サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 坪内 祐三の紙の本一覧

“坪内 祐三”の紙の本一覧

1958〜2020年。東京生まれ。早稲田大学大学院修了。雑誌『東京人』編集部を経て、書評、評論などの執筆活動に入る。「慶応三年生まれ七人の旋毛曲り」で講談社エッセイ賞受賞。

“坪内 祐三”に関連する紙の本を129件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

玉電松原物語

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

玉電松原物語 新刊

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2020/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • その町にはチンチン電車が走り、牧場には牛が群れる。駅前の商店街には、様々な人びとがいた−。かつての世田谷を卓越した記憶力で再現した、私小説のごとき昭和文化論。急逝した著者の遺作。『小説新潮』未完の連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    急逝した評論家の「遺作」は、私小説のごとき昭和文化論だった。幼少期を過ごしたかつての世田谷では、チンチン電車が走り、牧場には牛が群れ...

文庫本千秋楽 新刊

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:本の雑誌社
  • 発売日:2020/11/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 坪内祐三のライフワークである『週刊文春』の「文庫本を狙え!」と、『本の雑誌』増刊「おすすめ文庫王国」の「年刊文庫番」21年分を1冊に結集。文庫本の立行司が名采配を振るう、まったなしの文庫ガイド。【「TRC MARC」の商品解説】

    坪内祐三のライフワーク!

    1月に急逝した評論家・坪内祐三氏がライフワークとして亡くなる直前まで健筆をふるった週刊文春の連載コラム「文庫...

みんなみんな逝ってしまった、けれど文学は死なない。

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:幻戯書房
  • 発売日:2020/06/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 「今を生きる文学者の使命」とは何か−。「文壇おくりびと」を自任し、つねに「文学のリアル」を追い求めた評論家・坪内祐三。彼が書き継いできた、追悼と論考、文芸誌を中心とした雑誌ジャーナリズムへのオマージュ。【「TRC MARC」の商品解説】

    あの彼らの姿を、私たちは忘れてはいけない――「文壇」とは何か。「追悼」とは何か。「今を生きる文学者の使命」にこだわり、考え続けた思考の軌跡。...

白鳥随筆 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

白鳥随筆 (講談社文芸文庫)

  • 評価3.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2015/05/09
  • 発送可能日:24時間
  • 究極のニヒリストにして、八十三歳で没するまで文学、芸術、世相に旺盛な好奇心を失わず、明治・大正・昭和の三時代にわたって現役で執筆を続けた正宗白鳥。その闊達な随筆群から、単行本未収録の秀作を厳選。【「BOOK」データベースの商品解説】

    究極のニヒリストにして、83歳で没するまで文学、芸術、世相に旺盛な好奇心を失わず、明治・大正・昭和の三時代にわたって現役で執筆を続けた正宗白鳥。その闊達...

本の雑誌の坪内祐三

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,970
  • 出版社:本の雑誌社
  • 発売日:2020/06/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 1991年から2020年までに坪内祐三が『本の雑誌』『別冊本の雑誌』に寄稿した原稿を集成。亀和田武、目黒考二らとの座談会、対談、角川春樹のロングインタビュー等も掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

    1991年から2020年まで「読書日記」以外に「本の雑誌」に書いた原稿、対談、座談会、その他三角窓口の投稿や近況コメントまで、本の雑誌の坪内祐三をすべて収録。【商品解説】

新・旧銀座八丁 東と西

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

新・旧銀座八丁 東と西

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2018/10/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 文士に愛された小料理屋「はせ川」、東洋一とうたわれた「松屋」デパート、永井荷風が愛した名店、ゴジラと「和光」の因縁…。150年の歴史を、昔と今のこぼれ話でたどる珠玉のエッセイ集。『小説現代』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    バーあり、カフェあり、味の名店あり。銀座の歴史を昔と今のこぼれ話で著す珠玉のエッセイ。銀座一丁目から八丁目までを東と西に分け、全16章で...

