サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 北村 薫の紙の本一覧

“北村 薫”の紙の本一覧

1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。「空飛ぶ馬」でデビュー。「夜の蟬」で日本推理作家協会賞、「鷺と雪」で直木賞受賞。

“北村 薫”に関連する紙の本を168件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ユーカリの木の蔭で

ユーカリの木の蔭で 新刊

  • 税込価格:1,760
  • 出版社:本の雑誌社
  • 発売日:2020/05/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 「目黒のサンマ」はフランス語でどうなるか、鶴八鶴次郎の決して動かせない名セリフとは何か…。本の達人が、自由に連想を羽ばたかせる極上の読書エッセイ。『別冊文藝春秋』『本の雑誌』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    本から本への思いがけない旅

    「目黒のサンマ」はフランス語ではどうなるか、 鶴八鶴次郎の決して動かせない名セリフとは何か、好奇心と興味のまま...

謎物語 あるいは物語の謎 (創元推理文庫)(創元推理文庫)

謎物語 あるいは物語の謎 (創元推理文庫)

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:880
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日:2019/11/29
  • 発送可能日:24時間
  • 本格ミステリをこよなく愛する著者は、多岐に亘る読書や経験のなかから、鮮やかな手つきでミステリのきらめきを探り出しては、そっと教えてくれる。謎を見つける楽しさ、そして解き明かす面白さを縦横無尽に語ったエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

    子どもの頃に読んだ童話や昔ばなしに、スクリーンに映し出される奔馬の姿に、『吾輩は猫である』のなかの一文に――本格ミステリをこよなく愛す...

遠い唇 (角川文庫)(角川文庫)

遠い唇 (角川文庫)

  • 評価3.8レビュー:12件
  • 税込価格:638
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2019/11/21
  • 発送可能日:1~3日
  • コーヒーの香りとともに蘇る、学生時代の思い出とほろ苦い暗号。いまは亡き夫が、俳句と和菓子に隠した想い。同棲中の彼氏の、“いつも通り”ではない行動…。ミステリの巨人が贈る、極上の“謎解き”全7篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    コーヒーの香りでふと思い出す学生時代。今は亡き、慕っていた先輩から届いた葉書には謎めいたアルファベットの羅列があった。小さな謎を見つめれば、大...

太宰治の辞書 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)(創元推理文庫)

太宰治の辞書 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

  • 評価3.8レビュー:50件
  • 税込価格:770
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日:2017/10/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 水を飲むように本を読む〈私〉は、編集者として時を重ね、太宰治の「女生徒」の謎に出会う。円紫さんの言葉に導かれ、創作の謎を探る旅に出て−。短編「白い朝」と2編のエッセイを加えて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

    みさき書房の編集者として新潮社を訪ねた《私》は新潮文庫の復刻を手に取り、巻末の刊行案内に「ピエルロチ」の名を見つけた。たちまち連想が連想を呼ぶ。卒論のテーマだっ...

水に眠る 新装版 (文春文庫)(文春文庫)

水に眠る 新装版 (文春文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:803
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2020/02/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 同僚への秘めた思い、途切れた父娘の愛、義兄妹の許されぬ感情……。人の数だけ、愛はある。短編ミステリーの名手が挑む愛の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

    ―短編ミステリーの名手が挑む愛情物語―

    儚い愛がつまった美しい短編集です。
    同僚への秘めた想い、途切れてしまった父娘の愛、義兄妹の許されぬ感情…。
    人と人の、《と》に重きを置いて書かれた...

猫が見ていた (文春文庫)(文春文庫)

猫が見ていた (文春文庫)

  • 評価3.3レビュー:38件
  • 税込価格:660
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2017/07/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 作家の家の庭に住みついた野良猫。同じマンションの住人の猫を密かに飼う女…。現代を代表する人気作家たちが愛をこめて贈る猫の小説、全7篇を収録。巻末に「オールタイム猫小説傑作選」も収録。『オール讀物』掲載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

    猫好きで鳴る人気作家7人が集結。
    猫の小説7編を収録する文庫オリジナルのアンソロジー登場!
    巻末には「猫小説オー...

八月の六日間 (角川文庫)(角川文庫)

八月の六日間 (角川文庫)

  • 評価4.0レビュー:76件
  • 税込価格:704
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2016/06/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 40歳目前、文芸誌の副編集長をしているわたしは、日々の出来事に心を擦り減らしていた時、山の魅力に出会った。山登りは、わたしの心を開いてくれる。そんなある日、わたしは思いがけない知らせを耳にして…。【「TRC MARC」の商品解説】

    40歳目前、雑誌の副編集長をしているわたし。仕事はハードで、私生活も不調気味。そんな時、山歩きの魅力に出逢った。山の美しさ、恐ろしさ、人との一期一...

