サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 野見山 暁治の紙の本一覧

“野見山 暁治”の紙の本一覧

1920年福岡県生まれ。画家。東京藝術大学名誉教授。文化功労者。

“野見山 暁治”に関連する紙の本を47件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

100歳記念すごいぞ!野見山暁治のいま Nomiyama Gyoji:Exhibition Celebrating His 100th Birthday

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:青幻舎
  • 取扱開始日:2021/01/08
  • 発送可能日:1~3日
  • ますます自由、いよいよ過激−。2020年に100歳を迎えた画家・野見山暁治の最新作や2メートル超えの大型近作を中心に、約60点の作品を収録する。2021年1・3月開催の展覧会の公式カタログ兼書籍。【「TRC MARC」の商品解説】

どうにもアトリエ日記

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:生活の友社
  • 発売日:2020/12/14
  • 発送可能日:1~3日
  • ぼくはケチだから、戴いた命、容易には離さない−。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。2017年3月〜2020年4月分を収録する。『美術の窓』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    2020年12月に、満100歳を迎える巨匠・野見山暁治(洋画家・文化勲章受章者)。時流にとらわれることなく、ひたすら自己の絵画と格闘し続けてきた野見山は、その作品だけでなく、文章に...

アトリエ日記 正

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:清流出版
  • 発行年月:2007.3
  • 発送可能日:7~21日
  • どんな日々を過していれば、絵描きと言えるのだろう。今更、ウソはつかない。しかし、いつの間にかトボケた面になったなあ。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。【「BOOK」データベースの商品解説】

    どんな日々を過していれば、絵描きといえるのだろう。今更、ウソはつかない。しかし、いつの間にかトボケた面になったなあ…。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。『美術の窓』連載に加筆して単行本化。【「TRC ...

野見山暁治 人はどこまでいけるか (のこす言葉 KOKORO BOOKLET)

  • 税込価格:1,320
  • 出版社:平凡社
  • 発売日:2018/08/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 一つのことを極めた先輩が生きた知恵を切実な言葉で伝える、語り下ろし自伝シリーズ。炭坑での子ども時代、美校入学、パリ暮らし…。98歳を迎える画家・野見山暁治が、絵と人生を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

みんな忘れた 記憶のなかの人

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:平凡社
  • 発売日:2018/05/18
  • 発送可能日:1~3日
  • ぽっかりと自分ひとり波の中だ−。2018年に98歳となる日本を代表する洋画家が、1世紀近い人生で出会った人たちとの濃淡さまざまな触れ合いを稀有な文才で綴ったエッセイ。『こころ』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

じわりとアトリエ日記

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:生活の友社
  • 発売日:2017/12/16
  • 発送可能日:1~3日
  • 勲章をもらって以来、母校とはやけに、付き合うことが多くなった−。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。2013年11月〜2017年2月分を収録する。『美術の窓』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    97歳を迎えた現在もなお、多忙の日々を過ごす巨匠・野見山暁治(洋画家、文化勲章受章者)。時流にとらわれることなく、ひたすら自己絵画と格闘し続けてきた野見山は、その...

人生の気品

  • 税込価格:1,650
  • 出版社:新日本出版社
  • 発売日:2017/11/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 草笛光子、赤川次郎、高見のっぽ、鳳蘭など、各界で活躍する15人の「人生の転機」とは。味わい深い逸話や格言から、文化を生み出すエネルギーの根源を紐解く。「人生の流儀」の続編。『しんぶん赤旗日曜版』掲載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

絵描きと画材屋 洋画家・野見山暁治と山本文房堂・的野恭一の五十年

  • 税込価格:1,870
  • 出版社:忘羊社
  • 発売日:2016/09/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 空襲の記憶、画材と文化、思い出深き地元の画家、そして二人三脚で続けた公募展への思い…。筑豊の炭鉱町に育った日本を代表する洋画家と、福岡の名画材店〈山本文房堂〉主人による滋味あふれる対談。【「TRC MARC」の商品解説】

    筑豊の炭鉱町に育った洋画家が、少年時代から自転車ではるばる通った
    福岡の名画材店〈山本文房堂〉の店主と、空襲の記憶、画材と文化、
    思い出深き...

