サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

収録作品一覧

岡山「へその町」の民話 岡山県吉備中央町の採訪記録

岡山「へその町」の民話 岡山県吉備中央町の採訪記録

  • 立石 憲利(編著)/ 吉備中央町図書館(編著)
作品 著者 ページ
若返りの水   27−28
こぶとり爺さん   29−30
浦島太郎   31−32
屁こき爺 1   32−33
屁こき爺 2   33−35
桃太郎 1   35−36
桃太郎 2   36−40
一寸法師 1   40−42
一寸法師 2   42−44
まま子と鳥手紙   45−46
蛇の渕   46−52
馬方と鬼   52−54
花咲か爺   54−56
狼の恩返し   56−57
ホトトギスと兄弟   57−58
雨蛙不孝   58−59
猿と蟹の餅争い   59−60
かちかち山   61−62
盗み物の分配   63−64
猿の牛盗み 1   64−65
猿の牛盗み 2   65−67
漏りが怖い   67
すしは本尊   68
饅頭は仏様   69−70
ぼたもちは本尊   70−71
水飴は毒   71−72
小魚はかみそり   72−73
カラ、ゴキ、クタ   73−75
弘法も筆の誤り   75
長い話の好きな殿様   75−76
ねずみ経   76−77
茶栗柿麩   77
鍬取って来うか   78
髪剃り狐   78−82
ダンゴ婿   82−84
ぼたもちはどっこいしょ 1   84
ぼたもちはどっこいしょ 2   84−85
こうこで湯加減   85−86
旭川が海   86
旅学問 1   86−89
旅学問 2   89−91
短い話   91
弘法と芋   95
弘法としだれ栗   95−96
玉藻の霊石   96−98
玉藻霊石と土井神社   99−100
玄賓和尚の足形跡   100
袈裟掛け岩 1   100−101
玄賓僧都袈裟掛け岩   101
袈裟掛け岩 2   102
玄賓僧都の腰掛け石   102
矢置石 1   102
矢置石 2   103
的石   103
腹切り岩   103
駒石   104
狸岩と鼓岩   104−105
地獄岩   105
星原の星見岩   105−106
巫女岩   106
天神岩   106
八幡岩   106−107
呼び岩   107
千木乢の呼岩   107
豊野の三つの岩   108
弘法大師の足跡石   108
鬼の足跡石   109
鬼突き岩   109−110
夜泣き石   110
八丈岩   110
弘法清水   111
足洗いの井戸   111
潮川   112
鷺の巣温泉 1   112
鷺の巣温泉 2   112−114
温泉を封じる   114
月の原の温泉   114
血洗いの池   114−115
七人御崎と血洗池   115−116
血の池   116−118
古野池の人柱   118
竜が爪   118−119
馬ケ渕の河童   119−120
蜘蛛ケ渕   121
乙ケ瀬の鰻   121−122
老僧渕   123
雨乞いの渕   123
杉谷の蛭   123−124
弘法の蛭の口封じ   124−125
鱗のない魚 1   125
鱗のない魚 2   126
柳迫長兵衛と埋蔵金   127
薬師堂の金鶏   127
金の鶏   127−128
金鳥様 1   128
金鳥様 2   128−129
金鳥様 3   129
金の鳥   129−130
金のクジャク 1   130
金のクジャク 2   130
上人墓の金の鶏と鶉   131
宮坂の七人御崎   131−132
円城寺の宝物   132−133
伊賀主計大明神と宝物 1   133
伊賀主計大明神と宝物 2   133
虎倉城の埋蔵金 1   134
虎倉城の埋蔵金 2   134−135
金の茶釜 1   135
金の茶釜 2   136
首塚   136
火の釜 1   136
火の釜 2   137
火の釜 3   137
一心神門   137
一心様   138
首塚   138
五郎兵衛墓   139
五郎兵衛塚   139
西入様   140
入定墓   140−141
聖坊   141
塚神様   142
池の法印さん   142−143
室納の七人みさき   143
七人鋒塚   144
子守娘の慰霊碑   144
唐人山 1   145
