サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0810-13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 椎名 誠の紙の本一覧

“椎名 誠”の紙の本一覧

1944年東京都生まれ。作家。写真家、映画監督。「犬の系譜」で吉川英治文学新人賞、「アド・バード」で日本SF大賞受賞。ほかの著書に「漂流者は何を食べていたか」など。

“椎名 誠”に関連する紙の本を574件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

シルクロード・楼蘭探検隊 (わたしの旅ブックス)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:産業編集センター
  • 発売日:2022/05/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 椎名誠の原点ともいえる1980年代の中国、シルクロードの旅。当時書けなかった事実や逸話を新たに盛り込んだ、砂漠を舞台に汗と涙と笑いが渦巻く熱き冒険記。『東京スポーツ』連載を大幅に加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    まだ中国への旅行が広く解禁されていなかった1980年。シルクロードの入り口である敦煌を目指し、未知なる国を駆け抜けた著者初の中国旅。さらに8年後...

沖縄。人、海、多面体のストーリー (集英社文庫)

  • 評価3.5レビュー:4件
  • 税込価格:814
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2022/05/20
  • 発送可能日:24時間
  • 本土復帰50年。沖縄は様々な角度から綴られてきた。沖縄初の芥川賞作家・大城立裕の作品から、県外作家が沖縄を描いた小説、さらにはノンフィクションまで、ジュンク堂書店那覇店店長が厳選した10編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    復帰50年・今こそ読むべき本。ジュンク堂書店那覇店店長・森本浩平氏が編者をつとめた画期的なアンソロジー。
    芥川賞作家3名を含む小説7作と...

おれたちを齧るな! (小学館文庫 わしらは怪しい雑魚釣り隊)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:858
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2022/06/07
  • 発送可能日:24時間
  • シーナ隊長が結成した雑魚釣り隊は一向に賢くなる気配がない。館山ではカワハギの肝で痛風肝試し、東京湾の干潟ではアナジャコたちと激闘。幻の魚を求めてやってきた能登での行状はテレビ放映され…。釣行記シリーズ第7弾。【「TRC MARC」の商品解説】

    大人気! 雑魚釣り隊シリーズ第7弾!

    ブリだってボラだって出世するのに、どうしておれたちはちっとも賢くならないのだろ...

患者の事情 短編アンソロジー (集英社文庫)

  • 評価3.2レビュー:6件
  • 税込価格:902
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2018/12/18
  • 発送可能日:7~21日
  • 山本文緒、椎名誠、北杜夫、小松左京、遠藤周作、三島由紀夫、渡辺淳一…。シリアスから不条理まで、「患者」の思いや悩みを描く全14編を収録したアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

そらとうみとぐうちゃんと きみたちのぼうけん

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:光村図書出版
  • 発売日:2021/10/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 夏をつかまえておこうと動物たちは知恵を出し合い…。童話「なつのしっぽ」「プラタナスの木」など、国語教科書で出会った椎名誠による4つの物語を収録。物語の背景や思いを綴った自著解説や登場人物の手紙等も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    国語教科書で出会った椎名誠による物語「プラタナスの木」「ヤドカリ探検隊」「アイスプラネット」と名作童話「なつのしっぽ」が、今、ここに大集合!...

漂流者は何を食べていたか (新潮選書)

  • 評価3.9レビュー:15件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2021/07/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 残された食べ物はわずか。飲み水もない。彼らはどうやって死から逃れられたのか−。大の漂流記マニア・椎名誠が、「奇跡の生還」など数々の漂流記から、生き延びるための食と水の知恵と工夫を探る。『小説新潮』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    荒海に突然、投げ出されたら、あなたは生き残ることができるか? 残された食べ物はわずか。飲み水もない。彼らはどうやって生き延びたのか。...

おれたちをまたぐな! (小学館文庫 わしらは怪しい雑魚釣り隊)

  • 評価3.4レビュー:1件
  • 税込価格:759
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2019/09/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 「猫またぎ」といえば猫も食わないまずい魚だという。なんと、おれたちがいつも釣っている雑魚のことではないか!? 猫にさえなめられながら、シーナ隊長率いる雑魚釣り隊は、日本のどこかで雑魚を釣っては雄叫びを上げる!〔「おれたちを跨ぐな!」(2017年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

    進化も成長もしないまま遂にシリーズ第6弾

    おれたちが必死で釣った魚は...

