サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 秋道 智弥の紙の本一覧

“秋道 智弥”の紙の本一覧

1946年生まれ。京都府出身。東京大学大学院理学系研究科人類学専攻博士課程修了。専攻は生態人類学、海洋民族学、民族生物学。総合地球環境学研究所名誉教授、国立民族学博物館名誉教授。

“秋道 智弥”に関連する紙の本を60件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

食の冒険 フィールドから探る

食の冒険 フィールドから探る

  • 税込価格:2,808
  • 出版社:昭和堂
  • 発売日:2018/05/15
  • 発送可能日:1~3日
  • フィールドで鍛えた生態人類学者の眼に、世界の食のジャングルはなにを見せてくれるのか−。食の冒険を日本各地やアジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカの旅を振り返りながら綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

交錯する世界 自然と文化の脱構築 フィリップ・デスコラとの対話 (環境人間学と地域)

交錯する世界 自然と文化の脱構築 フィリップ・デスコラとの対話 (環境人間学と地域)

  • 税込価格:5,292
  • 出版社:京都大学学術出版会
  • 発売日:2018/03/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 環境と人間、自然と文化の捉え方に蔓延した二元的な対立構図を打ち破るものは何か。フィリップ・デスコラと人文・社会諸領域の7人が、自然と文化の二元論を超えた地平を求めてコラボレートした論集。【「TRC MARC」の商品解説】

    環境と人間、自然と文化のとらえ方に蔓延した二元的な対立構図を打ち破るものは何か。「自然は人間に復習するか」「自然は人間の友達か」「自然は主体性をもつか」「自...

魚と人の文明論

魚と人の文明論

  • 税込価格:5,724
  • 出版社:臨川書店
  • 発売日:2017/12/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 身近な食物資源であると同時に、博物学・芸術・信仰の対象でもある魚の多面的な歴史を、豊富な図版・写真を用いて解説。自然・人文諸科学の総合的な見地から、魚・人・カミのかかわりを軸とした新たな文明像を提唱する。【「TRC MARC」の商品解説】

    魚と人のかかわりのなかで、われわれ地球の文明はどのような歩みをたどり、どこへ向かおうとしているのか。古代ヨーロッパから、メソポタミア・アジ...

越境するコモンズ 資源共有の思想をまなぶ

越境するコモンズ 資源共有の思想をまなぶ

  • 税込価格:9,180
  • 出版社:臨川書店
  • 発売日:2016/08/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 人類が築いてきた(あるいは失ってきた)資源共有のあり方とその変遷を、豊富な図表・写真とともに解説。震災後を視野にいれた新しい地球像・文明論を提言する。コモンズを通して地球史を見つめつづけてきた著者の集大成。【「TRC MARC」の商品解説】

    地域を越えて、自然・文化の二元論を越えて――人類が築いてきた(あるいは失ってきた)共有のあり方とその変遷を、豊富な図表・写真とともに解説...

人間の営みを探る (フィールド科学の入口)

人間の営みを探る (フィールド科学の入口)

  • 税込価格:2,592
  • 出版社:玉川大学出版部
  • 発売日:2016/06/28
  • 発送可能日:1~3日
  • ナマコに魅せられ、廃村でガラス瓶や貝殻を拾い、「のぐそ」を追い求める…。人間のさまざまな営みにかかわるフィールドワークの実践報告を収録する。編者2人の対談も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    マグロ漁のエサにこだわり、ナマコに狂い、廃村でガラス瓶や貝殻を拾う。あるいは、「のぐそ」を追い求める。フィールドワーカーたちの独特な嗅覚によって見出された、ささやかだが大きく展開し...

海に生きる 海人の民族学

海に生きる 海人の民族学

  • 税込価格:3,024
  • 出版社:東京大学出版会
  • 取扱開始日:2013/07/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界の海を旅してきたフィールドワーカーが、北はベーリング海峡から南太平洋、北海から地中海、そしてインド洋で活動してきた海人を視野におき、海に生きる彼らの活動とその歴史に着目。海と人間のかかわりを問いなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

漁撈の民族誌 東南アジアからオセアニアへ

漁撈の民族誌 東南アジアからオセアニアへ

  • 税込価格:9,720
  • 出版社:昭和堂
  • 取扱開始日:2013/01/21
  • 発送可能日:1~3日
  • アジア・オセアニア地域の“魚と漁の現場”を訪れてきた著者が、その足跡を写真とともに紹介。中国雲南省からポリネシアの孤島、メコン川流域まで、地域の生態系におうじて育まれてきた多様な漁撈文化の諸相を俯瞰する。【「TRC MARC」の商品解説】

日本の環境思想の基層 人文知からの問い

日本の環境思想の基層 人文知からの問い

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,240
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間は自分の生きる環境をどのように認識してきたのか。日本の環境思想の系譜をたどり、新しい時代の環境思想を再検討するため、異分野を超えて協働する人文知からの問い直しを試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