スキップ (新潮文庫)(新潮文庫)

スキップ (新潮文庫)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)(創元推理文庫)

空飛ぶ馬 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

  • 評価4.0レビュー:342件
  • 税込価格:792
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日:1994/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • ●上橋菜穂子氏推薦――「日常が〈物語〉に変わる、その瞬間を鮮やかに浮かび上がらせた名品」

    「私たちの日常にひそむささいだけれど不可思議な謎のなかに、貴重な人生の輝きや生きてゆくことの哀しみが隠されていることを教えてくれる」と宮部みゆきが絶賛する通り、これは本格推理の面白さと小説の醍醐味とがきわめて幸福な結婚をして生まれ出た作品である。異才・北村薫のデビュー作。

鷺と雪 (文春文庫 ベッキーさんシリーズ)(文春文庫)

鷺と雪 (文春文庫 ベッキーさんシリーズ)

  • 評価4.2レビュー:126件
  • 税込価格:545
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2011/10/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和十一年二月、運命の偶然が導く切なくて劇的な物語の幕切れ「鷺と雪」ほか、華族主人の失踪の謎を解く「不在の父」、補導され口をつぐむ良家の少年は夜中の上野で何をしたのかを探る「獅子と地下鉄」の三篇を収録した、昭和初期の上流階級を描くミステリ“ベッキーさん”シリーズ最終巻。第141回直木賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【直木賞(141(2009上半期))】【「TRC M...

玻璃の天 (文春文庫 ベッキーさんシリーズ)(文春文庫)

玻璃の天 (文春文庫 ベッキーさんシリーズ)

  • 評価4.1レビュー:119件
  • 税込価格:627
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2009/09/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和初期の帝都を舞台に、令嬢と女性運転手が不思議に挑むベッキーさんシリーズ第二弾。犬猿の仲の両家手打ちの場で起きた絵画消失の謎を解く「幻の橋」、手紙の暗号を手がかりに、失踪した友人を探す「想夫恋」、ステンドグラスの天窓から墜落した思想家の死の真相を探る「玻璃の天」の三篇を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

街の灯 (文春文庫 ベッキーさんシリーズ)(文春文庫)

街の灯 (文春文庫 ベッキーさんシリーズ)

  • 評価4.0レビュー:204件
  • 税込価格:660
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2006/05/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和七年、士族出身の上流家庭・花村家にやってきた女性運転手別宮みつ子。令嬢の英子はサッカレーの『虚栄の市』のヒロインにちなみ、彼女をベッキーさんと呼ぶ。新聞に載った変死事件の謎を解く「虚栄の市」、英子の兄を悩ませる暗号の謎「銀座八丁」、映写会上映中の同席者の死を推理する「街の灯」の三篇を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

北村薫のうた合わせ百人一首 (新潮文庫)(新潮文庫)

北村薫のうた合わせ百人一首 (新潮文庫)

  • 評価3.8レビュー:5件
  • 税込価格:605
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2019/09/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 短歌は美しく織られた謎。言葉の糸をほぐして隠された暗号を読み解き、確かな読みで、その魔力を味わう。スリリングな短歌随想。藤原龍一郎・穂村弘との鼎談も収録。〔「うた合わせ」(2016年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

    五・七・五・七・七の三十一文字で、美しくも壮大な世界を綴り出す短歌。向かい合い、背を向け、あるときは遠く離れながらも響き合う二つの短歌の断ち切り難い...

中野のお父さん (文春文庫)(文春文庫)

中野のお父さん (文春文庫)

  • 評価4.2レビュー:21件
  • 税込価格:715
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2018/09/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 新人賞候補者からの思いがけない一言は? 大物作家宛ての手紙に愛の告白? 若き体育会系文芸編集者の娘と、定年間近の高校国語教師の父が、出版界で起きた様々な「日常の謎」に挑む!【「TRC MARC」の商品解説】

    新迷探偵コンビ登場!?
    文芸編集者の娘と高校国語教師の父が、出版社の「日常の謎」に挑む!

    主人公は大手出版社「文宝出版」に勤める田川美希。女性...