孫物語 (集英社文庫)

  • 評価4.4レビュー:8件
  • 税込価格:638
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2018/10/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 息子「岳」が孫を連れて日本に帰ってきた! 本好きな長男、口が達者な長女、無鉄砲小僧の二男。今日も何かをやらかしてくれる。イクジイ・シーナの奮闘スーパーエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

おれたちを笑え! (小学館文庫 わしらは怪しい雑魚釣り隊)

  • 評価3.4レビュー:2件
  • 税込価格:737
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2017/06/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 隊長・椎名誠率いる雑魚釣り隊は、テントと釣り竿かついで、東へ西へ、南へ北へ。今日も焚き火宴会の肴になりそうなオサカナ目指して駆け巡る。爆笑必至の釣り紀行。シリーズ第5弾。〔2015年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    ザコを求めて南へ北へ。人気シリーズ第5弾

    若狭だ奄美だ四万十だ!
    結成から10年。隊長・椎名誠率いる雑魚釣り隊はテント...

新橋烏森口青春篇 (小学館文庫)

  • 評価3.6レビュー:4件
  • 税込価格:671
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2015/03/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 東京の下町・小岩で、友人たちと共同下宿生活を送っていた二十三歳のシーナマコトは、偶然見た新聞の求人広告がきっかけで、小さな業界新聞社の編集者になった。新橋西口通りのずっと先にあるオンボロビルに入る会社で、怪しく個性的な人物たちと出会い、仕事、酒、賭け事という怒涛のサラリーマン生活を過ごすシーナ。そして、恋の挫折も経験し訪れた、ひとりの女性との決定的な出会い…。明るくおかしくて、でも少しかなしい青春...

われは歌えどもやぶれかぶれ (集英社文庫)

  • 評価3.3レビュー:4件
  • 税込価格:792
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2021/11/19
  • 発送可能日:1~3日
  • モノカキ人生も40年を過ぎると、体のあちこちにガタが出てくる。極悪ピロリ菌掃討作戦を決行するも壁にぶつかり、昔の旅のアレコレも「もう二度と行かないだろう」という苦い述懐に…。椎名誠が日常と非日常を綴る。〔2018年刊を加筆・修正し、再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

    〈このタイトルは室生犀星が「純文学誌」に書いた小説をぼくが高校生のときに授業中に読んでいて
    ──...

アイスランド 絶景と幸福の国へ (小学館文庫)

  • 評価3.0レビュー:10件
  • 税込価格:616
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2021/11/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 火山と氷河がおりなす絶景を誇り、さまざまな幸福度ランキングの上位国でもあるアイスランド。この美しい国をめぐり、幸せについて考えた、旅する作家・椎名誠の“最後のでっかい旅”の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

    作家・椎名誠「最後のでっかい旅」

    南米パタゴニアから北極圏まで、世界を旅した作家・椎名誠“最後のでっかい旅”の目的地は、北欧の島国アイスランドだっ...

「十五少年漂流記」への旅 幻の島を探して (新潮文庫)

  • 評価3.7レビュー:7件
  • 税込価格:605
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2021/06/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 15人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデルは、本当にマゼラン海峡にあるのか? 冒険好きの作家が、南米、そしてニュージーランドへと、世界的ベストセラー小説の謎を追った大紀行。【「TRC MARC」の商品解説】

    小学生で手に取り、夢中で読んだヴェルヌの「十五少年漂流記」。冒険への憧れも探検家になる夢も、すべてはこの本との出会いから始まった。それから半世紀、シーナのもとに...

階層樹海

  • 評価2.5レビュー:5件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2021/02/25
  • 発送可能日:1~3日
  • あらゆる生物が樹海でしか生きられなくなった、とある未来の終末惑星。巨大生物にさらわれた少年スオウの目の前に、航空機に乗った謎の男が現れて…。『文學界』連載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    少年心をくすぐり続ける、シーナSF待望の最新作!
    大きな環境破壊が起こり、あらゆる生物が樹海に生息するようになった、近未来のとある惑星。空飛ぶことを夢見る少年ス...

家族のあしあと (集英社文庫)

  • 評価4.2レビュー:7件
  • 税込価格:726
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2020/05/20
  • 発送可能日:24時間
  • 父がいた、母がいた、きょうだいがいた−。シーナ少年が海辺の町で過ごした黄金の日々が、昭和の匂いとともに蘇る。「岳物語」の前史にあたる、謎に包まれた大家族の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

さらばあやしい探検隊台湾ニワトリ島乱入 (角川文庫)(角川文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

さらばあやしい探検隊台湾ニワトリ島乱入 (角川文庫)

  • 評価3.2レビュー:5件
  • 税込価格:792
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2019/09/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 台湾南東の田舎町に集結したあやしいメンバー。離島でマグロを狙い、地元小学生に真剣野球勝負を挑み、即席楽団が夜の街を練り歩く。シーナ隊長は謎うどんとタタカイ勃発。勝負の結末は? あやしい探検隊、ついにファイナル。〔「あやしい探検隊台湾ニワトリ島乱入」(2016年刊)の改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    ビールだマグロだ宴会だ! 過去最大の怪しいメンバーが台湾東南...

