サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

日本の社会・文化 ランキング

日本の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

作品 著者 ページ
教育実践における言語活動主体のあり方再検討 細川英雄 著 3−19
日本語学習者のコミュニケーション 迫田久美子 著 21−32
自ら命を絶つ女性 大谷雅夫 著 33−47
東アジアのメディア文化の繫がりを研究することへのコミットメント 岩渕功一 著 49−64
余暇活動と消費としての日本語学習 久保田竜子 ほか著 69−85
インフォーマル・ラーニング下における日本語学習 瀬尾匡輝 著 87−99
日本語のドラマを利用した教室外の日本語学習のケース・スタディ 欧麗賢 著 101−112
中国における日本語専攻学生の授業外でのメディア利用 範丹丹 著 113−126
大学生の日本語学習動機と対日イメージの検討 纓坂英子 著 127−137
中国における日本語学習者の言語接触と習得に関する調査研究 楊吉萍 著 139−151
外国につながる子どもの教育環境をととのえる 土屋千尋 著 153−160
実践を「よりよく」するための実践研究 古屋憲章 著 165−179
新聞の論説文読解における文章構造分析 脇田里子 著 181−192
JF日本語教育スタンダードを利用したコースデザインの試み 郭穎俠 著 193−203
基本文型理解のためのICTを活用した日本語学習支援システムの開発 稲積宏誠 著 205−216
香港の中学生用体験交流型日本語副教材プロジェクトについての調査報告 蘇凱達 著 217−228
香港、マカオの高等教育における中国語母語話者を対象とした仮名文字の教授法の研究 郡司拓也 著 229−241
第二言語における日本語受動文の習得過程 張蘇 著 247−256
JFL環境における中国人学習者の授受補助動詞の使用と習得 孫成志 著 257−268
ノダ文に関する語用論的考察 名嶋義直 著 269−280
依頼場面におけるプラスとマイナスの表現形式 萩原孝恵 著 281−292
日本語習得における母語の転移の影響 サリー チャン 著 293−304
中国人学習者による日本語の複合助辞「〜てたまらない」の許容意識と中国語の“〜得不得了”による言語転移の可能性について 杉村泰 著 305−316
韓国人日本語学習者の文脈指示「ソ」と「ア」の使い分けについて 李賢淑 著 317−331
学習者は日本語の文末をどう捉えるか 薄井良子 著 333−342
日本語の音読における文末の韻律的特徴の分析と中国語母語話者の日本語習得 王伸子 著 343−352
日本語学習者のディクテーションに見られる複合的な問題点 任星 著 353−364
初級日本語教育における「タ」の導入に関する提案 ラッタナセリーウォン センティアン 著 365−376
中国語北方方言・東北地区方言の韻律的特徴と日本語音声習得における干渉 邢天竹 著 377−390
留学生による日本語作文における格助詞+「の」のかきかえの傾向 土屋順一 著 391−399
「ても」の語用論的特徴 中西久実子 著 407−419
社会言語学から見た緩叙法的な「ちょっと」 黎秋虹 著 421−432
若者言葉から見る配慮とは 高橋宗一郎 著 433−443
日常会話における「曖昧表現」の使用実態 許夏玲 著 445−454
日本のテレビドラマで見られる日本語の申し出表現形式 クスリニ デウィ 著 455−465
複雑事象を表す日本語の他動詞 劉剣 著 467−475
報道文と論説文における日本語の文脈指示詞について 劉驫 著 477−488
従属節の独立性と発話行為 乙武香里 著 489−500
日本語辞書における「複合助詞」の取扱について 張秀玲 著 501−510
ビジネスに関する新語の消長について 王敏東 著 511−520
日中語にみられる「敬語」の通時的・共時的変化 鄭智惠 著 521−530
勧誘会話における中日あいづちの対照研究 劉丹丹 著 531−540
笑い方に関するオノマトペの中国語への訳し方 李智麗 著 541−550
自律的学習に関わるビリーフ研究 張毅 著 555−566
聴解ストラテジー導入の可能性 梁凱傑 著 567−579
会社員と大学生とでは日本語学習はどう異なるか ラタナヴィラクン アリア 著 581−594
中国の大学における日本語学習者のビリーフと成績の関連に関する一考察 張麗【クン】 著 595−606
接触場面における問題処理のコミュニケーション・ストラテジーに関する一考察 エミ インダー プリヤンティ 著 607−617
保護者ネットワークにおける戦略的日本語使用 佐々木泰子 著 619−630
依頼に対する「断り」のストラテジーについての日中比較 季江静 著 631−642
初級シラバス再考 岩田一成 著 647−656
仕事のための日本語シラバスデザインの方法 赤城永里子 著 657−668
香港における日本語継承のダイナミクス 望月貴子 ほか著 669−682
中国における日本語教育政策に関する一考察 孫暁英 著 683−693
PAC分析を用いた日本語ボランティアの態度と態度の変化に関する研究 佐々木良造 著 695−706
海外での協働現場における日本人教師の心理的文化変容 片桐準二 著 707−718
海外での日本語教育経験を通じた「日本観」の変化 平畑奈美 著 719−731
東アジアのニューカマー・コミュニティにおける言語使用とアイデンティティ 江仁傑 著 737−748
「コトバ」より「文化」 劉麗 著 749−756
日本人大学生の海外留学とその動きに関する一考察 李尚波 著 757−763
在日中国人社会 邵春芬 著 765−779
中国の大学生が持つ「日本料理」に対する印象 平野宏子 著 781−793
日本語教育の『教育大綱』における異文化コミュニケーションの内容 王俊紅 著 795−807
中日韓FTAによる東アジア経済統合への展望 莫少民 著 809−819
趙秩と日本 邢永鳳 著 825−834
『伽婢子』に見られる浅井了意の翻案意図 楊曦 著 835−846
『山上宗二記』に見られる茶道具の美意識の変遷 趙容蘭 著 847−858
日本妖怪の類型研究 林瓉洙 著 859−872
新潟を訪問するイタリア人蚕種商人と戊辰戦争(1868年) ベルテッリ ジュリオ アントニオ 著 873−883
紅葉館と外国人に紹介された能楽 スラボフ ペトコ 著 885−894
村上春樹の新訳と3人のサリンジャー 林圭介 著 895−907
日本における「公民」概念の構築と展開 李宛【フェイ】 著 913−924
近現代アジアにおける文化アイデンティティ 李貞恩 ほか著 925−939
時間の浪費か自己啓発の糧か 大和えり子 著 941−952
居場所を失くしたペルソナ タマシ モニカ 著 953−964