サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 佐伯 一麦の紙の本一覧

“佐伯 一麦”の紙の本一覧

1959年宮城県生まれ。「ショート・サーキット」で野間文芸新人賞、「ア・ルース・ボーイ」で三島由紀夫賞、「還れぬ家」で毎日芸術賞、「渡良瀬」で伊藤整文学賞を受賞。

“佐伯 一麦”に関連する紙の本を58件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

石の肺 僕のアスベスト履歴書 (岩波現代文庫 文芸) 新刊

  • 税込価格:1,232
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2020/10/17
  • 発送可能日:24時間
  • 石綿(アスベスト)による被害は、国家の名のもとに行われた人体実験の結果ではないのか? みずからも後遺症に苦しむ私小説作家が被害の最前線を歩き、「静かな時限爆弾」の実態を、怒りを込めて告発する。〔新潮文庫 2009年刊に現在の知見による最低限の訂正・補記〕【「TRC MARC」の商品解説】

    自身の電気工時代の体験を振り返り、被害の最前線を歩いた作家が、「静かな時限爆弾」アスベス...

空にみずうみ (中公文庫)(中公文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

空にみずうみ (中公文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,056
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2018/07/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 「あの日」から4年。青葉木菟の啼き声や合歓の香り、月の満ち欠け。移りゆく自然とめぐり来る季節が、さりげなく前を向かせてくれる…。東北地方に住む作家・早瀬と染色家・柚子夫婦の、ある1年を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

    著者を彷彿させる作家の早瀬と妻の染色作家・柚子、東北地方に住む夫婦の、「震災三年後」の一年間を描く。豊かな自然、さまざまな生き物の気配、近所の人々との交...

ノルゲ (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ノルゲ (講談社文芸文庫)

  • 評価4.7レビュー:3件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2015/10/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 染色家の妻の留学に同行し、作家はノルウェーに一年間滞在した。光り輝く束の間の夏、暗雲垂れ込める太陽のない冬、歓喜とともに訪れる春。まっさらな心で出会った異郷の人々との触れ合いを縦糸に、北欧の四季、文学、芸術を横糸に、六年の歳月をかけて織り上げられた精神の恢復と再生のタペストリー。野間文芸賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【野間文芸賞(第60回)】染色家の妻の留学に同行...

麦主義者の小説論

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2015/02/24
  • 発送可能日:1~3日
  • “散文芸術は、人生のすぐ隣にある”−そんな小説の醍醐味とは何か。現代日本を代表する作家・佐伯一麦による小説論集。志賀・川端・太宰論や、「私小説」論、三浦哲郎・古井由吉論などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

ア・ルース・ボーイ (P+D BOOKS)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ア・ルース・ボーイ (P+D BOOKS)

  • 税込価格:550
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2019/08/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 【三島由紀夫賞(第4回)】性悪な教師をブン殴って名門高を中退した17歳の斎木鮮は、元恋人・幹とアパートで暮らし始める。幹もまた父親の分からない子を産み、女子高を退学していた…。生きる意味を必死に探す若者を描いた、爽やかな青春小説。〔新潮文庫 1994年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    生きる意味を探す元エリート少年の青春小説

    性悪な英語教師をブン...

山海記

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

山海記

  • 評価4.4レビュー:7件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2019/03/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 【芸術選奨・文部科学大臣賞文学部門(第70回)】東北の震災後、水辺の災害の歴史と記憶を辿る旅を続ける彼は、その締めくくりに震災と同じ年に土砂災害に襲われた紀伊半島に向かう…。現代日本における私小説の名手による長編小説。『群像』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    東北の大震災後、水辺の災害の歴史と土地の記憶を辿る旅を続ける彼は、その締めくくりとすべく、大震災と同...

麦の日記帖 震災のあとさき2010▷2018

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:プレスアート
  • 発売日:2018/11/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 震災から一年経った。午後二時四十六分。仕事の手を止めて、連れ合いとともに、海のほうへ手を合わせる。静かな一日だった−。仙台在住作家が「災後」の日々を綴る。『Kappo 仙台闊歩』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    自然、文学、音楽、美術、旅、そして東日本大震災。仙台に住まう小説家が災前・災後の日々を綴った貴重な日記文学。著者3年ぶりの新刊です。大人のためのプレミ...