かぐや姫はいやな女 (新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:605
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2019/07/26
  • 発送可能日:1~3日
  • なぜ、かぐや姫は高慢で、桃太郎は独善的で、饅頭は怖かったのか? なぜ、怒りや汚れは水に流せるのに、流せないモノもあるのか? 椎名誠がオトギ話に憤り、酒と旅を語りトイレを憂う、哄笑と郷愁のエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

    高慢で厭味極まりないかぐや姫、エイリアンの桃太郎、薬物を盛られた浦島太郎。こんな危ない話を幼い子に読ませていいのか──! オトギ噺に隠された「不...

わが天幕焚き火人生 (わたしの旅ブックス)

  • 評価3.8レビュー:5件
  • 税込価格:1,210
  • 出版社:産業編集センター
  • 発売日:2019/03/13
  • 発送可能日:1~3日
  • シーナワールド全開のエッセイ集。初めてのテント体験から今日までの“テント人生”を振り返る表題作のほか、1983年のパタゴニアへの旅の様子を描いた「マゼラン海峡航海記」など、単行本未収録作品を多数収載する。【「TRC MARC」の商品解説】

    東京湾に面する遠浅の海岸。友人二人をひきつれて重いテントをはり、焚き火にあたりながら三人で毛布にくるまって夜を過ごした――。著者の初めての...

あやしい探検隊バリ島横恋慕 (ヤマケイ文庫)

  • 評価3.0
  • 税込価格:660
  • 出版社:山と溪谷社
  • 発売日:2016/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • バリ島の「神の山」に登ればすべての悪事がゴハサンになると聞いたあやしい探検隊の面々は神秘の島へ。いきなり突撃した神の山アグンで森厳さに祈り、ケチャの迫力に洗脳され…。でたとこ勝負のジャランポラン旅。〔角川文庫 2002年刊の再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

    「あやしい探検隊」シリーズ海外編の第二弾!

    バリ島に、そこに登ればすべての悪事がゴハサンにな...

あやしい探検隊焚火酔虎伝 (ヤマケイ文庫)

  • 評価4.0
  • 税込価格:770
  • 出版社:山と溪谷社
  • 発売日:2016/09/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 隊長・椎名誠率いる「あやしい探検隊」は突如的無計画な招集のもと、南へ北へ、海山川へ。心地よい時間を求めて日本中を旅した、焚火と酒をこよなく愛する男たちの至福の旅記録。〔角川文庫 1998年刊の再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

    名著復刊! 波見とキャンプと焚木を愛する男たちの夜!

    カラスの大襲来された神津島、笑いと唄が湧き出る南九州の温泉、大雪洞の中でチ...

あやしい探検隊アフリカ乱入 (ヤマケイ文庫)

  • 評価3.8レビュー:1件
  • 税込価格:660
  • 出版社:山と溪谷社
  • 発売日:2016/09/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 椎名誠隊長率いるあやしい探検隊は一路アフリカへ! 経由地・ボンベイの空港でいきなりの洗礼を受けつつも、アフリカの大地に到着。サファリを歩き、野獣と遊び、キリマンジャロの頂に雪を見る…。名作旅エッセイ。〔角川文庫 1995年刊の再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

    名著復刊! 目指すは名峰、雪のキリマンジャロ!

    椎名隊長率いるあやしい探検隊五人アフリカ珍道中...

あやしい探検隊台湾ニワトリ島乱入

  • 評価3.8レビュー:8件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2016/03/29
  • 発送可能日:7~21日
  • シーナ隊長の号令のもと怪しい面々が台湾南東の田舎町に集結し、目的のない大集団合宿を敢行! 謎のうどんやニワトリ集団と格闘し、離島でマグロを狙い、小学生たちと真剣野球勝負。完全書き下ろし三部作ファイナル。〔「さらばあやしい探検隊台湾ニワトリ島乱入」(角川文庫 2019年刊)に改題,加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    ビールだマグロだ宴会だ! 過去最大の怪しいメンバーが...

三匹のかいじゅう (集英社文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:638
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2016/01/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 出産のためアメリカから帰国した息子・岳ファミリー。風太、海、新顔の琉太、孫たちとの毎日に「じいじい」は大忙し。そして3月の大震災。シーナ家の家族たちの決断は…。【「TRC MARC」の商品解説】

    息子・岳とその一家が東京へ居を移すことになった。「風」「海」「琉」の3人の孫たちと、じいじいシーナの、慌ただしくシンパイでシアワセな日々が始まった。シーナ家の物語。(解説/沢野ひとし...

