サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

異界のものたちと出遭って 埋もれたアイルランドの妖精話

異界のものたちと出遭って 埋もれたアイルランドの妖精話

  • エディ・レニハン(収集・解説)/ キャロリン・イヴ・カンジュウロウ(編集)/ フューシャ(訳)
作品 著者 ページ
意地の悪い妖精たち   41−55
阻まれた妖精の依頼   88−93
妖精の馬を借りた男   94−97
妖精の牛   98−99
老婆が変身する   100−102
灰から出てきたネズミ   103−105
奇妙な豚   106−107
黒犬に出遭って   108−110
ウナギ   111−121
妖精のカエル   122−131
血を流した木   135−139
堕ちた天使たち   56−66
移された妖精の木   140−141
妖精の砦で、野いばらを切る   142−144
昔の砦を敬う   145−147
真のスポーツマンは反則しない   148−151
やぶへびはやめよう   152−155
ふたつの砦から聞こえてくる不思議な音   156−158
妊娠した女が砦に入っていく   159−160
棺の中の男   161−169
砦と砦の間に建てられた家   170−173
妖精の家   174−185
妖精の葬式   67−71
妖精の道にジャガイモを植える   186−187
妖精の通り道から電柱を動かす   188−189
妖精は通り道が塞がれることに激しく抗議する   190−192
妖精の風から警告を受けた男   193−195
妖精の風についての三つの短い話   196−198
シーグィーによって叩きのめされた女   199−204
奇妙な重さ   205−206
通せんぼうをされた男   207−210
ラツーンで亡霊たちが狩りをする   211−213
妖精の館   214−219
妖精が行うハーリングの試合を審判する   72−75
コーシチェバウルに出遭って   220−221
個人的なバンシーの経験   222−227
亡くなりかけている人のためにバンシーがやってくる   228−230
バンシーが家族に警告する   231−232
マンハッタンで聞いたバンシーの声   233−235
いたずら者   236−237
ベアフィールドのバンシー   238−245
異界のものたちとの取引   249−264
妖精の恩返し   265−267
妖精が恩返しに騎手になる   268−274
奇妙な夜道   76−77
妖精の戦いに連れていかれた牝馬   275−277
ハーリング選手の勇気が報われる   278−283
どのようにしてセクストン家の人たちが、骨接ぎの才を身につけたか   284−285
「妖精の中にいた」男が干し草を動かす   286−288
妖精のトム   289−291
背中に瘤のあるハーリングの選手   292−293
子どもの頃「変わっていた」ビディー・アーリー   294−295
ビディー・アーリーが助ける、しかし代価は支払われた   296−297
力の衝突−ビディー・アーリー対聖職者   298−300
異界のものたちを見ることができる司祭にまつわる三つの話   301−304
疑い深い人の話   78−79
お守りの聖水   305−307
妖精にさらわれた娘   308−309
よき人々から救われた娘   311−318
かどわかされた女が助けを求める   319−321
悲劇的な気後れ   322−324
女が死に…それから再婚する   325−327
ガレット・バリーと取り替え子   328−329
ふたつの取り替え子物語   330−333
仕立屋が赤ん坊を救う   334−336
妖精たちが家族全員に恨みを抱く   337−346
ゲーリックフットボールをするためにさらわれた男   80−82
軽率な振る舞いが女の命を奪う   347−349
信じない者が砦から解放された…かろうじて!   350−353
シャナグリシュの機織り   354−367
真夜中の乗馬   83−85
あるミュージシャンの話   86−87