空にみずうみ

  • 評価3.8レビュー:8件
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2015/09/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 「あの日」から四年、積み重なった歳月を、みつめていた。東北地方に住む作家の早瀬と染色家の柚子の、ある一年。【「BOOK」データベースの商品解説】

    「あの日」から4年、積み重なった歳月を、みつめていた−。東北地方に住む作家の早瀬と染色家の柚子の、ある1年を綴る。『読売新聞』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    東日本大震災を描いた話題作『還れぬ家』から...

月を見あげて 第3集 (河北選書)

  • 評価3.0
  • 税込価格:880
  • 出版社:河北新報出版センター
  • 発行年月:2015.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 気比神宮を後にして、バス停へと歩いていると、薄暮の空に月が出ているのに気付いた−。「敦賀の月」のほか、「大和路を歩く」「無花果」など、身辺雑記を綴ったエッセイ集第3弾。『河北新報』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

とりどりの円を描く

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 取扱開始日:2014/09/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 人生と隣あった文学に気づかされること。窓辺に仕事机を据えて、言葉が聴こえてくるのを待つ。耳を澄ますようにして本を読む。生活に裏打ちされた文章について綴った百篇を超える“決定的瞬間”。作家生活三十年を編む、待望のエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    窓辺に仕事机を据えて、言葉が聴こえてくるのを待つ。耳を澄ますようにして本を読む。生活に裏打ちされた文章について綴ったエッセイ...

月を見あげて 第2集 (河北選書)

  • 税込価格:880
  • 出版社:河北新報出版センター
  • 取扱開始日:2014/08/06
  • 発送可能日:1~3日
  • この春は鴬の囀りが少ないような気がする、と首を傾げていると、近所の野鳥好きの知人から便りがもたらされた−。「筒鳥」のほか、「塩梅」「冬のガラス」など、身辺雑記を綴ったエッセイ集第2弾。『河北新報』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

日和山 佐伯一麦自選短篇集 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

日和山 佐伯一麦自選短篇集 (講談社文芸文庫)

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/06/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 新聞配達の早朝の町で、暗天に閉ざされた北欧の地で、染織家の妻と新たな暮らしを始めた仙台の高台の家で、そして、津波に耐えて残った小高い山の上で―「私」の実感をないがしろにしない作家のまなざしは常に、「人間が生きていくこと」を見つめ続けた。高校時代の実質的な処女作から、東日本大震災後に書き下ろされた短篇まで、著者自ら選んだ九篇を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

    「私」の実感を...

渡良瀬

  • 評価3.7レビュー:5件
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2013/12/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 茨城県西部の町にある配電盤製造の工業団地。二八歳の南條拓は、東京での電気工としてのキャリアを捨て、一工員としてここで働き始めた。昭和の終焉も間近なざわついた空気のなか、葦原の広がる乾いた大地に新天地を求め、妻と三人の幼子を伴い移住してきたのだ。―『海燕』連載の未完の物語がついに完結―20年の歳月を経て甦った、傑作長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

    昭和の終焉も間近なざわ...

月を見あげて 第1集 (河北選書)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:880
  • 出版社:河北新報出版センター
  • 取扱開始日:2013/09/26
  • 発送可能日:1~3日
  • かすかにほろ苦い香りが立つ菊酒に、定年後は菊を丹精して育てていた亡父のことを私は想った−。「燗酒はじめ」のほか、「二冊の歴史書」「辞書を引く」など、身辺雑記を綴ったエッセイ集。『河北新報』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

還れぬ家

  • 評価3.2レビュー:10件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:新潮社
  • 取扱開始日:2013/02/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 高校生のとき親に対する反発から家出同然で上京したこともある光二だが、認知症で介護が必要となった父、そして家と、向き合わざるをえなくなる。さらに父の死後、東日本大震災が発生し、家を失った多くの人々を光二は眼のあたりにする…。喪われた家をテーマに著者が新境地を拓いた長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

    高校生のとき親に反発して家を出た光二だが、認知症となった父の介護に迫られ、...

