サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1205-07)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Žižek,Slavojの紙の本一覧

“Žižek,Slavoj”の紙の本一覧

1949年スロヴェニア生まれ。哲学者。リュブリアナ大学社会科学研究所上級研究員。ロンドン大学バークベック人文学研究所インターナショナル・ディレクター。

“Žižek,Slavoj”に関連する紙の本を48件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

性と頓挫する絶対 弁証法的唯物論のトポロジー 新刊

  • 評価5.0
  • 税込価格:5,060
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2021/10/26
  • 発送可能日:1~3日
  • セクシュアリティの問題とは。カント、ヘーゲル、ラカンを鍵に、現代における「性」を探究し、存在論と観念論の交差点で「弁証法的唯物論」に新たな可能性を見出す。ジジェク哲学の中で白眉をなす理論書。【「TRC MARC」の商品解説】

    思想界の鬼才、そのキャリアにおける「超重要」理論書の堂々刊行!
    〈絶対的なもの〉への信仰がついえたとき、性的快楽がそれに接触するための唯一の手段と...

自由の限界 世界の知性21人が問う国家と民主主義 (中公新書ラクレ)(中公新書ラクレ)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

自由の限界 世界の知性21人が問う国家と民主主義 (中公新書ラクレ)

  • 評価4.0レビュー:12件
  • 税込価格:968
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2021/01/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界はディストピアへと向かうのか、人類は信頼できる存在か−。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリなど、世界を代表する知性21人のインタビューを収録する。『読売新聞』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、マルクス・ガブリエル、マハティール・モハマド、ユヴァル・ハラリ……。世界の知性21人は混迷を深める世界と人類の明日をどう見...

イデオロギーの崇高な対象 (河出文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2015/08/06
  • 発送可能日:1~3日
  • ラカンの綿密な読解を通して明らかにされた、フロイトの「夢」とマルクスの「貨幣」の根源、徹底的に象徴化に抗う「現実的なるもの」の全貌。政治と精神分析に革命をひきおこした現代思想界の鬼才ジジェクの代表作。【「TRC MARC」の商品解説】

    現代思想界の奇才が英語で書いた最初の書物にして主著、待望の文庫化。難解で知られるラカン理論の可能性を根源から押し広げてみせ、全世界に衝撃を与え...

絶望する勇気 グローバル資本主義・原理主義・ポピュリズム

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2018/07/21
  • 発送可能日:7~21日
  • ドナルド・トランプ、EU離脱、原理主義…。今日の「混沌」を、主に2016年になされたさまざまな「危険な行為」を通じてモザイク的にあるいはモンタージュ的に浮かび上がらせ、希望の予兆を読み取る。【「TRC MARC」の商品解説】

    変革を嫌う左翼リベラル派へ!!「思考とは絶望する勇気である」
    米国大統領選挙とポピュリズム、ギリシアのシリザ政権とEU離脱、膨れ上がる移民と排外...

アメリカのユートピア 二重権力と国民皆兵制

  • 税込価格:3,850
  • 出版社:書肆心水
  • 発売日:2018/04/26
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカのマルクス主義文芸批評家フレドリック・ジェイムソンの論文と、それに対する9人の論者の応答を収録。解放された社会にかんする左翼のスタンダードな観念を、ジェイムソンが根底的に問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

神話・狂気・哄笑 ドイツ観念論における主体性 (Νυξ叢書)

  • 評価4.8レビュー:2件
  • 税込価格:3,850
  • 出版社:堀之内出版
  • 発売日:2015/11/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 神話・狂気・哄笑は世界に何をもたらすのか。ドイツ観念論の古典再解釈を通じ、現代思想の潮流を批判。「存在論」を再び哲学の中心に据え、世界を新たな理解へと導く。「なぜ世界は存在しないのか」ダイジェスト版も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    アメリカにおけるヘーゲル・ルネッサンスの賑わいと、フランスのメイヤスーに代表される思弁的実在論の新展開。本書は今ドイツでもっとも注目を浴...

民主主義は、いま? 不可能な問いへの8つの思想的介入

  • 評価4.5
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:以文社
  • 発行年月:2011.2
  • 発送可能日:1~3日
  • ジョルジョ・アガンベン、アラン・バディウをはじめ、現代を代表する8人の思想家に投げられた民主主義をめぐる「不可能な問い」。彼らはそれにいかに応答するのか? 空転する思考に揺さぶりをかける8つの根源的考察。【「TRC MARC」の商品解説】

ポストモダンの共産主義 はじめは悲劇として、二度めは笑劇として (ちくま新書)

  • 評価4.0レビュー:16件
  • 税込価格:990
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2010.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 今こそ資本主義イデオロギーの限界と虚妄を白日の下にさらし、世界を真に変革へ導く行動原理を、まったく新しいコミュニズムを語らねばならない−。この10年の混迷を分析し、21世紀を生き抜くための新しい革命思想を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

