サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 吉田 篤弘の商品一覧

“吉田 篤弘”の商品一覧

1962年東京生まれ。作家。小説を執筆するかたわら、クラフト・エヴィング商會名義による著作とデザインの仕事を行う。著書に「つむじ風食堂の夜」「レインコートを着た犬」など。

“吉田 篤弘”に関連する商品を61件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

おるもすと

おるもすと

  • 評価4.8レビュー:4件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2018/09/21
  • 発送可能日:1~3日
  • もうほとんど何もかも終えてしまったんじゃないかと僕は思う。間違っていたらごめんなさい−。世田谷文学館開館20周年記念企画として限定販売された作品「おるもすと」に、書き下ろしエッセイを加える。〔世田谷文学館 2016年刊に書き下ろしを加えて編集し直したもの〕【「TRC MARC」の商品解説】

    もうほとんど何もかも終えてしまったんじゃないかと僕は思う。間違っていたらごめんなさい。...

電球交換士の憂鬱 (徳間文庫)(徳間文庫)

電球交換士の憂鬱 (徳間文庫)

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:799
  • 出版社:徳間書店
  • 発売日:2018/08/02
  • 発送可能日:24時間
  • 十文字扉、職業「電球交換士」。古き良きものにこだわる人の求めに応じ電球を交換して生計を立てる。人々の未来を明るく灯すはずなのに、行く先々で厄介ごとに巻き込まれ…。謎と愉快が絶妙にブレンドされた魅惑の連作集。〔2016年刊の加筆修整〕【「TRC MARC」の商品解説】

    十文字扉、職業電球交換士。節電が叫ばれLEDライトへの交換が進む昨今、仕事は多くない。それでも電球にこだわる人...

雲と鉛筆 (ちくまプリマー新書)(ちくまプリマー新書)

雲と鉛筆 (ちくまプリマー新書)

  • 評価4.3レビュー:12件
  • 税込価格:734
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2018/06/05
  • 発送可能日:24時間
  • 人の思いを、いちばん正確に書き残すことが出来るのは鉛筆です−。屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働いているぼく。大きなことが書かれた小さな本を読み、鉛筆を削って、雲を描き、姉に手紙を書いて、人生を考える…。【「TRC MARC」の商品解説】

    屋根裏の部屋に住み、鉛筆工場で働くぼく。大きなものが書かれた小さな本を読み、雲を眺め考える、人生で大切なこととは何か。【本の内容】

レインコートを着た犬 (中公文庫)(中公文庫)

レインコートを着た犬 (中公文庫)

  • 評価4.1レビュー:14件
  • 税込価格:713
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2018/05/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 小さな映画館〈月舟シネマ〉と、十字路に建つ〈つむじ風食堂〉を舞台に繰り広げられる、「笑う犬」を目指すジャンゴと、彼を取り巻く人々による、雨と希望の物語。〈月舟町〉三部作・完結編。【「TRC MARC」の商品解説】

    長く読み継がれている『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』に連なる物語が、ついに開幕! 舞台は、小さな映画館〈月舟シネマ〉。語りだすのは...

電子書籍

変愛小説集 日本作家編(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

変愛小説集 日本作家編

  • 評価4.0レビュー:6件
  • 税込価格:778
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2018/05/15
  • 変てこだったりグロテスクだったり極端だったりする、究極に純度の高い愛のアンソロジー。人気作家勢揃い! ●川上弘美●多和田葉子●本谷有希子●村田沙耶香 ●吉田知子●深堀 骨●安藤桃子●吉田篤●小池昌代●星野智幸●津島佑子

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)(ちくま文庫)

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)

神様のいる街

神様のいる街

  • 評価4.5レビュー:5件
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:夏葉社
  • 取扱開始日:2018/04/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 神戸にいると、僕は神様の声が聞こえるのだ−。高校生の終わりごろから結婚するまでのあいだに起きたことを、神戸と神保町というふたつの街を中心に据えて綴った自伝的エッセイ。幻の処女作「ホテル・トロール・メモ」も併録。【「TRC MARC」の商品解説】

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)(講談社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)

  • 評価4.0レビュー:6件
  • 税込価格:778
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2018/05/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 動物由来の細胞からヒトが生まれる世界、藁でできている優しい夫、男女3人で行う「正しいセックス」…。川上弘美、多和田葉子、津島佑子ら豪華執筆陣が、奇妙で純粋で狂おしい愛のかたちを綴った愛の物語全11編を収録する。〔2014年刊の一部改編〕【「TRC MARC」の商品解説】

    気鋭の翻訳家、岸本佐知子氏が「変な愛」を描いた小説ばかりを集め訳したアンソロジー。翻訳アンソロジーとしては...

