サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

イスラム帝国夜話 上

イスラム帝国夜話 上

  • タヌーヒー(著)/ 森本 公誠(訳)
作品 著者 ページ
死者に噓つく要はなし   8−10
本当の利益とは何か   11
宰相の寛大さをバルマク家にたとえる   12−13
貧すれば鈍する   13−15
成り上がりだが無類の気前よさ   15−17
イブン=アルジャッサースが莫大な科料に処せられる   18−21
宰相の首のすげかえ金次第   21−26
靴音さえ気遣う   26−27
高級軍人の遺産の壺   28−29
気前のよい男とはこんなもの   30
高等官吏は技術だけでは務まらぬ   31−34
威厳の示し方   34−35
孫にも威厳を見せる   35−36
屈辱へのお返し   36−38
馬子にも衣裳   39
対東ローマ外交の持ち駒は   40−43
国を越えた慈善の交換   43−44
宰相閣下は太っ腹   44−46
法の番人でも度量は広い   47−49
風変わりな震え字の書き方   49
弟に公文書を偽造された宰相   50
国家の歳入激減せり   51−52
受けた恩義は万倍にして   52−54
本当の雅量とはこんなもの   54−56
横領した公金を帳消しに   57−59
大金贈与の約束は仲介料の得られる地位で   59−62
恩義のお返しは仲介料の得られる地位で   62−65
宰相の決裁を得るには気遣いが   65−66
宰相への嘆願書は社会的弱者のため   66−67
嘆願書の煩わしさを諫める   67−68
預言者の家系も品位は地に落ちた   68−69
預言者の末裔も憐れなもの   69−71
お堅い法官でさえ青春はあった   72−73
アリー家出身者が誇らしく詠う   74
ティグリス川を詠む   75
リュート弾きを皮肉る   75−76
ビシュル=ブン=ハールーンが諷刺の詩を詠む   76−77
アブー=ナスルをビンスとあだ名するわけ   77−79
有名な学者に臆することなく   79−80
機転で窮地を脱する   80−81
機知は身を救う   81−82
なぞかけでスーフィー行者をからかう   82−83
スーフィー行者の詩はよくわからぬ   83
物売りの少年とのやり取り   84
人それぞれにふさわしい言葉で   84−85
太守の寛容を称える詩   86
指勘定の仕方と人の一生   87
インドの遊女は国王にも進言できる   88−89
賢人たちにインドの王は尋ねる   89−91
情けを掛ける   91
口論に巻き込まれる   92
運と不運との分かれ道   92
バッバガーの詩   93
貧しい人、困っている人への施し方   94−96
母親への孝養は食卓でも   97
機知は富むが不遜な説教師   98
氷売りスライマーンの幸運   98−100
カリフ−ムクタディル時代のバグダードの繁栄   100−102
厳罰でなく温情をかけるべし   103−107
宮仕えはつらきもの   108−110
怒りの拳の落としどころ   110−111
臣下は君主の激情をなだめるもの   112
叛乱者には極刑の報いあり   113−116
我慢はどこまでできるか   117
一風変わった極刑   118
叛乱者の望んだままの極刑を   119−121
悪知恵を働かせる憎めない泥棒たち   121−123
神秘家の不思議には裏がある   123−125
ハッラージュの異端審問   126−128
ハッラージュのまやかし   129−131
ハッラージュの著述   131−132
バスラの碩学ブーミニー   132−133
ハッラージュについてのジュッバーイーの見解   134
ハッラージュ信奉者の信条   135−136
美田は息子のためならずや   136−137
遺産の速やかなる費消法   138
浪費癖から立ち直った遺産相続人   139−143
改悛すでに遅し   143−144
金遣い、その気になれば早や無一文   144
歌姫買いは人生勉強の授業料   145
歌姫買いはお高くつきますよ   146
同性愛の若者の言葉   147
同性愛者の奇妙な関係   147−149
生まれの幸運に背を向ける   149
指導的人物への書簡文はいかように   150
名前になった語句の忌避   151−152
大総督もほれた女には取り繕う   153
市井の人でもかつての遊びは桁外れ   154
どんな生き物の魂も正しく導かれる   155
猿の知恵   156−157
熊にまつわる話   157
どんな動物の肉でも食べる総督   158−159
借金主、九死に一生を得る   160
いっぷう変わったライオンの捕獲法   161
私領地争いは命懸け   162−169
一税務官吏が信仰に目覚める   170−173
当世アラブ騎士の理想像   173−177
司法の乱れは国家滅亡の最初の兆候   177−180
