サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

鹿児島ふるさとの昔話 3

鹿児島ふるさとの昔話 3

  • 下野 敏見(著)
作品 著者 ページ
さつま町(旧宮之城町)二渡、久留友二さん(明治十八年生)の話   13−24
子抱き娘    
二渡どん    
島原の人    
座頭話    
川内がらっぱ    
よしけぇ、かしけぇ    
恭順和尚    
伊佐市(旧大口市)大島、西田ケサノさん(明治四十三年生)の話   24−28
嫁・姑の正月礼    
隣の苦菜    
ウソひっちゃいかん    
仲のよかふたり    
伊佐市(旧菱刈町)上市山、泉家安さん(明治二十四年生)の話   28−36
貧乏神    
長い名    
ホトトギス    
稲穂と大豆    
のさった果報    
水晶の玉    
曽於市財部町大川原、荒武タミさん(明治四十四年生)の話   39−44
うぐいす屁    
志布志市松山町尾野見宮下、川崎渉さん(大正四年生)の話   44−49
日当山侏儒どん    
世間話    
志布志市松山町泰野、大保見徳さん(明治三十四年生)の話   49−50
月夜ざらしの着物    
鹿屋市輝北町下平房、有村ミキさん(大正十五年生)の話   50−54
山姥    
よしか、くろしか    
モロとバクヨ    
志布志市有明町蓬原、西山太吉さん(明治二十三年生)の話   54−64
ザッツの川わたい    
仏を焼いた狩人    
娘観音    
ザッツどんの宿    
鹿との約束    
志布志市志布志町西町、林猪藤次さん(大正三年生)の話   65−70
山寺の怪    
ニッポンどん    
舟幽霊    
薩摩川内市上甑町瀬上、浜田諭吉さん(明治三十九年生)の話   73−88
三平の夢    
天狗山    
流人と磯女    
屋久島町(旧上屋久町)宮之浦、岩川貞次さん(明治三十七年生)の話   91−92
やく鹿の話    
屋久島町(旧屋久町)安房、安藤大太郎さん(明治十一年生)の話   92−94
くまばちの巣    
屋久島町(旧屋久町)原、日高亀助さん(明治三十六年生)の話   94−96
ぶん助と赤い鳥    
屋久島町(旧屋久町)尾之間、岩川イワさん(明治二十四年生)の話   96−98
くさえん橋の一つ橋    
屋久島町(旧上屋久町)志戸子、熊本常吉さん(明治十六年生)の話   98−100
三年寝太郎    
屋久島町口永良部島本村、内山熊吉さん(明治二十九年生)の話   100−104
天神になった子    
種子島・西之表市東町、浜田ナツさん(明治二十年生)の話   104−115
徳田大兵衛    
師匠と小僧    
歌詠み    
種子島・中種子町原之里、古市カメさん(訪問当時八十八歳)の話   115−117
赤子のいが泣き    
種子島・中種子町竹屋野、鎌田マツさん(訪問当時八十九歳)の話   117−119
竜宮神の使い    
種子島・南種子町本村、山田蔵太郎さん(訪問当時七十八歳)の話   119−121
金のめしがあ    
種子島・中種子町竹屋野、鎌田末次さん(訪問当時六十九歳)の話   121−123
蟻の宮城    
鹿児島郡三島村黒島(大里)、宮田吉平さん(明治初年生)の話   123−129
坊主どんの極楽まいり    
ヒーグワッチョウ    
鹿児島県十島村悪石島、坂元新熊さん(明治十八年生)の話   129−133
オーバン竿    
榊の精と七つ子の命    
大島郡宇検村阿室、泰田友市さん(明治三十五年生)のケンムン話、ほか   137−141
イザトバナレの灯    
椎の実ひろいと犬    
家づくりとケンムン    
間切相撲    
スブニつくり    
ヘダンジェロとシゲマス    
マッタブとビラモンジョ    
奄美・加計呂麻島のケンムン話・妖怪変異と伝説・昔話   142−158
ケンムン話    
妖怪変異および伝説    
昔話    
加計呂麻島のケンムン話    
ケンムンとはなにか    
鹿児島・ふるさとの昔話   159−183