生態史から読み解く環・境・学 なわばりとつながりの知

生態史から読み解く環・境・学 なわばりとつながりの知

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:2,808
  • 出版社:昭和堂
  • 発行年月:2011.4
  • 発送可能日:1~3日
  • モンスーンアジアを舞台に、資源・産物・希少種・病原菌など多様なプロキシーをめぐって、国際社会・国家・地域・身体・環境の間で生起した事象を「生態史」として記述。現在あらわになっている環境問題の連鎖を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

大槌の自然、水、人 未来へのメッセージ

大槌の自然、水、人 未来へのメッセージ

  • 税込価格:2,376
  • 出版社:東北出版企画
  • 発行年月:2010.12
  • 発送可能日:7~21日
  • 陸中海岸の海の町・岩手県大槌町。豊かな湧水に育まれた地域の自然・歴史・暮らしを考察し、未来の地域像を語る。2007年開催のシンポジウムの講演を中心に書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

コモンズの地球史 グローバル化時代の共有論に向けて

コモンズの地球史 グローバル化時代の共有論に向けて

  • 税込価格:3,456
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2010.11
  • 発送可能日:1~3日
  • グローバル化した世界の各地で環境問題を軸にさまざまな紛争が起こり、それに対応できる新たなコモンズ論が求められている。地球史的視野と生態人類学の視点から、世界のコモンズの事例を徹底検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

水と文明 制御と共存の新たな視点

水と文明 制御と共存の新たな視点

  • 税込価格:2,808
  • 出版社:昭和堂
  • 発行年月:2010.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 人類の歴史と現在において、たたかうだけでない水に対する深い知恵に私たちが学ぶべきものは何か? アフロ・ユーラシア世界やアメリカ大陸、島嶼・森林地帯をも視野に入れ、「水の世紀」のはじまりを見通す。【「TRC MARC」の商品解説】

人と水 2 水と生活

人と水 2 水と生活

  • 税込価格:3,240
  • 出版社:勉誠出版
  • 発行年月:2010.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間の生存にとって、もっとも基本的な超媒体である「水」についての人間文化研究機構の連携研究の成果をまとめる。2は、恩恵、権利、聖性、破壊、紛争など、水がもつ様々な意味を多角的に追求する。【「TRC MARC」の商品解説】

人と水 1 水と環境

人と水 1 水と環境

  • 税込価格:3,240
  • 出版社:勉誠出版
  • 発行年月:2010.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間の生存にとって、もっとも基本的な超媒体である「水」についての人間文化研究機構の連携研究の成果をまとめる。1は、水に恵まれた日本社会が、文化から環境までを視野に入れて今後何をなすべきかを論考する。【「TRC MARC」の商品解説】

人と水 3 水と文化

人と水 3 水と文化

  • 税込価格:3,240
  • 出版社:勉誠出版
  • 発行年月:2010.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間の生存にとって、もっとも基本的な超媒体である「水」についての人間文化研究機構の連携研究の成果をまとめる。3は、水が人間の美意識・芸術精神に働きかけるさまや、水に託された霊性・宗教性などを論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

論集モンスーンアジアの生態史 地域と地球をつなぐ 第3巻 くらしと身体の生態史

論集モンスーンアジアの生態史 地域と地球をつなぐ 第3巻 くらしと身体の生態史

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:弘文堂
  • 発行年月:2008.5
  • 発送可能日:1~3日
  • モンスーンアジア地域の生態・文化・歴史について、5年におよぶ調査研究を通じて得られた成果を集大成。第3巻では、くらしと身体、資源管理に関する現代の諸相を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

論集モンスーンアジアの生態史 地域と地球をつなぐ 第1巻 生業の生態史

論集モンスーンアジアの生態史 地域と地球をつなぐ 第1巻 生業の生態史

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:弘文堂
  • 発行年月:2008.5
  • 発送可能日:1~3日
  • モンスーンアジア地域の生態・文化・歴史について、5年におよぶ調査研究を通じて得られた成果を集大成。第1巻では、当該地域の生態・技術・文化の多様性と博物学的知見を体系的に紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

論集モンスーンアジアの生態史 地域と地球をつなぐ 第2巻 地域の生態史

論集モンスーンアジアの生態史 地域と地球をつなぐ 第2巻 地域の生態史

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:弘文堂
  • 発行年月:2008.5
  • 発送可能日:1~3日
  • モンスーンアジア地域の生態・文化・歴史について、5年におよぶ調査研究を通じて得られた成果を集大成。第2巻では、当該地域の歴史的な変容を多様な側面から浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

  • 税込価格:2,484
  • 出版社:世界思想社
  • 発行年月:2008.3
  • 発送可能日:1~3日
  • チベットに源を発し、インドシナ半島を貫く母なる大河メコン。そこには1200種を超える魚が棲むという。そんな魚たちと、人はどのような関係を築いてきたのか。最新の調査を踏まえて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

