サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 片岡 義男の商品一覧

“片岡 義男”の商品一覧

1939年東京生まれ。「白い波の荒野へ」で作家デビュー。「スローなブギにしてくれ」で野性時代新人文学賞を受賞。小説、評論、エッセイ、翻訳などの執筆活動のほかに写真家としても活躍。

“片岡 義男”に関連する商品を808件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

珈琲が呼ぶ

珈琲が呼ぶ

  • 評価3.3レビュー:3件
  • 税込価格:1,944
  • 出版社:光文社
  • 発売日:2018/01/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 作家・片岡義男が文芸的角度からコーヒーを捉えたエッセイ集。コーヒー好きはもちろん、映画・音楽・サブカル愛好者にはたまらない、全45篇の書き下ろしを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

くわえ煙草とカレーライス

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

くわえ煙草とカレーライス

  • 税込価格:1,944
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2018/06/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和の喫茶店に誘われるように出会う男と女、漂う音楽、そして本と珈琲とカレーライス…。あの頃の、奇跡のような「日常」がここにある。男と男/男と女を巡る7つの物語。『文藝』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

電子書籍

アンデル 2018年7月号(アンデル)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

アンデル 2018年7月号

  • 税込価格:216
  • 出版社:中央公論新社
  • 販売開始日:2018/07/01
  • 小川洋子×堀江敏幸のスリリングなコラボ長編小説「あとは切手を、一枚貼るだけ」の小川さん分がいよいよ最終回です。台湾出身の注目作家・温又柔さん「魯肉飯のさえずり」も快調に2回目です。松田青子さん「持続可能な魂の利用」も目が離せません!

電子書籍

アンデル 2018年6月号(アンデル)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

アンデル 2018年6月号

  • 税込価格:216
  • 出版社:中央公論新社
  • 販売開始日:2018/06/01
  • ■連載長編小説
    温又柔「魯肉飯(ロバペン)のさえずり」新連載
    松田青子「持続可能な魂の利用」第6回
    ■連作短編小説
    片岡義男「裸でプッタネスカ」
    ■連載小説
    堀江敏幸「あとは切手を、一枚貼るだけ」12通目
    ■競演企画 日本の名短篇
    安野モヨコ×芥川龍之介「葱」

チープ・シック お金をかけないでシックに着こなす法

チープ・シック お金をかけないでシックに着こなす法

電子書籍

くわえ煙草とカレーライス

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

くわえ煙草とカレーライス

  • 税込価格:1,944
  • 出版社:河出書房新社
  • 販売開始日:2018/08/03
  • 昭和の喫茶店に誘われるように出会う男と女、漂う音楽、そして本と珈琲とカレーライス……滝口悠生氏推薦!奇跡のような「日常」がここにはある。片岡義男が贈る、至極の7篇。

電子書籍

彼らと愉快に過ごす

彼らと愉快に過ごす

  • 税込価格:540
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2018/02/05
  • 作者が愛用する「モノ」たちがズラリ108個並んでいる。

    目次が壮観である。作者が愛用する「モノ」たちの固有名がズラリ108個並んでいる。それぞれについて、過不足のないテキストと写真が108組、展開されていく。そこでは、片岡義男という人の生き方が、モノの使い方、所有の仕方を通じて明らかにされている。
    ここで、否応なく気づかされることが一つある。「モノ」の中に「日本」が...

電子書籍

長距離ライダーの憂鬱

長距離ライダーの憂鬱

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/04/20
  • 孤独が孤独であるためには、孤独同士は交わらないに限る

    まるでアフォリズムのように短い断章が並び、
    しかしアフォリズムとは違って、
    かすかにストーリーと呼べそうな出来事が続いていく第1章。
    自らの発想ではなく、しかし仕事としての
    オートバイによる長距離輸送を選び取ることがすなわち、彼女にはふさわしい。
    1人であること。長距離を走...

