サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

奥田聖應先生頌寿記念インド学仏教学論集

奥田聖應先生頌寿記念インド学仏教学論集

  • 奥田聖應先生頌寿記念論集刊行会(編)
作品 著者 ページ
Early Buddhism and Peace Lambert Schmithausen 著 34−50
Carpaṭi’s Avalokiteśvarastotra Michael Hahn 著 51−67
心(hṛdayam) 原實 著 70−99
On the Formation of the Second Chapter of the Bhagavadgītā 荒牧典俊 著 100−133
詩的情緒の實例に選ばれた詩たち 島田外志夫 著 134−148
prathamám「たった今」 後藤敏文 著 149−159
ラーマーヤナ・ウッタラカーンダの王統史觀 土田龍太郎 著 160−171
いわゆる叙述的奪格と具格について 八木徹 著 172−179
服を絞り与える手向けの水 永ノ尾信悟 著 180−188
ジャヤンタによるシャクティ概念批判 丸井浩 著 189−204
象の滝 高橋孝信 著 205−213
ブラフマンの考究 日野紹運 著 214−224
擬人劇『プラボーダ・チャンドローダヤ』(悟りの月の出)第二幕の試訳 平岡昇修 著 225−246
ラーマーヌジャの瞑想論 1 木村文輝 著 247−259
ガンゲーシャの知行併合論批判 山本和彦 著 260−270
Maitrāyaṇī Saṁhitā Ⅰ 1,3m(Ⅳ 1,3p) 西村直子 著 271−285
Bhāskara Mentioned in the Prameyakamalamārtaṇda 加藤隆宏 著 286−298
古典ミーマーンサー学における文の定義 藤井隆道 著 299−311
Historical Sources on the Loṅkāgaccha‐ and Sthānakavāsī‐Traditions in Johannes Klatt’s Jaina‐Onomasticon Peter Flügel 著 314−333
出家と髪・鬚の除去 阪本(後藤)純子 著 334−349
古注釈チュールニ研究の意義 渡辺研二 著 350−357
なぜ法を説くのか 谷川泰教 著 358−368
語り部としてのジャイナ教徒 水野善文 著 369−381
ジャイナ教宇宙誌序説 藤永伸 著 382−388
SyādvādaratnākaraとJñānaśrīmitra 狩野恭 著 389−410
飲酒の弊害:Aṣṭakaprakaraṇa第19章翻訳研究 宇野智行 著 411−424
ジャイナ教徒による刹那滅論批判 志賀浄邦 著 425−437
マハーヴィーラの身体と仏陀の身体 河崎豊 著 438−445
Aparādhālocanāの規定について 藤本有美 著 446−451
着衣の理由をめぐって 八木綾子 著 452−459
ジャイナ教行伝説話とラーソー文学 山畑倫志 著 460−468
シュラーヴァカ・アーチャーラ文献における〈布薩〉の原語をめぐる諸問題 堀田和義 著 469−475
後期ジャイナ教認識論に見られる“pariṇāma”再考 佐藤宏宗 著 476−489
初期ジャイナ教と初期仏教の諸問題 杉岡信行 著 490−499
「孔雀の口から流れ下る河」(rma bya kha ’bab) 1 御牧克己 著 502−513
聖者とされる駿馬 山崎守一 著 514−522
律文献の叙述と経典との関連 龍口明生 著 523−533
洞窟八詩篇訳注 中谷英明 著 534−550
サンガへの遺言の書としての『涅槃経』と結集 森章司 著 551−566
悪魔の仏身化作 引田弘道 著 567−574
「カンダ・サンユッタ」における二、三の問題 羽矢辰夫 著 575−582
ダンマパダ註釈書『双神変物語』和訳 田邉和子 著 583−601
転法輪の世界 片山一良 著 602−613
有我論と無我論の弁証 木村俊彦 著 614−622
信の喩え 林隆嗣 著 623−634
梵天共住と悟りの奇妙な関係 藤本晃 著 635−648
空思想の一考察 村上真完 著 650−664
『法華経』は人びとを必要とする 久保継成 著 665−677
Vimuktisena(Rnam sgrol sde)について 磯田煕文 著 678−684
アクシャヤマティ作『入菩薩行論』の大乗仏説論 斎藤明 著 685−694
矛盾対当と空の論理 中田直道 著 695−697
『完成せるヨーガの環』第24章「五ダーカ・マンダラ」和訳 立川武蔵 著 698−706
世間上承認された命題による対立命題の否定の可能性 岩田孝 著 707−724
一乗思想と大乗のボサツの〈清浄〉性 三友量順 著 725−737
『法華経』妙音品の考察 岡田行弘 著 738−749
白浄に関する一考察 崔鍾男 著 750−759
『金光明経』は懺悔の経典か 鈴木隆泰 著 760−770
ラトナーカラシャーンティのプラマーナ論に関する一資料 護山真也 著 771−782
ダルモーッタラ著『Apohaprakaraṇa』の冒頭偈について 石田尚敬 著 783−792
『摂大乗論』におけるブッダの威徳名号に関する一考察 高橋晃一 著 793−805
ハリバドラの「菩薩」「摩訶薩」「独覚」解釈について 鈴木健太 著 806−815
西夏流伝佛頂尊勝陀羅尼 湯山明 著 818−826
On the“Four Modes of Interpretation”of the Fahua wenju 菅野博史 著 827−844
タムパ・サンゲの『金剛歌』 西岡祖秀 著 845−851
吉蔵撰『勝鬘宝窟』をめぐって 奥野光賢 著 852−859
ヴィクラマシーラ僧院におけるDīpaṁkaraśrījñāna 望月海慧 著 860−870
天台智顗における仏種の概念について 田村完爾 著 871−889
初期漢訳仏典の言語の研究 辛嶋静志 著 890−909
『瑜伽師地論』に引用されるチベット語訳『解深密経』テキストについて 加藤弘二郎 著 910−918
中国仏性思想と人間観 橘川智昭 著 919−931
平安時代の顕密仏教形成の起点 高木訷元 著 934−949
聖徳太子の実在 川勝守(賢亮) 著 950−960
宗性撰『無量義経論義抄』について 蓑輪顕量 著 961−974
冠註五教章心識差別訳註研究 伊藤瑞叡 著 975−981
三経義疏の共通表現と変則語法 下 石井公成 著 982−994
仏教文学の聖徳太子と四天王寺 渡邊守順 著 995−1003
聖徳太子伝承と薬猟 岡田真美子 著 1004−1013
〈湧水の地〉四天王寺 兼子恵順 著 1014−1024
観智国師、源誉存応の誕生の地について 由木義文 著 1025−1032
明末の不殺放生思想の日本受容 西村玲 著 1033−1042
三千院蔵『祕相承集』と禅密僧の法身観 水上文義 著 1043−1053
中国江南制作のマニ教絵画によるトルファン出土資料の再解釈 吉田豊 著 1056−1065
神律と絶対無の問題 花岡永子 著 1066−1076
田辺元『懺悔道としての哲学』をめぐって 末木文美士 著 1077−1087
自立する山王権現 曽根原理 著 1088−1094
日本仏教と脳死・臓器移植問題 前川健一 著 1095−1107
ネパール仏教絵画に見る観自在菩薩 佐久間留理子 著 1108−1117
「歓喜」と「身の毛よだつ」 龍口恭子 著 1118−1127
経典を読むとは? 堀内伸二 著 1128−1139
スリランカにおけるビルマ派の歴史 A.P.Buddhadatta 著 1140−1151