サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
ホテルマンほど人間観察の出来る仕事はなかった 森村誠一 述 10−20
警察官殺しで誤認逮捕された留置場で犯罪者を観察 佐木隆三 述 21−30
給料日本一と言われた会社を辞めて 津本陽 述 31−47
図書館の仕事で教わった「知らないことがこんなにあるのか」 阿刀田高 述 48−68
中学生のとき受け取った生島治郎さんからの手紙 大沢在昌 述 69−93
「私、あいつ嫌だから会わない」なんて駄目 田辺聖子 述 94−106
女性は全面的に自分を受け入れてくれる異性を求めたがる 小池真理子 述 108−132
かみさんとは、同志であり、男女であり、ライバルでもあるという宿命の関係 藤田宜永 述 133−143
やっぱり男と女の色恋沙汰に人は共感して引きつけられる 高樹のぶ子 述 144−159
僕は結婚は打算で、不倫は純愛だと思ってる 渡辺淳一 述 160−168
全く仕事をしない日は、年に二、三日もない 赤川次郎 述 170−195
物書きなんて一つ間違えればホームレスですから 西木正明 述 196−210
苦しさの中にこそ喜びがある 夏樹静子 述 211−222
僕は噓つきでした。よく先生に怒られました。「また作り話をしている」って 浅田次郎 述 223−246
昔から僕の読者は、同じものを書いたら絶対勘弁してくれない 筒井康隆 述 247−264
ちゃんと生きればちゃんと死ねる 北方謙三 述 266−288
文芸と言わず芸術というのは、死を賭けた遊びと言ってもよい 古川薫 述 289−298
災害が起きると、それまで見えてこなかったものが断面のように見えて来る 吉岡忍 述 299−309
私は死ぬのはちっともこわくありませんけどね 瀬戸内寂聴 述 310−317