サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
「親子の似より感」研究の現状とそのパースペクティブ   2−10
自己形成と親子関係の関連性   10−17
親子の似より感と自己受容について   17−21
〈関係性〉の心理学について   21−23
「内なる他者」を見つめる目   23−25
〈私〉と「内なる他者」の導き手   25−28
理論化への次なる一歩:「似よることとズレること」   29−34
人生を三段階でみる理論モデルの研究   34−40
「自己を超える」・「超えて含む」とはいかなることなのだろうか   41−47
〈私〉についてのさまざまな示唆   47−49
家族システム論を超えるような考え方の抽出に向けての始動   49−54
人生の第2段階における特別な体験と人生の第3段階がもたらす心の変化に関する研究   54−61
論文(2006)後における一年間の理論構築の補強作業について   61−67
他者とのかかわり方 その1 発展課題   67−70
他者とのかかわり方 その2 イメージ画 1・2   70−73
青年期の位置づけと特徴   76−77
青年の親に対する認知   78−79
自己と父母の三者の認知関係   79−80
青年期の自我同一性と、調査方法の迷い   80−82
「似より感」の群分けの確立   82−84
調査用紙の作成と分析方法   85−91
研究テーマ探しの旅   91−98
研究パラダイムの変換   98−100
「同一性」概念と似より感/ズレ感   100−105
養育態度と継承化のプロセス   107−109
親子の似より感研究の到達点と今後   109−112
心内化プロセスが与える影響   112−115
両親と女子学生の間の性格認知   115−118
人生の第2段階での自己認知と第3段階へ   118−121
交流分析からみた群差の理解   121−124
娘と両親の似より感の詳述   124−127
抽出された4因子について   130−139
4因子の各構成項目の出現率   139−151
4年間の縦断的研究   151−155
親子の似より感と女子学生の性格との関連   165−182
親子の似より感と自己受容について   182−194
時間軸と空間軸からみた自己の定位   194−212
心理学的健康と時間軸にそった自己意識   212−231
親子の似より感と結びつき   231−252
交流分析における自我状態について   252−266
親子の似より感の推移について   266−284
若い母親の養育態度と親子(幼児)の性格認知   285−298
女子学生とその両親が捉えた性格の相互認知   298−306
成人における実父母との似より感   307−327
娘は両親のどこと似よるのか   327−344
両親と女子学生の時代的背景   345−349
親子関係について   350−362
家族関係について   362−374
両親の幼児に対する養育態度と性格認知について   375−403
きょうだいからみた青年期の親子の似より感と心理的距離の研究   403−413
女子学生の友人関係に関する研究   414−419
人格形成における螺旋的発達理論の構築   421−424
出会いという関わりについて その1   424−428
出会いという関わりについて その2   428−432
出会いという関わりについて その3   432−438
出会いという関わりについて その4   438−445
「内なる他者」という第二の自我を提唱する意義について   445−452
なぜ私たちは質問紙調査において、曖昧な表記でもサッサと自己判断ができてしまうのであろうか   452−453
アサジョーリ,R.とミンデル,A.の考え方について   454−464
〈私〉のその後の進行中の思索について   464−468
21世紀における親子関係・家族関係の姿はいかに…   468
思春期を見据えた「今、ここで」の子育て   469−477
愛しい子どもからのメッセージ(含、SOS)を親はどう受け止めていけばよいのか   477−480
“ほどよくほっておいてほしい”・“話は聴いてほしい”   480−481