本をめぐる物語 栞は夢をみる (角川文庫)(角川文庫)

本をめぐる物語 栞は夢をみる (角川文庫)

  • 評価3.5レビュー:21件
  • 税込価格:572
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2014/03/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 地図にない本屋と聞いて、カノさんの本屋だと思った。ときどきしか行けない、その日しか存在しない本屋を作りたいと言っていたのだ。ショップカードの番地は「1‐7‐水曜日」、間違いない(「水曜日になれば(よくある話)」)。ほか、沖縄の古書店で自分と同姓同名の記述を見つけた女性、宇宙船に一冊だけ残された貴重な地球の紙の本を持つ少年などを描く、人気作家たちが紡ぐ様々な「本をめぐる物語」。本から広がる不思議な世...

朝霧 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)(創元推理文庫)

朝霧 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

  • 評価4.0レビュー:108件
  • 税込価格:660
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日:2004/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 前作『六の宮の姫君』で着手した卒業論文を書き上げ、ついに学窓を巣立つ時がやってきた。出版社の編集者として歩み出した《私》が巡り逢う不思議の数々。謎解きの師でもある噺家、春桜亭円紫師匠に導かれて迎える幕切れの鮮やかさ、切なさが胸に迫る。寥亮たる余韻は次作への橋を懸けずにはいない。“物語”の伏線に堪能する、《円紫さんと私》シリーズ第五作。解説=齋藤愼爾【本の内容】

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)(新潮文庫)

月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)

坂木司リクエスト!和菓子のアンソロジー (光文社文庫)(光文社文庫)

坂木司リクエスト!和菓子のアンソロジー (光文社文庫)

  • 評価3.7レビュー:95件
  • 税込価格:726
  • 出版社:光文社
  • 発売日:2014/06/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 「和菓子」をモチーフに、短編を一作書いていただけませんか?読書家としても知られる『和菓子のアン』の著者・坂木司が、今いちばん読みたい人気作家たちに執筆を依頼。日常の謎を描くミステリーから、壮大な世界観を展開するSF、心温まる優しい怪談まで、さまざまな読み味の作品が揃いました。疲れたときに読みたくなる、宝箱のような一冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

    読書家としても知られる作家...

冬のオペラ (角川文庫)(角川文庫)

冬のオペラ (角川文庫)

  • 評価3.7レビュー:73件
  • 税込価格:660
  • 出版社:角川書店
  • 発売日:2002/05/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 名探偵はなるのではない、存在であり意志である――名探偵巫弓彦に出会った姫宮あゆみは、彼の記録者になった。そして猛暑の下町、雨の上野、雪の京都で二人は、哀しくも残酷な三つの事件に遭遇する……。【商品解説】

六の宮の姫君 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)(創元推理文庫)

六の宮の姫君 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

  • 評価3.9レビュー:154件
  • 税込価格:682
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日:1999/06/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 最終学年を迎えた〈私〉は、卒論のテーマ「芥川龍之介」を掘り下げていくかたわら、出版社で初めてのアルバイトを経験する。その縁あって、図らずも文壇の長老から芥川の謎めいた言葉を聞くことに。王朝物の短編「六の宮の姫君」に寄せられた言辞を巡って、円紫師匠の教えを乞いつつ、浩瀚な書物を旅する〈私〉なりの探偵行が始まった。【本の内容】

下り“はつかり” (創元推理文庫)(創元推理文庫)

下り“はつかり” (創元推理文庫)

  • 評価4.3レビュー:14件
  • 税込価格:1,210
  • 出版社:東京創元社
  • 発行年月:1999.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 純真無垢なるものへの哀歌「地虫」を劈頭に、定番の傑作「赤い密室」や、余りにも有名な朗読犯人当てのテキスト「達也が嗤う」、フーダニットの逸品「誰の屍体か」など、多彩な着想と巧みな語りで魅する十一編を収録。本格ミステリ界の泰山北斗、鮎川哲也の尤なる精粋―当代切っての読み巧者が選ぶ、傑作集成第2巻。【本の内容】

五つの時計 (創元推理文庫)(創元推理文庫)

五つの時計 (創元推理文庫)

  • 評価3.8レビュー:14件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:東京創元社
  • 発行年月:1999.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 過ぐる昭和の半ば、探偵小説専門誌〈宝石〉の刷新に乗り出した江戸川乱歩から届いた一通の書状が、伸び盛りの駿馬に天翔る機縁を与えることとなる。乱歩編輯の第一号に掲載された「五つの時計」を始め、三箇月連続作「白い密室」「早春に死す」「愛に朽ちなん」、花森安治氏が解答を寄せた名高い犯人当て小説「薔薇荘殺人事件」など、巨星乱歩が手ずからルーブリックを附した全短編十編を収録。作家デビューから半世紀を経てなお新...

