サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Blanchot,Mauriceの紙の本一覧

“Blanchot,Maurice”の紙の本一覧

1907〜2003年。フランス生まれ。作家、文芸批評家。著書に「謎の男トマ」「踏みはずし」「来るべき書物」など。

“Blanchot,Maurice”に関連する紙の本を49件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

文学時評1941−1944

  • 税込価格:8,800
  • 出版社:水声社
  • 発売日:2021/09/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 文芸批評家・作家モーリス・ブランショが、本格的に活躍する以前の思想の原点。1941年から1944年までに新聞連載していた記事から、小説、詩、評伝、比較神話学、歴史言語学など、多岐にわたるジャンルを集成。【「TRC MARC」の商品解説】

    <ブランショ>以前のブランショ
    第二次大戦期に『ジュルナル・デ・デパ』紙に連載された、小説、詩、評伝、比較神話学、歴史言語学、神学、文...

来るべき書物 (ちくま学芸文庫)

  • 評価3.8レビュー:3件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:筑摩書房
  • 取扱開始日:2012/12/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 20世紀フランス最大の文芸批評家モーリス・ブランショが、マラルメ、プルースト、アルトー、ルソー、クローデルなどを取り上げ、作品の奥行、作品群が構成する世界、作者の精神そのものと直接対峙した批評集。【「TRC MARC」の商品解説】

望みのときに (転換期を読む)

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未来社
  • 発行年月:1998.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈わたし〉は訪ねたアパルトマンで、二人の女友だちと邂逅する……。再開し、無限にそこにある一個の煌めく思考の経験、そのパッサージュ。沈黙と叫び、眼差しと歩み、火と雪の輝き、忘却と記憶とが、〈昼〉と〈夜〉とあいだを往還するなか、人物=人称たちはその輪郭を失いながら、そこで起こった出来事が〈望みのとき〉であったことが開示される。盟友的存在であったジョルジュ・バタイユが「幸福な書物」と評した、ブランショの...

他処からやって来た声 デ・フォレ,シャール,ツェラン,フーコー

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:以文社
  • 取扱開始日:2013/02/22
  • 発送可能日:7~21日
  • デ・フォレ、フーコーなど20世紀を代表する4人の知性=語り手の声に耳を澄まし、現代思想における「未知なるもの」の領域を切り拓く。人文科学変革の震源となった現代フランス最大の作家・評論家がその営為を凝縮した遺作。【「TRC MARC」の商品解説】

言語と文学

  • 評価3.0
  • 税込価格:4,180
  • 出版社:書肆心水
  • 発行年月:2004.12
  • 発送可能日:7~21日
  • 言葉で言葉を越えることは可能か? 逆説に満ちたブランショ的反抗の核心に、ブランショ初期からの、言語についての徹底的な思索が埋め込まれていることを示す、ブランショワールドの始原へのいざない。【「TRC MARC」の商品解説】

明かしえぬ共同体 (ちくま学芸文庫)

文学空間 オンデマンド

  • 税込価格:7,040
  • 出版社:現代思潮新社
  • 取扱開始日:2020/06/10
  • 発送可能日:1~3日

アミナダブ

  • 評価5.0
  • 税込価格:4,620
  • 出版社:書肆心水
  • 発行年月:2008.10
  • 発送可能日:1~3日
  • だれかが街を通りかかる。とある家から彼は手招きされたように思う。彼は扉を押す。廊下にはいりこむ。玄関口に達する。これから、彼はなにを見出すことになるのだろうか…。ブランショの長篇小説代表作。【「TRC MARC」の商品解説】

私についてこなかった男

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,520
  • 出版社:書肆心水
  • 発行年月:2005.4
  • 発送可能日:24時間
  • 「私」と言葉の間で不確定に錯綜する主体・人称、時、空間。「私」と「私である彼」とのダイアログ。普通の事が普通でなくなる普通の言葉で書かれた世界。「私についてこなかった男」とは一体誰か。言葉の謎をめぐる哲学小説。【「TRC MARC」の商品解説】

問われる知識人 ある省察の覚書

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:月曜社
  • 発行年月:2002.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 人種差別、外国人嫌悪、ファシズム、戦争…。それらは「いつ戻ってきてもおかしくない」。回帰するこれらの暴力に知識人はいかに対抗し、応答しうるのか。現代における知識人像とその社会的役割を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

終わりなき対話 3 書物の不在(中性的なもの、断片的なもの)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,720
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2017/11/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 文学、批評、哲学とは、何をなすべきものなのか。そもそもそれらを語るための言語活動とはいかにして可能なのか? 戦後フランスを代表する作家の評論集。3は、文学が切り開くものを考察した18編の論考とテクストを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

終わりなき対話 2 限界−経験

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:6,490
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2017/06/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 文学、批評、哲学とは、何をなすべきものなのか。そもそもそれらを語るための言語活動とはいかにして可能なのか? 戦後フランスを代表する作家の評論集。2は、哲学と文学を架橋し、意味の極北を探る13編の論考を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

終わりなき対話 1 複数性の言葉(エクリチュールの言葉)

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:4,950
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2016/11/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 文学、批評、哲学とは、何をなすべきものなのか。そもそもそれらを語るための言語活動とはいかにして可能なのか? 戦後フランスを代表する作家の評論集。1は、ふたりの人物による対話と、9篇の論考を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    文学とは何か、批評とは何か、言語活動はいかにして可能なのか?その根源に沈潜し声なき声を響かせる。20世紀文学史上最大の問題作【商品解説】
    ...