ぼくがいま、死について思うこと (新潮文庫)

  • 評価3.5レビュー:12件
  • 税込価格:506
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2015/12/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 「自分の死について、真剣に考えたことがないでしょう」67歳で主治医に指摘された。図星だった。うつや不眠を患いながらも、死は、どこか遠い存在だった。そろそろ、いつか来る“そのとき”を思い描いてみようか―。シーナ、ついに“死”を探究する!夢で予知した母の他界、世界中で見た異文化の葬送、親しい仕事仲間との別れ。幾多の死を辿り、考えた、自身の“理想の最期”とは。【「BOOK」データベースの商品解説】

おれたちを笑うな! (小学館文庫 わしらは怪しい雑魚釣り隊)

  • 評価3.8レビュー:4件
  • 税込価格:737
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2015/08/06
  • 発送可能日:1~3日
  • たとえ小さな雑魚でも百匹釣れれば雑魚鍋だ!椎名隊長率いる雑魚釣り隊は、今日も釣り竿かついで東へ西へと飛び回る。狙うはゴマサバ、アイナメ、イカにタコ。もちろん雑魚は大本命。堤防カラアゲに絶叫し、「死に辛そば」でアヒアヒ化しながらも、男たちは釣り雑誌からのリストラ通達や、韓国・済州島のサバイバル釣り、真冬の海浜強化合宿といった試練に立ち向かっていく。焚き火とビールの黄金時間に響き渡るのは、大漁を祝う歓...

笑う風ねむい雲 (集英社文庫)

  • 評価4.0
  • 税込価格:638
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2015/01/20
  • 発送可能日:1~3日
  • ベンジャミンという名のワニと棲むアマゾンの老漁師。氷河を戴くパイネ山塊を目指す馬の旅。見渡すかぎりの草原の国モンゴルで感じた風の匂い。バリ島で遭遇した濃密な闇の中での饗宴。やわらかな砂の海に浮かんだ純白に光る塩の川。父と撮った一枚の古ぼけた写真からはじまる過去へさかのぼる旅。記憶の中でけっして色褪せることのない人々や風景を、写真に切り取り、つづったシーナ世界紀行。【「BOOK」データベースの商品解...

ぼくは眠れない (新潮新書)

  • 評価3.3レビュー:26件
  • 税込価格:792
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2014/11/17
  • 発送可能日:1~3日
  • ガバッと起きると午前二時、それが不眠生活の幕開けだった。毎夜同じ時刻に目が覚めて、眠れないまま朝になる。七十歳にして探険旅行に挑み、ビールだけは欠かさぬ豪快さの持ち主には三十五年にわたる孤独な「タタカイ」があった。発端となった独立騒動、はかられた精神科受診、手放せない睡眠薬、ストーカー事件のトラウマ、眠気をさそう試行錯誤等を初めて告白。果たして「やわらかな眠り」は取り戻せるのか。【「BOOK」デー...

哀愁の町に霧が降るのだ 上 (小学館文庫)

  • 評価4.3レビュー:11件
  • 税込価格:957
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2014/08/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 東京・江戸川区小岩の中川放水路近くにあるアパート「克美荘」。家賃はべらぼうに安いが、昼でも太陽の光が入ることのない暗く汚い六畳の部屋で、四人の男たちの共同貧乏生活がはじまった―。アルバイトをしながら市ヶ谷の演劇学校に通う椎名誠、大学生の沢野ひとし、司法試験合格をめざし勉強中の木村晋介、親戚が経営する会社で働くサラリーマンのイサオ。椎名誠と個性豊かな仲間たちが繰り広げる、大酒と食欲と友情と恋の日々。...

哀愁の町に霧が降るのだ 下 (小学館文庫)

  • 評価4.5レビュー:8件
  • 税込価格:946
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2014/08/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 椎名誠、沢野ひとし、木村晋介、イサオの四人は、相変わらず「克美荘」の暗く汚い六畳の部屋で、共同貧乏生活の日々を送っていた。しかし、それぞれが徐々に自分の生活を確立していくにつれ、四人が揃うことは少なくなっていく。そして、共同生活にもついに終わりの時が訪れた。木村は司法試験の勉強のために実家に戻り、沢野が去り、業界新聞社に就職した椎名も、次第に克美荘から足が遠のいていった―。自身のまわりを怪しく徘徊...

酔うために地球はぐるぐるまわってる

  • 評価3.2レビュー:7件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2014/05/23
  • 発送可能日:7~21日
  • この世にお酒があるかぎり地球はまわる目もまわるシーナ初の全編酒まみれエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    ビールが好きだ。いやウイスキーも欠かせない。ワインだっていいじゃないか。ラムもサトウキビ畑のなかでザワワザワワと飲んだらたまらないぜ…。椎名誠の全編酒まみれエッセイ集。『週刊現代』『月刊たる』掲載他を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

検索結果 574 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。