秋の花 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)(創元推理文庫)

秋の花 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

  • 評価4.1レビュー:129件
  • 税込価格:682
  • 出版社:東京創元社
  • 発行年月:1997.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 幼なじみの真理子と利恵を待ち受けていた苛酷な運命――それは文化祭準備中の事故と処理された一女子高生の墜落死だった。真理子は召され、心友を喪った利恵は抜け殻と化したように憔悴していく。ふたりの先輩である〈私〉は、事件の核心に迫ろうとするが……。生と死を見つめ、春桜亭円紫師匠の誘掖を得て、〈私〉はまた一歩成長する。シリーズ初の長編。【本の内容】

夜の蟬 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)(創元推理文庫)

夜の蟬 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

  • 評価4.1レビュー:167件
  • 税込価格:682
  • 出版社:東京創元社
  • 発売日:1996/02/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 【日本推理作家協会賞(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】

覆面作家の夢の家 改版 新装版 (角川文庫)(角川文庫)

覆面作家の夢の家 改版 新装版 (角川文庫)

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:924
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2019/09/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 心霊写真に隠された秘密の思い出、断崖絶壁を走る車に仕掛けられた罠、ドールハウスに残された小さなダイイング・メッセージ…。美貌のお嬢様探偵と担当編集コンビの謎解きシリーズ、完結編。書き下ろしのあとがきも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。そこに秘められたメッセージの意味とは? 美貌のご令嬢にして作家、しかも名探偵の千秋さんと若...

覆面作家の愛の歌 新装版 (角川文庫)(角川文庫)

覆面作家の愛の歌 新装版 (角川文庫)

  • 評価4.0レビュー:5件
  • 税込価格:924
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2019/07/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 若手編集者の岡部良介が担当する覆面作家こと新妻千秋の正体は、天国的な美貌を持つ大富豪令嬢。そして、日常に潜む事件をたちまち見抜くもう一つの顔を持っている−。名推理を披露するお嬢様探偵の活躍を描くシリーズ第2弾。〔角川文庫 1998年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    ミステリ界にデビューした新人作家の正体は大富豪の美貌のご令嬢。しかも彼女は現実の事件の謎までも鮮...

中野のお父さんは謎を解くか

中野のお父さんは謎を解くか

  • 評価4.0レビュー:31件
  • 税込価格:1,705
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2019/03/22
  • 発送可能日:24時間
  • 病床の夫のつぶやきの意味は? 当て逃げ事故の意外な犯人とは? 泉鏡花が秋声を殴った理由は…? 編集者の娘と本好きの父の名探偵コンビが、日常と本の謎に挑む! 『オール讀物』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

自薦THEどんでん返し 3 (双葉文庫)(双葉文庫)

自薦THEどんでん返し 3 (双葉文庫)

  • 評価3.0レビュー:7件
  • 税込価格:672
  • 出版社:双葉社
  • 発売日:2019/01/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 一千万円を持つ女のもとへ、詐欺の電話がかかってきた。女はどうする? グアムで発見された世界的名画がたどった、価値以上の数奇な運命とは? 本格推理の巧者たちが自ら選んだ自作6編のアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

    名だたるミステリ作家があなたを仰天させる!  物語の最終盤で読者の予想をひっくり返す、どんでん返し。6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品...

だから見るなといったのに 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)(新潮文庫)

だから見るなといったのに 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

  • 評価3.1レビュー:42件
  • 税込価格:649
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2018/07/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 恐怖へ誘うのは、親切な顔をした隣人、奇妙な思い出を語り出す友人、身の毛もよだつ告白を始める旅の道連れ…。背筋が凍りつく怪談から、魅惑に満ちた奇譚まで。戦慄のアンソロジー。『小説新潮』掲載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

    色とりどりの恐怖をどうぞ召し上がれ。あのとき、目をそらしていたら。でも、もはや手遅れ。あなたはもとの世界には二度と戻れない。恐怖へ誘うのは、親切な...

慶應本科と折口信夫 いとま申して 2 (文春文庫)(文春文庫)

慶應本科と折口信夫 いとま申して 2 (文春文庫)

  • 評価3.4レビュー:4件
  • 税込価格:968
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2018/01/04
  • 発送可能日:1~3日
  • いよいよ父は、慶應本科へと進む。教壇に日本文学史上の巨大人物、西脇順三郎と父の終生の師折口信夫が登場する−。遺された日記を手がかりに綴る、文化薫る著者の父の評伝風小説。【「TRC MARC」の商品解説】

    昭和5年。慶應本科に進んだ著者の父は、人生に大きな影響を与える知の巨人——折口信夫と西脇順三郎の謦咳に接し、青春を謳歌する。【本の内容】
検索結果 168 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。