サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Derrida,Jacquesの紙の本一覧

“Derrida,Jacques”の紙の本一覧

1930〜2004年。アルジェリア生まれ。フランスの哲学者、思想家。著書に「エクリチュールと差異」「弔鐘」「友愛のポリティックス」など。

“Derrida,Jacques”に関連する紙の本を121件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

境域

  • 評価5.0
  • 税込価格:5,390
  • 出版社:書肆心水
  • 発行年月:2010.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代世界を完全に支配するに至ったアリストテレス以来のヨーロッパの思考を根柢からくつがえす全く新しい言葉の経験。モーリス・ブランショのテクストを解明した、デリダ円熟期の主著を完訳。【「TRC MARC」の商品解説】

絵葉書 ソクラテスからフロイトへ、そしてその彼方 1 (叢書言語の政治)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:4,400
  • 出版社:水声社
  • 発行年月:2007.7
  • 発送可能日:7~21日
  • ソクラテス、フロイト、精神分析運動を、数多の笑い、ユーモア、涙、底知れない絶望と歓喜、そして「歌」のうちにたどる、要約不可能な書簡体の哲学。明解な日本語による翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

ハイデガー 存在の問いと歴史 (ジャック・デリダ講義録)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:8,030
  • 出版社:白水社
  • 発売日:2020/05/18
  • 発送可能日:1~3日
  • ハイデガーの「存在と時間」を、ヘーゲルやフッサールとの対比において問いかけながら、デリダ自身が翻訳し読解。1964〜65年度に実施した全9回の講義を書籍化。自筆原稿のカラー口絵、索引も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    『存在と時間』を読解する!

     デリダとハイデガーとの関係は、デリダ思想の解明には最も重要な鍵だ。本書は、デリダが高等師範学校ユルム校で最初...

法の力 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発行年月:2011.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 脱構築と政治、倫理、法とはどのように結びつくのか。それとも両者は決して交わらないものか。脱構築に対する問いにデリダが回答し、「正義」という政治的・倫理的・法的な価値と、自分の脱構築との関係をはっきりと表明する。【「TRC MARC」の商品解説】

シニェポンジュ (叢書・ウニベルシタス)

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,300
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発行年月:2008.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 「シニェポンジュ」は単なる「詩人フランシス・ポンジュ論」に終わらない。ポンジュ解釈の歴史を二分する現象学的解釈及び記号論ないしテクスト主義的解釈を踏まえ、独自の読解を展開するデリダエクリチュールの実践。【「TRC MARC」の商品解説】

たわいなさの考古学 コンディヤックを読む

  • 評価4.0
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:人文書院
  • 発行年月:2006.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 初期代表作「グラマトロジーについて」の第2部でルソーを読解したデリダが、「人間知識起源論」を中心に18世紀フランスの思想家コンディヤックを論じる。感覚論哲学の雄と言われたコンディヤック思想の脱構築の書。【「TRC MARC」の商品解説】

デリダ,脱構築を語る シドニー・セミナーの記録

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2005.10
  • 発送可能日:1~3日
  • デリダが自身の思想のエッセンスを語った、1999年のシドニーでの公開セミナーの記録。アポリア、正義、遺産相続、歓待などデリダ的テーマが幅広く取り上げられ、後期デリダの思想の概要をつかむことができる。【「TRC MARC」の商品解説】

名を救う 否定神学をめぐる複数の声 (ポイエーシス叢書)

  • 評価4.5
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未來社
  • 発売日:2005/10/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 『パッション』『コーラ』とともに「名についての三篇の試論」を構成する本書でデリダは、「否定神学」と呼ばれる論法を、語り得ないものについて語る否定的言説としてでなく、論法自体の可能性と根拠を再審に付す。ドイツ・バロック期の神秘主義的宗教詩人アンゲルス・シレジウスの代表作『ケルビムのごとき旅人』の、否定神学的な美しく難解な詩句を引用し、ライプニッツやハイデガーの言説を踏まえ、そこに秘められた論法の根源...