電子書籍

アンデル 2017年4月号(アンデル)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

アンデル 2017年4月号

  • 税込価格:216
  • 出版社:中央公論新社
  • 販売開始日:2017/04/04
  • <連載長編小説>
    ■畑野智美「大人になったら、」(第7回)
    ■前田司郎「異常探偵 宇宙船」(第16回)
    <連作短編小説>
    ■青山七恵「ジャスミン」(第12話)
    ■片岡義男「苦手なものはありますか」
    <特別対談>
    村上春樹×柴田元幸「翻訳について語るときに僕たちの語ること」

電子書籍

缶ビールのロマンス

缶ビールのロマンス

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2015/12/02
  • オートバイで長距離を移動するなら電車やバスなどの移動手段と違い、
    時には先に進めないアクシデントが起こり、予定外の遅れが生じることもある。
    しかし主人公の「ぼく」は、その予定外の遅れを半ば以上意図して行い
    恋人と会う時間を先延ばしにしている。
    会いたくないのか? といえば、すこし違うだろう。
    今、彼は違う種類のロマンスがほしいのだ。
    いつ...

電子書籍

スローなブギにしてくれ

スローなブギにしてくれ

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2015/07/03
  • オートバイで走ることだけにリアリティを感じている少年と
    高2で家出して以来、家に居つかなくなった少女。
    2人は不意に、夕暮れの第三京浜で出会う。
    次々に生まれてはもらわれていき、捨てられる猫のように
    よるべない時間の中を漂い、生活を積み上げることのできない2人。
    しかし、決裂と思われた瞬間を超えて、彼女は戻ってきた。
    これから、今までとち...

電子書籍

海まで100マイル

海まで100マイル

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2018/07/20
  • 海の写真を眺めながら心通わせる佐藤秀明と片岡義男。人と海を結ぶ二人の会話はどこからでも始まる

    1981年に刊行された佐藤秀明と片岡義男による海を巡る写真と対話。当時41才の片岡義男と38才の佐藤秀明の会話は「海」を限りなく具体的に語る。海の誕生から成分、波が生まれる科学。のんびりと、駄話を交えながら、海のように話はうねり、海と対話する波乗り達の話へ。サーファーという言葉は使っ...

電子書籍

アンデル 2018年2月号(アンデル)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

アンデル 2018年2月号

  • 税込価格:216
  • 出版社:中央公論新社
  • 販売開始日:2018/02/01
  • 【連作短編小説】
    ◆片岡義男「オーガズムと自分の現在」
    【連載長編小説】
    ◆山崎ナオコーラ「偽姉妹」(第9回)
    【連載小説】
    ◆堀江敏幸「あとは切手を、一枚貼るだけ 8通目」
    【短期連載小説】
    ◆広小路尚祈「ピ・ン・チ・ケ」(第2回)

電子書籍

南へむかう貨物列車

南へむかう貨物列車

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/11/14
  • ホーボがもたらした、ハーモニカによる言葉

    広大なアメリカ大陸の歴史を語るには、鉄道の存在を欠かすことはできない。人々はそれに乗って移動し、鉄道はまた多くの人の職場でもあった。そして、ホーボと呼ばれる無賃乗車の放浪者がいる。積荷を見れば列車がどこに行くかを正確に言い当てることができた、というホーボがいて、彼はまたハーモニカを使って酒場の喧噪を鎮めるだけの能力を持っていた。ハーモ...

電子書籍

西テキサスの小さな町

西テキサスの小さな町

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/11/14
  • どのような町にも歴史があり、語る人がいる

    水道もなければ店屋もない。水は100マイル先からタンクで買ってこなければならない。それでも、そこには67名の人々が生きていた。西テキサスの小さな町。そこにあるのはカフェとガソリン・ステーションだけだ。カフェの女性主人は、流れてこの町にやってきた客に昔日の様子を語る。サーカスがやってきたことを語って聞かせる。たとえそれが昔であろうと、今...