商人出身法官の清貧   180−182
醜聞のある人物に法官たる資格はない   183
法官の地位もみくびられたものになった   184
新しい叙任に、民衆はつねに驚きいぶかしがるもの   185
神の掟はワクフ以外も無限に   186−188
カリフの宦官といえども奴隷は奴隷   188−189
公証人の資格は並大抵のものではないぞ   189−190
大法官の諭し方はこんなもの   191
人を迎え入れる心遣い   192
宰相官邸はしきたりの厳しいところ   193−194
のちの大法官もかつては貧乏学生   195−196
疑わしきは罰せず   196−198
大法官アブー=ユースフの遺産   198
いかにして法官になったか   199−201
徳ある宰相の計らい   202−203
小さな得は大きな損   203−205
法学派によっては誰もが証人になれる   205−206
あわて者の高官   206−207
笑いを取ってカリフの侍臣に   207−208
賭け事に負けたカリフの粋な計らい   208−210
カリフの権威をかさに、世間を甘く見てはならぬ   210−211
恋はお高くつきますよ   212−214
文法家の内弟子となって学ぶ   215−216
時は流れながれて   216−219
カリフ−ムクタディルは愚か者か   220−221
ムクタディルの悲憤慷慨   221−224
息子が浪費家のカリフになると予言する   224−228
ムクタディルの母后の無駄遣い   228−229
ムクタディルの無駄遣い   230
カリフ−ラーディーの無駄遣い   231−233
ラーディーは諸事万端にわたっての最後のカリフ   233−234
カリフ−ムタワッキルの無駄遣い   234−236
奴隷商人アブルアッバース   236−238
意表をついて絶品を手に入れる   239−240
義を見てせざるは勇無きなり   241−245
統治は細心の注意で   246−248
蟻の穴から堤も崩れる   248−252
天下の難事は必ず易きよりなる   253−255
従臣のいたずら心にも厳しく   255−256
酷政と仁政とのはざま   257−258
寵臣に機略で富を   259−262
いたずらな横恋慕が招いた悲劇   262−263
殺人事件を飼い犬が暴く   263−264
用心がかえって仇に   265
幸運な財宝の発見   266−267
莫大な報償金よりも漁業権を   267−268
ダイラム人族長が商人出身のオマーンの支配者を襲撃   269−270
バグダードの治安は乱れたり   270−271
公衆に丸見えで売春させた無頼の館   271−272
極度の物価騰貴が招いた悲劇   272−273
太守を称えるバッバガーの詩   274
都から来た法官の気位の高さ   278−279
法官と税務長官との対立   279−284
地元の長の深慮遠謀に中央官僚も顔負け   285−287
法官ムハンマド=ブン=マンスールの男気   288−290
暴虐を行なった徴税官への懲罰   290
法の番人と権力保持者   291−292
法官のしゃれた表現   293
書記官僚の派閥抗争   294−296
派閥抗争に弁舌は武器   297−300
残すべき遺産は真の友   301−304
宝石の相場を下げさせたカリフの知恵   304−305
逆境における真の価値   305−306
母の一口の喜捨が息子を救う   307
恐怖のあとの幸運   308−309
弟を監禁したハムダーン朝太守への諫めの書簡   310−312
ヤフヤー=アズディーの詩   312−315
別離の寂しさを詠む   315−317
ある法官への賛辞   317
カリフ臨席の結婚式における大法官の気遣い   318−320
カリフへの法意見の御進講   320−321
歌姫に入れあげた部下への宰相の粋な計らい   321−329
カリフの寂しい最期   329−330
オオトカゲがカリフの遺体から両目を食べる   330−332
義母を残忍な拷問にかけたカリフ   332−334
人は見かけだけで判断してはならぬ   335−336
法官アブー=ウマルの英知   337−339
法官アブー=ウマルの裏わざ   340−341
毒消しのまじない   342−343
できものの腫れを引かせるまじない   344
危機一髪、祈りが通じたか   345−346
ブワイフ朝君主も少年時代は極貧生活   346−347
ブワイフ朝の重臣もかつては貧窮生活   347
貧者だからといって蔑んではならぬ   348
大火も原因はちょっとしたこと   349−351
政敵を蹴落とすには   351−353
口は禍のもと   354−355
法官と経済検察官との確執   355−356
情は人の為ならず   356−358
父の寵臣であっても、息子の扱いは別   359
善意で引き受けても商売のうち   360
娘の不義の相手を責めるだけでは片手落ち   361−362