カフカからカフカへ

  • 税込価格:3,960
  • 出版社:書肆心水
  • 取扱開始日:2013/10/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 孤高の文芸批評家ブランショによる、自選カフカ論集成。ブランショ理解の鍵とされる長篇論考「文学と死への権利」を収録。広く読まれるカフカの文学を通して、ブランショの特異な文学理論が開かれる。【「TRC MARC」の商品解説】

ブランショ政治論集 1958−1993

  • 税込価格:3,520
  • 出版社:月曜社
  • 発行年月:2005.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後から晩年に至る政治的テクスト群を集成。アルジェリア独立を阻むフランスの植民地戦争を厳しく拒絶し、68年5月の革命における匿名性と共同性をエクリチュールに肉化させたブランショがここにいる。詳細な解題を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

焰の文学 完本 新装復刊版

  • 税込価格:5,280
  • 出版社:紀伊國屋書店
  • 発行年月:1997.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 無と有、沈黙と言葉、死と生、存在と非存在…。作品を書き上げる中で揺れ動く作家の魂を、文学の「焰」の中に見出そうとする。フランス批評の孤峰ブランショの評論集。58年刊「焰の文学」と69年刊「虚構の言語」の合本。【「TRC MARC」の商品解説】

来るべき書物

謎の男トマ (叢書・エクリチュールの冒険)

  • 評価1.7
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:月曜社
  • 取扱開始日:2014/12/12
  • 発送可能日:要確認
  • 作者ブランショの死から2年後、幻のデビュー作『謎の男トマ』1941年初版がピエール・マドールの序文を添えて再刊された。刊行より64年を経た復活。同作の新版が出版された1950年から数えると55年後である。後にも先にもブランショが自ら大半を削って版を改めた作品はこの『トマ』しかない。発売後幾度となく重版されていたというのになぜ初版は破棄されたのか?作家の出発点にして、その後の著作群の基底をなしたこの...

謎のトマ

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:中央公論新社
  • 取扱開始日:2012/06/07
  • 発送可能日:要確認
  • ヌーヴォ・ロマンの先駆となった、幻の鮮烈デビュー作(初版)を初邦訳。死を抱いて生きる無限の反復を描く、哲学的ミステリーの全貌がいまここに顕われる。【「BOOK」データベースの商品解説】

    ヌーヴォ・ロマンの先駆となった、モーリス・ブランショのデビュー作を初邦訳。死を抱えて生きるという基本的認識の無限の反復を描く哲学的ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

書物の不在 第2版 (叢書・エクリチュールの冒険)

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:月曜社
  • 発行年月:2009.2
  • 発送可能日:要確認
  • モーリス・ブランショの晩期における活動の究極となる最重要論考。書くこと、作品、書物、法をめぐる未聞の思惟を開示する。著者最大の評論集「終わりなき対話」の末尾に置かれた同論考の単行本版との異同を附す。【「TRC MARC」の商品解説】

書物の不在 (叢書・エクリチュールの冒険)

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:月曜社
  • 発行年月:2007.9
  • 発送可能日:要確認
  • ブランショのテクストは「外の思考」の現実の存在であり、絶対的に遠く、きらめきながらも、不可視な存在である−。現代フランスの代表的批評家ブランショの著作。ブランショ生誕100周年記念出版。【「TRC MARC」の商品解説】

ロートレアモンとサド

  • 税込価格:1,320
  • 出版社:国文社
  • 発行年月:1970
  • 発送可能日:要確認

焰の文学 (現代文芸評論叢書)

  • 税込価格:506
  • 出版社:紀伊国屋書店
  • 発行年月:1964
  • 発送可能日:要確認

文学空間 新装

  • 評価4.5
  • 税込価格:7,040
  • 出版社:現代思潮社
  • 発行年月:1976
  • 発送可能日:要確認

虚構の言語 (現代文芸評論叢書)

  • 税込価格:605
  • 出版社:紀伊国屋書店
  • 発行年月:1969
  • 発送可能日:要確認

最後の人/期待 忘却 現代フランス小説 4

  • 税込価格:715
  • 出版社:白水社
  • 発行年月:1971
  • 発送可能日:要確認

至高者

  • 税込価格:935
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:1970
  • 発送可能日:要確認

文学空間

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:現代思潮社
  • 発行年月:1977
  • 発送可能日:要確認

待つこと・忘れること (現代の芸術双書)

  • 税込価格:660
  • 出版社:思潮社
  • 発行年月:1966
  • 発送可能日:要確認
検索結果 49 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。