という、はなし (ちくま文庫)(ちくま文庫)

という、はなし (ちくま文庫)

  • 評価4.4レビュー:22件
  • 税込価格:864
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2016/12/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 1枚の絵に触発された想像力は、思いもかけない世界へと読む者をいざなう−。全編、読書する動物が登場する、喜怒哀楽24本入りの小さな絵物語集。【「TRC MARC」の商品解説】

なにごともなく、晴天。

なにごともなく、晴天。

  • 評価3.8レビュー:56件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:毎日新聞社
  • 取扱開始日:2013/02/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 高架下商店街の人々と、謎めいた女探偵、銭湯とコーヒーの湯気の向こうで、ささやかな秘密がからみ合う。『つむじ風食堂の夜』の著者によるあたたかく懐かしく新しい物語の始まり。【「BOOK」データベースの商品解説】

    高架下の商店街の人々と、謎めいた女探偵。銭湯とコーヒーの湯気の向こうで、ささやかな秘密がからみ合う−。あたたかく懐かしく、新しい物語の始まり。『サンデー毎日』連載を単行本化。【「...

おやすみ、東京

おやすみ、東京

  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:角川春樹事務所
  • 発売日:2018/06/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 映画の小道具を探すミツキ、使わなくなった電話を回収するモリイズミ、昼夜が逆転した古道具屋イバラギ…。この街の夜は、誰もが主役−。都会の夜の優しさと、祝福に満ちた長篇小説。『Webランティエ』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

台所のラジオ (ハルキ文庫)(ハルキ文庫)

台所のラジオ (ハルキ文庫)

  • 評価3.6レビュー:16件
  • 税込価格:799
  • 出版社:角川春樹事務所
  • 取扱開始日:2017/08/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 昔なじみのミルク・コーヒー、台所のラジオと夜ふけのお茶漬け、江戸の宵闇でいただくきつねうどん、子供のころの思い出のビフテキ…。滋味深く静かな温もりを胸に灯す12の美味しい物語。【「TRC MARC」の商品解説】

『罪と罰』を読まない

『罪と罰』を読まない

  • 評価4.2レビュー:81件
  • 税込価格:1,674
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2015/12/12
  • 発送可能日:1~3日
  • ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことがない4人が、果敢かつ無謀に挑んだ“読まない”読書会。僅かな手がかりから内容を推理、その後みっちり読んでから朗らかに語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

    抱腹必至。読まずに語り、読んで語る読書会

    翻訳家、作家、作家であり装丁家の四人が名著『罪と罰』の内容を僅かな手がかりから推理、その後みっちり読んで朗らかに...

レインコートを着た犬

レインコートを着た犬

  • 評価4.4レビュー:29件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2015/04/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 小さな映画館“月舟シネマ”と、十字路に建つ“つむじ風食堂”を舞台に、「笑う犬」を目指すジャンゴと、彼を取り巻く人々による、雨と希望の物語。月舟町シリーズ三部作・完結編。【「BOOK」データベースの商品解説】

    小さな映画館〈月舟シネマ〉と、十字路に建つ〈つむじ風食堂〉を舞台に、「笑う犬」を目指すジャンゴと、彼を取り巻く人々による、雨と希望の物語。月舟町三部作・完結編。『Web小説中公』...

電子書籍

【期間限定価格】78(ナナハチ)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

【期間限定価格】78(ナナハチ)

  • 評価4.0レビュー:30件
  • 30%OFF 11/29まで 通常680
  • 税込価格:476
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/10/18
  • その昔、世界は78回転で回っていた――。

    「78(ナナハチ)」という名の一風変わったSP盤専門店から、この奇妙な物語は始まっていく。置き手紙を残して失踪した謎の店主、店の常連客の若者――ハイザラ、バンシャク、二人が思いを寄せる女性・カナたちのお話が進んでいくにつれ、大昔の伝説の楽団「ローリング・シェイキング&ジングル」、〈失意〉を抱える作家、中庭と犬をこよなく愛する老人、未完...

