サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 高橋 敏の紙の本一覧

“高橋 敏”の紙の本一覧

1940年生まれ。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。文学博士。国立歴史民俗博物館名誉教授。著書に「白隠 江戸の社会変革者」「江戸の平和力」など。

“高橋 敏”に関連する紙の本を32件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

博徒の幕末維新 (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

博徒の幕末維新 (ちくま学芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2018/06/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 黒船来航後の動乱期、アウトローたちが堂々と公的世界に躍り出たのはなぜか? 甲州博徒の巨魁・竹居安五郎や国定忠治、黒駒勝蔵らの実像に迫る。歴史学の手法にのっとって幕末維新史に博徒を位置づけ直した、記念碑的労作。【「TRC MARC」の商品解説】

一茶の相続争い 北国街道柏原宿訴訟始末 (岩波新書 新赤版)

  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:836
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2017/08/23
  • 発送可能日:24時間
  • 俳人小林一茶、こと百姓弥太郎。父の遺書を楯に家産をむしり取る、欲に憑かれた嫌われ者−。故郷北信濃の遺産をめぐる十余年に及ぶ異母弟との骨肉の争いを、史料から読み解き、一茶が巧みに覆い隠した知られざる真実に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    小林一茶、こと百姓弥太郎。その異母弟との争いを語るものは少ない。巧みに隠された本性を明るみに出す。【本の内容】

大原幽学と飯岡助五郎 遊説と遊俠の地域再編 (日本史リブレット人)

  • 税込価格:880
  • 出版社:山川出版社
  • 発行年月:2011.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 醬油・干鰯に代表される一大産業の隆盛をうけ、幕末の東総地域は好況に湧き立つが、反面、奢侈と遊興に溺れて家族・村落が崩壊、荒廃していた。これに立ち向かった大原幽学と飯岡助五郎が織りなす、地域社会再編の顚末を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸のコレラ騒動 (角川ソフィア文庫)

  • 評価4.7レビュー:3件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2020/12/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 安政5年、3日で死ぬといわれたコレラが江戸を襲った。当時の人々がどのようにコレラと闘ったのか、東海の村に残る記録から再現。新型コロナ騒動を彷彿とさせる、おかしくもたくましい庶民たちの姿を活写する。〔「幕末狂乱」(朝日新聞社 2005年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

    黒船来航直後、幕末の江戸を大地震が襲った。安政5年、これにコレラが追い打ちをかける。3日で死ぬと...

地方人夷屋藤吉 大災害から復興した駿河御厨の近世

  • 税込価格:10,450
  • 出版社:敬文舎
  • 発売日:2020/01/30
  • 発送可能日:要確認
  • 富士山の噴火と天明・天保の大飢饉。駿河御厨の人びとは大災害をどのように乗り越えたのか。米穀商にして俳諧宗匠の夷屋藤吉の一代に焦点をあて、災害に立ち向かった地域の歴史、江戸時代の地域生活文化の実態を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    富士山の噴火、天明の飢饉、天保の飢饉など、未曾有の大災害に襲われた駿河御厨地方。御厨の人びとは、そんな大災害からどのように立ち直って...

アウトロー 近世遊俠列伝

  • 税込価格:1,925
  • 出版社:敬文舎
  • 発売日:2016/09/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 国定忠治、黒駒勝蔵、吉良仁吉、小金井小次郎…。政情不安な幕末を駆け抜けたアウトローたち。彼らはヒーローなのか、それとも単なる御法度破りか。新史料をもとに彼らの生涯を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    歴史学が博徒たちに殴りこみ!! いま、ふたたびよみがえる侠客たち。かれらの実像に、新史料をもとに迫る!!
    登場人物  国定忠治、竹居安五郎、勢力富五郎、小金井小次郎、...