アデュー エマニュエル・レヴィナスへ

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2004.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 1995年12月、デリダによって読み上げられた哲学者・レヴィナスへの弔辞と、翌年行われた集会の開会講演「迎え入れの言葉」を収録。レヴィナスの独創的な哲学の可能性を極限まで押し広げ、歓待の思想として読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

コーラ プラトンの場 (ポイエーシス叢書)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未来社
  • 発売日:2004/04/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 「コーラ」──「場」を意味するこの語が、世界の起源、宇宙の生成をめぐるプラトンの後期作品『ティマイオス』において、特異な思考を展開する。感性的なものでも叡知的なものでもなく、メタフォールでも字義通りの指示でもなく、これでもなくあれでもなく、かつこれでありあれであるもの。パラドックスとダブルバインドをいかなる水準でも還元しないそのポジションなきポジション「コーラ」を、ジャック・デリダが読み解く。二項...

滞留 (ポイエーシス叢書)

  • 評価4.4レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:未来社
  • 発売日:2000/11/10
  • 発送可能日:1~3日
  • ナチによる銃殺という「死」を偶然により中断された体験をもとにしたモーリス・ブランショの短篇「私の死の瞬間」をテーマに、無限に延期された死と生との間にある引き延ばされた時間、「滞留」することの問題を問う講演録。【「TRC MARC」の商品解説】

    ナチによる銃殺という〈死〉を偶然によって中断されたという特異な戦時体験をもとにしたモーリス・ブランショの短篇 「私の死の瞬間」 をテー...

哲学のナショナリズム 性、人種、ヒューマニティ

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,740
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2021/05/01
  • 発送可能日:1~3日
  • ナショナリズムの本質と構造とは。人類とも国民とも訳せる複雑なドイツ語「ゲシュレヒト」を手がかりに、ハイデガーのテクストに肉薄したデリダのハイデガー論。幻の1984〜85年「ゲシュレヒト」講義録。【「TRC MARC」の商品解説】

    デリダは告発する——。ハイデガーの思考が、自分をそこから引き剥がそうとしていた、ナチズムとヒューマニズムに対して曖昧なままであることを。「人類」「国...

有限責任会社 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

  • 税込価格:4,400
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発売日:2020/08/26
  • 発送可能日:1~3日
  • ジョン・R・サールとデリダとの間で交わされた言語行為論と脱構築をめぐる歴史的論争の主要テクストを収録。90年代以降のデリダが取り上げる「法=権利」「倫理」「政治」「暴力」といった主題を内包する刺激的な議論。【「TRC MARC」の商品解説】

    1970年代にデリダと言語行為論の理論家ジョン・R・サールとの間で交わされたいわゆる《デリダ=サール》論争に関連するデリダの主要テクスト...

スクリッブル 権力/書くこと (叢書・エクリチュールの冒険)

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:月曜社
  • 発売日:2020/08/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 18世紀英国の神学者ウォーバートンによるヒエログリフ論の仏訳書に付された、ジャック・デリダによる「スクリッブル(権力/書くこと)」と、パトリック・トールによる「形象変化(象徴的なものの考古学)」の各論考を初訳。【「TRC MARC」の商品解説】

    18世紀英国の神学者ウォーバートンによるヒエログリフ論の仏訳書に付された、デリダとトールによる70年代後半の各論考を初めて訳出。エク...

デリダのエクリチュール

  • 税込価格:2,200
  • 出版社:明月堂書店
  • 取扱開始日:2019/11/23
  • 発送可能日:1~3日
  • デリダのテクストは難解であることで有名である。デリダの「エクリチュール」に対する強い拘りを理解するうえで大事なヒントを与えてくれる、デリダ自身へのインタビューを含めた4つのテクストを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

プシュケー 他なるものの発明 2

  • 評価5.0
  • 税込価格:9,570
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2019/03/28
  • 発送可能日:1~3日
  • デリダの中期思想の核心を伝え、多種多様な関心と独自の思考法を鮮烈に印象づけるテクストを集成。アパルトヘイト、ナショナリズム等に関する重要作品のほか、哲学、文学など幅広い主題を扱った全12篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    1980年代、デリダは政治的・倫理的な問題に向かい合うようになる。実践的な問題に介入することで生まれた緊張関係によって、その哲学はたえず問い直され...