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)(中公文庫)

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)

  • 評価4.2レビュー:377件
  • 税込価格:679
  • 出版社:中央公論新社
  • 発行年月:2009.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 路面電車が走る町に越して来た青年が出会う人々。商店街のはずれのサンドイッチ店「トロワ」の店主と息子。アパートの屋根裏に住むマダム。隣町の映画館「月舟シネマ」のポップコーン売り。銀幕の女優に恋をした青年は時をこえてひとりの女性とめぐり会う—。いくつもの人生がとけあった「名前のないスープ」をめぐる、ささやかであたたかい物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【京都水無月大賞(第8回...

空ばかり見ていた (文春文庫)(文春文庫)

空ばかり見ていた (文春文庫)

  • 評価4.1レビュー:82件
  • 税込価格:679
  • 出版社:文藝春秋
  • 発行年月:2009.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 小さな町で小さな床屋を営むホクトはあるとき、吸い込まれそうなくらい美しい空を見上げて、決意する。「私はもっともっとたくさんの人の髪を切ってみたい」。そして、彼は鋏ひとつだけを鞄におさめ、好きなときに、好きな場所で、好きな人の髪を切る、自由気ままなあてのない旅に出た…。流浪の床屋をめぐる12のものがたり。【「BOOK」データベースの商品解説】

あること、ないこと

あること、ないこと

  • 評価4.0レビュー:5件
  • 税込価格:1,944
  • 出版社:平凡社
  • 発売日:2018/05/18
  • 発送可能日:24時間
  • 詩のようであったり、物語の一部のようであったり、事典のようであって、身辺雑記のようでもあり−。出来る限り、自由に書いた文章をまとめたもの。「彼女の冬の読書」の後日譚なども収録。『こころ』掲載を中心に単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

金曜日の本

金曜日の本

  • 評価4.5レビュー:9件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/11/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 本はいつも同じ声で同じ話を同じように語ってくれた。そんな安心なことが他にあるだろうか−。書き下ろしエッセイで辿る、著者自身の少年時代。『こころ』掲載の短編小説「窮鼠、夜を往く」も収載。【「TRC MARC」の商品解説】

    仕事が終わった。今日は金曜日。明日あさっては休みで、特にこれといった用事もない。つまり今夜から日曜の夜まで、子どものころの「放課後」気分で心おきなく本が読める...

京都で考えた

京都で考えた

  • 評価3.9レビュー:13件
  • 税込価格:1,620
  • 出版社:ミシマ社
  • 発売日:2017/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 作家・吉田篤弘が、京都の街を歩きながら「本当にそうか?」と考えたこと−。著者の創作の原点ともいえる「京都で考えた」ことをそのまま綴った、ちょっと不思議で味わい深いエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

    答えはいつもふたつある。



    吉田篤弘が、京都の街を歩きながら

    「本当にそうか?」と考えたこと。



    ミ...

遠くの街に犬の吠える

遠くの街に犬の吠える

  • 評価3.7レビュー:10件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2017/05/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 「音で小説を描いてみませんか」 すべてはそこから始まった−。消えゆく音と忘れられた言葉。それらを愛し収集する人たちのささやかな冒険譚。『ちくま』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ブランケット・ブルームの星型乗車券

ブランケット・ブルームの星型乗車券

  • 評価3.9レビュー:17件
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日:2017/03/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈デイリー・ブランケット〉紙の専属ライター、ブランケット・ブルーム君は、はじめて連載コラムを持つことになった。題して、〈ブランケット・ブルームの星型乗車券〉…。『パピルス』連載に加筆修正して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    ようこそ、毛布をかぶった寒がりの街へ
    クラフト・エヴィング商會の作家による、ここではない、どこかの街の物語。

    本好きのための...

モナ・リザの背中 (中公文庫)(中公文庫)

モナ・リザの背中 (中公文庫)

  • 評価3.6レビュー:7件
  • 税込価格:799
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/01/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 美術館で展示中の「受胎告知」の世界に迷い込んでしまった私。現実と絵の中がまじりあい、描かれたものたちの声が立ちあがる…。絵の中に迷い込んだ男の不可思議なる冒険奇譚。著者の「打ち明け話」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    美術館に出かけた曇天先生がダ・ヴィンチの『受胎告知』の前に立つや、画面右隅の暗がりへ引き込まれ……。さぁ、名画の中をさすらう摩訶不思議な冒険へ!【本の...

