サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 古井 由吉の商品一覧

“古井 由吉”の商品一覧

1937年東京都生まれ。「白髪の唄」で第三十七回毎日芸術賞を受賞。著書に「野川」など。

“古井 由吉”に関連する商品を154件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

電子書籍

杳子・妻隠(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

杳子・妻隠(新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:67件
  • 税込価格:583
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/05/26
  • “杳子は深い谷底に一人で坐っていた。”神経を病む女子大生〈杳子〉との、山中での異様な出会いに始まる、孤独で斬新な愛の世界……。現代の青春を浮彫りにする芥川賞受賞作「杳子」。都会に住まう若い夫婦の日常の周辺にひろがる深淵を巧緻な筆に描く「妻隠」。卓抜な感性と濃密な筆致で生の深い感覚に分け入り、現代文学の新地平を切り拓いた著者の代表作二編を収録する。

辻 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

辻 (新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:8件
  • 税込価格:637
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2014/05/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また―。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏する。生と死、自我と時空、あらゆる境を飛び越えて、古井文学がたどり着いた、ひとつの極点。濃密にして甘美な十二の連作短篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

    父と子。男...

西部邁発言 1 「文学」対論

西部邁発言 1 「文学」対論

  • 評価3.0
  • 税込価格:2,160
  • 出版社:論創社
  • 発売日:2018/05/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 西部邁が主宰していた雑誌『発言者』『表現者』に掲載された、作家・文学者らとの対話をまとめる。1は、「文学」をテーマに、古井由吉、秋山駿、加賀乙彦らと、政治・社会・人生などを縦横無尽に語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

文学の淵を渡る (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

文学の淵を渡る (新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:562
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2017/12/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 鷗外から中上健次まで百年にわたる日本の短篇、ギリシア悲劇、ムージルら世界の近現代文学…。半世紀を超えて、小説の最前線を走り続けてきた大江健三郎と古井由吉が語る、文学の過去・現在・未来。スリリングな対談集。〔2015年刊に「漱石100年後の小説家」を増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

    聖なるものと優れた小説がともにもつ、明快にして難解な言葉の有り様を語り、 外から中上健次...

電子書籍

聖・栖(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

聖・栖(新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:799
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/05/26
  • この村に、男は都会からやって来た。女は都会から舞い戻った。若い二人を結びつけたのは、異様なヒジリの風習だった。男女の愛の生成を土俗的な集団幻想を背景に描出した野心作『聖(ひじり)』と、その続編で、両者が東京で生活を構えてからの営みを多面的に追求した『栖(すみか)』(日本文学大賞受賞)を同時収録。現代の極北を行く著者の斬新で緻密な才能の精華。

電子書籍

辻(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

辻(新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:8件
  • 税込価格:702
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/05/26
  • 父と子。男と女。人は日々の営みのなかで、あるとき辻に差しかかる。静かに狂っていく父親の背を見て。諍いの仲裁に入って死した夫が。やがて産まれてくる子も、また――。日常に漂う性と業の果て、破綻へと至る際で、小説は神話を変奏する。生と死、自我と時空、あらゆる境を飛び越えて、古井文学がたどり着いた、ひとつの極点。濃密にして甘美な十二の連作短篇。 ※当電子版では対談「詩を読む、時を眺める」は収録していません...

電子書籍

往復書簡 言葉の兆し

往復書簡 言葉の兆し

  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:1,134
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 販売開始日:2014/08/01
  • 東日本大震災を契機に交わされた迫真の24通。仙台近郊で罹災して以後、被災地から言葉の恢復を探る佐伯と、震災後と戦後の風景を重ねつつも、そこに決定的な違いを見出し、歴史を遡るなかで言葉の危機と可能性を問う古井。大きな喪失感のなかで、いま文学が伝えるべき言葉とは?

古井由吉自撰作品 8 野川

古井由吉自撰作品 8 野川

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,888
  • 出版社:河出書房新社
  • 取扱開始日:2012/10/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 言葉の力で死者たちの声を甦らせ、重い沈黙の扉をしなやかに開き、文学の可能性を大きく前進させる連作短篇「野川」「辻」と、「やすみしほどを」(「やすらい花」より)を収録。町田康による解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

古井由吉自撰作品 7 楽天記 忿翁

古井由吉自撰作品 7 楽天記 忿翁

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:3,672
  • 出版社:河出書房新社
  • 取扱開始日:2012/07/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 不意に口を開ける異界の亀裂、狂気と変身を孕んだ強烈なユーモア…。連作短篇に新たな命を吹き込んだ「楽天記」、世紀を超えますます自在な世界を定着した「忿翁」を収録。島田雅彦による解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

ロベルト・ムージル

ロベルト・ムージル

  • 税込価格:3,456
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2008.2
  • 発送可能日:24時間
  • 分析と解体、自閉と崩壊…。現代精神の命運を20世紀初頭に予言し、新しい経験への突破を模索し続けたムージルの小説群。その作品による実験の意味を蘇らせるために、作家・古井由吉が対話を試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

