サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
ブリーフセラピーへの包摂のために 長谷川啓三 著 4−8
何をもってクライアントの信念や思考を誤りとするのか 野口修司 著 12−14
クライアントを問題と見なす治療構造について 浅井継悟 著 15−18
認知行動療法では扱えない部分 狐塚貴博 著 19−23
主訴のソーシャル・コンストラクティズム 小林智 著 24−26
クライアントの信念や思考に沿うことの重要性 平泉拓 著 27−30
セラピストが治すという治療構造からの脱却 宇佐美貴章 著 31−34
クライアントの自律性を尊重する 森川夏乃 著 35−38
治療場面よりも日常生活場面を重視する 板倉憲政 著 39−43
認知行動療法とブリーフセラピーのアセスメントの異同 石井佳世 著 44−49
他者を変えることは可能か 石井宏祐 著 50−53
問題をシステムとしてとらえるアセスメント 石井佳世 著 54−57
クライアントとの関係性のアセスメント 石井宏祐 著 58−62
クライアントの症状・障害に左右されない 松本宏明 著 63−67
ブリーフセラピーの視点を取り入れた心理教育・治療会話法 岩本脩平 著 68−75
パラドックス介入の視点からみた認知行動療法 伊東優 著 76−88
カウンセリングトレーニング体験記in U.S.A. 敦賀直子 著 89−107
MRIとSFAは表裏のアプローチであるという見解についてSFBTA会長と議論する 生田倫子 著 108−109
“Relational Suicide Assessment”は如何に実践的に書かれているか? 尾崎望 著 110−112