イッタイゼンタイ (徳間文庫)(徳間文庫)

イッタイゼンタイ (徳間文庫)

  • 評価3.0レビュー:7件
  • 税込価格:864
  • 出版社:徳間書店
  • 発売日:2016/08/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 「修繕衝動」に襲われた男たちは、「第二次世界修繕」以来の戦いを開始した。だが、ものを「つくる」女たちにとって、男たちの修繕行動は大量殺戮に等しい。女たちは驚きの策で対抗する。未曾有の戦争の行方は!?〔2013年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    とにかくなおしたい。無差別に徹底的に。「修繕衝動」に襲われた「なおし屋」と呼ばれる男たちは、「第二次世界修繕」以来の戦...

台所のラジオ

台所のラジオ

  • 評価4.0レビュー:25件
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:角川春樹事務所
  • 発売日:2016/05/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 昔なじみのミルク・コーヒー、台所のラジオと夜ふけのお茶漬け、江戸の宵闇でいただくきつねうどん、子供のころの思い出のビフテキ…。滋味深く静かな温もりを胸に灯す12の美味しい物語。『ランティエ』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

電球交換士の憂鬱

電球交換士の憂鬱

  • 評価3.9レビュー:19件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:徳間書店
  • 発売日:2016/01/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界でただひとり、彼にだけ与えられた肩書き「電球交換士」。人々の未来を明るく灯すはずなのに、なぜか、やっかいごとに巻き込まれ…。謎と愉快が絶妙にブレンドされた魅惑の連作集。『読楽』掲載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    十文字扉、職業電球交換士。節電が叫ばれLEDライトへの交換が進む昨今、仕事は多くない。それでも電球にこだわる人の求めに応じて電球を交換し生計...

木挽町月光夜咄 (ちくま文庫)(ちくま文庫)

木挽町月光夜咄 (ちくま文庫)

  • 評価4.0レビュー:13件
  • 税込価格:842
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2015/08/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 木挽町という町に、曾祖父が営む鮨屋があった。一代で消えた幻の店を探すうち、過去と現在がひとつになってゆく…。日々の暮らしによぎる記憶と希望を綴ったエッセイ。書き下ろしを追加。〔2011年刊に「遠くの「自分」」「月夜の晩の話のつづき」を新たに収録〕【「TRC MARC」の商品解説】

    木挽町という町があって、そこに曾祖父が営む鮨屋があった。幻の店を探すうち、過去と現在がひとつにな...

電子書籍

ソラシド

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ソラシド

  • 評価3.8レビュー:22件
  • 税込価格:1,469
  • 出版社:新潮社
  • 販売開始日:2015/07/10
  • むかし写真誌のレイアウター、今は文筆業のおれは、ふと手にした古い雑誌の記事に惹きつけられる。その二人組は愛してやまないアルバムと一番好きな曲が自分と一致し、片割れはかつてのおれと同じくダブル・ベース弾きだった。彼女たち=ソラシドの断片を掻き集め、おれは紡いでゆく――。クラフト・エヴィング商會の物語作者が描く、失われたものの小説。

ソラシド

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ソラシド

  • 評価3.8レビュー:22件
  • 税込価格:1,836
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2015/01/30
  • 発送可能日:1~3日
  • ひとたび存在したものは、誰かの中で生きつづける―。拍手もほとんどない中、「ソラシドです」と二人組が現れた。ギターを弾きながら歌う彼女と、ひたすら黙々とダブル・ベースを弾く彼女。二人とも男の子みたいな女の子だった。消えゆくものと、「冬の音楽」をめぐる長編小説―。【「BOOK」データベースの商品解説】

    1986年冬、1枚のミニアルバムを録音し、姿を消したデュオ、ソラシド。彼女達の断片をか...

電氣ホテル

電氣ホテル

  • 評価3.5レビュー:21件
  • 税込価格:1,890
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2014/09/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 二人の詩人の冒険に立ちはだかる謎につぐ謎、奇人また奇人。連続探偵冒険活劇。【「BOOK」データベースの商品解説】

    それは、この世の2階にある−。2人の詩人と連れの猿チューヤー、気の荒い駱駝にボーイに図書館司書。いかにもとぼけた登場人物ばかりの奇天烈なホテルの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

    二人の詩人の冒険に立ちはだかる
    謎につぐ謎、奇人また奇...
検索結果 61 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。