サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義

主体の論理・概念の倫理 二〇世紀フランスのエピステモロジーとスピノザ主義

  • 上野 修(編)/ 米虫 正巳(編)/ 近藤 和敬(編)
作品 著者 ページ
カヴァイエス、エピステモロジー、スピノザ 近藤和敬 著 13−23
一つの哲学的生成 中村大介 著 25−43
ジャン・カヴァイエス ウーリヤ・ベニス=シナスール 著 45−110
カヴァイエスとスピノザ『エチカ』のあいだに見出しうる一つの関係 近藤和敬 著 111−132
ヴュイユマン『代数学の哲学』とスピノザ『エチカ』の幾何学的秩序 原田雅樹 著 133−159
エピステモロジーと精神分析 上野修 著 163−166
構造と主体の問い 坂本尚志 著 169−191
ラカンの「エピステモロジー」における真理の探究について 上尾真道 著 193−213
ラカンにおけるスピノザのプレゼンス 上野修 著 215−235
ラカンと数理論理学 信友建志 著 237−261
概念の哲学・精神分析・生命の哲学の知られざる結節点 米虫正巳 著 263−287
生命のエピステモロジーとスピノザ主義 米虫正巳 著 291−296
概念の哲学から生命の哲学へ 藤井千佳世 著 297−316
カンギレムとヘーゲル 坂本尚志 著 319−342
ドゥルーズにとってのスピノザ 朝倉友海 著 343−362
構成主義としての哲学と内在としての生 米虫正巳 著 365−395
現代英語圏におけるスピノザ読解 木島泰三 著 399−415
総括と展望   417−452