でんでんむしのかなしみ (国語が楽しくなる新美南吉絵童話集)

  • 評価3.4レビュー:6件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:星の環会
  • 発売日:2016/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • いっぴきのでんでんむしがありました。ある日、そのでんでんむしは大変なことに気がついて…。新美南吉の作品「でんでんむしのかなしみ」に 野見山暁治が絵をつけた絵童話。「里の春、山の春」なども収録。見返しに絵あり。【「TRC MARC」の商品解説】

    新美南吉の名作「でんでんむしのかなしみ」をダイナミックに描いた絵本。美智子皇后さまの心に「何度となく、思いがけない時に記憶によみがえっ...

とこしえのお嬢さん 記憶のなかの人

  • 評価4.3レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:平凡社
  • 発売日:2014/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 94歳。日々描き続ける画家の、宝石のような記憶。日本で、パリで出会い、すれちがい、あるいは深く関わった21人を、底知れぬ視力と描写術で綴る類まれな物語。それはまた、永遠に埋もれかけた記録としても貴重である。講演録「今日会える」収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

    94歳にして日々描き続ける画家・野見山暁治が、日本で、パリで出会い、すれちがい、あるいは深く関わった21人を、底知...

やっぱりアトリエ日記

  • 評価2.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:生活の友社
  • 取扱開始日:2014/02/01
  • 発送可能日:1~3日
  • この先は心安らかに日記を続けられると思うが、予期せぬ遺伝子が待ち伏せしている、なんて事はもう無いだろうな…。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。「105の質問」も収載。『美術の窓』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

遠ざかる景色 (大人の本棚)

  • 税込価格:3,080
  • 出版社:みすず書房
  • 取扱開始日:2013/02/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 90歳を超えてなお隆々なる画家が軽妙に描く出会いと別れ。個性的な家族やパリに生きる人々、戦歿画学生の遺族…。遠ざかる過去が肖像画となってよみがえる。【「BOOK」データベースの商品解説】

    故郷の山中をさまよい歩いた経験を綴る幻想的な「夜道」をはじめ、気難し屋の建築家にアトリエ設計を依頼した苦労譚、義弟・田中小実昌のエキセントリックな人間像など、追憶の全19編を収録。〔筑摩書房 198...

アトリエ日記 続々 2008年12月〜2011年3月

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:清流出版
  • 取扱開始日:2012/05/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 行けるときに行き、やりたいことはその時にやる。その日が唯一、人生だと、今にして分かった…。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。『美術の窓』連載に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

目に見えるもの 野見山暁治画文集

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:4,180
  • 出版社:求龍堂
  • 発行年月:2011.12
  • 発送可能日:1~3日
  • これは絵と文、互いの友情としての握手なのか、両者、闘いのリングでの打ちあいなのか−。奔放な筆、踊る言葉。随筆の名手としても知られる野見山暁治の画文集。写真家・鬼海弘雄による撮り下ろしポートレートも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

舞い降りる妖精たち 川津英夫写真集

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:日本写真企画
  • 発行年月:2011.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 音楽が流れた瞬間、天使たちはアリーナに舞い降り、踊りだす−。大会直前のトレーニングに取り組む、キエフとパリの新体操の少女たちを撮影した写真集。【「TRC MARC」の商品解説】

異郷の陽だまり

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:生活の友社
  • 発行年月:2011.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 90歳を過ぎてなお、精力的に制作活動を続ける一方、名エッセイストとしての顔を持つ画家・野見山暁治。海っぱたのアトリエをとりまく景色、藤田嗣治・麻生三郎・香月泰男・木村忠太・森芳雄・小川国夫・田淵安一たちとの邂逅、パリ時代の記憶、3・11から3ケ月後の被災地で感じたこと…、ありのままに綴った画家・野見山暁治の最新エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    90歳を過ぎてなお、精...

