サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

磯崎新Interviews

磯崎新Interviews

  • 磯崎 新(著)/ 日埜 直彦(著)
作品 著者 ページ
岸田日出刀・前川國男・丹下健三   10−26
五期会、『現代建築愚作論』、スターリニズムからの脱却   28−39
『空間へ』、《お祭り広場》、『日本の都市空間』   40−58
『日本の都市空間』の頃   60−73
丹下研究室から独立した頃およびル・コルビュジエ受容をめぐって   74−88
エーゲ海の都市・見えない都市・霧状のモナド   90−101
ターニングポイント、空間から環境へ   102−121
『建築の解体』へ   122−142
廃墟、空白、生成   144−163
手法論とはなんだったのか   164−177
「間」展前後のコネクションの広がりと日本をリプレゼンテーションすること   178−196
建築の一九三〇年代から「間」展へ   198−217
ポストモダン一九六八−一九八九   218−245
「国家/日本的なもの」とのせめぎあい   246−261
数々の写真家たちとの関わり   264−279
「桂」/タウト   280−294
堀口捨己   296−309
手法論からの転回   310−325
二一世紀のアーキテクト/アーキテクチャ   326−335