サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 湯川 豊の紙の本一覧

“湯川 豊”の紙の本一覧

1938年新潟市生まれ。文藝春秋に入社。『文學界』編集長、同社取締役などを務め、退社。その後、東海大学教授、京都造形芸術大学教授を歴任。「須賀敦子を読む」で読売文学賞受賞。

“湯川 豊”に関連する紙の本を53件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

海坂藩に吹く風 藤沢周平を読む

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2021/12/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 「蟬しぐれ」「三屋清左衛門残日録」「橋ものがたり」など、数々の名作を残した藤沢周平。いまなお多くの人々をひきつけるその魅力に迫る。藤沢周平年譜・作品リストも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    没後25年を経ても、根強い人気を誇る藤沢周平。時代小説ファンの範疇を越えて、いまなお多くの人々に愛されるのはなぜか。『蝉しぐれ』『三屋清左衛門残日録』などの名高い名作はもちろん、歴...

イワナの夏 (ちくま文庫)

約束の川 (ヤマケイ文庫)

  • 税込価格:1,045
  • 出版社:山と溪谷社
  • 発売日:2020/03/16
  • 発送可能日:1~3日
  • 僕の「約束の川」は、既視感というふしぎな体験を引きあいに出して語っている部分がある−。釣りエッセイの名手が放つ珠玉の短篇集。日本の渓流を舞台に、失われつつある原風景を鮮やかに描きだす。【「TRC MARC」の商品解説】

丸谷才一全集 第12巻

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:6,050
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/09/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第12巻は、文藝時評をはじめ、芥川賞・谷崎賞など文学賞選評を網羅。初公開の匿名コラムも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    芥川賞、谷崎賞などの選評、文藝時評などを網羅。全集完結

    文学賞選評・文藝時評の他「侃々諤々」「大波小波」など匿名コラム、「大衆文学時評」さらに新...

丸谷才一全集 第11巻

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:5,610
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/07/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第11巻は、現代文学の源泉であるジェイムズ・ジョイスの手法、神話、言語の秘密を解き明かす文章などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    ジョイスからマルケス、ドストエフスキー、プルースト、ヘミングウェイ、ボルヘス、エーコ、クンデラ、グレアム・グリーン、そしてミステリーまで。
    ...

丸谷才一全集 第10巻

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:5,775
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第10巻は、大岡昇平から松本清張、村上春樹まで、新しさと刺戟に満ちた同時代作家論と、日本語論を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    現代日本文学とは何か? 刺戟に満ちた同時代の作家たちを論じた第十巻。

    石川淳の小説は「明治末年の文学革命に対する思ひ切つた反抗」。吉行淳...

丸谷才一全集 第9巻

  • 評価3.0レビュー:3件
  • 税込価格:5,500
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2013/11/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第9巻は、徴兵忌避、モダニズムなどの視点から従来の漱石像を一変させた漱石論ほか、紅葉、荷風、谷崎らを論じた作家論を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の近代文学成立の曲折を考える評論第九巻

    漱石と国家、「明治の精神」の関係を論じ反響を呼んだ「徴兵忌避者としての夏...

安楽椅子の釣り師 (大人の本棚)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,860
  • 出版社:みすず書房
  • 取扱開始日:2012/05/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 釣りという遊びをいかに楽しむか? 小説家の名品から、釣り師の随筆、芸術家や冒険家の釣りエッセイまで、各人各様の奥深い感覚を味わえる「釣り」のアンソロジー13篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

大岡昇平の時代

  • 評価4.0
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2019/09/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 「俘慮記」に始まり、「昭和末」で終わる−。時に厳しく、時に不器用に、全身を「文学」に捧げた作家、大岡昇平。昭和という時代を背負った真の文学者の生涯を辿り、その覚悟に迫る。『文藝』連載を加筆修正の上、改題。【「TRC MARC」の商品解説】

須賀敦子エッセンス 2 本、そして美しいもの

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2018/07/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 須賀敦子に出会う最良の入門書であり、愛読者にとっては新たな魅力発見のための決定版アンソロジー。2は、「まがり角の本」「トリエステの坂道」など、須賀文学誕生の源泉を明かす17篇と、サバの訳詩7篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

須賀敦子エッセンス 1 仲間たち、そして家族

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2018/05/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 須賀敦子に出会う最良の入門書であり、愛読者にとっては新たな魅力発見のための決定版アンソロジー。1は、デビュー作「ミラノ霧の風景」をはじめとする代表的著作の収録作品から「銀の夜」「夜の会話」など全17篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    その人と文学の核心をなす名文章を元担当編集者にして最大の理解者が厳選した須賀文学の精華。最良の入門書であると同時に愛読者にとっては新たな魅力を...