麦の冒険 旅随筆集 (叢書東北の声)

  • 税込価格:1,650
  • 出版社:荒蝦夷
  • 取扱開始日:2012/09/22
  • 発送可能日:1~3日
  • デンマーク、ノルウェー、モンゴル、中国。あるいは生まれ育った広瀬川のほとりやその上流の山々を友と歩く…。仙台に暮らす作家・佐伯一麦が、訪れた土地の見聞に随って筆の趣くままに綴る。震災後に執筆した紀行文も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

震災と言葉 (岩波ブックレット)

  • 評価3.8レビュー:1件
  • 税込価格:616
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2012/09/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 仙台在住の私小説家は、被災地の近くであらためて言葉と向き合った。未来への時間の流れを書けなくなる経験、日常を取り戻すことの意味、言葉を語るときの態度、言葉と歴史性、震災と文学の可能性等について綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

ショート・サーキット 佐伯一麦初期作品集 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ショート・サーキット 佐伯一麦初期作品集 (講談社文芸文庫)

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2005/10/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 【野間文芸新人賞(第12回)】【「TRC MARC」の商品解説】

    若くして父となったかれは生活のため配電工となった。都市生活者の現実に直面するうち3人の子供の父となり、妻はすでに子供たちのものになってしまった。今日も短絡事故(ショート・サーキット)が起こり、現場にかけつける――。野間文芸新人賞受賞の表題作に、海燕新人文学賞受賞のデビュー作「木を接ぐ」をはじめ、働くということ、...

渡良瀬 (新潮文庫)

  • 評価3.9レビュー:5件
  • 税込価格:825
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2017/06/28
  • 発送可能日:購入できません
  • 【伊藤整文学賞小説部門(第25回)】昭和の終焉も間近なざわついた空気のなか、28歳の南條拓は茨城県西部の町にある配電盤製造工場で働き始めた。新天地を求め、妻と幼子を伴い移住してきたのだ。慣れぬ仕事を覚え、懸命に根を張ろうとする拓だったが…。【「TRC MARC」の商品解説】

還れぬ家 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

還れぬ家 (新潮文庫)

  • 評価3.2レビュー:5件
  • 税込価格:869
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2015/10/28
  • 発送可能日:購入できません
  • 十代で捨てた家だった。姉も兄も寄りつかない家だった。老父は心臓病を患い、認知症が進む。老母は介護に疲弊していた。作家は妻とともに親を支えることになった。総合病院への入院も介護施設への入所も拒む父、世間体と因襲に縛られる母。父の死後、押し寄せた未曾有の震災。―作家は紡ぐ、ただ誠実に命の輪郭を紡ぎ出す。佐伯文学の結実を示す感動の傑作長編。毎日芸術賞受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】
    <...

光の闇

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

光の闇

  • 評価3.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:扶桑社
  • 取扱開始日:2013/04/19
  • 発送可能日:購入できません
  • ないことはあること―。聴覚、視覚、嗅覚、脚、声、記憶…“欠損感覚”に問いかけた、新感覚小説。身体の一部をうしなってからの人生の一幕を描いた連作短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    ないことはあること−。聴覚、視覚、嗅覚、脚、声、記憶…。身体の一部をうしなってからの人生の一幕を描いた連作短篇集。表題作を含む全8篇を収録する。『en‐taxi』等掲載をまとめて単行本化。【「TR...

