サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

収録作品一覧

シリーズ刑事司法を考える 第5巻 裁判所は何を判断するか

シリーズ刑事司法を考える 第5巻 裁判所は何を判断するか

  • 指宿信(他編集委員)/ 木谷明(他編集委員)/ 後藤昭(他編集委員)
作品 著者 ページ
刑事事実認定の基本的あり方 木谷明 著 2−23
情況証拠による事実認定 門野博 著 24−45
自白の任意性・信用性の判断 木山暢郎 著 46−66
量刑の基本的考え方 原田國男 著 67−85
裁判員制度と手続二分 青木孝之 著 88−105
裁判員制度の導入により刑事裁判はどう変わったか 家令和典 著 106−125
少年事件と裁判員制度 廣瀬健二 著 126−150
裁判員裁判における「性犯罪の量刑」について 島岡まな 著 151−171
裁判員裁判における評議の現状と課題 國井恒志 著 172−206
裁判員制度の下における上訴審のあり方 岩瀬徹 著 208−227
無罪判決に対する検察官上訴は許されるべきか 高野隆 著 228−264
再審制度の抱える諸問題 鴨志田祐美 著 265−298