サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

収録作品一覧

作品 著者 ページ
セカンドからサードへ 川島伸博 著 3−13
ゴシック小説におけるヒロイン像の変遷 小川公代 著 15−24
ゴシック建築における空想 田邊久美子 著 25−31
時代を超えたナイトリー氏 金子弥生 著 33−42
「死の物語」としての『ジェイン・エア』 緒方孝文 著 43−53
語り直されるJane Eyre 莵原美和 著 55−65
ジェイン・エアのしたたかさ 石井昌子 著 67−80
創作の軌跡が示す「語り」の探求 馬渕恵里 著 81−91
『シャーリー』におけるシャーリー再考 橋本千春 著 93−100
シャーロット・ブロンテ『ヴィレット』とエリザベス・ギャスケル『北と南』における都市の表象 木村晶子 著 101−110
シャーロットの心を紡ぐ糸 佐藤郁子 著 111−120
シャーロット・ブロンテとジュリア・カヴァナ 兼中裕美 著 121−130
パトリック・ブランウエル・ブロンテの詩にみられる反逆者の変容 田中淑子 著 131−140
ブランウェルの詩の構成 瀧川宏樹 著 141−150
ブロンテ神話とブランウェル・ブロンテ 奥村真紀 著 151−159
二人のバーサ 山内理惠 著 161−170
教養小説としての『嵐が丘』 白井義昭 著 171−181
荒野から庭へ 廣野由美子 著 183−193
『嵐が丘』と「ばあやの物語」における「自然」から「超自然」への「変換」について 侘美真理 著 195−204
エミリ・ブロンテのゴンダル詩にみる「神」 後中陽子 著 205−214
エミリ・ブロンテとゴシック 藤木直子 著 215−222
『アグネス・グレイ』における道徳と階級の問題 片山美穂 著 223−232
アーサー・ベル・ニコルズについて 多田知恵 著 233−242
ルソーの教育論とブロンテ家の教育 小野ゆき子 著 243−252
『シャーロット・ブロンテの生涯』に描かれたエミリ・ブロンテ 小田夕香理 著 253−259
シャーロット・ブロンテの生涯 松原典子 著 261−271
エリザベス・ギャスケルのゴシック短編における超自然について 八木美奈子 著 273−282
コリンナと『異母姉妹』 皆本智美 著 283−290
毒殺される主人公 斉藤健太郎 著 291−300
「とばりの彼方」とホーソーンのヴェール 海老根宏 著 301−311
金貨と砂糖 谷田恵司 著 313−322
“The Lifted Veil”における語りとUnreality 早瀬和栄 著 323−332
『キャスタブリッジの町長』における女性の状況 鮎澤乗光 著 333−341
キャスタブリッジの町長 渡千鶴子 著 343−352
ハーディの面白さ 藤田繁 著 353−367
ジョージ・ギッシングの短編小説「くすり指」 谷本佳子 著 369−377
レベッカの噓 服部慶子 著 379−388
モリー・キーンの『タイム・アフター・タイム』 山根木加名子 著 389−398
英国紅茶 宇田和子 著 399−408
C・フクナガ監督『ジェイン・エア』 清水伊津代 著 409−424
南アフリカ共和国の小説にみるトマス・ハーディ 津田香織 著 425−434
ラフカディオ・ハーンと津波 玉井暲 著 435−445
キーツ兄弟とアメリカ 村井美代子 著 447−456
私の心の宝物のような海外の物語 片岡絢子 著 457−465
お礼のことば 石田久 著 467−468