サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

刑事法・医事法の新たな展開 町野朔先生古稀記念 下巻

刑事法・医事法の新たな展開 町野朔先生古稀記念 下巻

  • 岩瀬 徹(編集代表)/ 中森 喜彦(編集代表)/ 西田 典之(編集代表)
作品 著者 ページ
医療に対して法はどう向き合うか? 奥田純一郎 著 5−21
研究倫理審査と憲法 中山茂樹 著 23−44
医療事故調査制度の在り方について 川出敏裕 著 45−62
医療情報の保護と利用の刑事法的問題点 甲斐克則 著 63−82
再論・「患者の自己決定権と法」 米村滋人 著 83−108
宗教上の理由による輸血拒否と医師の刑事責任 萩原由美恵 著 109−129
再論・終末期医療と刑法 井田良 著 131−145
韓国における終末期医療に関する判例と立法の動き 趙晟容 著 147−175
世界基準の脳死基礎理論 長井圓 著 177−208
ドイツ移植法(TPG)の現状 臼木豊 著 209−247
精神障害者の家族の監督者責任 水野紀子 著 249−270
非自発的入院における家族の役割 五十嵐禎人 著 271−288
精神病質犯罪者の処遇 岩井宜子 著 289−306
精神障害を有する受刑者の再犯の現状と課題 平野美紀 著 307−323
精神医学からみた監禁殺人 中谷陽二 著 325−344
日本の精神医療と医療観察法 浅田和茂 著 345−366
医療観察法制定後の評価について 川本哲郎 著 367−381
医療観察法における対象行為と主観的要件について 山本輝之 著 383−408
少年刑事事件の課題と展望 廣瀬健二 著 411−427
少年刑法における責任概念 吉中信人 著 429−448
被害者氏名の秘匿と罪となるべき事実の特定 酒巻匡 著 449−460
訴訟の主体としての被告人の訴訟能力 飯野海彦 著 461−484
刑事手続における犯罪被害者情報の保護についての一考察 峰ひろみ 著 485−503
刑事司法における修復的司法の定着に向けて 山中友理 著 505−529
初期の裁判員裁判における量刑傾向についての実証的研究 渡邊一弘 著 531−548
刑事控訴審における審理と判断 岩瀬徹 著 549−566