「戦争」が生んだ絵、奪った絵 (とんぼの本)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:2010.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 「戦争」がおこらなければ、画家・画学生たちは、青春の夢のまま描き続けていたのだ−。香月泰男のシベリヤ・シリーズなど戦争によって生まれた絵のほか、日高安典・太田章をはじめとする戦没画学生らの絵を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

眼の人 野見山暁治が語る

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:弦書房
  • 発行年月:2009.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 画家・野見山暁治が、「なぜ、こういう絵を描くのか」「これは抽象なのか、具象なのか」といった自身の絵画世界や生き方の根幹に対する質問に答えるほか、少年時代、各時代の美術界の様子などを語る。【「TRC MARC」の商品解説】

野見山暁治全版画 普及版

  • 税込価格:7,480
  • 出版社:アーツアンドクラフツ
  • 発行年月:2009.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 野見山暁治の40有余年に及ぶ版画制作の集大成。銅版画116点、リトグラフィ87点、モノタイプ88点、シルクスクリーン14点を収録。作品リスト付き。【「TRC MARC」の商品解説】

アトリエ日記 続

  • 税込価格:2,640
  • 出版社:清流出版
  • 発行年月:2009.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 自分の展覧会、近ごろ、つまらなくなってきた。昔、描いたものを今更並べるのもみみっちい。描きおえて矢継早に発表するのは、もっとみみっちい…。ホンネを晒した絵描きのつぶやき。『美術の窓』連載に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

パリ・キュリイ病院

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:弦書房
  • 発行年月:2004.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 異境で癌に冒され、死の床についた妻。異文化との摩擦に苦しみながら懸命に孤独な看病を続ける画学生の夫。その壮絶な日々を日録をもとに克明に再現した、小説を超えたレシ(実録)。筑摩書房79年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

これはこれは

  • 税込価格:2,640
  • 出版社:玲風書房
  • 発行年月:2000.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 詩を読む楽しみを深々と与えてくれる詩人と、絵を描くことの本質をつきつけてくる画家の作品が融合。今までの作品の中から詩28篇、画29点を選び収録した詩画集。【「TRC MARC」の商品解説】

佐伯祐三のパリ (とんぼの本)

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:1998.3
  • 発送可能日:1~3日
  • パリのうらぶれた裏町を、憑かれたように描き続け、わずか30歳で夭折した天性の画家・佐伯祐三。パリで燃えつきたその波乱の生涯をたどりながら、各作品の舞台となった原風景を作品とともに徹底ガイドする。【「TRC MARC」の商品解説】

四百字のデッサン 新装版 (河出文庫)

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:825
  • 出版社:河出書房新社
  • 取扱開始日:2012/09/05
  • 発送可能日:要確認
  • 少年期を過ごした福岡の人たち、自らの戦争画の傍らに立つ藤田嗣治、戦後の混沌期に集い交わった画家や詩人、パリで知った椎名其二や森有正、義弟・田中小実昌、同級生・駒井哲郎…それぞれの時、それぞれの場所でめぐり会った人の姿と影を、画家にして名文家の筆が甦らせる。日本エッセイスト・クラブ賞受賞の名著。【「BOOK」データベースの商品解説】

    少年期の福岡での人々、藤田嗣治、戦後混沌期の画家や詩...

無言館はなぜつくられたのか

  • 税込価格:1,760
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発行年月:2010.6
  • 発送可能日:要確認
  • 美術館「無言館」には、先の太平洋戦争、あるいは日中戦争によって画家への夢を絶たれた戦没画学生108名の、遺作、遺品、資料などが展示されている。この館を建設した動機や開館するまでの経緯を語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

四百字のデッサン

  • 税込価格:1,078
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:1980
  • 発送可能日:要確認
  • 【日本エッセイスト・クラブ賞(第26回)】【「TRC MARC」の商品解説】

祈りの画集 戦没画学生の記録

検索結果 47 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。