一度は読んでおきたい現代の名短篇 (小学館新書)

  • 評価4.0レビュー:5件
  • 税込価格:946
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2018/01/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 松本清張、司馬遼太郎、向田邦子、中上健次、村上春樹、よしもとばなな、三浦しをん…。「読む愉しさを満喫できること」という視点で選んだ、人気作家44人の傑作短篇小説の魅力を解説する。『本の窓』連載を新書化。【「TRC MARC」の商品解説】

    読む愉しみを満喫できる44作の名短篇案内

    「この短篇小説がすごい!」
    小説読みの達人・湯川豊氏が、「読む愉しみ」とい...

文学のレッスン (新潮選書)

  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2017/04/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 長篇小説はなぜイギリスで、短篇小説はなぜアメリカで発展したのか。歴史は文学とどのようにかかわっているか。丸谷才一が古今東西の文学作品を奔放自在に探索し、その真髄を語りつくす。湯川豊による「最晩年の十年」も収録。〔新潮文庫 2013年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    稀代の文学者が、全ジャンルを語りつくす「決定版文学講義」! 長篇小説はなぜイギリスで、短篇小説はなぜ...

星野道夫 風の行方を追って

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2016/07/29
  • 発送可能日:1~3日
  • アラスカに魅了され、自然と動物、そこに生きる人々を追い続けた星野道夫。彼の作品は、なぜ人々を惹きつけるのか。元担当編集者が魅力の根源に迫る。『考える人』『COYOTE』掲載に大幅加筆し書下ろし等を加え単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    そこで語られるのは、自然と人間についての深い「物語」――。没後20年。写真と文章に刻まれた魂の軌跡を追う、星野道夫論の決定版!【本の内容...

丸谷才一を読む (朝日選書)

  • 評価5.0
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日:2016/06/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 楽しく、冒険にみちた丸谷才一の文学世界。「忠臣藏」の御霊信仰と祝祭性、ジョイスと後鳥羽院の共鳴、小説における仕掛けの謎を解く。小説と批評を軸にした丸谷才一の本格的評論。『小説トリッパー』連載に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    なにより面白く、気宇壮大な丸谷才一の文学世界。たのしく工夫のある小説。通説に果敢に挑んで説得力のある評論。丸谷はどのように作品をつく...

須賀敦子を読む (集英社文庫)

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:550
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2016/03/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 【読売文学賞(第61回)】10代での受洗、ミラノでの結婚、そして故郷夙川の家族たち…。須賀敦子の作品は、なぜ深く人の心を打つのか? 元担当編集者の著者が、その主著5冊の精読を重ね、須賀敦子作品の魅力を描いた、本格的須賀敦子論。【「TRC MARC」の商品解説】

    イタリアでの暮らしとその周囲の人々との関係性を洗練された文章で綴り、絶大な支持を受けた須賀敦子。当時の文藝春秋担当編...

新しい須賀敦子

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2015/12/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 須賀敦子のエッセイや手紙は、読むたびに新しい発見がある。3人の作家が斬新な角度からその魅力を語り、再読を促す。2014年、神奈川近代文学館で開催された「須賀敦子の世界展」に付随して行なわれた対談や講演等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    没後17年を過ぎてもなお、多くの読者を魅了し続ける須賀敦子氏の文学。類まれな知性のうつくしさともいうべきその魅力を読み解く。江國香織...

村上春樹を読む午後

  • 評価2.5レビュー:3件
  • 税込価格:1,815
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/11/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 鋭敏な批評家と、日本記者クラブ賞を受賞した記者。村上春樹文学について日本で最も造詣が深い2人が、対話によって村上文学の中心へとあざやかに切り込む。15のコラムと書誌的年譜も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    村上文学の真髄を徹底して掘り下げる

    村上春樹文学について日本で最も造詣が深い二人が作品を精密に読み直す。目からうろこが落ちること必至。楽しいコラム...

丸谷才一全集 第6巻

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:6,105
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/08/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第6巻は、「輝く日の宮」「持ち重りする薔薇の花」「茶色い戦争ありました」「ゆがんだ太陽」など全6篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    晩年の傑作と絶筆、未刊行作品を収録した第六巻

    女性国文学者の恋を技巧を尽して描く「輝く日の宮」、弦楽四重奏団の人間模様を描いた最後...

丸谷才一全集 第4巻

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,830
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/06/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第4巻は、“台湾民主共和国”をめぐり、「国家とは、個人とは何か」を問う「裏声で歌へ君が代」、短篇「樹影譚」の全2篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    「台湾民主共和国」をめぐる問題作と短篇の最高傑作、2篇を収録した第四巻。

    国家とは…上質のユーモアとエロティシズム...

