サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

仰向けの言葉

仰向けの言葉

  • 堀江 敏幸(著)
作品 著者 ページ
「手」の言葉   5−8
いくつもの穴が掘られている土地   10−21
北へ、あるいは、たどり着けないイマージュへ   22−49
二十六葉の記憶   50−53
三十七度七分と三十八度四分のあいだで   56−72
深海魚の瞳   73−75
曇天の村道を行くアヒルの数を記すこと   76−84
近くて遠い場所から   85−87
レンズの半過去形で   88−103
記憶の山水画   104−115
灰白質のありか   116−118
見えているものを夢想する人   119−120
言葉はそこからはじまった   121−122
凪と爆風   123−125
仰向けの言葉   126−129
目ざめて腕時計をみると   130−134
なにが聞こえてくるのかは、だれにもわからない   136−141
夢想の回転軸   142−144
樹木の高さの想い   145−150
固くて柔らかくて白いものを投げあげる   151−158
日々の散積貯蔵倉庫   159−165
継ぎ目に沿って埋められているもの   166−172
いつもおなじ入射角の光を見つめて   173−178
如何なる眉毛の下に   179−184
オリーヴの枝の蝸牛   185−191
箱の前に立つ私たちは、みな限りなくひとりになる   192−195
スターキングはもう作られていませんと彼は言った   196−211