右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。

  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:幻戯書房
  • 発売日:2017/12/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 飛び交う言説に疲弊してゆく社会で、今こそ静かに思い返したい。時代の順風・逆風の中、「自分の言葉」を探し求めた、かつての言論人たちを−。20年以上にわたり書き継いだ、体現的「論壇」論。【「TRC MARC」の商品解説】

昭和にサヨウナラ

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,090
  • 出版社:扶桑社
  • 発売日:2016/03/28
  • 発送可能日:7~21日
  • 何だか「向う」の方が楽しそうだ−。久世光彦さん、丸谷才一さん、中村勘三郎さん、赤瀬川原平さん、野坂昭如さん…。忘れられない先達への、東京の街へのレクイエム。『en‐taxi』連載に書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

四百字十一枚

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,860
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:2007.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 丸山眞男書簡集やロラン・バルト著作集から、明治文学、ブッチャー自伝まで、ちょっと長めの書評43本。変貌する都会・東京と書店からの、同時代批評。『論座』の連載を単行化。【「TRC MARC」の商品解説】

明治の文学 第16巻 島崎藤村 北村透谷

  • 税込価格:2,860
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2002.12
  • 発送可能日:1~3日

明治の文学 第11巻 内田魯庵

ストリートワイズ

  • 評価4.4レビュー:2件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:晶文社
  • 発行年月:1997.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 福田恒存との出会い、丸山真男の死で思ったこと、同じ年代・原辰徳の引退、大好きだった力道山…。街を歩き、そこで発見した新しい学問のスタイルがここにある。気鋭の評論家の初めての論集。【「TRC MARC」の商品解説】

一九七二 「はじまりのおわり」と「おわりのはじまり」 (文春学藝ライブラリー)

  • 税込価格:1,815
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2020/12/08
  • 近日発売:予約可
  • 「一九七二年以前に生まれた人となら、歴史意識を共有出来る気がする」。札幌五輪、あさま山荘事件、ニクソン訪中など、エポックメイキングな数々の出来事で彩られたこの年は、六四年から始まった高度経済成長の激しい変化が完了し、大衆化社会へと突入していく戦後史の分水嶺となる一年だった。縦横無尽に資料を渉猟し、一九七二年以降に生まれた者たちとの歴史意識の橋渡しを試みた、著者の代表的時代評論書。
    (解説・泉...

テレビもあるでよ

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,090
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2018/11/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 「最近のテレビはつまらない」と言いつつ、テレビばかり観ている著者が、ドラマ、音楽、バラエティ、ニュース、野球など、あらゆる番組を鋭く批評。テレビが映し出す「いま」をとらえる。『サンデー毎日』連載等を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

昼夜日記

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:本の雑誌社
  • 発売日:2018/10/01
  • 発送可能日:1~3日
  • いつもツボちゃんはお酒と古本漁り。そんな「昼」の坪内と「夜」のツボちゃんが一目瞭然! 2011年1月から2016年7月までの『本の雑誌』連載「坪内祐三の読書日記」と、『小説現代』連載「酒中日記」を合体収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    昼は読み、夜は飲む!
    「本の雑誌」の好評連載「坪内祐三の読書日記」に「小説現代」連載の「酒中日記」が合体!

    2011...

俺の遺言 幻の「週刊文春」世紀末コラム (文春文庫)

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2016/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 世紀末ニホンを話題に筆が冴えるコラムは、今こそ読み直すべき雑文の王道。都知事選、キレる子供、憲法改正…時代の核心を鋭く抉り出した、野坂昭如の単行本未収録原稿55本を厳選しまとめる。『週刊文春』連載を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

    週刊文春名物連載から坪内祐三氏が厳選した55本を収録。世紀末ニホンを話題に筆が冴えるコラムは、今こそ読み直すべき雑文の王道。【本の内容】

文庫本宝船

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:本の雑誌社
  • 発売日:2016/08/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 山口昌男、西村賢太、サリンジャー、菊地成孔、マルクス、石井輝男、古今亭志ん朝…登場冊数300超。ジャンルを横断し、読みどころを鋭く解き明かす、全方位的文庫本ガイド。『週刊文春』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    『「文庫本を狙え! 」という連載は一つのクロニクルなのです。適当に好みの文庫本を並べているのではなく、かたまりとなった時にその時代層が明らかになってく...