厄介なる主体 政治的存在論の空虚な中心 2

  • 評価4.7レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2007.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 複数の主体が形成されるポストモダンにあって、J・バトラー、ラカンらの精神分析との対峙から、ラディカリストは超越的主体という亡霊との対決の道を切り拓く−。ジジェクの華麗な論理が踊る、現代思想の一大収穫。【「TRC MARC」の商品解説】

厄介なる主体 政治的存在論の空虚な中心 1

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2005.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 本当にデカルト的主体は有罪なのか。資本主義の加速化に対抗する政治的課題を如何に理論化できるかをめぐる白熱の論考。近代的文化総体に仕掛けられた重厚華麗な思想家ジジェクの闘争。【「TRC MARC」の商品解説】

全体主義 観念の(誤)使用について

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2002.6
  • 発送可能日:7~21日
  • ラディカリストを全体主義者と論難することで巧妙に隠蔽される思想的核心とは何か−。徹底した変革に途を閉ざす自由民主的ヘゲモニーと厳しく対峙し、ラディカリズムの豊かな可能性の復権を図るリベラリズム批判。【「TRC MARC」の商品解説】

パンデミック 2 COVID−19と失われた時 (ele‐king books)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:Pヴァイン
  • 発売日:2021/02/24
  • 発送可能日:1~3日
  • “最も危険な哲学者”による緊急提言第2弾。長引くコロナ禍とロックダウンがもたらす貧困と分断、そしてトランプをはじめとするポピュリズムと陰謀論の時代を徹底分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

    「もっとも危険な哲学者」が読み解く分断とポピュリズムの時代

    大きな反響を呼んだスロベニアの知の巨人による『パンデミック 世界をゆるがす新型コロナウイルス』に早くも続編...

パンデミック 1 世界をゆるがした新型コロナウイルス (ele‐king books)

  • 評価4.3レビュー:3件
  • 税込価格:2,035
  • 出版社:Pヴァイン
  • 発売日:2020/06/24
  • 発送可能日:1~3日
  • COVID−19以後の世界に訪れる「野蛮」状態という危機。それを回避する唯一の道とは何なのか? “最も危険な哲学者”による緊急提言。コロナ禍を「コミュニズム」への契機として昇華する可能性を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

    世界はどうなってしまうのか――トイレットペーパーがダイヤモンドほどの価値をもち、愛する人と距離を置くことが最大の愛情表現となる時代
    いかにこの...

もっとも崇高なヒステリー者 ラカンと読むヘーゲル

  • 評価5.0
  • 税込価格:7,040
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2016/03/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 若きジジェクは、ラカン、ヘーゲル、マルクスという思想システムに内在する論理を架橋することで世界を読み解く視野を拓いた。ジジェクの出発点にして思索のすべてを凝縮した重要書。【「TRC MARC」の商品解説】

    ジャック=アラン・ミレールの下で書き上げた博士論文をもとにした、ジジェクの出発点。若きジジェクは、ラカン・ヘーゲル・マルクスという異なる思想システムに内在する論理を架橋する...

ジジェク、革命を語る 不可能なことを求めよ

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:青土社
  • 取扱開始日:2014/04/10
  • 発送可能日:1~3日
  • グローバル資本主義に席巻されたこの世界では、もはや劇的な変革など不可能なのか? 独裁政権や政治闘争から、金融危機、エコロジー・科学技術まで、哲学者・精神分析家・文化批評家の著者が、現代世界をめぐり熱く語る。【「TRC MARC」の商品解説】

2011 危うく夢見た一年

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:航思社
  • 取扱開始日:2013/05/24
  • 発送可能日:1~3日
  • ウォール街占拠運動、アラブの春、ロンドンやギリシャの大衆蜂起…。はたしてこれは、革命の前兆なのか、それとも保守反動の台頭なのか。2011年に突出した一連の出来事と、その背後にある危機を論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

終焉の時代に生きる

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,720
  • 出版社:国文社
  • 取扱開始日:2012/12/12
  • 発送可能日:1~3日
  • われわれの戦いの相手は、権力を手にしている人間全般、彼らの権威、グローバルな秩序とそれを維持するイデオロギー的神秘化である−。「終焉の時代」を総体としてとりあげ、現代という時代と対決する、ジジェクの闘争の書。【「TRC MARC」の商品解説】

ワーグナー論

  • 税込価格:3,520
  • 出版社:青土社
  • 取扱開始日:2012/08/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 多くの思想家を魅了し続ける巨人ワーグナー。そのイデオロギー的枠組みを整理し、現代哲学の軌跡をも大胆にたどる、壮大で挑発的な講義録。スラヴォイ・ジジェクによる附論も掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

