サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 中島 義道の商品一覧

“中島 義道”の商品一覧

1946年生まれ。ウィーン大学基礎総合学部哲学科修了。哲学博士。専門は時間論、自我論。「哲学塾カント」を主宰。著書に「哲学の教科書」など。

“中島 義道”に関連する商品を196件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

電子書籍

ひとを〈嫌う〉ということ(角川文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ひとを〈嫌う〉ということ

  • 評価3.9レビュー:65件
  • 税込価格:506
  • 出版社:KADOKAWA
  • 販売開始日:2015/07/01
  • あなたに嫌いな人がいて、またあなたを嫌っている人がいることは自然なこと。こういう夥しい「嫌い」を受け止めさらに味付けとして、豊かな人生を送るための処方を明らかにした画期的な一冊。

電子書籍

【期間限定価格】カントの時間論(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】カントの時間論

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 50%OFF 12/10まで 通常990
  • 税込価格:495
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2016/04/28
  • 西洋哲学を通じて時間に関する思索は二つの異なった道をたどってきた。一つはアリストテレスに典型であるように、時間を外的物体の運動との連関で思索する道であり、もう一つはアウグスチヌスに典型であるように、時間を記憶や予期や知覚などの「こころ」のあり方との連関で思索する道である。カントの時間論にはこの二つの道が豊かに流れ込んでいる。客観的時間が「心」のあり方を決める時間であること、それをカントはめざした。

電子書籍

【期間限定価格】差別感情の哲学(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】差別感情の哲学

  • 評価4.4レビュー:11件
  • 50%OFF 12/10まで 通常880
  • 税込価格:440
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2016/04/22
  • 差別とはいかなる人間的事態なのか? 他者に対する否定的感情(不快・嫌悪・軽蔑・恐怖)とその裏返しとしての自己に対する肯定的感情(誇り・自尊心・帰属意識・向上心)、そして「誠実性」の危うさの考察で解明される差別感情の本質。自分や帰属集団を誇り優越感に浸るわれらのうちに蠢く感情を抉り出し、「自己批判精神」と「繊細な精神」をもって戦い続けることを訴える、哲学者の挑戦。

電子書籍

【期間限定価格】「時間」を哲学する 過去はどこへ行ったのか(講談社現代新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】「時間」を哲学する 過去はどこへ行ったのか

  • 評価3.2レビュー:17件
  • 50%OFF 12/10まで 通常770
  • 税込価格:385
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2019/06/17
  • 超難問「過去はどこへ行ったのか」を考える。過去体験はどこか空間的な場所に消えたのか。未来は彼方から今ここへと到来するのか。過去―現在―未来という認識の文法を疑い、過去が発生する場を見きわめる。(講談社現代新書)

創造するということ (ちくまプリマー新書 続・中学生からの大学講義)

  • 評価4.0レビュー:5件
  • 税込価格:924
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2018/10/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 「新しい民主主義をつくろう」「翻訳とは何か」…。宇野重規、原研哉、柴田元幸ら、知の最前線で活躍する著者らが、「創造するということ」をテーマに、若者たちに良質なアドバイスを贈る。読書案内付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    技術やネットワークが進化した今、一人でも様々なことができるようになってきた。新しい価値観を創る力を身につけて、自由な発想で一歩を踏み出そう。【商品解説】

電子書籍

【期間限定価格】英語コンプレックスの正体(講談社+α文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】英語コンプレックスの正体

  • 評価5.0
  • 49%OFF 12/10まで 通常693
  • 税込価格:347
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2017/01/06
  • ヨーロッパ中心主義、英語帝国主義の欺瞞を明晰に論じ、返す刀で、日本人のコンプレックスをあざやかに削ぎ落とす、エッセイの名手による英語論。著者自身が留学時代はじめ研究者生活のなかで味わった英語にまつわる理不尽や、自らのコンプレックスの根底を、名調子で読ませる、言語文化論エッセイ。

電子書籍

どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?(角川文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?