東南アジアの森に何が起こっているか 熱帯雨林とモンスーン林からの報告

東南アジアの森に何が起こっているか 熱帯雨林とモンスーン林からの報告

  • 税込価格:2,700
  • 出版社:人文書院
  • 発行年月:2008.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 熱帯・亜熱帯林の劣化・減少に対し私たちはどう対処すればよいのか。ボルネオ島とラオス、中国という異なる条件にある森林と森をめぐる人びとの営みを森林史的・政治生態学的に分析し、地域を超えた解決の糸口をさぐる。【「TRC MARC」の商品解説】

図録メコンの世界 歴史と生態

図録メコンの世界 歴史と生態

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:弘文堂
  • 発行年月:2007.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 東南アジア大陸部のモンスーン地域における人間と自然の交渉史の解析を試みる。生業複合、食と健康、資源管理の主要なテーマを生態、歴史、生態史的転換に分けて整理し、それぞれ概観、各論、コラムから構成する。【「TRC MARC」の商品解説】

水と世界遺産 景観・環境・暮らしをめぐって

水と世界遺産 景観・環境・暮らしをめぐって

  • 税込価格:1,944
  • 出版社:小学館
  • 発行年月:2007.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本とアジアの12の地域を取り上げ、世界遺産への登録による自然保護と地域住民との摩擦など、「水」という視点から世界遺産と自然、暮らしとのかかわりを考え、共生にむけて可能性を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

熱帯アジアの森の民 資源利用の環境人類学

熱帯アジアの森の民 資源利用の環境人類学

  • 税込価格:2,592
  • 出版社:人文書院
  • 発行年月:2005.6
  • 発送可能日:7~21日
  • 自然との共生を謳われ、外界と隔絶し独自の文化を形成しているとされてきた「森の民」の多様な姿を歴史的かつ実証的に捉える。伝統と近代的生活とを融合しつつ政治的・戦略的に動く先住民としての現在の姿を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

コモンズの人類学 文化・歴史・生態

コモンズの人類学 文化・歴史・生態

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,808
  • 出版社:人文書院
  • 発行年月:2004.9
  • 発送可能日:7~21日
  • コモンズとは共有地や共有資源の取得・保全についての地元のしきたりや知恵のこと。パプアニューギニア・インドネシア東部、ソロモン諸島・タイ南部・中国雲南省などのフィールドワークを通して、現地のコモンズの実態を分析。【「TRC MARC」の商品解説】

野生生物と地域社会 日本の自然とくらしはどうかわったか

野生生物と地域社会 日本の自然とくらしはどうかわったか

  • 税込価格:2,592
  • 出版社:昭和堂
  • 発行年月:2002.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本の野生生物と地域の人々とのかかわりについて、国内3カ所における実地の調査研究をふまえて構成した論集。野生生物が地域の中でどのような理由で絶滅し、危機的な情況に陥ったのか考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

紛争の海 水産資源管理の人類学

紛争の海 水産資源管理の人類学

  • 税込価格:3,780
  • 出版社:人文書院
  • 発行年月:2002.2
  • 発送可能日:7~21日
  • 北と南の海の資源と漁場をめぐり、繰返される紛争と対立という現代的課題にメスを入れる。2001年国立民族学博物館の重点研究プロジェクトの第2回国際シンポジウムで発表された論文を中心に収録。【「TRC MARC」の商品解説】

講座人間と環境 8 近所づきあいの風景

講座人間と環境 8 近所づきあいの風景

  • 税込価格:2,484
  • 出版社:昭和堂
  • 発行年月:2000.5
  • 発送可能日:7~21日
  • 多くの人々が身近な社会に強い危機感を感じ始めているその背景には、地域社会の構造的な崩壊が存在しているのではないだろうか。地域社会の創成は地球環境や食糧問題にまして劣らず重要かつ緊急な課題である。【「TRC MARC」の商品解説】

講座人間と環境 6 食の倫理を問う

講座人間と環境 6 食の倫理を問う

  • 税込価格:2,700
  • 出版社:昭和堂
  • 発行年月:2000.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 新世紀における食問題は、倫理、つまり社会的動物としての人間のありかたと不可分である。われわれが直面している食問題について、食の思想、食と身体・世界観、食と環境という3つの視点から論じてゆく。【「TRC MARC」の商品解説】

講座人間と環境 3 自然と結ぶ

講座人間と環境 3 自然と結ぶ

  • 税込価格:2,700
  • 出版社:昭和堂
  • 発行年月:2000.2
  • 発送可能日:7~21日
  • 世界各地の在来農業にみられる「適応のかたち」を学ぶことにより、近年軽んじられてきた日本の農業を自然の働きかけとして改めてとらえ直し、これからの日本の農業・農学を展望する。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 60 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。