サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

作品 著者 ページ
形式語研究の方法論 山崎誠 著 1−18
複合格助詞関連形式での丁寧形/普通形の対応関係 服部匡 著 19−34
コーパスを活用した類義語分析 砂川有里子 著 35−60
「代わり」の意味分析 田野村忠温 著 61−85
複合助詞の品詞性について 杉本武 著 87−103
複合辞〈ニ際シテ〉の意味および共起制限 三井正孝 著 105−123
複合辞「〜ものなら」について 藤田保幸 著 125−154
集合操作表現の文法的性質 江口正 著 155−175
同一性を表す形式名詞「通り」について 森山卓郎 著 177−188
連体修飾構造中の形式的な「の」「こと」について 中畠孝幸 著 189−203
接続詞の連続使用・二重使用 馬場俊臣 著 205−232
使役文における動作主体を表す「(人ヲ)V−テ」の後置詞性と動詞性 早津恵美子 著 233−262
連体修飾節における基本形とタ形の対立 丹羽哲也 著 263−283
複合辞「という」の文法化の地域差 日高水穂 著 285−300
西日本方言における「と言う」「と思う」テ形の引用標識化 小西いずみ 著 301−317
学校国文法と形式語 山東功 著 319−338
文法体系における複合格助詞と単一格助詞の位置づけ 塚本秀樹 著 339−366