  • 評価3.8レビュー:17件
  • 税込価格:462
  • 出版社:KADOKAWA
  • 販売開始日:2014/04/03
  • 所詮人生は、理不尽で虚しい。いかなる人生を営もうと、その後には「死」が待っている。「どうせ死んでしまう」という絶対的な虚無を前にしながら、なぜ私たちは自ら死んではならないのか?生きることの虚しさを徹底的に見つめ、それをバネにたくましく豊かに生きる道を指南する、刮目の人生論。無気力感に苛まれる時、自分に絶望し苦悩する時の必携本。

電子書籍

ひとを愛することができない マイナスのナルシスの告白(角川文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ひとを愛することができない マイナスのナルシスの告白

  • 評価3.6レビュー:13件
  • 税込価格:506
  • 出版社:KADOKAWA
  • 販売開始日:2014/02/10
  • 果たして、ほんとうの愛とは何なのだろう? 愛に不可欠の条件、愛という名の暴力や支配、掟と対峙し、さらには自己愛の牢獄から抜け出すために――。闘う哲学者の体験的「愛」の哲学!

過酷なるニーチェ (河出文庫)(河出文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

過酷なるニーチェ (河出文庫)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:792
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2016/11/08
  • 発送可能日:1~3日
  • ニヒリズムの始祖ニーチェの哲学に真っ向から立ち向かい、哲学のおそろしさと歓び、生の無意味と人間の醜さの彼方に“然り”を見出す。「明るいニヒリズム」を書いた哲学者・中島義道によるニーチェ論。〔「ニーチェ」(2013年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

    「明るいニヒリズム」の哲学者がニーチェに挑む。生の無意味さと人間の醜さの彼方に肯定を見出す真に過酷なニーチェ入門...

差別感情の哲学 (講談社学術文庫)(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

差別感情の哲学 (講談社学術文庫)

  • 評価4.4レビュー:11件
  • 税込価格:924
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2015/02/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 差別とはいかなる人間的事態なのか? 他人に対する否定的感情とその裏返しとしての自分に対する肯定的感情、そして「誠実性」の危うさの考察から、差別感情の本質を解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

    差別とはいかなる人間的事態なのか? 他者に対する否定的感情(不快・嫌悪・軽蔑・恐怖)とその裏返しとしての自己に対する肯定的感情(誇り・自尊心・帰属意識・向上心)、そして「誠実性」...

働くことがイヤな人のための本 (新潮文庫)

電子書籍

【期間限定価格】非社交的社交性 大人になるということ(講談社現代新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】非社交的社交性 大人になるということ

  • 評価3.6レビュー:38件
  • 50%OFF 12/10まで 通常770
  • 税込価格:385
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2019/06/17
  • 人間は一人でいることはできない。といって、他人と一緒にいると不快なことだらけ――。「人間嫌い」のための、居心地のいい人間関係のつくり方とは。哲学者が、カントの言葉「非社交的社交性」を手がかりに、哲学、日本、若者を考えるエッセイ。(講談社現代新書)

電子書籍

【期間限定価格】カントの「悪」論(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】カントの「悪」論

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 49%OFF 12/10まで 通常1,265
  • 税込価格:633
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2018/09/11
  • 誰も守れないような道徳法則が、なぜ成り立つのか。カントが確立しようとした絶対的に普遍的な倫理学とは何か。その思考の道筋とは?

電子書籍

【期間限定価格】「私」の秘密 私はなぜ〈いま・ここ〉にいないのか(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】「私」の秘密 私はなぜ〈いま・ここ〉にいないのか

  • 49%OFF 12/10まで 通常825
  • 税込価格:413
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2015/01/30
  • 「私とは何か」と問う者こそが、「私というあり方」をする者である。過去と現在、両立しえない二つの時間をつなぐ能力こそが、「私」である。時間論と身体論の邂逅によって「私」という不可思議な存在の謎に迫り、「私というあり方」は解き明かされてゆく。既存の哲学の焼き直しでなく、自身のことばで考え抜かれたまったく新しい自我論が立ち上がる! (講談社学術文庫)

電子書籍

私の嫌いな10の人びと(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

私の嫌いな10の人びと(新潮文庫)