丸谷才一全集 第7巻

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,940
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/05/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第7巻は、画期的文学史を提唱した「日本文学史早わかり」、悲劇の天皇歌人に迫る「後鳥羽院」など全3篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    丸谷全集第七巻(第8回配本)は、「王朝和歌と日本文学史」

    日本文学史を政治史・西洋史に依らず、文学そのものによって区分できるか。...

ヤマメの魔法

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:筑摩書房
  • 取扱開始日:2014/04/25
  • 発送可能日:1~3日
  • ヤマメの魔法にかけられて、夕暮れの川を知るようになった。誰からも忘れ去られたような北国のきらめく流れ、夏の光のなかに身をさらしているゆるやかな長い流れ―フライ・フィッシングから生れた懐かしい“物語”のようなエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    誰からも忘れ去られたような北国のきらめく流れ。夏の光のなかに身をさらしているゆるやかな流れ…。フライ・フィッシングから生まれたエ...

丸谷才一全集 第2巻

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:5,830
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/04/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第2巻は、69歳の病院長を主人公に深い人生観が透徹した芥川賞受賞作「年の残り」など全5篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    丸谷全集第7回配本は、小説第二巻。

    69歳の病院長が、患者の少年との関係から回想する若き日々の情景――。人生、老い、病い、死という年輪が刻み...

丸谷才一全集 第3巻

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:6,050
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/02/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第3巻は、市民社会と個人の錯綜した関係をユーモア溢れる筆致で描いた「たった一人の反乱」など全3編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の文壇への「反乱」ともいえる現代の名作――。

    市民社会と個人の錯綜した関係をユーモア溢れる筆致で描いた「たった一人の反乱」、文學...

丸谷才一全集 第8巻

  • 税込価格:5,720
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/01/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第8巻は、カーニヴァルとしての忠臣藏を論じ、源氏物語の色ごのみと古代母系制の関連を考察するなどした文芸評論を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本人の底に潜む呪術と信仰とは何か?

    四十七人の反乱の謎を斬新な視点で論じた「忠臣藏とは何か」他「恋と日本文学と本居宣長」...

丸谷才一全集 第1巻

  • 評価2.0レビュー:2件
  • 税込価格:5,940
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2013/12/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第1巻は、「ヨナ書」に材をとり、重厚なテーマと新しい文体で議論を起こした処女長篇「エホバの顔を避けて」など全7篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    神は人を支配し、国は人を裏切る――あるいは逆か?
    「ヨナ書」に材をとり、重厚なテーマと新しい文体で議論を起こした処女長篇「エホ...

丸谷才一全集 第5巻

  • 税込価格:5,720
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2013/10/16
  • 発送可能日:1~3日
  • 知的冒険に満ち痛快な小説、通説を排して尖鋭・刺戟的な評論。丸谷才一の文業を網羅した全集。第5巻は、「鈍感な青年」「夢を買ひます」「墨いろの月」「女ざかり」など小説を全6編収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    丸谷才一の多岐にわたる仕事を網羅した待望の全集がいよいよ刊行開始! 「小説」「評論」各6巻ずつ、全12冊を毎月順次刊行していきます。

    巧みなストーリ...

渓流讃歌 フライロッドを持って旅に出たくなる14の物語 Fly Fishing Anthology (Fly Rodders選書)

  • 税込価格:1,540
  • 出版社:地球丸
  • 発行年月:2009.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 苦労の末にようやく出合えた1匹のヤマメ、イワナが棲む深山幽谷の渓で起こったハプニング、遠征先で出会った人たち…。フライフィッシングに傾注した著者たちによる、フライロッドを持って旅に出たくなる14の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

終わりのない旅星野道夫インタヴュー 原野に生命の川が流れる (SWITCH LIBRARY)

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:スイッチ・パブリッシング
  • 発行年月:2006.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間という種の不思議さ。自分が生きていることの不思議さ。そういう意識でアラスカを撮っていると何かが見えてくる−。自然を学ぶのに最適の地に赴き、自分の思想を形成した星野道夫のインタビューをまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

植村直己・夢の軌跡 (文春文庫)

  • 評価4.0レビュー:5件
  • 税込価格:825
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2017/01/05
  • 発送可能日:要確認
  • 日本人初のエベレスト登頂、犬橇による北極圏1万2千キロ走破、北極点単独行…。数々の偉業を達成した植村直己の生涯を、16年にわたり植村の活動を支え、夢を共に追ってきた元編集者が様々な角度から描く。〔2014年刊の加筆〕【「TRC MARC」の商品解説】

    没後30年目に初めて描かれた、稀代の大冒険家の肖像。

    日本人初のエベレスト登頂、犬橇による北極圏1万2千キロ...
検索結果 53 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。