歓待について パリ講義の記録 (ちくま学芸文庫)

  • 評価4.4レビュー:1件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2018/01/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 盗聴と移民の時代に無条件の歓待は可能か。歓待の正義とその倒錯を、ソポクレス、プラトン、クロソフスキーを通して語る。アンヌ・デュフールマンテルによる序論「招待」も併せて収録する。〔産業図書 1999年刊の訳文を全面的に再検討〕【「TRC MARC」の商品解説】

死刑 1 (ジャック・デリダ講義録)

  • 評価3.0
  • 税込価格:8,250
  • 出版社:白水社
  • 発売日:2017/06/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 極刑のはらむ概念を、憲法や条約、文学作品とともに明解に問い直す哲学のディスクール。死刑存廃論の全体を脱構築してゆく政治神学−死刑論。パリの社会科学高等研究院で開かれた1999〜2000年度のセミネールを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    残酷さ、血、例外、恩赦、主権……死刑をめぐる概念を、哲学的・文学的・法的テクストから読みなおしてゆく。死刑存廃論の脱構築!【本の内容】

噓の歴史序説 (ポイエーシス叢書)

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未來社
  • 発売日:2017/02/16
  • 発送可能日:1~3日
  • 1997年におこなったデリダの講演録。時代や文化によってことなる噓の概念の歴史を問い、アーレントとコイレのテクストを読解。意識的に噓をつくことと知らずに間違うことの差異を明確にし、噓の概念を脱構築的に問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

    晩年のデリダが1997年におこなった講演録。プラトン、アリストテレス、ルソー、カント、ニーチェ、ハイデガー、フロイトを参照しつつ、時...

アーカイヴの病 フロイトの印象 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

  • 税込価格:2,530
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発売日:2017/01/24
  • 発送可能日:1~3日
  • アーカイヴの概念を、記憶や技術、法や暴力、民主主義や幽霊をめぐる思索のうちに問い直し、歴史家イェルシャルミの著作やフロイトのモーセ論などを通じて、ユダヤ性と精神分析、未来の問題を掘り下げる。【「TRC MARC」の商品解説】

    アーカイヴの概念は今日、記憶や技術、法や暴力、民主主義や幽霊たちをめぐる哲学の問いを呼びさます。起源を求めるアーカイヴの病=悪、アーカイヴを創設し管理す...

終わりなきデリダ ハイデガー、サルトル、レヴィナスとの対話

  • 税込価格:3,850
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発売日:2016/11/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 動物論をはじめ、現代哲学をつらぬく主題群を巡り強靱な思考を展開したデリダ、ハイデガー、サルトル、レヴィナスの思想的布置を気鋭の研究者たちが論じる。デリダの講演「出来事を語ることのある種の不可能な可能性」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    若きデリダはサルトルの書物に魅了され、高等師範学校の講師としてハイデガー講義をおこない、レヴィナス論を執筆した。デリダは彼らの思想を...

信と知 たんなる理性の限界における「宗教」の二源泉 (ポイエーシス叢書)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未來社
  • 発売日:2016/11/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 1994年、混迷する時代に突入した政治的・思想的危機を目の前にして、哲学者たちがカプリ島に集まった。〈宗教〉をめぐる一大コロックでの講演をもとに、追記とあわせてまとめた、後期デリダの代表的宗教論。【「TRC MARC」の商品解説】

    1994年、冷戦後のヨーロッパ世界が、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の三すくみ状況のなかで混迷する時代に突入した政治的・思想的危機を目の前にして...