共産主義の理念

  • 評価5.0
  • 税込価格:4,950
  • 出版社:水声社
  • 取扱開始日:2012/06/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 2009年3月、現代哲学/思想を代表する知性が一堂に会したシンポジウムの記録。資本主義・グローバリズムが蔓延するこの世界の蒙昧を撃ち、来たるべき時代への共闘を呼びかける、アクチュアルなドキュメント。【「TRC MARC」の商品解説】

大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,280
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2010.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界変革・人類解放はもはや時代遅れの思想か? ハイデガーとナチズム、フーコーのイラン革命も視野に、裏切られた革命の数々の検証から、反資本主義闘争にとっての火急の要請を根源から問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

パララックス・ヴュー

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:7,480
  • 出版社:作品社
  • 発行年月:2010.2
  • 発送可能日:1~3日
  • カント、シェリング、ヘーゲルらのドイツ観念論の伝統を基底に、ラカンの精神分析のみならず、脳科学、量子力学を駆使して光彩陸離たる議論を展開。マルクス・レーニン主義/弁証法的唯物論の復活をもくろむ思想的死闘を凝縮。【「TRC MARC」の商品解説】

ラカンはこう読め!

  • 評価4.1レビュー:16件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:紀伊國屋書店
  • 発行年月:2008.2
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代政治から大衆文化まで縦横無尽に論じる現代思想界の奇才によるラカン入門書。今日の政治、社会現象、文化、芸術作品をラカン的に読むこと、つまりラカンの理論を実践することにより、その思想の核心に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

いまだ妖怪は徘徊している!

  • 評価4.5
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:情況出版
  • 発行年月:2000.12
  • 発送可能日:7~21日
  • 加速度的に表層化するグローバリゼイションと社会深部における「人間」の最終的破壊のなかで、私たちはいま、どのように政治化できるか? マルクスをリサイクルする道を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

斜めから見る 大衆文化を通してラカン理論へ

  • 評価3.9レビュー:6件
  • 税込価格:2,860
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:1995.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 理論化された高次の文化と、通俗的な大衆文化を重ね合わせ、そこから社会の見えない主体を浮かび上がらせる、ジジェクの透視図法。大衆文化の豊かな実りを存分に愉しみながら、ラカン理論の核心を解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

暴力 6つの斜めからの省察

  • 評価4.2レビュー:3件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2010.11
  • 発送可能日:要確認
  • 紛争・衝突と内戦、テロと暴動そして流血だけが悲惨なのか? 暴力に斜めの視線を向け、ポスト資本主義時代の暴力の諸相を根源から捉え直す21世紀の暴力批判論。【「TRC MARC」の商品解説】

信じるということ (Thinking in action)

  • 評価4.7レビュー:4件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:産業図書
  • 発行年月:2003.3
  • 発送可能日:要確認
  • 欠けているものを補おうとして次々と何かを求める。物質主義的な世俗の現代生活も、実は信仰に根ざすことを、多様な素材をもとに解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

事件! 哲学とは何か (河出ブックス)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2015/10/14
  • 発送可能日:要確認
  • 事件、それは我々が世界を知覚し、世界に関わるときの枠組みそのものが変わることである。現代政治からビッグバン、キリスト教、俳句まで−。現代思想界の奇才が「事件」をキーワードに、読者を思考の冒険に誘う哲学入門。【「TRC MARC」の商品解説】

ロベスピエール/毛沢東 革命とテロル (河出文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:2008.5
  • 発送可能日:要確認
  • 悪名たかきロベスピエールと毛沢東をあえて復活させて最も危険な思想家が〈現在〉に介入する。あらゆる言説を批判しつつ、政治/思想を反転させるジジェクのエッセンス。独自の編集による文庫オリジナル。【本の内容】

来たるべきデリダ 連続講演「追悼デリダ」の記録

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:明石書店
  • 発行年月:2007.3
  • 発送可能日:要確認
  • 世界で考えられる限り最良の思想家たちによる決定的デリダ論。ロンドン大学バークベック・カレッジにおける連続講演「追悼デリダ」の講演原稿を翻訳。初歩的な人名や用語にも訳注を付けた、現代思想入門者にも読みやすい一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

人権と国家 世界の本質をめぐる考察 (集英社新書)

  • 評価3.5レビュー:8件
  • 税込価格:792
  • 出版社:集英社
  • 発行年月:2006.11
  • 発送可能日:要確認
  • 不確実な未来を生きる知恵とは? ラカン、マルクス、ヘーゲルらの理論を援用し、哲学、政治、芸術等の分野で刺激的な論を展開するジジェク。オリジナル・ロングインタビューと、倫理や政治に関する論文を収録。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 48 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。