槿 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

槿 (講談社文芸文庫)

  • 評価4.6レビュー:3件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2003.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 【谷崎潤一郎賞(第19回)】【「TRC MARC」の商品解説】

木犀の日 古井由吉自選短篇集 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

木犀の日 古井由吉自選短篇集 (講談社文芸文庫)

電子書籍

文学の淵を渡る(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

文学の淵を渡る(新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:626
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2018/06/15
  • 聖なるものと優れた小説がともにもつ、明快にして難解な言葉の有り様を語り、鴎外から中上健次まで百年間の名作小説を、実作者の眼で再検証する。また、外国詩を読み、翻訳する喜びを確認し合う傍らで、自らの表現を更新するたび「+(プラス)1」を切望する、創作時の想いを明かす。日本文学の最前線を半世紀を超えて走り続けた小説家が、それぞれの晩年性(レイトネス)から文学の過去と未来を遠望する対談集。

群像短篇名作選 2000〜2014 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

群像短篇名作選 2000〜2014 (講談社文芸文庫)

  • 税込価格:2,484
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2018/05/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 文芸誌『群像』創刊からの70年を彩った名作短篇を精選。辻原登「父、断章」、黒井千次「丸の内」、川上未映子「お花畑自身」、川上弘美「形見」など、21世紀を迎えた現代日本文学の到達点を示す18篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    1946年10月号を創刊号とし、2016年10月号で創刊70年を迎えた文芸誌「群像」。
    創刊70周年記念に永久保存版と銘打って発売された号...

現代作家アーカイヴ 自身の創作活動を語る 1 高橋源一郎 古井由吉 瀬戸内寂聴

現代作家アーカイヴ 自身の創作活動を語る 1 高橋源一郎 古井由吉 瀬戸内寂聴

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,376
  • 出版社:東京大学出版会
  • 発売日:2017/11/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 小説家、詩人、美術家は何を生み出してきたか? 作家自身が代表作を選び、それらを軸として創作活動の歴史を振り返る、貴重なインタヴュー集、かつ良質なブックガイド。1は、高橋源一郎、古井由吉、瀬戸内寂聴を取り上げる。【「TRC MARC」の商品解説】

    小説家たちは,なにを書いてきたのか――創作の極意,若い頃の記憶,転機となった出来事,そしてこれからのこと.自身が代表作を三作選び,そ...

電子書籍

ゆらぐ玉の緒

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ゆらぐ玉の緒

  • 評価3.7レビュー:2件
  • 税込価格:1,469
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/08/04
  • 老齢に至って病いに捕まり、明日がわからぬその日暮らしとなった。雪折れた花に背を照らされた記憶。時鳥の声に亡き母の夜伽ぎが去来し、空襲の夜の邂逅がよみがえる。つながれてはほどかれ、ほどかれてはつながれ、往還する時間のあわいに浮かぶ生の輝き、ひびき渡る永劫。一生を照らす生涯の今を描く全8篇。古井文学の集大成。

楽天の日々

楽天の日々

  • 評価4.0
  • 税込価格:2,592
  • 出版社:キノブックス
  • 発売日:2017/07/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 年を取るにつれて、楽天を自身に許すようになった。老齢に深く入れば来年のことすら、生きているものやら、わからないのだ−。現代日本最高峰の作家による、百余篇収録のエッセイ集。短篇小説「平成紀行」を併録する。【「TRC MARC」の商品解説】

電子書籍

楽天記(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

楽天記(新潮文庫)

  • 税込価格:659
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/06/09
  • 夢の中の幻の息子、旧約聖書の預言者の謎めいた言葉、死んだ旧友が繰り返していたという奇妙な仕草…うつろう折節の事どもの内に、密やかに重なりあう生と死の諸相。生涯をよろぼう人々の心に、常に在る「楽天」。老いや死への思いと共生するように暮らす作家・柿原の、そぞろに揺らめく想念を軸に、私小説的な手法を用いた自在な筆致で人間の精神を深奥へと掘り進む長編小説。

電子書籍

やすらい花

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

やすらい花

  • 評価4.7レビュー:11件
  • 税込価格:1,382
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/06/09
  • 散る花とともに四方へ飛び散る悪疫を鎮めようとする鎮花祭。いまも歌い継がれるという夜須禮歌。豊穣を願う田植歌であり、男女の契りの歌でもあるおおらかな古来の節回しに、鮮やかに甦る艶やかな想い。その刻々の沈黙と喧騒――歳月を超えた日常の営みの、夢と現、生と死の境目に深く分け入る8篇。待望の最新連作短篇集。

電子書籍

忿翁

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

忿翁

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,555
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/06/09
  • あの凄惨でどこか晴れやかな忿怒の老人は死んだ父親なのか、私なのか、それとも幻の息子なのか。鋭い感性と濃密な文体で、現代の狂気と正気、夢と現実の狭間に踏み入る長編小説。

