サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

次の本へ 続

次の本へ 続

  • 苦楽堂(編)
作品 著者 ページ
「知的創造」の本を読み漁り、引用されていた作家の文に惹かれた 天野雄之 著 14−17
二冊の本の間に積み上げられ、豊かになっていくもの 池内了 著 18−21
私にとって“似た匂い”がするから二冊は同じカテゴリー 石毛弓 著 22−25
「自分探しをする自分」を変えた、先輩からの文献リスト 石田光規 著 26−29
この一冊でもう十分だと思っていたら 冲方丁 著 30−33
「読んでみようかな」そう言った父の葬儀の席で 浦野光人 著 34−37
学生と一緒に仕事をしたから、その本が目に入った 大泉大介 著 38−41
文庫をもっと買いたくて 大友俊 著 42−45
旅に始まり、ドラマでつながる 岡本真 著 46−48
そして私は世界を見に行くようになった 賀川浩 著 50−52
「読みたい」と心に留めておくと、書き手の情熱に出会える 加藤正文 著 54−57
「無名の個人史」を知りたくなって 川井龍介 著 58−61
本を読むときの「楽しいあみだくじ」の作り方 川口昌人 著 62−65
あらためて買い求めて感じた、初読時以上のさわやかさ かんべむさし 著 66−69
「めんどくさいこと」を「夢中」に変えるあの方法 金益見 著 70−73
十代に漫画で見たあの詩が、今も私を支えるなんて 清野由美 著 74−77
これでは世間に受け入れられないと、現代作家も読み始めたけれど 久坂部羊 著 78−81
まるで対をなすようなタイトルに惹かれ 楠誓英 著 82−85
芸術が冒険的なのか、冒険が芸術的なのか 楠見清 著 86−89
夢だけでは解決しないから 工藤啓 著 90−93
一度“素通り”した本が甦るのは 後藤正治 著 94−97
かつて読んだ本が、今を考えるヒントになる 最相葉月 著 98−101
アマゾンの「おすすめ」で知ったのだけれど、それはもう、私のテーマになっていた 坂口緑 著 102−105
その生き方への憧れが、あの小説に出会わせたのだろう 佐野淳也 著 106−109
その二行が格好いいと思った 柴田元幸 著 110−113
匿うという導火線にふれて 清水眞砂子 著 114−117
チェスが想い起こされて 柘植伊佐夫 著 118−121
興味を持ったバンドについて調べてみよう 永井純一 著 122−125
古典に迷った私に「補助線」をくれた、古書店の棚の一冊 中島俊郎 著 126−129
一冊だけの知識では気づかないことがある 永松伸吾 著 130−133
知らない世界を知ろうとすること 西脇エミ 著 134−137
一ページだけ書かれていた「夢」が自分の進路と重なって 念波 著 138−141
「読書の連鎖過程」を作る 野口悠紀雄 著 142−145
一点突破・全面展開 野村進 著 146−149
物語には裏側が必要なのだ。気づいたオレはエラかった 菱田信也 著 150−153
「気をつけなさい」と注意されたから、ますます興味を持った 日高真吾 著 154−157
ミステリーの向こうに待っていた、恐ろしくて夢中になる日本史 福田和代 著 158−161
本を勧められるのは面倒だ 古田靖 著 162−165
人の日記が面白いのは 堀晃 著 166−168
父から贈られた答え、父になっての問い 本城愼之介 著 170−173
連続して読むと見えてくる「自由は、幸せなのか?」 真山仁 著 174−177
何年もかけて短編集を繰り返し読む 藻谷浩介 著 178−181
腑に落ちたのは一八年後。「サボり学生」がひっかかった謎の一節 百々徹 著 182−185
ブラック企業の源流を戦前の暗黒工場に探る 森岡孝二 著 186−189
怒りと苛立ちの中、一枚の風景画が手がかりをくれた 山内宏泰 著 190−193
小説に引用されている言葉から「往復運動」がはじまった 山折哲雄 著 194−196
似た物語を読み、作者の狂気を知る 山崎ナオコーラ 著 198−201
出会い損ねたオバケを思い出させた、登場人物の変な名前 山本昭宏 著 202−205
正しい「次の本」に出会うことの大切さ 山本博文 著 206−209
一冊目で謎は解けていたから、実家にあった小説に出会えた マイカ・ルブテ 著 210−213
スタートは「資料探し」。そこから熱が冷めなくなって 和合亮一 著 214−217