サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 柳沢 協二の紙の本一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
フォーマット
在庫状況
価格帯

“柳沢 協二”の紙の本一覧

1946年東京都生まれ。防衛研究所所長などを歴任。自衛隊を活かす会代表。

“柳沢 協二”に関連する紙の本を22件掲載しています。122 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

官僚の本分 「事務次官の乱」の行方

  • 税込価格:1,430
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発売日:2020/08/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 安倍政権における「政と官」の関係は、政治主導というより、むしろ「全役所の官邸化」である−。半生を官僚として国家、社会、国民に捧げてきた柳澤協二と前川喜平が、官僚のあり方と政治との向き合い方を徹底して議論する。【「TRC MARC」の商品解説】

    政治との関係のあり方など徹底して議論
    安倍政権下で進んだ官僚の変質。これは政治主導ではない。行政府が日本の行く末ではなく総理の利...

辺野古に替わる豊かな選択肢 「米軍基地問題に関する万国津梁会議」の提言を読む

  • 税込価格:1,430
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発売日:2020/09/16
  • 発送可能日:24時間
  • 在日米軍も日本政府も沖縄も、この案なら合意可能だ! 「米軍基地問題に関する万国津梁会議」が2020年3月に提出した提言についての対談、鼎談、インタビューを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    普天間基地の辺野古移設が計画されてもうすぐ25年。地盤の問題がみつかり、あと12年と1兆円をかけても完成は見通せない。その上、海兵隊は戦略を見直し、固定化した基地ではなく分散型を...

安倍晋三が〈日本〉を壊す この国のかたちとは−山口二郎対談集

  • 評価3.7レビュー:4件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:青灯社
  • 発売日:2016/05/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 山口二郎が内田樹、佐藤優ら7人と対談。安倍政権の目指す安保法、経済政策、原発再稼働、メディア介入、国体の問題点と危険性について、各分野の第一人者が徹底批判し、今後の国のあり方を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

    安倍政権が目指し、実行しようとしている安保法案、経済政策、原発再稼働、メディア介入、国体のあり方──。
    それらの問題点と危険性について、各分野の第一人...

抑止力神話の先へ 安全保障の大前提を疑う

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発売日:2020/03/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 「抑止力を強化すれば日本は安全だ」ということが安全保障の自明の前提とされている。抑止力とは何を意味するのかを議論し、現状に対して、根源的な疑問を投げかけ、新しい安全保障の哲学を打ち立てる。【「TRC MARC」の商品解説】

    抑止力とは何を意味するのかということさえ十分に議論されないまま、「抑止力を強化すれば日本は安全だ」ということが安全保障の自明の前提とされ、誰も異を唱えられ...

激変の北東アジア 日本の新国家戦略

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発売日:2019/01/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 目標は朝鮮半島の中立化、日本から北朝鮮経由でシベリアに至るエネルギー共同体、時代後れの核抑止に替わる安全保障…。外交、経済、防衛の各分野で日本を背負ってきた5人の元官僚が、日本がとるべき国家戦略を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

米朝首脳会談後の世界 北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:かもがわ出版
  • 取扱開始日:2018/07/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 2018年6月12日、初の米朝首脳会談が行われた。以後の世界はどうなるのか。意味のある変化をつくるには何が求められるのか。元官僚や核問題、経済分野のスペシャリストらが、これまでの教訓を踏まえ、今後の展望を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

「改憲」の論点 (集英社新書)(集英社新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

「改憲」の論点 (集英社新書)

  • 評価4.6レビュー:3件
  • 税込価格:968
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2018/07/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 混迷の度合いを深めている、憲法改正をめぐる議論。「立憲デモクラシーの会」の主要メンバーが錯綜する憲法論議を整理し、自衛隊明記、新九条論、専守防衛など8つのテーマで解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

    「立憲デモクラシーの会」の主要メンバー8名が、一堂に会した注目作!
    木村草太、青井未帆、柳澤協二、中野晃一、
    西谷修、山口二郎、杉田敦、石川健治――。
    ...

憲法カフェで語ろう9条・自衛隊・加憲 (憲法カフェへようこそ)

  • 税込価格:1,320
  • 出版社:かもがわ出版
  • 取扱開始日:2018/05/15
  • 発送可能日:1~3日
  • ほんとの平和ってなんだろう? 全国各地で行われている「憲法カフェ」を体験できる本。「憲法ってなに?」というおさらいから、9条に自衛隊を書き加える意味まで、コラムやイラストを盛り込んで、わかりやすく解説します。【「TRC MARC」の商品解説】

抑止力のことを学び抜いたら、究極の正解は「最低でも国外」

  • 税込価格:1,320
  • 出版社:かもがわ出版
  • 取扱開始日:2017/07/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 2010年、普天間基地をめぐり、県内移設に回帰した元総理の鳩山友紀夫と、それを批判することで論壇に登場した元防衛官僚の柳澤協二。7年の時を経て初めて相まみえ、基地の撤去と日本の平和を両立させる道を議論し合う。【「TRC MARC」の商品解説】

民主主義をあきらめない (岩波ブックレット)

  • 評価2.8レビュー:3件
  • 税込価格:572
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2015/10/07
  • 発送可能日:1~3日
  • この憲法がある限り、切り捨てられる“弱者”はいない−。2015年5月におこなわれた「鎌倉・九条の会」主催による「憲法のつどい2015鎌倉」での、浜矩子、柳澤協二、内橋克人の講演を加筆し収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

自衛隊の転機 政治と軍事の矛盾を問う (NHK出版新書)(生活人新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

自衛隊の転機 政治と軍事の矛盾を問う (NHK出版新書)

  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:858
  • 出版社:NHK出版
  • 発売日:2015/09/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 集団的自衛権行使と国連PKOでの武器使用拡大路線で、自衛隊の役割はどう変わるか。日米同盟と憲法のはざまで、悩みながら海外派兵の実務を仕切ってきた著者が、自衛隊発足以来の矛盾に向き合い、拙速な法改正に異を唱える。【「TRC MARC」の商品解説】

    発足以来60年、「戦闘」を経験せずにきた自衛隊が今、変わろうとしている。どんなリスクが待ち受けているのか。悩みながら海外派兵の実務を...