言葉の兆し 往復書簡

  • 評価3.7レビュー:4件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 取扱開始日:2012/07/20
  • 発送可能日:購入できません
  • 仙台近郊で罹災し、被災地から言葉の真空状態を問う佐伯一麦と、震災後の風景から歴史を遡り、文明と言葉の行方を示す古井由吉。東日本大震災の直後から『朝日新聞』紙上で交わされた言葉をめぐる往復書簡を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

それでも三月は、また

  • 評価3.5レビュー:76件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2012/02/25
  • 発送可能日:購入できません
  • 東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本列島。福島原発の事故との闘いは今後何十年も続く。大きく魂を揺さぶられた作家・詩人17人は、何を感じ何を考えたのか? あの忘れられない日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

    あの日を心に刻む、胸に迫るアンソロジー。東日本大震災により、甚大な被害を受けた日本。大きく魂を揺さぶられた作家、詩人たちは、何を感じ...

杜の日記帖 (仙台闊歩新書)

  • 税込価格:1,430
  • 出版社:プレスアート
  • 発行年月:2010.6
  • 発送可能日:購入できません

誰かがそれを

  • 評価2.5レビュー:4件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:購入できません
  • 季節の移ろい、夫婦の交歓、老いゆく父母への想い—。日々の細々とした風景を見つめる透徹した視線。浮かび上がるのは、やさしくも美しい「人生」のかたち。【「BOOK」データベースの商品解説】

    季節の移ろい、夫婦の交歓、老いゆく父母への想い…。日々の細々とした風景を見つめる透徹した視線。浮かび上がるのは、やさしくも美しい「人生」のかたち。表題作ほか全8篇の短篇集。【「TRC MARC」の商品...

石の肺 僕のアスベスト履歴書 (新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:482
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:2009.11
  • 発送可能日:購入できません
  • 文学を志す青年は妻子を養うため電気工となった。親方の指導の下、一人前の職人へと成長し、文学賞を受賞する—。胸の疼痛、止まらぬ咳、熱、重い疲労感。アスベスト(石綿)の尖鋭な繊維は青年の肺の奥深くに根を張りはじめていた。それは後にガンを発病させる「静かな時限爆弾」と呼ばれる悪魔の建材であった。黙したまま苦しむ全国の仲間へ、生きる勇気を贈る感動のノンフィクション。【「BOOK」データベースの商品解説】

からっぽを充たす 小さな本棚

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,090
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発行年月:2009.11
  • 発送可能日:購入できません
  • 滋味豊かな百編の随想集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    私の心の中には、簡素な本棚がひとつある。愛読した本を取り出して、本にまつわる思い出を綴ってみよう…。滋味豊かな100編の随筆集。『河北新報』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)

  • 評価4.2レビュー:10件
  • 税込価格:858
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発行年月:2009.1
  • 発送可能日:購入できません
  • 太宰治、吉村昭、島田雅彦、干刈あがた…。彼らはなぜ芥川賞を取れなかったのか。良質な文学を世に問い続ける著者が、当時の選評を振り返り、敬愛する名作の魅力に迫る。芥川賞落選史にみる、もうひとつの文学史。【「TRC MARC」の商品解説】

ピロティ

  • 評価3.2レビュー:13件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:集英社
  • 発行年月:2008.6
  • 発送可能日:購入できません
  • エゴがぶつかりゃ、人情も通う。マンションの管理人を通じて、人間の心の深層を野間文芸賞作家が、軽妙なリズムで描く。【「BOOK」データベースの商品解説】

    エゴがぶつかりゃ人情も通う! マンションが現代の長屋なら、管理人は長屋の大家さんのようなもの。管理人の言葉を通じて、人間の心の深層を軽妙に描く意欲作。『すばる』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

あんちゃん、おやすみ (新潮文庫)

  • 評価3.7レビュー:3件
  • 税込価格:398
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:2007.12
  • 発送可能日:購入できません
  • 男の子には突破しなければならない関門がある。一人寝、おつかい、メンコ勝負、補助なし自転車、クロールでの25メートル、親友とのケンカ、淡すぎる恋…。宝物は秘密基地に隠していたあの頃、風の声が聞こえたあの時代、川も杜も空き地もみんな友達だった。同じ一瞬などない、日々、脱皮していく少年というはかなくも美しい季節を叙情豊かに紡ぐ感動の名品47編。【「BOOK」データベースの商品解説】

    〔「少...
検索結果 58 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。