サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

山中敬一先生古稀祝賀論文集 下巻

山中敬一先生古稀祝賀論文集 下巻

  • 井田 良(編集委員)/ 川口 浩一(編集委員)/ 葛原 力三(編集委員)/ 塩見 淳(編集委員)/ 山口 厚(編集委員)/ 山名 京子(編集委員)
作品 著者 ページ
生命の刑法的保護 佐久間修 著 1−18
臨死介助に関する刑法問題 林東茂 著 19−37
積極的安楽死と緩和医療 只木誠 著 39−57
自殺関与行為の不法構造における生命保持義務とその例外的解除 飯島暢 著 59−79
同時傷害の特例の存在根拠とその適用範囲について 安田拓人 著 81−98
保護責任者不保護罪における救命可能性の要否とその認識 松尾誠紀 著 99−116
強制わいせつ罪における〈性的意図〉について 園田寿 著 117−130
盗撮画像に対する刑事規制 渡邊卓也 著 131−147
犯罪の偽装(ドイツ刑法第145条d)の保護法益 森永真綱 著 149−160
人格的法益と財産的法益との排他性・流動性 長井圓 著 161−188
「欺く行為」における「重要な事項」の判断基準 木村光江 著 189−206
財産的損害のない詐欺罪 葛原力三 著 207−243
消費者証券取引における欺罔行為 高山佳奈子 著 245−263
排出権取引と詐欺罪 大山徹 著 265−283
盗品等に関する罪における主体について 小名木明宏 著 285−305
器物損壊罪における「損壊」の概念について 佐伯和也 著 307−339
虚偽供述と証拠偽造 佐川友佳子 著 341−361
認知症などの病気と交通犯罪 川本哲郎 著 363−378
危険運転致死傷罪における赤色信号を「殊更に無視し」の意義について 橋爪隆 著 379−396
環境刑法の行政従属性について 川口浩一 著 397−414
国際刑事裁判所(ICC)における被害者の位置付けについての覚書 フィリップ・オステン 著 415−428
欧州における刑事司法システムの比較 イェルク‐マルティン・イェーレ 著 429−450
市民の安全におけるEUとその活動 エミール W.プウィヴァチェフスキ 著 451−464
新たな医療技術・検査等の導入に伴う倫理的問題 林弘正 著 465−495
性同一性障害者と刑事法 永田憲史 著 497−518
日独の精神科患者の自己決定権と強制治療 山中友理 著 519−540
犯罪被害者に対する損害回復・経済的支援策 奥村正雄 著 541−564
裁判員裁判時代における死刑事件の判断について 岡上雅美 著 565−583
韓国の死刑制度 趙炳宣 著 585−618
司法警察員による司法取引 佐藤美樹 著 619−641
公訴時効制度の現状 道谷卓 著 643−659
訴訟能力欠如と手続打切り 松代剛枝 著 661−668
刑事控訴審における職権調査の在り方 石井一正 著 669−690