サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

完訳中世イタリア民間説話集

完訳中世イタリア民間説話集

  • 瀬谷 幸男(訳)/ 狩野 晃一(訳)
作品 著者 ページ
序文   14−15
プレスター・ジョンがいと気高き皇帝フェデリコに送った高貴な使節について   16−18
王が投獄した賢いギリシア人がいかに駿馬を評価したかについて   19−21
ある吟遊詩人がアレクサンダー大王の御前である騎士について泣きついた話   22−24
ギリシアの使節への返書をある王様がその若い息子に託した次第   25−26
いかにしてダヴィデ王に部族の数を知りたいとの考えが起きたのか   27−28
天使がソロモンに話しかけ、主なる神が彼の息子からその罪のために王国を取り上げたと話した次第がここで語られる   29−31
どうしてある王の若殿が追放されたシリア王へ贈り物をしたか   32−34
煙売買   35−36
ここでは領民と巡礼者の間でバーリの下僕が述べた素晴らしい裁定が話される   37−38
ジョルダーノ先生が邪な弟子に裏切られた話   39
アミナダブがダヴィデ王に敬意を表した話   40
ここでは、楽しみのためにシターンを弾かせたアレクサンダー大王をアンティゴヌスが叱責した様子について語る   41
ある王様が自分の息子を十年間、暗い場所で養育し、その後息子にあらゆる物事を見せた結果、女好きになってしまった次第   42
ある国の王とその息子が法の順守のために片目を取られた顚末について   43
聖パオリーノ司教の深い慈悲について   44
ある両替商が神のために行った偉大な施しについて   45
カルロ大帝の男爵に神が下した裁きについて   46
若王の偉大なる寛大さと礼節について   47−48
イングランド王の偉大な寛大さと礼節について   49−52
三人の魔術師がフェデリコ帝の宮廷にやってきた次第   53−55
皇帝フェデリコから大鷹がミラノの市街へ逃亡した顚末   56−57
フェデリコ帝がある泉のところでひとりの庶民に出会い、(水を)飲んでも良いかと尋ね、皇帝がその者の杯を取った次第   58−59
皇帝フェデリコが二人の賢人に質問して彼らに報酬を与えた経緯   60−61
スルタンがある者に二百マルクを与え、それを彼が見ている間に宝物管理人が書きつけた次第   62−63
ここではフランスのある市民について語られる   64−65
侮辱された偉大な君主についてここで語られる   66
ここではフランスの王国にあったある慣習について語られる   67−68
賢明なる占星術師が最高天について議論した様子についてここに語られる   69−70
ロンバルディアのある騎士が財産を使い果してしまった話   71−72
ここではアッツォリーノ殿の物語の物語師について語られる   73−74
アイルのリカール・ロゲルチョの勇敢な行為について   75−76
ここではバルゾーのイムベラル殿にまつわる話が語られる   77−78
二人の高貴な騎士が素晴らしい愛情で互いに結ばれている様子   79−80
ボローニャのタッデーオ先生についての話   81
残忍な王がキリスト教徒を迫害した様子について語られる   82−83
ここではギリシアの二人の王の間にあったある戦争について語られる   84
ある女から咎められたメリススという名の占星術学者について   85−86
ある修道士にからかわれた司教アルドブランディーノについてここで語る   87
サラディーノという名の道化師について   88
ポーロ・トラヴェルサーロ殿の話   89−90
ここではプロヴァンスのベルグダムのグイリエルモ(ギョーム)の実に素晴らしい話が語られる   91−92
ランゴーネ殿の道化師に対する処遇についてここで語る   93
ある廷臣(吟遊詩人)へ提示された質問について   94
とある泉のところでランチャロット(ランスロット)卿が戦いを交えた次第   95
ナルキッソスが自分の影に恋をした様子についてここで語る   96−97
ある騎士が貴婦人に求愛した顚末について語られる   98
コンラディンの父、コンラッド王についてここで語る   99
トゥルーズの医者がトゥルーズの大司教の姪を娶った顚末について語られる   100−101
ボローニャのアッコルソ先生の息子、フランチェスコ先生の話   102−103
あるガスコーニュの婦人がキプロスの王にすがりついた様子についてここで語る   104
ジョヴァンニ王の時代に買われた鐘について   105
ここでは皇帝が彼の男爵のひとりに与えた特別な許可について語る   106
ここでは教区牧師ポルチェッリーノが告訴された経緯について語られる   107
マルコという名の吟遊詩人の話について語る   108
ある田舎人がボローニャへ学問をしに行った次第   109
ボローニャの貴婦人アニェジーナ   110
宮廷騎士ベリウォロ殿について   111
皇帝が絞首刑に処したある騎士についてここで語られる   112−114
ここではカルロ大王が恋狂いした顚末について   115−117
哲学者ソクラテスについて、そして彼がギリシア人に返答した様子についてここでは語られる   118−119
ここではロベルト殿の話が語られる   120−121
立派なメリアドゥス王と怖いものなしの騎士について   122−123
プロヴァンスのピュイ宮廷で起こったある物語について   124−129
イゾルデ王妃とレオーニスのトリスタン殿についてここで語る   130−132
ここではディオゲネスと呼ばれた哲学者について語る   133
ここではパピリオの父が彼を元老院会議へ連れて行った経緯が語られる   134−135
ある青年がアリストテレスにした質問について   136−137
トラヤヌス帝の偉大な正義についてここで語られる   138−139
ここではヘラクレースが森の中に行った経緯が語られる   140−141
息子に死なれたある婦人をセネカが慰めた様子をここでは語る   142−143
カトーが〈運命〉に対し不平を述べた次第についてここで語る   144−145
お金に困ったスルタンが正当な理由もなくユダヤ人を告訴した顚末   146−147
ある臣下と主君の物語がここで語られる   148−149
ここでは、主なる神が旅芸人にお伴される顚末が語られる   150−151
リッカルド(リチャード)王の行った大虐殺についてここで語られる   152−153
ここでは宮廷に出入りする騎士リニエリ殿について語られる   154−155
学問を俗語に翻訳することに熱心なある哲学者の話   156
ここでは彼の領主を崇拝する旅芸人について語られる   157−158
フィレンツェのミリオーレ・アバーティ殿が口にした物語についてここで語られる   159−160
ここではトロイアのプリアムス王の息子らが開いた審議について語られる   161−162
湖のランチャロットを愛したがため亡くなられたスカロット(シャロット)の乙女について語る   163−164
キリストがある日弟子らと木の生い茂った場所を歩いていると、じつに貴重な宝を見つけた経緯について   165−166
エッツォリーノ殿が大祝宴を宣言させた様子   167−169
ジェノヴァで時折り起こった大飢饉について   170
過分に与えられたある男の話   171
ある男が告解に行くと   172
ここではマントヴァのカッフェリの城主殿について語られる   173
終わる見込みのない物語を始めた吟遊詩人についてここで語る   174
ここではフェデリコ皇帝が彼の鷹の一匹を殺した顚末が語られる   175
ある男が司祭に告解をした次第   176−177
うまそうなパイを作った女房の話   178
告解に出かけた農夫の話   179
ここではメギツネとラバについて語られる   180−181
町に出かけた田舎者の話   182
サン・ジョルジョのビートとフルッリ・ディ・フィレンツェ氏の話   183−185
ある商人が海の彼方へ二枚の桶板で区切った樽でワインを運ぶ顚末が語られる   186
帽子を仕入れた商人について語る   187
ある愛の美しい話   188−190
フェデリコ帝がヴェッキオを訪ねた次第   191