サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Jonas,Hansの紙の本一覧

“Jonas,Hans”の紙の本一覧

1903〜93年。M・ハイデガーとR・ブルトマンの下で博士号取得。英国陸軍が編成した反ナチスのユダヤ旅団に入営し転戦。戦後はカナダ、アメリカで教鞭をとる。

“Jonas,Hans”に関連する紙の本を11件掲載しています。111 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

責任という原理 科学技術文明のための倫理学の試み 新装版

責任という原理 科学技術文明のための倫理学の試み 新装版

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,280
  • 出版社:東信堂
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 科学文明が内包する発展至上主義を根底から批判し、生命の根元性の視点から、存在の未来に対する責任こそ、現代における基底倫理であることを告知・論証した、21世紀人類に投じられた哲学的黙示録。【「TRC MARC」の商品解説】

アウシュヴィッツ以後の神 (叢書・ウニベルシタス)

アウシュヴィッツ以後の神 (叢書・ウニベルシタス)

  • 評価3.4レビュー:4件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発売日:2009/09/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 絶滅収容所という絶対悪が現実に生起した世界で、「神」とは何を意味するのか。歴史の暴力の神学的意味を問い、破局の後にも生き延びる「神」の概念、および人間的倫理のかたちを探る。訳者による註・解題、著者小伝も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    絶滅収容所という絶対悪を前に、神はなぜ沈黙したのか? 「ショアー」以後の現代世界にあって、神とは何を意味するのか? 20世紀西欧思想の...

生命の哲学 有機体と自由 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

生命の哲学 有機体と自由 新装版 (叢書・ウニベルシタス)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:6,380
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発売日:2014/10/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 生命という現象についての一つの「存在論的」解釈を示す理論的研究。人間中心主義を免れるべく人間と自然の連続性を主張し、しかも唯物論的に精神を物質の機能へと還元させるのではない仕方でその連続性を提示しようと試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

    生命存在に目的はあるのか? 不死なる魂は存在するのか? 太古の有機体生命の発生から、反省的知性を獲得した人類の時代まで、自然史におけ...

ハンス・ヨナス「回想記」

ハンス・ヨナス「回想記」

  • 税込価格:5,280
  • 出版社:東信堂
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代の思想状況に基底的影響をもたらしたヨナスは、一ユダヤ人として激動の20世紀を生き抜いた生活者でもあった。その波乱の生涯を、多くの師友とのエピソードを交えながら語る。【「TRC MARC」の商品解説】

グノーシスと古代末期の精神 第2部 神話論から神秘主義哲学へ

グノーシスと古代末期の精神 第2部 神話論から神秘主義哲学へ

  • 税込価格:7,040
  • 出版社:ぷねうま舎
  • 発売日:2015/10/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 【日本翻訳文化賞(第53回)】神話として描かれた世界像から、神秘主義の哲学へ。埋もれた思想潮流、グノーシス主義の革命的な意義と存在論的な含意を解き明かす。第2部は、グノーシスの精神の歩みを、フィロン、オリゲネス、プロティノスへとたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

    ■ 神話となった救済の物語から、神秘主義の哲学へ。古代末期の精神に激震を与えた集合的な覚醒の経験に発して、...

グノーシスと古代末期の精神 第1部 神話論的グノーシス

グノーシスと古代末期の精神 第1部 神話論的グノーシス

  • 評価5.0
  • 税込価格:7,480
  • 出版社:ぷねうま舎
  • 発売日:2015/09/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 【日本翻訳文化賞(第53回)】神話として描かれた世界像から、神秘主義の哲学へ。埋もれた思想潮流、グノーシス主義の革命的な意義と存在論的な含意を解き明かす。第1部は、グノーシスのロゴス(ことば)、グノーシスの神話論と思弁などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    ■ 壮大な転換期であった古代末期に、広範に広がった思想運動。この埋もれた潮流の宗教的・哲学的含意とは何だったのか...

主観性の復権 心身問題から『責任という原理』へ

主観性の復権 心身問題から『責任という原理』へ

  • 評価5.0
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:東信堂
  • 発行年月:2000.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 自然科学の世界観を背景にして心身問題に答えようとする還元的唯物主義の立場の問題点を吟味し、主観ないし主体性の復権を間接的に明らかにする。2000年5月刊「責任という原理」の補論に、詳しい補遺を加えたもの。【「TRC MARC」の商品解説】

哲学・世紀末における回顧と展望

哲学・世紀末における回顧と展望

  • 税込価格:909
  • 出版社:東信堂
  • 発行年月:1996.7
  • 発送可能日:1~3日
  • ドイツの裕福なユダヤ人家庭に育ち、グノーシス派、後に生命哲学を研究テーマとし、名著「責任の原理」を著したハンス・ヨナスが、死の前年92年に行った、遺言とも言える講演の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

生命の哲学 有機体と自由 (叢書・ウニベルシタス)

生命の哲学 有機体と自由 (叢書・ウニベルシタス)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:6,380
  • 出版社:法政大学出版局
  • 発行年月:2008.11
  • 発送可能日:購入できません
  • 生命存在に目的はあるのか? 不死なる原理は存在するか? 20世紀という大量殺戮の時代を生き延びたユダヤ人哲学者が、西欧近代をつくりあげた現代哲学総体から、生物の自由の基礎を徹底的に思考しなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

責任という原理 科学技術文明のための倫理学の試み

責任という原理 科学技術文明のための倫理学の試み

  • 税込価格:5,280
  • 出版社:東信堂
  • 発行年月:2000.5
  • 発送可能日:購入できません
  • 科学文明が内包する発展至上主義を根底から批判し、生命の根元性の視点から、存在の未来に対する責任こそ、現代における基底倫理であることを告知・論証した、21世紀人類に投じられた哲学的黙示録。【「TRC MARC」の商品解説】

グノーシスの宗教 異邦の神の福音とキリスト教の端緒

グノーシスの宗教 異邦の神の福音とキリスト教の端緒

検索結果 11 件中 1 件~ 11 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。