大坂落城異聞 正史と稗史の狭間から

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2016/03/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 大坂の陣を、徳川による大義名分のいくさと位置づける「正史」との緊張関係のもと、敗者たちの視点に立った、多彩な「稗史」が創られ続けた。その生成の実態に、歴史学からのアプローチを試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸の平和力 戦争をしなかった江戸の250年 (日本歴史私の最新講義)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:敬文舎
  • 発売日:2015/12/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦国乱世と戦争の近代にはさまれながら、江戸の平和はなにゆえ250年余つづいたのか。田畑の所有、後継者の育成、贈答・互酬などの切り口から、江戸の平和を可能にしたのは何であったのかを掘り下げる。【「TRC MARC」の商品解説】

    2世紀半も続いた「江戸の平和」。それは、時代と社会の中に存在していた。【本の内容】

白隠 江戸の社会変革者 (岩波現代全書)

  • 評価3.0
  • 税込価格:2,090
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2014/09/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 臨済宗中興の祖・白隠。その生涯を貫いたものは、貧しき民を救済するための「世直し」の志であった。近世社会が行き詰まりを見せる時代のなかで、宗門の堕落を糾弾し、俗世に眼を向けることを主張し続けた白隠の苦闘を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

地方文人の世界 (同成社江戸時代史叢書)

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:同成社
  • 発行年月:2011.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 旧東海道原宿の名園「帯笑園」の園主・植松蘭渓が、池大雅、円山応挙、海保青陵といった当代一流の絵師・文人たちと交流を深め、化政期を代表する地方文人として活躍したさまを、時代的背景とともに綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

韮山代官江川家と地方支配

  • 税込価格:2,420
  • 出版社:岩田書院
  • 発行年月:2011.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 江戸時代代官の代表例とも言われる韮山代官についての研究をまとめたもの。「韮山代官の財政と地方支配」「東海地方における天保改革前夜の情勢」などの論考を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸の教育力 (ちくま新書)

  • 評価3.7レビュー:16件
  • 税込価格:880
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2007/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 江戸の教育の内実はどのようなものであったのか。江戸時代の教育は、たとえ制度やインフラが貧弱で劣悪であっても、ヒトを人間にすることにおいては遙かに優れていた。その驚くべき実像を、近世教育史の第一人者が掘り起こす。【「TRC MARC」の商品解説】

大原幽学と幕末村落社会 改心楼始末記

  • 評価2.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,190
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2005.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 幕末の農村指導者、大原幽学。彼はいかにして農村改革の指導者へと変貌を遂げたのか。運動のシンボル改心楼は、なぜ打ち壊されたのか。幽学の生涯とその活動を通して、近世後期の村落社会におきた変革のうねりを描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

民衆と豪農 幕末明治の村落社会 復刻

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:未来社
  • 発行年月:1998.5
  • 発送可能日:7~21日
  • 独自の資料解読と民俗学的フィールドワークで定評ある著者が、近世から近代への変革期を、豪農層主導の地域・村落再編成のなかで生きぬいた民衆像を追う。【本の内容】

近世村落生活文化史序説 上野国原之郷村の研究

  • 税込価格:6,050
  • 出版社:未来社
  • 発行年月:1990.7
  • 発送可能日:7~21日
  • 女性、子どもの存在状況、小農家族の消費生活の内実、教育・文化の創造過程等、近世民衆による生活文化生成・展開の実態を総体的に掘り起こした研究成果。【本の内容】

小栗上野介忠順と幕末維新 『小栗日記』を読む

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,190
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2013/03/27
  • 発送可能日:要確認
  • 小栗上野介忠順の幕政改革はいかにして頓挫したのか。幕閣を罷免された後、官軍によって処刑されるに至ったのはなぜか。彼がその生涯の最期に綴った474日間の日記を精緻に読み解き、新たな小栗像を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

国定忠治の時代 読み書きと剣術 (ちくま文庫)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:筑摩書房
  • 取扱開始日:2012/12/08
  • 発送可能日:要確認
  • 文人結社・手習塾などの興隆、女性たちの自立…。上州の博徒・国定忠治が生きた時代は、社会の大きな転換期でもあった。そうした時代の庶民の息遣いを、豊富な古文書と丹念なフィールドワークをもとに描く。【「TRC MARC」の商品解説】

