サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

収録作品一覧

古典文学の常識を疑う

古典文学の常識を疑う

  • 松田 浩(編)/ 上原 作和(編)/ 佐谷 眞木人(編)/ 佐伯 孝弘(編)
作品 著者 ページ
『万葉集』が「天皇から庶民まで」の歌集というのは本当か 品田悦一 著 2−5
「枕詞は訳さない」でいいのか 大浦誠士 著 6−9
『万葉集』の本来の姿はどのようなものか 小松(小川)靖彦 著 10−13
五七のリズムは日本固有のものか 岡部隆志 著 14−17
万葉仮名は日本語表記のための発明か 遠藤耕太郎 著 18−21
上代文学はどのような古代日本語で表されているのか 奥村和美 著 22−25
『古事記』と『日本書紀』の〈歴史観〉はどのように異なるのか 松田浩 著 26−29
『日本書紀』は「歴史書」か 山田純 著 30−33
『古事記』の出雲神話をどう読むか 三浦佑之 著 34−37
『古事記』の神話は日本固有のものか 猪股ときわ 著 38−41
天照大御神は太陽神か 烏谷知子 著 42−45
「風土記」は在地の伝承か 飯泉健司 著 46−49
『日本霊異記』は日本の仏教説話集の濫觴か 山本大介 著 50−53
「国風文化」をどう捉えるか 渡辺秀夫 著 56−59
注釈学の発生メカニズムは解明可能か 東望歩 著 60−63
物語文学史の空白は書き換え可能か 渡辺泰宏 著 64−67
文献空白期の平安時代琴史 正道寺康子 著 68−71
諸本論は『枕草子』研究を革新できるか 山中悠希 著 72−75
五味文彦『『枕草子』の歴史学』の「新説」を検証する 津島知明 著 76−79
紫の上妻妾婚姻論は平安時代の結婚をどう読み替え得たか 鵜飼祐江 著 80−83
『源氏物語』の巻々はどのような順番で作られたか? 中川照将 著 84−87
『源氏物語』作中人物論の常識を問う 竹内正彦 著 88−91
『源氏物語』宇治十帖の謎 三村友希 著 92−95
『源氏物語』校訂本文はどこまで平安時代に遡及し得るか 上原作和 著 96−99
『源氏物語』の注釈書はなぜ思想書となったか 湯淺幸代 著 100−103
古筆研究はどこまで文学史を書き換えたか 仁平道明 著 104−107
作家の古典現代語訳はどのように推敲されたか 上原作和 著 108−111
中世が無常の時代というのは本当か 藤巻和宏 著 114−117
和歌史において武士の時代はどう位置づけられるか 舘野文昭 著 118−121
中世歌謡と信仰はどのように結びついていたか 中本真人 著 122−125
中世に説話集が流行したのはなぜか 近本謙介 著 126−129
『平家物語』は鎮魂の書か 佐伯真一 著 130−133
『平家物語』の読み本と語り本はどう違うか 佐谷眞木人 著 134−137
『太平記』はどのような意図で書かれたのか 小秋元段 著 138−141
中世文学研究と「歴史学」の交錯 大橋直義 著 142−145
お伽草子は中世の文芸か 伊藤慎吾 著 146−149
中世の偽書 千本英史 著 150−153
琉球をめぐる文芸 目黒将史 著 154−157
軍記文学史は必要か 大津雄一 著 158−161
日本における「文人」とは 池澤一郎 著 164−167
歌語「のどけし」にみる近世の歌論と実作 盛田帝子 著 168−171
国学における実証性と精神性 田中康二 著 172−175
浄瑠璃正本は実際の舞台にどれだけ忠実なのか 黒石陽子 著 176−179
歌舞伎人気はどれくらい地方にまで広がっていたのか 池山晃 著 180−183
『奥の細道』中尾本の意義はどこにあるのか 佐藤勝明 著 184−187
蕉風は芭蕉の何を受け継いだのか 深沢了子 著 188−191
近世における写本と版本の関係は 塩村耕 著 192−195
十九世紀江戸文学における作者と絵師、版元の関係 佐藤悟 著 196−199
西鶴浮世草子をどう読むべきか 中嶋隆 著 200−203
近世に怪談が流行ったのはなぜか 佐伯孝弘 著 204−207
秋成にとって『春雨物語』を書く意味とは 長島弘明 著 208−211
馬琴の「隠微」とは何だったのか 板坂則子 著 212−215
軍記はどのような人に読まれたのか 井上泰至 著 216−219
近世文学における教訓性とは 倉員正江 著 220−223
近世期における春画の用途と享受者 石上阿希 著 224−227