電子書籍

個人的な雑誌 2

個人的な雑誌 2

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/08/30
  • アメリカと日本の風景を、雑誌として集めてみる

    TVニュースを通した、アメリカ的光景の観察。愛してやまない東京湾岸の風景を中心とした、日本のさまざまな場所についての考え。アンセル・アダムズの圧倒的な風景写真について寄せた言葉。サーフィンと海についての考察。初雪のあるショート・ストーリー。これら五つの雑誌的なバリエーションに最後は他人(写真家の佐藤秀明氏)の言葉がくる。これは、あ...

電子書籍

個人的な雑誌 1

個人的な雑誌 1

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/08/30
  • 雑誌とは、リラックスした一つのトーンである

    雑誌であり、同時に本でもある稀有の試みだ。前半部は片岡義男に対するインタヴュー、という形式が取られ、インタヴュアーのクレジットはないがどう考えても作家本人である。そして写真がくる。かつて自身が出演していたラジオ番組『気まぐれ飛行船』のスタジオを撮った貴重な1枚があったりする。セルフインタヴューには植草甚一さんの思い出が召還され、そし...

電子書籍

狙撃者がいる

狙撃者がいる

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/07/26
  • 誰にも知られることなく起こり、そして終わる

    主人公は、およそ生活感のない一人の女性。彼女はピストルと、ピストルがもたらす狙撃に興味がある。しかしピストルの入手は日本では許されない行為だからカリフォルニアに渡ってピストルと、自分が持って生まれた狙撃の名手である、という事実を入手する。その後に行なわれる行動は、日常に亀裂を入れたい、という彼女の欲求のままに行なわれ、モラルや感情は...

電子書籍

胸のふくらみがこう語った

胸のふくらみがこう語った

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/06/28
  • 胸のふくらみのエンサイクロペディア

    男性にはなく、女性だけが備えているもの。それが、胸のふくらみだ。この中篇小説は、一組の男女を中心にすえつつ、男性による胸の礼賛と、屈託なく胸を開放してみせる女性のふるまいによって、読者をこれでもかと胸のふくらみの世界へと引きずりこむ。やがて二人の対話や実践だけでなく、様々なシーンで見かけた胸のふくらみの魅力、胸の写真コレクション、そして絵葉...

電子書籍

美術館で過ごした時間

美術館で過ごした時間

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/05/31
  • 美術館が最適

    恋人同士、とはどうもいえないようだが、親密な二人だ。
    親密であいまいな二人。
    彼女が引っ越した新しい部屋、そこからほど近くに美術館があり、
    そこがまるで部屋から見て離れのような位置にあり、
    あたかも自分だけの美術館のような……という位置の構造が
    この短篇小説の構造と二人の距離の精妙さに響き合っている。
    ...

電子書籍

あの雲を追跡する

あの雲を追跡する

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2017/05/31
  • 「入ってきて」と彼女は言った

    『夏と少年の短篇』(ハヤカワ文庫)所収の1篇。
    18歳の少年にとっての、もっとも鮮やかな瞬間を切り取っている。
    最初は、バッタリと道で遭い、そのままプールへ。
    2度目は、ちゃんと約束をして海岸へ。
    少年と少女の輝かしい季節のエピソード。
    プールでは、まるでそれが自分のものであるかのように

電子書籍

ジャックはここで飲んでいる(文春e-book)

ジャックはここで飲んでいる

  • 評価3.4レビュー:7件
  • 税込価格:1,500
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2017/03/17
  • 洒脱な文章、洗練された会話、対峙する男と女、息を飲む人生の瞬間、
    万華鏡のように混ざり合う虚構と現実……。
    「文學界」に掲載された6つの短篇と、書下ろし2篇、
    片岡義男のスタイリッシュな世界を堪能できる、魅惑の作品集。

    【収録作品】
    アイスクリーム・ソーダ
    ごく普通の恋愛小説
    偉大なるカボチャのワルツ
    ゆく...