最後のユダヤ人 (ポイエーシス叢書)

  • 評価5.0
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未來社
  • 発売日:2016/10/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代哲学の最先端を疾走していた晩年のデリダによる、ユダヤ人、ユダヤ性などをめぐる2つの講演を収録。みずからの出自を問い直し、現代における〈ユダヤ〉という問題が呈する諸問題に正面から取り組んだ論を展開する。【「TRC MARC」の商品解説】

    現代哲学の最先端を疾走していた晩年のデリダがユダヤ人、ユダヤ性などをめぐって1998年と2000年になされた二つの講演を、盟友ジャン=リュ...

翻訳そして/あるいはパフォーマティヴ 脱構築をめぐる対話 (叢書・ウニベルシタス)

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発売日:2016/09/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 率直な語り口でデリダ自身が明らかにする、アルジェリア生まれのユダヤ人としての来歴、言語との関係、自身の哲学の概念、ハイデガーやブランショらとの関係。ジャック・デリダと豊崎光一が行なった2つの対話を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    デリダが最も信頼する相手と語り合い、難解で知られるその哲学について、講義や講演でも見せることがない率直な語り口でデリダ自身が明らかにし、豊...

獣と主権者 2 (ジャック・デリダ講義録)

  • 評価5.0
  • 税込価格:7,480
  • 出版社:白水社
  • 発売日:2016/06/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 多種多様な動物をとりあげながら獣と主権者の古典的対立を脱構築的に読みかえる、デリダの「動物−政治論」の到達点。2は、2002年12月〜2003年3月にパリの社会科学高等研究院で実施したセミネールの原稿を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    「脱構築」の到達点!
     『獣と主権者Ⅰ』において多岐にわたった主要参照先が、最終講義録である本書においては二つに絞られる。ダニエ...

精神分析のとまどい 至高の残酷さの彼方の不可能なもの

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2016/05/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 精神分析の衰退と危機を背景として2000年7月に開催された会議における真摯な提言。精神分析は欲動の経済論を越えて「残酷さの彼方」を思考することにより、主権の横暴(戦争や死刑)に対抗する言説を紡ぐよう促す。【「TRC MARC」の商品解説】

他の岬 ヨーロッパと民主主義 新装版

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2016/05/21
  • 発送可能日:1~3日
  • ヨーロッパは岬に過ぎない−。ソ連・東欧の崩壊後、噴出するナショナリズムと人種主義の暴力が統合を進めるヨーロッパに暗雲を投げかけていた1993年に刊行された、デリダのヨーロッパ論。【「TRC MARC」の商品解説】

    〈いまヨーロッパを悩ませているテロリズムの背景には、ヨーロッパがもたらした価値そのもの――もちろん民主主義を含む――に対する強烈な拒絶反応がある。「ヨーロッパは岬に...

哲学への権利 2

  • 評価5.0
  • 税込価格:7,920
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2015/11/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 哲学教育の削減を求めるフランス政府の教育改革に反対し、制度の問われざる前提を思考する、デリダの哲学教育活動の集大成。2は、「翻訳の神学」「哲学を讃えて」などを収録。全2巻の解題も付す。【「TRC MARC」の商品解説】

赦すこと 赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの (ポイエーシス叢書)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:未來社
  • 発売日:2015/07/10
  • 発送可能日:1~3日
  • ジャック・デリダの晩年の問題系のひとつでもあった〈赦し〉の可能性=不可能性のアポリアを緻密に展開した論考。赦し得ない罪をそれでも赦し得るのかという究極の問いを論じ抜く。訳者による解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    現代最高の哲学者ジャック・デリダの晩年の問題系のひとつでもあった〈赦し〉の可能性 = 不可能性のアポリアを緻密に展開した論考。現代世界のユダヤ教・キリスト...

哲学への権利 1

  • 評価3.0
  • 税込価格:6,160
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2014/12/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 哲学教育の削減を求めるフランス政府の教育改革に反対し、制度の問われざる前提を思考する、デリダの哲学教育活動の集大成。1は、「哲学教育の危機」「分裂する教師団体」「全国三部会の哲学」などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    今年没後10年を迎えたデリダの哲学教育論の集大成。これまで知の中心だった哲学教育を削減し、実用的教育へと舵を切るフランス政府の大学改革案に、デリダは実...
検索結果 121 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。