清水次郎長 幕末維新と博徒の世界 (岩波新書 新赤版)

  • 評価4.0レビュー:10件
  • 税込価格:880
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:要確認
  • 「海道一の親分」と謳われた清水次郎長を措いて幕末維新のアウトローを語るに他はない。歴史学の手法を駆使し、血で血を洗う並み居る強敵たちとの死闘を勝ち抜き、時代の風を読んでしぶとく生き残った稀代の博徒の実像に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

国定忠治を男にした女俠 菊池徳の一生 (朝日選書)

  • 税込価格:1,210
  • 出版社:朝日新聞社
  • 発行年月:2007.10
  • 発送可能日:要確認
  • お尋ね者の博徒、国定忠治に華々しい最期を演じさせた女、菊池徳。忠治の死を乗り越えて、自ら事業に乗り出し、大地主となった女俠の生涯とはどんなものだったのか。徳の生涯を通して、幕末維新の激動の時代と社会を見直す。【「TRC MARC」の商品解説】

日本民衆教育史研究

  • 税込価格:5,500
  • 出版社:未来社
  • 発行年月:1981
  • 発送可能日:要確認

幕末狂乱 コレラがやって来た! (朝日選書)

  • 税込価格:1,210
  • 出版社:朝日新聞社
  • 発売日:2005/11/10
  • 発送可能日:要確認
  • 黒船、大地震に大津波と続いた幕末の狂乱。そこに襲いかかるコレラの恐怖。東海地方の村々に残る名主の記録から、村人がどのようにコレラと闘ったのかを再現してみると、おかしくも、またたくましい幕末庶民の姿が見えてくる。〔「江戸のコレラ騒動」(角川ソフィア文庫 2020年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

博徒の幕末維新 (ちくま新書)

清水次郎長と幕末維新 『東海遊俠伝』の世界

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2003/10/16
  • 発送可能日:要確認
  • 幕末維新期を生き抜いた大任俠清水次郎長。その一代記「東海遊俠伝」を精緻に読み解き、公的世界から排除されたアウトロー次郎長の実像に迫ることで、幕末社会の厚みを描き出す。付録として「東海遊俠伝」全文翻刻を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸村方騒動顚末記 (ちくま新書)

国定忠治 (岩波新書 新赤版)

近代史のなかの教育 (日本の50年日本の200年)

  • 税込価格:2,530
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:1999.3
  • 発送可能日:要確認
  • 神戸の少年Aの事件から一年余、教育は想像を絶する荒廃を前にして抜本的な変革を迫られている。学校、家族、共同体…教育の源郷を掘り起こし、近代の再検討を通して、日本社会の今日的課題を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

家族と子供の江戸時代 躾と消費からみる

  • 税込価格:2,530
  • 出版社:朝日新聞社
  • 発行年月:1997.5
  • 発送可能日:要確認
  • 江戸時代は「家族の時代」の始まりだった。夫婦を軸に、庶民の家が、「町」や「村」に育まれつつ成立し、親は「家」永続への思いをこめて、子を教育した…。豊富なフィールド・ワークを基礎に描く、等身大の江戸時代誌。【「TRC MARC」の商品解説】

江戸の訴訟 御宿村一件顚末 (岩波新書 新赤版)

日本民衆教育史研究

  • 税込価格:6,380
  • 出版社:未来社
  • 発行年月:1992.6
  • 発送可能日:要確認
  • 前近代から近代社会へ、近代化の重い鎖の下に閉ざされた民衆に、自らの主体的成長を自らの手で切り開こうとした民衆の教育・文化創造とそれを正当化する思想はあったのであろうか。支配・被支配の社会構造の基本を押えて分析をすすめていく研究書。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 32 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。