文庫本を狙え! (ちくま文庫)(ちくま文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

文庫本を狙え! (ちくま文庫)

  • 評価4.4レビュー:5件
  • 税込価格:1,045
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2016/08/08
  • 発送可能日:7~21日
  • 『週刊文春』誌上で長期連載をつづける「文庫本を狙え!」。古典的名作からサブカル・雑本まで、毎月次々と刊行される文庫本の中から、おすすめの1冊を毎週選び出してきた。そのスタートから171回分をまとめる。〔晶文社 2000年刊の増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

    20年に及ぶ週刊文春の名物連載「文庫本を狙え!」。そのスタートから4年間・171話分を収録。文庫出版をめぐる生き...

日本近代文学評論選 昭和篇 (緑171-2)

「文壇」の崩壊 (講談社文芸文庫)(講談社文芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

「文壇」の崩壊 (講談社文芸文庫)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2016/04/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 文壇事情に精通し、匿名批評も多くし、49歳で世を去った昭和の文芸批評家、十返肇。昭和という激動の時代の文学の現場に生き証人として立ち会い続けた評論家の先駆的かつ本質的な、知られざる文芸批評群。【「TRC MARC」の商品解説】

    文壇事情に精通し、匿名批評も多くし、四十九歳で世を去った昭和の文芸批評家、十返肇。軽評論家と称され、正当な評価を受けていたとは言いがたい彼はしかし、文...

編集ばか (フィギュール彩)

  • 評価3.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:彩流社
  • 発売日:2015/11/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 弱冠32歳にして『週刊現代』編集長に抜擢された名田屋昭二、そして東映プログラムピクチャーの雄・内藤誠監督。同級生のふたりが同時代の活動を、司会・坪内祐三による進行で徹底的に語る。エッセーなども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    32 歳で「週刊現代」編集長に抜擢!
    脱がせの達人・名田屋と、
    東映プログラムピクチャーの鬼才・内藤誠の白熱鼎談!

東京タワーならこう言うぜ

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:幻戯書房
  • 取扱開始日:2012/04/27
  • 発送可能日:1~3日
  • ありありと思いだせる過去が、人に、自分がいまここにあるということを確認させ、未来への展望にもつながる−。本、雑誌、書店、出版社、そして人。失われゆく光景への愛惜とこれからのヒントが詰まった、時代観察の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

アイ・ウェイウェイは語る

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:みすず書房
  • 発行年月:2011.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 中国を牽引するマルチアーティストであるアイ・ウェイウェイのインタビュー集。自身のアート人生の諸相から、父親と、父親が追放された地で送った子供時代、そして今日の中国政府への批判までを率直に語る。【「TRC MARC」の商品解説】

明治二十九年の大津波 復刻『文藝倶樂部』臨時増刊「海嘯義捐小説」号

  • 税込価格:2,420
  • 出版社:毎日新聞社
  • 発行年月:2011.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 明治二十九年、東北地方を襲った大津波の義捐のために出版された、当時の人気作家たちによる小説、写真、現地ルポ等を掲載した『文藝倶樂部』臨時増刊号を復刻。『太陽』明治二十九年七月五日号の被災地の写真入りルポも併録。【「TRC MARC」の商品解説】

書中日記

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:本の雑誌社
  • 発行年月:2011.5
  • 発送可能日:7~21日
  • こだわれば、街も本もこんなに面白い!ディープな本を求めて今日もお出かけ!シブいのにPOPなツボちゃん流雑読彷徨記。【「BOOK」データベースの商品解説】

    こだわれば、街も本もこんなに面白い! ディープな本を求めて今日もお出かけ! シブいのにPOPなツボちゃん流雑読彷徨記。『本の雑誌』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 129 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。