サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
なぜ地域歴史資料学を提起するのか 奥村弘 著 3−31
歴史資料を千年後まで残すために 平川新 著 32−54
地域資料学を構想する糸口 市沢哲 著 55−71
とらえなおされる地域歴史資料 三村昌司 著 72−85
震災を次代に伝えるために 佐々木和子 著 86−103
地域の歴史・文化資料とどのように向き合うか 久留島浩 著 104−125
地域歴史資料の「保全」から「活用」へ 坂江渉 著 129−141
過疎化が進む地域と資料のゆくえ 小林准士 著 142−155
歴史資料を守り、伝えるために 寺内浩 著 156−167
「宮城方式」での保全活動・一〇年の軌跡 佐藤大介 著 168−188
文化大国NIPPONの裏側 多仁照廣 著 189−200
土蔵まるごとの救出から広域災害支援へ 矢田俊文 著 201−213
多くの人に支えられた救出活動 伊藤昭弘 著 214−221
予防ネットという考え方 今津勝紀 著 222−237
大規模災害時における資料保全ネットの活動 蝦名裕一 著 241−253
ふつうの人びとの資料レスキュー 小林貴宏 著 254−263
「忘却」される“歴史” 安田隼人 著 264−274
災害時「未把握資料」の救出・保全をめぐる問題 山川千博 著 275−288
歴史資料保全における福島県の課題 本間宏 著 289−299
ブンカザイを空疎な言葉にしないために 白水智 著 300−311
被災史料を“みんな”で守るために 川内淳史 著 312−324
民間所在史料保全のためのネットワーク形成 松下正和 著 327−338
水濡れ史料の吸水乾燥ワークショップの展開 河野未央 著 339−356
多仁式漉き嵌め法による資料修復と水損資料の脱水試験 多仁照廣 著 357−369
水損史料の凍結真空乾燥処理、および関連処置について 内田俊秀 著 370−376
津波被災歴史資料とボランティア 天野真志 著 377−390
イタリアにおける被災文書資料救出事例の検討 内田俊秀 著 391−402
災害から歴史的環境を守るために 足立裕司 著 403−422