  • 評価3.8レビュー:41件
  • 税込価格:506
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2015/01/02
  • 「笑顔の絶えない人」「みんなの喜ぶ顔が見たい人」……そんな「いい人」に出会うと、不愉快でたまらない! 共通するのは、自分の頭で考えず、世間の考え方に無批判に従う怠惰な姿勢だ。多数派の価値観を振りかざし、少数派の感受性を踏みにじる鈍感さだ。そんなすべてが嫌なのだ! 「戦う哲学者」中島義道が10のタイプの「善人」をバッサリと斬る。日本的常識への勇気ある抗議の書。

電子書籍

男が嫌いな女の10の言葉(角川文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

男が嫌いな女の10の言葉

  • 評価2.3レビュー:2件
  • 税込価格:572
  • 出版社:KADOKAWA
  • 販売開始日:2014/02/10
  • 「ほんとうの愛って何?」「私を人間として見て!」「あなたには私が必要なの!」「わかんなーい」女性はなぜこんな台詞をはくのか。男性にとっての永遠の疑問。女性の言葉を哲学者が丹念に読み解く。

電子書籍

【期間限定価格】哲学の教科書(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】哲学の教科書

  • 評価4.0レビュー:59件
  • 49%OFF 12/10まで 通常1,265
  • 税込価格:633
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2013/01/18
  • 哲学は何の役にたつのか。哲学の問いとはどんなものか。哲学者とはどのような人々か。そもそも、哲学とは何か。物事を徹底的に疑うことが出発点だという著者は、「哲学とは何でないか」を厳密に規定することで哲学を覆うベールをはぎとり、その本質を明らかにする。平易なことばで哲学そのものを根源的に問いなおす、究極の「哲学・非――入門書」。(講談社学術文庫)

電子書籍

「人間嫌い」のルール

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

「人間嫌い」のルール

  • 評価3.8レビュー:23件
  • 税込価格:660
  • 出版社:PHP研究所
  • 販売開始日:2011/06/24
  • 「人はひとりでは生きていけない」。その言葉を錦の御旗に、表向きうまくやるのが「おとな」、できない人は病気と蔑む――他人を傷つけないという名目の下に、嘘やおもねりも正当化されるのが日本社会である。そんな「思いやり」の押しつけを「善意」と疑わない鈍感さ。「人間嫌い」は、そこに途方もない息苦しさを感じてしまう人なのだ。したくないことはしない、心にもないことは語らない。世間の掟に縛られずとも、豊かで居心地...

生きるのも死ぬのもイヤなきみへ (角川文庫)(角川文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

生きるのも死ぬのもイヤなきみへ (角川文庫)

  • 評価3.4レビュー:10件
  • 税込価格:572
  • 出版社:角川書店
  • 発売日:2009/03/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 自意識を持て余す東大生、自分の容貌を嫌悪するOL、働くことが嫌いなフリーター、5年間引きこもり中の男…。「どうせ死んでしまうのだから、何をしても虚しい」彼らの心の叫びは“正しい”。しかしその真実は、善良で鈍感な日本社会からは抹殺される。苦悩する彼らと著者が対話を重ね、人生の虚しさを直視し、生きることの意味を探究する哲学対話エッセイ。生きづらさを抱える人に捧げる一冊。【「BOOK」データベースの商品...

孤独について 生きるのが困難な人々へ (文春文庫)

  • 評価3.4レビュー:22件
  • 税込価格:583
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2008/11/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦う哲学者が、誰一人からも理解されない偏った少年時代、混迷極まる青年時代を振り返り、助手時代の教授による壮絶なイジメ地獄までを実録する。そして、ようやく「孤独を楽しみ、孤独を磨きあげ、孤独に死のう」という積極的孤独を選びとるまでの思索を描ききった。この哲学的自分史の凄絶ぶり、また深遠さは比類がない。【「BOOK」データベースの商品解説】

カイン 自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

カイン 自分の「弱さ」に悩むきみへ (新潮文庫)

カントの読み方

  • 評価3.7レビュー:3件
  • 税込価格:660
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2020/05/01
  • カントは日本でも有名な哲学者だが、同時にその難しさについても広く知られている。けれどもそれは翻訳のためばかりではなく、カント自身が論じている事柄そのものが難しいのだから、叙述もまた難しくならざるを得ない。では、どうすれば、日本語でより正確に理解できるようになるのだろうか。ここでは『純粋理性批判』を例に、これまで統覚、超越・覚知、予料、範疇などと訳されてきたキーワードを分かりやすい言葉に置き換えるな...

