サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
冒頭句「今は昔」と「けり」叙述 藤井俊博 著 1−12
物語冒頭と作品素材 神尾暢子 著 13−20
歴史的現在法の文体論的意味 山口仲美 著 21−28
見聞三話の統合論理 保科恵 著 29−36
「語り」の表現機構 安田章 著 37−47
俳文「柴の戸」の表現様式 広田二郎 著 48−55
文体の性格 真下三郎 著 56−61
日本古典文学の現代語訳 呉羽長 著 62−72
上代語における係助詞「こそ」の構文上の特徴 堀尾香代子 著 73−82
接尾語「さ」の構文的機能の変遷 秋本守英 著 83−91
落窪物語の丁寧表現 長沼英二 著 92−100
和歌の禁止表現 木村雅則 著 101−107
俳諧表現考 松岡満夫 著 108−116
視点と理解主体 東節夫 著 117−121
方丈記の解釈 押見虎三二 著 122−128
万葉集の歌謡性と視点の問題 久米常民 著 129−135
『和歌九品』望月駒詠の表現構成 小池博明 著 136−143
芭蕉の表現 赤羽学 著 144−150
『紫式部日記』の比喩表現 稲垣泰一 著 151−159
近松における修辞的分析の試み 柳沢浩哉 著 160−167
平安時代仮名文における用語「山里」 阿久澤忠 著 168−176
表現世界と語の意義 藤田加代 著 177−185
場面に即応する義趣の追究 桑田明 著 186−194
古今的表現の一面 渡辺輝道 著 195−201
西行の旅の歌における表現意識 西村真一 著 202−208
聞書抄物のことばの解明をめざして 小林千草 著 209−217
真名伊勢物語の清濁表記 遠藤邦基 著 218−225
子規の写生文に見られる現実認識 寺本喜徳 著 226−234
正岡子規の文章観と写生文の表現 長谷川孝士 著 235−243
夏目漱石『道草』における作中人物の発言と地の文との関係 石出靖雄 著 244−251
一人称代名詞「自分」の記述的意味 西崎亨 著 252−259
『細雪』四姉妹の対称詞 安井寿枝 著 260−271
大佛文学が描いた女性像 福島行一 著 272−277
文体はいかにして生成されるか 木原茂 著 278−287
巌谷小波における口語文体形成の軌跡 小松聡子 著 288−296
志賀直哉における省略の文体 根岸正純 著 297−302
話型の力 平野芳信 著 303−310
横光利一における文体の形成 前川清太郎 著 311−316
川端康成作品のファンタジー性 森本正一 著 317−325
遠近法と作品世界の作られ方 井倉美江 著 326−334
大江健三郎の文体 橘豊 著 335−343
「その子二十」歌考 大野裕 著 344−352
永劫の旅人の円環のヴィジョン 池谷敏忠 著 353−358
実相観入の論 山根巴 著 359−365
芥川龍之介『藪の中』 佐藤嗣男 著 366−376
照応と省略 菅野宏 著 377−383
「人生劇場」の評価 都築久義 著 384−390