新安保法制は日本をどこに導くか (さよなら安倍政権)

  • 税込価格:990
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発売日:2015/06/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 防衛官僚として40年、憲法との整合性に苦闘しながら「周辺事態法」などの立案に携わり、イラクに派遣された自衛隊を統括した著者が、新安保法制のどこに問題があるのかを、分かりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

亡国の集団的自衛権 (集英社新書)(集英社新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

亡国の集団的自衛権 (集英社新書)

  • 評価4.2レビュー:3件
  • 税込価格:770
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2015/02/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 一発も弾を撃たず、一人も殺さない。これが日本ブランドなのだ−。元防衛官僚が、安倍政権の安全保障政策を徹底批判。わが国でもっとも戦争を知る人物だからこその、国際紛争の現実に即した説得力のある議論を展開する。【「TRC MARC」の商品解説】

    イラク戦争時、小泉、安倍(第一次)、福田、麻生の四代の総理大臣の下、自衛隊海外派遣のための法整備と現場指揮を主導した元防衛官僚が、現政権の...

自分で考える集団的自衛権 若者と国家

  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:青灯社
  • 発売日:2014/10/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 米中は戦うのか、日本は? その戦争のシナリオとは…? 元防衛官僚で、現場を知る第一人者である著者が、日米同盟のバカの壁を破り、米国追従一辺倒から自立する国家像を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

    元防衛官僚、現場を知る第一人者が日本の若者たちへおくる、自ら考えるための安全保障論。
    集団的自衛権行使の危険性と日本のおかれた現状を考察する。
     ・無人の尖...

虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発安全保障政策の新機軸

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:旬報社
  • 取扱開始日:2014/08/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 集団的自衛権の行使容認、辺野古移設の強行着工…。日米外交の歪みを象徴する“沖縄米軍基地問題”。外交・防衛・安全保障の専門的見地から、安全保障政策の「あるべき姿」を発信する。【「TRC MARC」の商品解説】

亡国の安保政策 安倍政権と「積極的平和主義」の罠

  • 評価4.4レビュー:5件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2014/04/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 「積極的平和主義」を掲げ、集団的自衛権行使へ舵を切った安倍政権。理念独走の安保政策はいかに「国益」を毀損するのか。第1次安倍内閣で内閣官房副長官補(安全保障担当)を務めた元防衛官僚が、徹底的に検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

改憲と国防 混迷する安全保障のゆくえ

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:旬報社
  • 取扱開始日:2013/06/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 安倍政権がめざす憲法改正、集団的自衛権、国防軍、日米同盟強化…。憲法を変えなければ国は守れないのか? 現場を知りつくした元官僚とジャーナリストが、しられざる日本防衛の実態を明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

検証官邸のイラク戦争 元防衛官僚による批判と自省

  • 評価2.7レビュー:5件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2013/03/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 首相官邸で自衛隊イラク派遣の実務責任者を務めた元防衛官僚が、アメリカの武力行使を支持した政府判断、自衛隊派遣のプロセスを検証。安全保障政策の拠り所とされている「日米同盟」を根幹から問う。【「TRC MARC」の商品解説】

「国防軍」−私の懸念 (安倍新政権の論点)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:990
  • 出版社:かもがわ出版
  • 取扱開始日:2013/03/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 2012年末に政権の座に返り咲いた自民党は、自衛隊を国防軍にすることを主張。自衛隊や国連平和維持軍を統括した経験のある3人が、安倍首相の国防軍構想など安全保障に対する考え方に様々な角度から考察・批判する。【「TRC MARC」の商品解説】

対論普天間基地はなくせる 日米安保の賛成・反対を超えて (かもがわブックレット)

  • 税込価格:660
  • 出版社:かもがわ出版
  • 取扱開始日:2012/05/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 普天間基地の撤去のために奮闘してきた宜野湾市の元市長と、基地を置いておく政府の側にあった元内閣官房副長官補。2011年に3回にわたって行われた2人の対論を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

脱・同盟時代 総理官邸でイラクの自衛隊を統括した男の自省と対話

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発行年月:2011.7
  • 発送可能日:7~21日
  • イラク戦争は無駄な戦争だった−。イラクの自衛隊を最初の派遣から最後の撤収まで統括した元防衛官僚が、「イラク戦争は日本の戦略的な矛盾や戦略思想の貧困をもたらした結節点だった」という立場から、各界の識者と語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

抑止力を問う 元政府高官と防衛スペシャリスト達の対話

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:かもがわ出版
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:購入できません
  • 沖縄に海兵隊は必要なのか。そもそも抑止力とは何か。元内閣官房副長官補・安全保障担当の柳澤協二が、防衛スペシャリストらとの対話を通じ、現代に通用する抑止力とは何かを探る。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 22 件中 1 件~ 22 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。