実力者の命令でも筋は通すべし   362−363
実利のある宰相職を求めて   364−365
宰相とは危険な仕事   366
大望を抱いている者はその危険も大きい   367
政争に敗れた前宰相は哀れなもの   368−369
熱湯に手を入れても火傷せぬ   369−371
あるスーフィー行者の奇行   371−372
長時間使用に耐える巨大蠟燭   372−373
信仰にまつわる変わった出来事   374−375
記憶力抜群のいたずらっ子   376−377
記憶力抜群の乞食   377−378
タヌーヒーの父も抜群の記憶力の持ち主   379−380
神に祈ってコーランの暗記に励む   381
スーフィー行者が説く人生の糧   382
君主の教訓   382−388
自分のことは自分で始末しろ   388−391
新任法官への諷刺詩   391−392
褒美をくれない宰相への諷刺詩   393
一編の詩で担保の宝飾品を取り戻す   394−395
蝿を追い払うことのできる不思議な石   395−396
宝石売りに危険は付き物   397−398
ある貿易商人の知恵   399−400
訴訟で法官を出し抜いた女の知恵   400−401
負債を否定し、宣誓を拒絶した男   402
言葉は知ったつもりで使うでない   402−403
公証人たるものの心構えとは   403−404
女郎屋のなかの女郎屋   404−412
とんだ書きまちがい   412−413
食い物にけちな徴税官を甥がやり込める   413−414
王者の観察眼   415−416
ちょっとした機転とおねだりでひと財産   416−419
詩人の悪ふざけ   420−421
詩趣のわかる追剝ぎ   422
ふざけた人たち   423
因果はめぐる   424
宰相ムハッラビーの書簡   425
機転を利かせて過激派の襲撃を免れる   426−427
ムウタズィラ派の振舞い   427−428
コーラン創造説をめぐる逸話   428−429
二人の著名な学者が同日に亡くなった   429−430
夜討ち朝駆けの就職運動   430−434
身のほどを忘れて宰相をなじった結末は   434−436
危機一髪に祈りは有益か   436
返り咲きの宰相への頌詩   437−438
女性による辛辣な諷刺   438−440
殉教者フサインの母の悲しみ   440−443
失業法官の神への祈り   443−448
殉教者フサインの子孫討伐者に対するシーア派感情   448−450
夢のなかの預言者のお告げ   451−452
夢のなかで詩を暗記する   453−454
いったん出された主命をいかにして撤回させるか   454−457
世知辛い世になったもの   458−460
ハムダーン朝太守アブー=タグリブへの祝辞   460−463
再婚する母の息子を慰める書簡   463−464
麻痺の少女に起こった奇跡   464−466
公証人の資格とは   467
チェス指しの説くチェスの効用   468−469
貧すれば鈍する、それが当世気質   469−471
友人も立場変われば敵同士   471−473
夢に現われた神の使徒のお告げ   473−474
神への祈りがローマ人軍奴の麻痺を救う   474−476
バスラの大モスクのハッラージュ   476−477
さいころの負けをつい神に愚痴る   478
反目する礼拝布令役人と経済検察官   479
イブン=ドゥライドは抜群の記憶力   479−480
言葉の言い間違い   481
ハムダーン朝君主の功績を顕彰する書簡   482−485
即興の頌詩で大金の褒美   486
褒美を催促した詩人がかえってやり込められる   487−488
宝石商イブン=アルジャッサースが金持ちになれたきっかけ   488−489
酒づきあいがもとで信用を得る   490−491
口は禍の門   492−493
ベドゥインの占い師   493−495
ベドゥインの鳥占い   495−497
高名な占星術師を顔色なからしめた辻占い師   498−500
占星術師の腕比べ   500−502
タヌーヒーの父、みずからの命終を占う   502−503
君子危うきに近よらず   504
占星術に熟達したムウタズィラ派神学者   505
食事するのも相手次第   505−507
窮鳥、懐に入る   507−509
気丈な老婆、泥棒を閉じ込める   509−511
ムウタズィラ派信者の肝っ玉   511−512
女性歌手の歌声にほれ込んだ老伝承家   512−513
偽ガブリエル、愚者信仰を打ち破る   513−515
いかさま苦行者、まんまと喜捨をせしめる   515−519
感激のあまり失神し息絶えたスーフィー行者   519−520
二人の乞食の知恵   521
敬神の苦行者といえども欲の持ち主   521−522
最果ての地の国王の知恵   522−524
すぐれた医者の瀉血法   524−525
オレンジ臭過敏症   525−526
ここまで来たか、あゝ疲れた   526−527