サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 福井 佑介の紙の本一覧

“福井 佑介”の紙の本一覧

京都大学大学院教育学研究科講師(図書館情報学)。博士(教育学)。著書に「図書館の倫理的価値「知る自由」の歴史的展開」など。

“福井 佑介”に関連する紙の本を13件掲載しています。113 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

図書館の原則 図書館における知的自由マニュアル(第10版) 改訂5版

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,850
  • 出版社:日本図書館協会
  • 発売日:2022/02/26
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカ図書館協会の知的自由に関する現在の方針や指針、知的自由の問題・原則・法律に関する論文、図書館職員や理事への実用的な助力をまとめる。「図書館の権利宣言」の新解説文などを追加した原著第10版の翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

    2021年にアメリカ図書館協会から刊行されたIntellectual Freedom Manual, 10th editionの翻訳です。前...

図書館の社会的責任と中立性 戦後社会の中の図書館界と「図書館の自由に関する宣言」

  • 税込価格:3,740
  • 出版社:松籟社
  • 発売日:2022/02/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 図書館の社会的責任や中立性は、図書館界においてどのように捉えられてきたのか。「図書館の自由に関する宣言」など社会的・政治的な文脈の中で採択/討議された決議や声明に注目し、戦後図書館界の自己認識の展開を解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

    社会的な存在としての図書館。そのあるべき姿や中立性は、図書館界においてどのように捉えられてきたのか。「図書館の自由に関する宣言」や「...

図書館の社会的機能と役割 (図書館・文化・社会)

  • 税込価格:2,860
  • 出版社:松籟社
  • 発売日:2021/07/15
  • 発送可能日:7~21日
  • それぞれの社会的・時代的背景のもとで、図書館はどのような役割を求められ、どのような機能を果たしてきたのかを考える。「「社会的インフラ」としての図書館」「教育装置としての図書館」など5編の論考を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    それぞれの社会的・時代的背景のもとで、図書館はどのような役割を求められ、どのような機能を果たしてきたのか。
    シリーズ〈図書館・文化・...

アメリカ公立図書館運動開始期の思想と実践

  • 税込価格:6,600
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 発売日:2020/12/12
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカの公立図書館運動開始期に刊行された「アメリカ合衆国のパブリック・ライブラリー」等の重要論文と代表的な4つの図書館年報を取り上げ、当時の図書館の思想と実践、指導者らが抱いた公立図書館像を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    公立図書館運動の開始期とされる1876年頃の思想と実践を原典にもとづいて紹介。
    第1部は,1876年に刊行された合衆国教育局の記念...

図書館の倫理的価値「知る自由」の歴史的展開

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:松籟社
  • 取扱開始日:2015/08/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 「図書館の自由に関する宣言」「図書館員の倫理綱領」といった文書の成立過程や社会との関係を実証的に明らかにしながら、戦後の図書館界における権利保障の思想の展開を精緻に跡づける。【「TRC MARC」の商品解説】

20世紀アメリカの図書館と読者層

  • 税込価格:6,600
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 取扱開始日:2014/10/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 19世紀末から20世紀初頭にかけての、アメリカ中西部の小さな町の公立図書館、それも記録が残っている図書館を対象に、図書館が実態として果たした役割と、ジェンダー、階級、マイノリティ、宗教などの関わりを解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

図書館の原則 図書館における知的自由マニュアル(第9版) 改訂4版

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:日本図書館協会
  • 発売日:2016/07/01
  • 発送可能日:要確認
  • 知的自由に関するアメリカ図書館協会の公式文書とその説明、および知的自由を現場で適用するにあたっての具体的手立てをまとめる。実務に役立つマニュアルとして再構成された第9版の翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

図書館と知的自由についての新たな展望

  • 税込価格:3,850
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 取扱開始日:2015/06/04
  • 発送可能日:要確認
  • 「熱気、謙遜、傲慢:「フィスク報告」の難題」など、2012年のアメリカ図書館協会図書館史ラウンドテーブルをもとにした論文5本を収録する。アメリカの季刊誌『ライブラリー・トレンズ』を翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

図書館と知的自由 管轄領域、方針、事件、歴史

  • 税込価格:6,600
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 発売日:2013/11/18
  • 発送可能日:要確認
  • 「図書館と知的自由」の領域を構成する、ヴェトナム戦争や平等保護修正案といった事例を取り上げ、ALA文書館の1次資料、SRRTや各専門委員会のニュースレター等の資料も援用し、その歴史、論議、方針を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

図書館と中立性

  • 税込価格:3,850
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 取扱開始日:2013/09/18
  • 発送可能日:要確認
  • 進歩的図書館員同盟の機関誌『プログレシヴ・ライブラリアン』から、図書館と中立性に関する論考を集めた論集。「図書館における政治と反政治」「中立的な専門職という神話」など9編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

メインストリートの公立図書館 コミュニティの場・読書のスペース・1876−1956年

  • 税込価格:6,600
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 取扱開始日:2012/10/03
  • 発送可能日:要確認
  • アメリカ中西部の4つの小さなコミュニティの公立図書館に焦点をあて、その歴史、コミュニティの内外の諸力が行使する圧力に対する共通点と相違点、蔵書の内容分析、これからの図書館のサービスについて考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

図書館倫理 サービス・アクセス・関心の対立・秘密性

  • 税込価格:6,600
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 発行年月:2011.11
  • 発送可能日:要確認
  • 図書館倫理の理解が図書館業務自体の発展とともに進展してきたことを検討する。アメリカ図書館協会「専門職倫理に関する声明」「倫理綱領」などの資料、倫理的事例も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

学校図書館で知的自由を擁護する 現場からのシナリオ

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,850
  • 出版社:京都図書館情報学研究会
  • 発行年月:2010.7
  • 発送可能日:要確認
  • 学校図書館における資料の選択、アクセス、ラベリングとプライヴァシーといった問題について、多くの事例研究を交えながら解説。合衆国憲法修正第1条や図書館の権利宣言なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 13 件中 1 件~ 13 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。