観念的生活

  • 評価3.0レビュー:3件
  • 税込価格:770
  • 出版社:シティブックス
  • 販売開始日:2018/12/28
  • カント哲学の専門家であり、闘う哲学者と言われれる著者の日々、ひたすら思考する。
    「私が存在するとはいかなることなのか」「善悪とは何であるのか」「私は死後どうなるのか」と自らに問う。
    デカルトの「これらの問いをまったく発しない人は稀であろう。では、それにもかかわらず、なぜほとんどの私は思惟する、よって私は存在する」という命題に疑問を持ち、『純粋理性批判』などのカントの著作をもとに...

電子書籍

東大助手物語(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

東大助手物語(新潮文庫)

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:506
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/11/17
  • 「きみのあの態度は何だ!」 15年間の大学生活、ウィーンへの私費留学……。出口のない生活から私を救い、東大助手に採用してくれた教授の一言から「いじめ」は始まった。「髭を剃ったらどうか?」私を助教授にするため、あれこれ画策してくれる「恩人」から数カ月に及ぶ罵声と執拗な攻撃を受けながら、大学とは、学界とはなんたるかを知るまでを描く壮絶な「アカデミズムの最底辺」体験記。

電子書籍

七〇歳の絶望(角川新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

七〇歳の絶望

  • 税込価格:902
  • 出版社:KADOKAWA
  • 販売開始日:2017/11/10
  • どれほど豊かな人生でも「死ぬ限り」絶望的である。
    中島義道、七〇歳――。
    老境を迎えた哲学者の心境とその日々。

    二〇一六年七月   私は少しずつ丹念に未来を殺害してきた

    二〇一六年八月   「先生、晩年の心境はいかがですか?」

    二〇一六年九月   いま急激に「世界観」も「私観」も変わりつつある

明るく死ぬための哲学

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,324
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2017/06/27
  • 私が住んでいる世界、私が見ている世界は「このようにある」のではない。
    客観的世界のあり方と、「私がある」というあり方はまったく異なるのだ。
    「私がある」とは、私がこの世界には属さないということである。
    では私が死ぬ、とは果たしてどういうことなのか?
    子どものころから死とは何かを問い続けてきたカント哲学者が、
    古希を迎えて改めて大難題に挑む哲学的思索...

電子書籍

【期間限定価格】哲学塾の風景 哲学書を読み解く(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】哲学塾の風景 哲学書を読み解く

  • 評価4.7レビュー:2件
  • 50%OFF 12/10まで 通常990
  • 税込価格:495
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2017/04/21
  • カントにニーチェ、キルケゴール、そしてサルトル。哲学書は我流で読んでも、じつは何もわからない。必要なのは正確に読み解く技術。“闘う哲学者”が主宰する「哲学塾」では、読みながら考え、考えつつ読む、〈哲学の作法〉が伝授される。手加減なき師匠の厳しくも愛に満ちた授業風景を完全再現。万人に開かれた哲学への道がここにある!

電子書籍

過酷なるニーチェ(河出文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

過酷なるニーチェ

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:792
  • 出版社:河出書房新社
  • 販売開始日:2016/11/25
  • 「明るいニヒリズム」の哲学者が「誰の役にもたたず、人々を絶望させ、あらゆる価値をなぎたおす」ニーチェに挑む。生の無意味さと人間の醜さの彼方に肯定を見出す真に過酷なニーチェ入門の決定版。

不在の哲学

  • 評価4.3レビュー:4件
  • 税込価格:1,265
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2016/08/05
  • 古来、西洋哲学は確固とした普遍的「実在」を求めてきた。本書は、そうした客観的・統一的な脱自己中心的世界としての「実在」ではなく、対立概念である「不在」こそが「真にあること」ではないかという問題に取組む。言語=理性を習得してしまった人間は、客観的・統一的な「実在」こそ普遍的であり、それを、多元的・自己中心的な「私の世界」よりも優位に置く図式に、なかなか抗うことができない。そして、自分が住んでいる世界...
検索結果 196 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。