唐人山 2   145
唐人山 3   146
唐人山 4   146−147
唐人山 5   147−148
唐人山 6   148
馬越ゴボウ   148
姥捨て山 1   148
姥捨て山 2   149
姥捨て山 3   149
地獄谷 1   149−150
地獄谷 2   150−151
池の原   151
すくも山   151
月の輪と山崩れ   151−152
月の輪   152−153
上竹の飢え坂   153
勝負坂   153
譲乢   153−154
御所ケ畝   154
風穴 1   154−155
風穴 2   155
大倉屋敷 1   155−156
大倉屋敷 2   156−157
おふでみさき   157−158
勝負田   158−159
鬼のゆり輪田   159
さいば神   159
吉川八幡宮の開けずの箱   160−161
吉川八幡宮と飛驒の匠   161−162
八幡様の開けずの箱   162−163
吉川八幡宮の大工の塔   163
吉川八幡宮   163
吉川八幡宮の白狐   164
藤田八幡宮   164−165
洪水で流された鴨神社   165
松原八幡宮   165−167
素戔鳴神社   167
一直線上の神社   167−168
化気神社の社名   168−169
岩山神社   169
大和神社の白狐   169−170
天計神社と七人御崎   170−171
提婆宮   171−173
大津様   173−174
キュウモウ狸   174−175
真夜中祭   175
大和神社の秋祭り   175
吉川の光林山神護寺   175
正法寺の火事   175−176
能引寺   176
金福寺の火のみさき様   176−177
キヅキ様   177
頭の神様   177
乢の行者様   178
神護寺と僧宗光と道光   178−179
お汗の弥勒菩薩   179−180
丸山の摩利支天   180−181
三遷の薬師如来   182
毘沙門天の旅   182−183
流れ着く神   183
不動明王   184
浄戒坊の猫   184−185
爪なし竜   185−186
素戔嗚神社の竜   186−188
左甚五郎の竜   188
善正院と猪追いの行事   188−189
清水寺の梵鐘   189−190
千光寺の千手観音 1   190
千光寺の千手観音 2   190−191
首切り地蔵   191
腰折地蔵 1   191−192
腰折地蔵 2   192−193
袈裟斬り地蔵 1   193−194
袈裟斬り地蔵 2   194
袈裟斬り地蔵 3   194
喜平地蔵   195
どんどん地蔵   196
茶煎ケ市   196
行寄   196−197
藤田   197
譲乢   197
高平、大畑、矢柄   198
湯槇の由来   198
後醍醐天皇   199
竹内流   199−201
さんぼ太郎   201
水谷の酒屋   201−202
キュウリを作らない 1   202−203
キュウリを作らない 2   203
キュウリを作らない 3   203
餅なし正月   203−204
狐話−青畳は池 1   207
狐話−青畳は池 2   208
狐話−青畳は池 3   208
狐話−青畳は川   208−209
狐話−ぐるぐる回る 1   209−210
狐話−ぐるぐる回る 2   210
狐話−ぐるぐる回る 3   210
狐話−歩き回る   211
狐話−道を隠す 1   211−212
狐話−道を隠す 2   212
狐話−道を隠す 3   213
狐話−道を隠す 4   213
狐話−道が三本に 1   214−215
狐話−道が三本に 2   215
狐話−道を迷わす   216
狐話−自転車が動かない   217
狐話−馬が動かない   217−218
狐話−牛が動かない   218
狐話−山の奥に入る   218
狐話−ついて来る   219
狐話−道案内する   219−220
狐話−油揚げを取る   220−221
狐話−魚を取る   221−222
狐話−ローソクを取る 1   222−223
狐話−ローソクを取る 2   223
狐話−提灯を消す 1   224
狐話一提灯を消す 2   224
狐話−風呂は野つぼ   225−226
狐話−寝室は肥溜   226
狐話−女が招く   227
狐話−ねずみのてんぷら   227
狐話−竹筒を握る   228
