サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

収録作品一覧

作品 著者 ページ
明治前期の監獄における規律の導入と展開 児玉圭司 著 1−57
ローマ帝政後期の弁護人における「年功」の意義 粟辻悠 著 59−95
ハルミスカラとカロリング時代の俗人エリート 木下憲治 著 97−141
日本中世都市史と法 高谷知佳 著 143−169
モンゴル法制史研究動向 萩原守 著 171−212
リュケァトのサヴィニ研究について 守矢健一 著 213−238
ナチス法研究の新動向 松本尚子 著 239−261
十川陽一 日本古代の国家と造営事業 武井紀子 著 263−267
三谷芳幸 律令国家と土地支配 梅田康夫 著 268−273
高橋昌明 平家と六波羅幕府 山口道弘 著 273−278
亀田俊和 室町幕府管領施行システムの研究 神野潔 著 278−283
村石正行 中世の契約社会と文書 佐藤雄基 著 283−289
神田千里 戦国時代の自力と秩序 河野恵一 著 289−294
大平祐一 近世日本の訴訟と法 坂本忠久 著 294−299
高塩博 近世刑罰制度論考−社会復帰をめざす自由刑 安竹貴彦 著 299−305
吉田正志 仙台藩の罪と罰 谷口眞子 著 305−310
岡田昭夫 明治期における法令伝達の研究 中尾敏充 著 310−315
大高広和 大宝律令の制定と「蕃」「夷」 小口雅史 著 315−317
坂上康俊 均田制・班田収授制の比較研究と天聖令 服部一隆 著 317−319
志村佳名子 日本古代の朝参制度と政務形態 大隅清陽 著 319−322
黒田弘子・鈴木哲雄・峰岸純夫・遠藤基郎・清水克行 座談会 日本史の論点・争点 御成敗式目四二条論 西村安博 著 323−326
西村安博 日本中世における裁判手続に関する理解をめぐって−その理解の現状と課題(一)(二・完) 同 日本中世における裁判手続の理解に関する補考 松園潤一朗 著 326−332
高谷知佳 奈良徳政令の意思決定 畠山亮 著 332−334
松園潤一朗 室町幕府の知行保護法制−押領停止命令を中心に 新田一郎 著 334−336
桑原朝子 近松門左衛門『大経師昔暦』をめぐって−貞享改暦前後の日本の社会構造(一)(二・完) 大平祐一 著 336−339
杉森玲子 近世高野山の山内と珠数屋仲間 小島信泰 著 339−343
新井勉 近代日本における大逆罪・内乱罪の創定 同 明治前期の叛逆について−大逆罪・内乱罪研究の前提として 山口亮介 著 343−347
三阪佳弘 明治末・大正期京滋地域における弁護士と非弁護士−続・近代日本の地域社会と弁護士 同 明治前期民事判決原本にあらわれた代人−一八七七−九〇年の京滋阪地域の代人の事例 岩谷十郎 著 347−350
村上一博 明治二五年における富山県砺波郡の衆議院議員選挙関係訴訟(上)(下) 居石正和 著 350−354
小野博司 植民地台湾における行政救済制度の成立−訴願法施行の経緯を中心に 同 植民地朝鮮と行政救済制度 矢野達雄 著 354−357
山中永之佑 「韓国併合」と皇族・華族制度の変容−「一九一〇年体制論」の意義 牧田勲 著 357−361
石岡浩・川村康・七野敏光・中村正人 史料からみる中国法史 森田成満 著 361−365
鶴間和幸 秦帝国の形成と地域 下倉渉 著 365−370
小林隆道 宋代中国の統治と文書 久保田和男 著 371−375
柿沼陽平 戦国趙武霊王の諸改革 渡邉英幸 著 375−377
下田誠 青銅兵器銘文からみた戦国趙惠文王期の機構的改革をめぐって 渡邉英幸 著 377−379
鷹取祐司 漢代の居延・肩水地域における文書伝送 高村武幸 著 379−381
佐藤達郎 後漢末の弓矢乱射事件と応劭の刑罰議論 佐立治人 著 381−382
冨谷至 漢律から唐律へ−裁判規範と行為規範 水間大輔 著 382−384
川村康 中国律令法の変容 岡野誠 著 384−386
木田知生 中国近世の官箴書について−史料学の視点から 赤城美恵子 著 386−388
中村正人 清代初期における過失殺事例の紹介と若干の検討 鈴木秀光 著 388−390
寺田浩明 裁判制度における「基礎付け」と「事例参照」−伝統中国法を手掛かりとして 高見澤磨 著 390−393
久保茉莉子 南京国民政府時期の上海における刑事裁判−ある殺人事件を中心に 西英昭 著 393−395
矢野秀武 近代における政教関係の開発途上国モデル−タイの政教関係に見る国家介入と公定化を事例に 西田真之 著 396−398
