清代刑事裁判における州県官の対応に関する一考察 鈴木秀光 著 35−84
中世盛期におけるシトー会修道院の保護形態 大貫俊夫 著 85−116
原島重義『民法学における思想の問題』 同『市民法の理論』 広渡清吾 著 117−128
大津透(編)『律令制研究入門』 宮部香織 著 128−132
須原祥二『古代地方制度形成過程の研究』 渡部育子 著 133−138
大隅清陽『律令官制と礼秩序の研究』 江川式部 著 138−143
西田友広『鎌倉幕府の検断と国制』 新田一郎 著 143−148
井原今朝男『日本中世債務史の研究』 川戸貴史 著 148−152
田中大喜『中世武士団構造の研究』 岡邦信 著 153−157
渡邉俊『中世社会の刑罰と法観念』 佐藤雄基 著 157−164
大平祐一『近世の非合法的訴訟』 神保文夫 著 164−168
笠谷和比古『武家政治の源流と展開−近世武家社会研究論考』 谷口眞子 著 168−173
吉田正志『仙台藩金銀出入処理法の研究』 安竹貴彦 著 173−178
梅木哲人『近世琉球国の構造』 和仁かや 著 178−183
川口由彦(編著)『日本近代法史の探求(一)−調停の近代』 小柳春一郎 著 183−188
姫嶋瑞穂『明治監獄法成立史の研究−欧州監獄制度の導入と条約改正をめぐって』 大日方純夫 著 188−193
木庭顕『現代日本法へのカタバシス』 山野目章夫 著 193−200
三谷芳幸「職田の論理−議政官への給田をめぐって」 服部一隆 著 200−202
新田一郎「律令・式目−「法」テクスト注釈の非「法学」的展開」 長又高夫 著 202−206
守屋浩光「文化期盛岡藩における強訴徒党の処罰について」 吉田正志 著 206−208
矢野達雄・加藤高・紺谷浩司・居石正和・増田修「《共同報告》裁判所所蔵文書から見た戦前期司法の諸相−広島控訴院管内を中心に」 三阪佳弘 著 209−214
辻村亮彦「「敬慎願」とは何か−明治前期における裁判制度継受の一断面」 川口由彦 著 214−216
七戸克彦「現行民法典を創った人びと(一−三〇・完)」 宇野文重 著 216−218
中村裕一『中国古代の年中行事(第一−四冊)』 池田温 著 219−228
夫馬進(編)『中国訴訟社会史の研究』 陶安あんど 著 228−234
高橋芳郎『黄勉斎と劉後村 附文文山 南宋判語の訳注と講義』 近藤一成 著 234−239
小野寺史郎『国旗・国歌・国慶−ナショナリズムとシンボルの中国近代史』 高見澤磨 著 240−244
ワーエル・B・ハッラーク/黒田壽郎(訳)『イスラーム法理論の歴史−スンニー派法学入門』 奥田敦 著 244−250
岡野誠「新たに紹介された吐魯番・敦煌本『唐律』『律疏』断片−旅順博物館及び中国国家図書館所蔵資料を中心に」 同「旅順博物館・中国国家図書館における『唐律』『律疏』断片の原巻調査」 小林宏 著 250−253
川村康「宋令変容考」 稲田奈津子 著 254−256
佐立治人「あぶくの告発−前夫を殺した後夫を妻が訴えた話」 岡野誠 著 257−258
太田出「清代中国の監獄社会と牢頭」 喜多三佳 著 258−261
萩原守「中国・国家図書館所蔵「崇徳三年軍律」の文献学的再検討−八旗の法から清朝蒙古例への編入過程」 岡洋樹 著 261−263
吉川絢子「植民地朝鮮における離婚訴訟と朝鮮民事令−一九一〇年代を中心に」 岡崎まゆみ 著 263−265
小山貞夫(編著)『英米法律語辞典』 深尾裕造 著 265−270
グンター・トイブナー(編)/村上淳一・小川浩三(訳)『結果志向の法思考−利益衡量と法律家的論証』 守矢健一 著 270−280
宮嵜麻子『ローマ帝国の食糧供給と政治−共和政から帝政へ』 飯坂晃治 著 280−285
渡辺節夫(編)『ヨーロッパ中世社会における統合と調整』 田口正樹 著 285−291
金山直樹『法典という近代−装置としての法』 石井三記 著 291−298
鈴木正裕『近代民事訴訟法史・ドイツ』 水野浩二 著 298−303
踊共二「宗派化論−ヨーロッパ近世史のキーコンセプト」 渋谷聡 著 303−305
安竹貴彦氏の教えに接して 大平祐一 著 306−308
岡野誠氏の高評に接して 陶安あんど 著 309−311
会報   312−321
中村茂夫先生を偲ぶ 中村正人 著 322−326