サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

新カナダ英語文学案内

新カナダ英語文学案内

  • 藤本 陽子(著)/ 堤 稔子(編)/ 中山 多恵子(編)/ 馬場 広信(編)
作品 著者 ページ
序文に代えて−マイノリティ文学からポストコロニアル文学へ   17−19
英系カナダの文学   22−30
PC〈ポリティカル・コレクトネス〉に関する覚書   31−50
移民=マイノリティから普遍へ   51−52
二つの言語を持つ国の文学に光   53−54
キャロル・シールズ『ストーン・ダイアリーズ』〈『ストーン・ダイアリー』〉   55
シリーズ『ある国民の歴史』、『「マクリーンズ」版カナダの世紀』〈歴史書〉   56
ティモシー・フィンドリー『戦争』、マイケル・オンダーチェ『アニルの亡霊』   57
ティモシー・フィンドリーの『ヘッドハンター』とジョゼフ・コンラッドの『闇の奥』   58−59
スティーヴン・ヘニガン『言葉が世界をこばむ時』〈評論集〉   59−60
キャロル・シールズ『アンレス』   60−61
ウィル&イアン・ファーガスン『カナダ人になる方法』〈ノン・フィクション〉、ダグラス・クープランド『カナダの記念品』〈ノン・フィクション〉   62
ヤン・マーテル『パイの物語』   63
キャサリン・ゴヴィエ『クリエイション』   64
マーガレット・アトウッド『オリクスとクレイク』   65
マイケル・アダムズ『炎と氷』〈エッセイ〉   66
エッセイ集成『パセジズ』〈序文・編集/マイケル・イグナティエフ〉   67
ジョン・マレル『パレードを待ちながら』   68
カナダの歴史書三種   69
アリステア・マクラウド『彼方なる歌に耳を澄ませよ』   70
推理小説作家ハワード・エンゲルとジャイルズ・ブラント   71
「ワン・ブック・ワン・シティ」の試み   72
マーガレット・アトウッド『モラル・ディスオーダー』   73
二〇〇七年、グローブ・アンド・メール紙の世論調査に見る国民意識の変化   74
アリス・マンロー『林檎の木の下で』   75
『ペンギン・ブック・オヴ・カネイディアン・ショート・ストーリーズ』論争   76
ウィリアム・ギブスン『スプーク・カントリー』   77
マーガレット・アトウッド『洪水の年』   78
ヤン・マーテル『スティーヴン・ハーパーは何を読んでいるか』〈書簡集〉   79
マリー・クレメンツ『燃えあがるヴィジョン』   80
デイヴィド〈デヴィッド〉・スズキ『レガシー』〈『いのちの中にある地球』講義録〉   81
ジェイムズ・ヒューストン『白い夜明け』『フローズン・ファイア』   82
多文化と多文化主義のはざま   83−103
過去へ、現在へ   104−130
書評『ビリー・ザ・キッド全仕事』   132−134
オンダーチェの『ビリー・ザ・キッド作品集』   135−154
『家族を駆け抜けて』訳者あとがき   155−159
「父」なる故郷   160−172
書評『イギリス人の患者』〈『イングリッシュ・ペイシェント』〉   173−174
The English Patient〈『イギリス人の患者』〉を「読む」   175−197
書評『アニルの亡霊』   198−199
オンダーチェの遠近法   200−206
書評『ディヴィサデロ』〈『ディヴィザデロ通り』〉   207−208
ローレンス・ヒル『ザ・ブック・オヴ・ニグロズ』   210
E・ポーリーン・ジョンスン「私の櫂がかなでる歌」、マーガレット・アトウッド『ポーリーン』   211
ハーパー連邦首相の先住民寄宿学校問題公式謝罪   212
ビアトリス・カルトン・モジニェー『エイプリル・レイントゥリーを探して』、浅井晃『カナダ先住民の世界』   213−214
ある起源の物語   214−231
寄宿学校制度の爪痕   232−247
カレン・レヴァイン〈レビン〉『ハンナのスーツケース』〈『ハンナのかばん』〉   248
美しき敗者たち   249−269
フランセス・ヘンリーほか『レイシャル・プロファイリング』〈研究書〉   270
書評ロイ・キヨオカ『カナダに渡った侍の娘』   271
ある日系芸術家の試み   272−273
ジョイ・コガワ『おばさん』〈『失われた祖国』〉、『雨は昇る』   273
ケリ・サカモト『エレクトリカル・フィールド』〈『窓からの眺め』〉   274
マリコ・タマキ、ジュリアン・タマキ『スキム』〈グラフィック・ノヴェル〉   275
ジョージ・エリオット・クラーク編『北の星を見つめて』   276
ケネス・ラドゥ『肉と血』   277
M・オンダーチェ『バディ・ボールデンを覚えているか』、S・セルヴァデュレイ『ファニー・ボーイ』『シナモン・ガーデンズ』   278
二人の南アジア系作家を迎えて   279−281
シャイアム・セルヴァデュレイ編『ストーリー・ワラ!』、アニタ・ラウ・バダミ『ヒーローズ・ウォーク』   281−282
アニタ・ラウ・バダミのインド、あるいはカナダ   283−286
アンドレ・アレクシス『子どもの頃』   287
ディオンヌ・ブランド『目録』   288
シャニ・ムートゥーの小説における不在としてのカナダ   289−290
ヴィンセント・ラム『瀉血と奇跡的治癒』   290−291
ハイフンからの眺め   292−300
講演「ホーム・アンド・アウェイ移民作家の故郷とは」   301−318
付録 英語論文The Structure of Joy Kogawa’s Obasan   11−24