サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

山田美妙集 第8巻 韻文/戯曲

山田美妙集 第8巻 韻文/戯曲

  • 山田 美妙(著)/ 『山田美妙集』編集委員会(編)
作品 著者 ページ
新体詞選   3−13
新体詞華少年姿   14−40
まよひの淵 かむべる 作 40−43
じよあん、だあく(貧居の場)。   44−49
初春の湖   50−51
春の曙   52−53
新年の唱哥   53
春の遠山   53−54
溝渠の歌。   54
夜光の珠玉。   54−55
花廿五首   55−57
風寒く花遅し。   57
ホーヘンリンデン。 カンベル 原著 57−58
若葉の月   58−59
沈思   59
花の雲   59−60
第十回東京金蘭会唱歌   60
和歌数首   61
おなじこゝろ、を   61
  61
こどもを咏じた西人の句をはじめに用ゐこどもと題して   61−62
新作唱歌   62
はからず重き病にかゝりて打臥したるまゝ枕あがらず。   63
鵜河   63
江蛍   63
歎の一枝   63−64
ともしらが   64−65
花のかをり   65
晩秋即事   65
落葉の吟   66
病後の吟   66−68
露二十首   68−69
花少女   69−70
山路の冬といふことをある隠者にかきおくる   70
明治二十二年二月十一日憲法発布   70
夜の霧 まあがれツと、ていらんど 作 71
つゝましさ   71
世と望み   71−72
しるれる作野辺おくりの歌の解   72−73
八州   73
智眠り愚覚む   74
世は無尽   74
落魄の旅   74−75
即興祝意   75
那須与一   75
紅葉   75
少女裁縫の歌   75−76
老梟月に啼く図   76
わかれ   76−77
冬の山路   77
日本国歌   77−78
美妙斎主人の新著長歌   78−79
酔沈香   79−85
未見の友磊落子に答へて   86
よべの夢   86
祝詞   86−87
君よりほかは   87
富士の山   87−88
紅墻記   88
まなべ、あそべ、ねふれ   89
春の花鳥   89
いづれ務めのある世かな   89−90
あめは降る降る   90
ゐなか娘   90
つぼすみれ   91−92
初夏   92−93
頼朝の墓   93−94
  94
  94−96
庭前の女郎花風にもまれて前後狼籍   97
霖雨   97−98
作者一句評   99
巌本善治同令夫人の間に令児生まれて   99
国民新聞解停の祝詞風余菊   99
桂川鵜飼の図   99
秋月述懐   100
頓智娘に   100
さても此世のたのしさよ   100−101
明治廿四年元旦口号   101−102
九十九の嫗の評として雑体の即吟一連   102−103
其儘の花   103−104
願はくは   104−105
オンゼ・バンクス、オヴ、ア、ビウチフル、リヴア カーペンター 作 105
薔薇の使者 まけい 作 105
西詩小品 5 忘れてほしや 美妙 合訳 105−106
路馬尼亜軍歌   106−112
韻文、山の翁   113−117
奉送露国皇太子殿下御帰国   118
佐々木翁逝く山田美妙氏の祭文   119
夏の貧家   119−125
無いものづくし   125−126
雛が三疋   126−132
うたへ鳥!   132
坑夫   133−137
大祭日祝頌   137−140
蒙古襲来   140−142
故郷の山   142−144
天地の名玉   144
楽しかれとて   145
母の慈愛   146
  146−149
静けき山里   149
雲一片   149−150
なさけ   150−151
韻文   151−152
魔王来   152
親を懐ひて   152
秋の辞   153−154
韻文大龍王   155
がくもん 小山作之助 作曲 155−156
母のなさけ   156−157
田舎聖者   157−160
玉ちるつるぎ   160
朧の狭霧   160
春は露   161
こしがたな   161−162
鎌倉小雛失明恨   162−167
峨峨   167−170
卒業式歌 山田源一郎 作曲 170
雑の歌   170−171
新作唱歌   171−174
我宿 ライトン 作曲 174
哀悼   175
三秀 山田源一郎 作曲 175
魔界天女   176−180
母の思ひ   180−181
奉祝銀婚御式   181
秋風。   181
信義の血液。   182
夜営曲   182
露の命   183−186
祝詞   186
新撰帝国軍歌   186−197
新調和歌のうら風   197−199
蛍狩   199−200
言文一致新曲   200−201
夕がらす   201
横木の少婦   202
捨てわらじ   202−203
落後の歌   203−204
新年海   204
たから舟   204−206
笊かか笛   206
恋ひの年ごろ   207
春雨   208−210
春夜   210−212
鉄路の菫菜   212−213
三千号祝意西王母   213−214
  214−215
下駄の歯   215
夏の虫   216
世な怨みそ   216−217
偽の罪   217
自然の慰安   217
車か、水か   217
つくり花   218
団扇の風   218−219
いり豆   219
のびし朝顔   219−220
枯れし花   220
よその力   220
狂体の韻文 女の髯   220−221
狂体の韻文 人心の弱点   221
岩上松   221−222
征露戦歌 民の声   222−225
開国五十年唱歌   225−230
座右の吟   230−231
独唱佐久間大尉   231−232
玉堂恨話美人禅   235−287
村上義光錦旗風   287−299
忠烈百錬鉄   299−356
句法は治助の夜の雨趣向は大夫の里の夢 通達磨   356−358
蒙古来   358−364
六郎太夫命達引   365−372
光源氏寐覚睦言   372−388
脚本夢幻日記   389−402