狐話−小便の音は川の音   228−229
狐話−狐の首は榊   229
狐話−ざわめきがする   229
狐話−木を切る音がする   230
狐の嫁入りの灯 1   230−231
狐の嫁入りの灯 2   231
狐の嫁入り   231−232
狐火 1   232−233
狐火 2   234
狐火 3   234−235
宙狐   235
火葬場の狐   235
猿目の狐   236
狐を恐れて髪が一本立ちに   236−237
半分の尾の狐   237
狐が憑く 1   237−238
狐が憑く 2   238−239
狐が憑く 3   239−240
木野山狐が憑く   240−241
狐がたたる   242
憑いた狐を落とす   242−243
憑いた狐を猫が追い払う   243
オヤッテイ様 1   243−244
オヤッテイ様 2   244−245
狸に化かされる 1   245
狸に化かされる 2   245
古庵狸   245
狸の運動会   246
狸と相撲取り   246
猿が憑く   247−250
送り狼 1   250−251
送り狼 2   251
狼の恩返し   251
大和山の大蛇   252
おおなるの大蛇   252−253
古野池の大蛇 1   253
古野池の大蛇 2   253−254
貢の大蛇   254
大きな蛇   254−255
自動車に鎌首を上げる蛇   255
大蛇に飲まれる 1   256
大蛇に飲まれる 2   256−257
蛇の臭い   257
蛇の鱗取り   258
酒屋の主の蛇 1   258
酒屋の主の蛇 2   258−259
地蔵滝の蛇   259
馬が大蛇で立ち止まる   259−260
袈裟掛の蛇女房 1   260−261
袈裟掛の蛇女房 2   261
トウビョウ 1   261−262
トウビョウ 2   262−263
トウビョウ 3   263−264
住職が白蛇を見ると死ぬ   264
大和山の竜神   264
浜子渕のごんご   265
カヤの木渕のごんご   265−266
大井手のごんご   266
青木の渕のごんご   266−267
鐘ノ穴のごんご   267
三谷の河童   267−268
ごごう渕のごんごう   268
小豆すり 1   268
小豆すり 2   269
小豆すり 3   269
小豆洗い 1   269−270
小豆洗い 2   270
小豆とぎ   270−271
夜泣き石   271
提灯がえし   271
提灯かつぎ   272
古庵坊主 1   272
古庵坊主 2   273
黒土の大入道   273
見越入道 1   274
見越入道 2   274
馬の首   274−275
ぬうりひょん   275
脛曳   276
猫又   276
抜け首   276−277
槌ころがし   278
汚血   279
権現山の天狗   279
天狗の悪戯   280
火車 1   280
火車 2   281
岩目の翁   281−282
くもの化け物   282−283
妖怪の寝床   283
怖い場所 1   283−284
怖い場所 2   284
あの世からの招き   285
死者が生き返る   285−286
出立ちの飯   286−287
死の知らせ 1   287
死の知らせ 2   287
死の知らせ 3   287−288
死の知らせ 4   288−289
死の知らせ 5   289
別れに来た兄   289−290
帰ってきた弟の魂   290−291
夢の知らせ   291−292
戦死者の魂が火の玉で帰る   292
火の玉 1   292−293
火の玉 2   293
火の玉 3   293−294
火の玉 4   294
火の玉 5   294−295
火の玉 6   295
火の玉 7   295−296
火の玉 8   296
火の玉 9   297
死者の霊の宿る乢   297
たたる木 1   298
たたる木 2   298
たたる木 3   299
切られない木 1   299
切られない木 2   300
切られない木 3   300−301
切られない木 4   301
切られない木 5   301
椿は家に植えない   301−302
加茂大祭と貴船様   302−303
加茂大祭と川合神社   303−304
加茂大祭での喧嘩 1   304−305
加茂大祭での喧嘩 2   305−306