吉原達也・西山敏夫・松嶋隆弘編著 リーガル・マキシム−現代に生きる法の名言・格言 宮坂渉 著 398−402
有光秀行 中世ブリテン諸島史研究−ネイション意識の諸相 直江眞一 著 402−406
藤崎衛 中世教皇庁の成立と展開 阪上眞千子 著 406−411
将基面貴巳 ヨーロッパ政治思想の誕生 市原靖久 著 411−416
唐澤晃一 中世後期のセルビアとボスニアにおける君主と社会−王冠と政治集会 田口正樹 著 416−421
野々瀬浩司 宗教改革と農奴制−スイスと西南ドイツの人格的支配 皆川卓 著 421−426
戒能通弘 近代英米法思想の展開−ホッブズ=クック論争からリアリズム法学まで 小室輝久 著 426−431
小畑俊太郎 ベンサムとイングランド国制−国家・教会・世論 戒能通弘 著 431−436
黒須純一郎 チェーザレ・ベッカリーア研究−『犯罪と刑罰』・『公共経済学』と啓蒙の実践 高橋直人 著 436−441
小原豊志・三瓶弘喜編 西洋近代における分権的統合その歴史的課題−比較地域統合史研究に向けて 森良次 著 441−445
工藤庸子 近代ヨーロッパ宗教文化論−姦通小説・ナポレオン法典・政教分離 小宮山直子 著 445−450
小田中直樹 一九世紀フランス社会政治史 田中拓道 著 450−455
工藤晶人 地中海帝国の片影−フランス領アルジェリアの一九世紀 松本英実 著 455−460
飯田芳弘 想像のドイツ帝国−統一の時代における国民形成と連邦国家建設 遠藤泰弘 著 460−465
古山夕城 アルカイック期クレタにおける法碑文のコスモロジー−形式・形態分析と現象論 葛西康徳 著 465−469
岸本廣大 「エトノス」に基づくアカイア連邦の公職制度と統合政策−古代ギリシアの共同体を捉える新たな視角 長谷川岳男 著 469−471
佐々木健 古代ローマ特示命令行政序説 五十君麻里子 著 471−473
砂田徹 スッラの退役兵植民とエトルリアの騒擾−ファエスラエの事例を中心に 佐々木健 著 473−475
津田拓郎 カロリング期フランク王国における「カピトゥラリア」と宮廷アーカイヴ 同 シャルルマーニュ・ルイ敬虔帝期のいわゆる「カピトゥラリア」についての一考察 Takuro TSUDA Was hat Ansegis gesammelt?Über die zeitgenössische Wahrnehmung der Kapitularien in der Karolingerzeit 加納修 著 475−478
大貫俊夫 中世盛期におけるシトー会修道院の保護形態 杉崎泰一郎 著 478−480
櫻井利夫 一三世紀ヴェルフェン家の城塞支配権とアムト制 桑野聡 著 480−483
齋藤絅子 中世エノー伯領における共同体の「自由」と制定法 同 中世後期エノー伯領の都市の自由−商業流通と領主権力 図師宣忠 著 483−486
若曽根健治 森林犯罪告発人制度管見−領邦国家と農村共同体(一)〜(三・完) 田口正樹 著 486−489
齋藤哲志 フランス法における返還請求の諸法理−原状回復と不当利得(一)〜(一〇・完) 小川浩三 著 490−495
宇羽野明子 一六世紀フランスの政治的寛容にみられる「シヴィリテ」の伝統(一)・(二・完) 大川四郎 著 495−499
西本健太郎 海洋管轄権の歴史的展開(一)〜(六・完) 周圓 著 499−504
山本文彦 一六四八年ヴェストファーレン条約に関する一試論−オスナブリュック条約の解釈とその歴史的意義をめぐって 伊藤宏二 著 504−507
鈴木康文 法典と判例−バイエルンとプロイセンを素材に(一)(二・完) 黒田忠史 著 507−510
波多野敏 フランス革命における「憲法」とその正当性(一)(二・完) 福田真希 著 510−514
野田龍一 遺言による財団設立の一論点−シュテーデル美術館事件と『学説彙纂』D.28.5.62pr.(一)(二・完) 吉村朋代 著 514−518
木村周市朗 一九世紀ドイツの自然法論と「社会」の発見 平田公夫 著 518−521
上田理恵子 一九世紀後半オーストリア民事訴訟における口頭審理と法曹たち 水野浩二 著 521−524
藤川直樹 ドイツ立憲君主政における王統と国家−ヘルマン・レームの公法学 三成賢次 著 524−527
林智良 W.E.Grigsbyの学識と教育活動−日本最初の「ローマ法」講義担当者をめぐって 森光 民法典論争以前におけるローマ法の継受 藤野奈津子 著 527−529
会報   531−542