サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Walker,Robert W.の紙の本一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
フォーマット
価格帯

“Walker,Robert W.”の紙の本一覧

“Walker,Robert W.”に関連する紙の本を21件掲載しています。121 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

悪魔に奪われた骨 下 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:825
  • 出版社:扶桑社
  • 発売日:2015/06/03
  • 発送可能日:要確認
  • ジェシカたちが捜査に乗り出したころ、ジャイルズ・ガーランは画廊経営者と接触していた。殺害した女性の背骨を抜き取り骨髄液をすするという凶行を重ねるジャイルズ。彼は芸術家として、被害者の背骨を用いたアート作品で美術界に旋風を巻き起こすことを夢見ていた。シカゴに舞台を移し、犯人とFBIとの苛烈な攻防が繰り広げられるなか、ジェシカは犯人と自分のあいだにある意外な因縁を知る。やがて殺人鬼の魔手はジェシカのも...

悪魔に奪われた骨 上 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:825
  • 出版社:扶桑社
  • 発売日:2015/06/03
  • 発送可能日:要確認
  • ウィスコンシン州ミルウォーキーで、背骨を抜き取られた女性の惨殺死体が発見された。地元FBIの要請で現場にかけつけた検死官ジェシカ・コランは、手慣れた刃物の使い方をひと目見て、初めての犯行ではないと確信する。現地の特別捜査官ダーウィン・レイノルズは過去に二件、同様の殺人事件があったことを告げ、同一犯説を主張するが、それを容易に証明することは難しい。ジェシカは、レイノルズとともに事件を精査するうち、し...

倒錯の晩餐 下 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価2.0レビュー:1件
  • 税込価格:817
  • 出版社:扶桑社
  • 取扱開始日:2013/02/01
  • 発送可能日:要確認
  • 4人目の犠牲者が発見された。遺体から脳を取り出す同じ手口から、やはりケイヒル犯人説が強くなる。警察はケイヒルを別件で逮捕。FBIが家宅捜索すると脳組織が見つかった。もはや彼が犯人なのは疑いない。だがケイヒルは自供と否定を繰り返す。じつは自供したのは別人格らしい。ケイヒルはサイト訪問者の“探究者”が真犯人だとジェシカに強く主張。脳組織も探究者から送られてきたものだと。そしてケイヒル起訴の日、ジェシカ...

倒錯の晩餐 上 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 税込価格:817
  • 出版社:扶桑社
  • 取扱開始日:2013/02/01
  • 発送可能日:要確認
  • 2件の連続殺人が発生した。切開された女性の頭蓋骨から脳が紛失するという、FBIのジェシカには経験のない残虐な手口だ。実は、犯人は病理学者のグラントで、彼の頭の中に棲む別人格フィリップの指示で犯行に及んでいたのだ。そんなグラントが師と慕う男ケイヒル。埋葬された子供の脳を食べて投獄された過去を持つケイヒルは、脳の情報を定期的にサイトに上げていたが、グラントはそのサイトの常連でもあった。そして、3人目の...

死を呼ぶ聖句 下 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:806
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:要確認
  • 誘拐されたモーリーン判事の遺留品に接触したFBI心霊捜査官キムに、異変が現れる。原因不明の病により、体の一部が崩壊し始めた—離れた場所で判事の体の組織が徐々にジミーの死体から腐食を受けるに従って…。少ない手がかりに捜査が難航するなか、犯人から新聞社に手紙が送られてくるが、そこに窺える犯行の動機には、聖書のある異端的な解釈がからんでいるようだった。判事を救出しなければキムの命も危うい。前代未聞の復讐...

死を呼ぶ聖句 上 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価3.0
  • 税込価格:806
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:要確認
  • ワシントンDCの控訴裁判所判事モーリーンの意識が戻ったとき、彼女は自分が世にも恐ろしい状況に置かれていることを知った。全裸にされ、異臭を放つ死体と向かい合わせの格好で縛りつけられているのだ。死体はかつてモーリーンが有罪判決を下し、連続強姦殺人の犯人として電気椅子で処刑されたジミーという男。その父アイゼアが、息子の望みどおり彼女を拉致し、死体とともに生きながら腐れ死にさせようという魂胆だった。法曹界...

肌に刻まれた詩 下 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価2.0レビュー:1件
  • 税込価格:838
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2008.10
  • 発送可能日:要確認
  • 自らの詩を毒のペンで人肌に書き連ねる殺人詩人の餌食は五人を数え、捜査本部は詩の分析に言語学者や詩人の助けを借りる。またジェシカやキムはボディー・アートが披露される店を視察して手がかりを求めるが、真相は沓としてわからない。だがついに毒物に含まれている物質の分析から、有力な容疑者が浮かびあがってきた…。かつての恋人でFBIフィラデルフィア支局長になったパリーとの共同捜査に、気詰まりな思いを抱きながらも...

肌に刻まれた詩 上 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価2.7レビュー:3件
  • 税込価格:838
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2008.10
  • 発送可能日:要確認
  • 兄弟愛の都市と呼ばれるフィラデルフィアで、奇怪な殺人事件が連続して起こっていた。犠牲者の背中いっぱいに、羽根ペンのようなものを使って詩が刻みこまれ、肌の傷から体内に入った毒入りインクによる死と判断された。不思議なことに、男女とも中性的な印象を与える若い犠牲者に抵抗した様子はなく、最近地元で流行している、体に詩を書きつけるイベントとの関連を匂わせる特異な事件だった。調査の協力を依頼されたFBI検死官...

ロンドンの十字架 上 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:880
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2006.9
  • 発送可能日:要確認
  • 異様な連続殺人事件がロンドンで発生していた。三つの死体は全裸のまま川や湖のほとりで発見され、体じゅうに油が塗られていた。しかも手足に太い釘を打たれたあとがあり、十字架にかけられて殺されたらしい。捜査に行き詰まったロンドン警視庁は、FBIの検死官ジェシカに協力を要請、彼女はアメリカでかかわっていた事件に心を残しつつ、大西洋を渡った。だが警視庁上層部は“植民地”からの応援を喜んでいないふしがあり、手が...

ロンドンの十字架 下 (扶桑社ミステリー 女検死官ジェシカ・コラン)

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:880
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2006.9
  • 発送可能日:要確認
  • 死体を検分したジェシカは、舌の裏に文字が焼印されていることに気づく。それはラテン語の祈祷の文句だった。聖職関係者の助力も得て、どうやら犯人はキリストの再臨を願って十字架上に次々と犠牲者を捧げているらしいことが判明する。カルト集団による犯行という見通しだけは立ったまま、ジェシカはロンドン警視庁のシャープ警部とともに、死体に付いていた石炭粉と甲虫という謎を解き明かすべく奮闘するが、そんな二人を嘲笑うか...

暗黒のクロスボウ (扶桑社ミステリー)

  • 税込価格:922
  • 出版社:扶桑社
  • 発行年月:2000.4
  • 発送可能日:要確認
検索結果 21 件中 1 件~ 21 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。