高野神社と千光寺がいっしょに   306−307
白髭の爺は大津様   307
不思議な体験   307−308
男女が結ばれる場   308
首なし地蔵   308−309
腰痛に効く地蔵   309−310
歯痛を治す地蔵 1   310
歯痛を治す地蔵 2   310−311
子授けの観音   311
いぼの神様   311−312
さえの神   312
竈神   312
淡嶋様   312−313
摩利支天   313
五輪塚のおかげ   313−314
善覚様に亀   314−315
観音堂の当番札が来ると子が出来る   315
行き倒れの墓   315
行き倒れ   316−317
上竹平田の祠   317
提婆宮の呪い釘   317−318
血まぶれの武者   318
狐の剃刀   318
念仏踊り   318
弘法大師の罰   319
神の台座が濡れる   319−320
塚の石   320
月の輪 1   320−321
月の輪 2   321−322
大日の田   322−324
算盤名人六郎兵衛   325
大食い−一升ぼたもちを食う   326
餅好き 1   326
餅好き 2   326−327
餅好き−餅一つが食えん   327
獅子の四郎兵衛   327
にせ金で大地主に   327−328
水野弘毅村長   328−329
肝試し   329−330
鮎知らず   330
小僧の博労   330−331
円城寺の庫裡   331−332
壊せなかった大岩   332
悲しい話   333−334
人さらい   334
地神様には畑に入らない   334
山で「ねこ」と言わない   334−335
噓をつくと背なに松が生える   335
則安の夜泣貝   335
小判四枚でしまい   335−336
ほうれん草を湯がく   336
干ばつと雨乞い   339−341
雨乞い 1   341−342
雨乞い 2   342−343
雨乞い 3   343−344
雨乞い 4   344
雨乞い 5   344−346
夕立道   346
千本突きで池造り   346−347
田土村を救った三人   347−349
大正時代の暮らし   349−350
円城寺の門前町   350−351
尾原銀座   351
尾原市   351−352
合併に翻弄された杉谷、粟井谷   352−354
不受不施のムラ   354−360
大ハンザキ   360
終南小学校名の由来   361
鐘穴銅山   361−362
昔の銅山   362−363
缶詰工場に粉挽き水車   363
天王山の森   363−364
猪取り   364−367
蚕を飼っていた   367
田の畦草刈り   368
吉川は日本一の松茸産地   368
召集令状   369
特攻機から遺書   369−370
戦争でペリリュー島に   370−377
戦地での食料   377−378
絶食死刑   378−379
草競馬   379−380
戦時中子ども   380
大和小学校校庭がさつまいも畑に   380−381
桑の皮むき   381
ススキの穂採取   381
子どもの遊び   381−382
戦争中のおやつ   382−383
運動靴の配給   383
きびしかった供出   384
戦時中の食べ物 1   384−385
戦時中の食べ物 2   385−386
学徒動員での食べ物   386−387
農業要員   387
松根掘り   388−389
松根油工場 1   389
松根油工場 2   390
店の名が「松根」   390
松油の採取   390−391
岡山空襲を見た   391−392
戦後の暮らし   392−394
戦後の子どもの暮らし   394−396
松笠拾い   396
ズイムシ取り   397
シベリアからの帰還者   397
正月の行事   398
ヤレボウ   399
虫送り   399−400
お祭りのごちそう   400
高野神社の大盛飯   400−401
嫁取りに墓石   401−402
米の飯にありつける葬式   402−403
鯉取り   403
ウナギ取り   403−405
ドジョウ取り   405
タニシ取り   405
川ニナを食べる   405−406
アワワ取り   406
栗虫を食べる   406
雀を捕る   406−407
初めての学生服と靴   407−408
学校の弁当 ほか9編   409