電子書籍

白髪の唄(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

白髪の唄(新潮文庫)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:853
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/06/09
  • 「白髪というものは、時によって白く見えたり黒く見えたりするものですね」―知りもしない唄をゆるゆると、うろ声を長く引いて唄うような気分。索漠と紙一重の恍惚感…。老鏡へ向かう男の奇妙に明るい日常に、なだれこむ過去、死者の声。生と死が、正気と狂気が、夢とうつつが、そして滑稽と凄惨とが背中合せのまま、日々に楽天。したたかな、その生態の記録。毎日芸術賞受賞。

電子書籍

人生の色気

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

人生の色気

  • 評価4.3レビュー:14件
  • 税込価格:1,382
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/05/26
  • 七分の真面目、三分の気まま―。僕はこうして生きてきた。作家渡世四十年、文学の達人が語る人生処方箋。

電子書籍

夜の香り

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

夜の香り

  • 税込価格:778
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/05/26
  • 都会のはざまに生起消滅する濃やかで奔放な人間ドラマを描き、現代生活の暗部を照射する純文学作品集。「街道の際」「畑の声」「駆ける女」「夜の香り」を収録。

電子書籍

櫛の火(新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

櫛の火(新潮文庫)

  • 税込価格:702
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2017/05/26
  • 一年ぶりの再会も束の間、弥須子はその翌日に入院、十日後広部の目の前で息をひきとった。形見の櫛を握りしめ、恋人の亡骸と共寝して一夜を明かした彼は、深い喪失感からいつしか大学を中退して会社勤めを始めるが、年上の女柾子と出逢ってようやく生の現実感を取りもどすかに見えた……。行方の知れない現代の青春の深みから、新たな神話的ロマンの世界を開示する本格長編小説。

蜩の声 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

蜩の声 (講談社文芸文庫)

  • 税込価格:1,674
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2017/05/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 対極のあわいを往還しながら到達するさらなる高み、記憶の重層から滴る生の消息…。古井文学の現在を示す、表題作ほか全8編を収録した小説集。【「TRC MARC」の商品解説】

    東京大空襲で逃げ惑う少年の鮮烈な恐怖の記憶が甦る「蜩の声」「子供の行方」他、官能的で驚異的に高密度な文体で圧倒する連作短篇。【商品解説】

    東京大空襲で逃げ惑う少年の鮮烈な恐怖の記憶が甦る...

電子書籍

半自叙伝(河出文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

半自叙伝

  • 評価5.0
  • 税込価格:896
  • 出版社:河出書房新社
  • 販売開始日:2017/03/10
  • 現代日本文学最高峰の作家は、時代に何を感じ、人の顔に何を読み、そして自身の創作をどう深めてきたのか――。老年と幼年、魂の往復から滲む深遠なる思索。

ゆらぐ玉の緒

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ゆらぐ玉の緒

  • 評価3.7レビュー:2件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2017/02/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 陽炎の立つ中で感じるのも、眠りの内のゆらめきの、余波のようなものか…。往還する時間のあわいに浮かぶ生の輝き、ひびき渡る永劫。一生を照らす、生涯の今を描く古井文学の集大成。全8篇を収録。『新潮』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    陽炎の立つ中で感じるのも、眠りの内のゆらめきの、余波のようなものか。老齢に至って病いに捕まり、明日がわ からぬその日暮らしとなった。雪...

半自叙伝 (河出文庫)(河出文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

半自叙伝 (河出文庫)

  • 評価5.0
  • 税込価格:896
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2017/02/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代日本最高峰の作家は、時代になにを読み、自身の創作をどう深めてきたのか。戦災下の幼年時からの半生を語った、古井由吉の自伝。創作ノートも収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

電子書籍

白暗淵(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

白暗淵

  • 評価3.0
  • 税込価格:1,404
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2016/07/08
  • 「七十の坂にかかる道すがらの作品群になる。あれもなかなか越すに苦しい坂だった」(著者から読者へ)。爆風に曝された大空襲から高度成長を経て現代へ――個の記憶が、見も知らぬ他者たちをおのずと招き寄せ、白き「暗淵」より重層的な物語空間が立ちあがる。現代文学を最先端で牽引しつづける著者が、直面した作家的危機を越えて到達した連作短篇集。

白暗淵 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

白暗淵 (講談社文芸文庫)

  • 評価3.0
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2016/06/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 静寂、沈黙の先にあらわれる、白き喧噪。さざめき、沸きたつ意識は、時空を往還し、生と死のあわいに浮かぶ世界の実相をうつす−。表題作のほか、「朝の男」「地に伏す女」「雨宿り」など全12作品を収めた連作短篇集。【「TRC MARC」の商品解説】

    文体、表現、思想等全ての面で現代文学を牽引し続ける作家が、自らの「転換点のひとつ」と位置づける、12の連作短篇集。初文庫化。【商品解説】<...
検索結果 154 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。