電子書籍

と、彼女は言った

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

と、彼女は言った

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,512
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2017/02/24
  • 小説、エッセイ、翻訳、写真と幅広い分野で活躍を続ける作家・片岡義男の最新小説。7つの物語の主人公は、いずれも「作家」。男と女、女と女、男と男…喫茶店、バー、古書店など、様々な場所での出会いに始まる物語から人生のきらめく瞬間を鮮やかにとらえる、魅惑の片岡義男ワールドへようこそ。

電子書籍

ビートルズを撮った

ビートルズを撮った

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2016/11/25
  • ビートルズを撮ったのは過去だから、現在は新しく作らなければならない

    ビートルズが来日したのは1966年。それからおよそ20年の時を経て
    今までしまわれたままでいた極めて貴重なビートルズの写真が
    小説の装丁に使われようとしている。
    その機会に、写真家(男)と小説家(女)は会う。2人は1歳違いだ。
    小説は書きあがったものではなく、今まさに書...

電子書籍

夜のまま終わる映画

夜のまま終わる映画

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2016/09/16
  • 2人は会話で映画をつくる。夜の中で夜の映画を

    男女がいる。季節は秋。もう真夜中だ。
    しかし、女性にはこれから仕事がある。
    毎週の決まった仕事だが、行きたくない、このまま帰りたい、
    そう思う日だってあるだろう。今日がまさにそうだ。
    「このまま帰って2人で映画を観たい」。
    その思いはしばらくは叶わないから、女が主演を演じる映画を<...

豆大福と珈琲

豆大福と珈琲

  • 評価3.3レビュー:8件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日:2016/09/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 子連れで地元に戻ってきた幼なじみと「結婚」をしないまま、新しい「家族」のかたちを示していく『朝日新聞』連載の表題作ほか、あらゆる小説的企みと歓びにみちた「珈琲」をめぐる5つの物語を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    小説には、珈琲がよく似合う。

    たしかな文体とスタイリッシュな世界観。

    あらゆる小説的企みにみちた「珈琲」をめぐる5つの物語。

電子書籍

私のなかの三つの夏

私のなかの三つの夏

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2016/04/28
  • 二つでは終わらない、まだ三つ目の夏がある

    自由恋愛。あるいは嫉妬。
    そのように呼んでしまうといかにも陳腐に聞こえるが、この短編が少女向け小説のレーベルからリリースされたことには驚いてもいいだろう。
    夏があり、高原のホテルという小世界があり、女性が2人、男性が2人。
    4人のあいだには2組のカップルがあり、その組み合わせがふと変化する。
    ま...

電子書籍

アンデル 2016年4月号(アンデル)

アンデル 2016年4月号

  • 税込価格:216
  • 出版社:中央公論新社
  • 販売開始日:2016/04/01
  • <連載長編小説>
    ■柴崎友香「千の扉」
    ■前田司郎「異常探偵 宇宙船」
    ■瀧羽麻子「松ノ内家の居候」
    <連作短編小説>
    ■松田青子「おばちゃんたちのいるところ Where the Wild Ladies Are」
    <短編小説>
    ■片岡義男「いまのような密会の時間」
    <4コママンガ>
    ■斉藤弥世「左右石先生と書...

電子書籍

私の風がそこに吹く

私の風がそこに吹く

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2016/03/30
  • 部屋とはなんだろうか? そして、部屋の中で風を受けることとは?

    この短編の主人公は、1人の女性と、もう一つは部屋だ。
    部屋に帰りたくない、という思いがあればホテルに泊まるし、部屋探しをしている女性がいれば、同居したりもする。
    部屋とはいったい何なのか。
    住む人と部屋の関係とは何なのか。
    同居生活がなじんできた頃、狙いすましたように魅力的...

電子書籍

一日の仕事が終わる

一日の仕事が終わる

  • 税込価格:270
  • 出版社:ボイジャー
  • 販売開始日:2016/02/25
  • 仕事とは彼女の長い一日のことだ

    大人同士の関係ならば、互いに仕事を持ち、そのことを尊重し合う、というのが通常の状態だろう。
    そして仕事が終われば、夫婦であれ、恋人同士であれ、仕事の時とは違うふるまいをするのもまた普通である。
    しかし、そのスイッチがうまく行かない、いや、スイッチを換えたくない状態というものが時折やってくる。
    そんな時は金曜日であれ...
検索結果 808 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。