サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Butler,Judithの紙の本一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
新刊・予約商品
フォーマット
在庫状況
価格帯

“Butler,Judith”の紙の本一覧

カリフォルニア大学バークレー校修辞学・比較文学科教授。著書に「分かれ道」「欲望の主体」「アセンブリ」など。

“Butler,Judith”に関連する紙の本を19件掲載しています。119 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ジェンダー・トラブル フェミニズムとアイデンティティの攪乱 新装版

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2018/02/21
  • 発送可能日:1~3日
  • ジェンダー研究の「最重要書」が装いも新たに刊行!「セックスは、つねにすでにジェンダーなのだ」。全世界で最も引用されてきたジェンダー研究/クィア理論の〈古典〉にして、ジュディス・バトラーの代表作が、新装版として甦る。アイデンティティ、エイジェンシー、パフォーマティヴィティ、異性愛のマトリクス……。現代社会は、本書に追いつけるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

    ジェンダー研究の「最...

問題=物質となる身体 「セックス」の言説的境界について

  • 税込価格:4,620
  • 出版社:以文社
  • 発売日:2021/05/19
  • 近日発売:予約可
  • ジェンダーと同じく、セックスは言説によって構築されるものなのか。そのとき身体の物質性はいかに理解されるのか。セックス、ジェンダー、人種、クィアをめぐる身体の物質性を問題化した、「ジェンダー・トラブル」に続く書。【「TRC MARC」の商品解説】

    『ジェンダー・トラブル』によって明らかにされた権力と言説によるジェンダー形成の過程。ジェンダー/クィアに関する理論書である同書は、フ...

権力の心的な生 主体化=服従化に関する諸理論 新版

  • 税込価格:3,520
  • 出版社:月曜社
  • 発売日:2019/12/13
  • 発送可能日:7~21日
  • 人の主体形成の過程において、社会的統制の暴力は「良心/自己叱責」といった心的なもののうちに機能する。権力による「主体化=服従化」の過程を考察し、抵抗の契機を模索する。重要な訳語を再検討し改訂した新版。【「TRC MARC」の商品解説】

    なぜ私たちは、権力への服従を欲望してしまうのか――。私たちの主体形成の過程において、社会的統制の暴力は、外側から一方的に行使されるのではなく、...

アンティゴネーの主張 問い直される親族関係

  • 評価4.5レビュー:3件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2002.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 規範的な親族関係の言説が私たちの生から奪うものは何か。西洋古典劇「アンティゴネー」に、ポスト産業社会の家族形態の火急の課題を見出し、親密な生の領域の倫理を根源的に問う、現代思想・セクシュアリティ研究。【「TRC MARC」の商品解説】

分かれ道 ユダヤ性とシオニズム批判

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:4,180
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2019/10/25
  • 発送可能日:1~3日
  • ユダヤ人であることと、シオニズムを批判することは両立しえないのか。現代を代表する思想家が、ユダヤ性とは何かを徹底的に主題化しつつ、パレスチナ・イスラエル問題の核心にせまる。【「TRC MARC」の商品解説】

    世界的思想家による、ユダヤそしてシオニズムをめぐる画期的提言
    いまなおその混迷を極めるパレスチナ/イスラエルをめぐる問題に、現代を代表する思想家がせまる。なぜこの問...

アセンブリ 行為遂行性・複数性・政治

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2018/01/25
  • 発送可能日:1~3日
  • オキュパイ・ウォール・ストリート以降、注目を集めることになったアセンブリ(集会)。街頭に集う身体が〈語る〉言葉を読み解き、現代における民主主義の条件を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

偶発性・ヘゲモニー・普遍性 新しい対抗政治への対話 新装版

  • 税込価格:3,520
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2019/07/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 新しい民主主義のための政治理論をいかに創造するか。クィア理論のバトラー、ポスト・マルクス主義のラクラウ、ラカン派マルクス主義のジジェクが、「ヘゲモニー」概念を軸に、現代まで通底する課題をめぐって論争する。【「TRC MARC」の商品解説】

    バトラー、ラクラウ、ジジェク 一堂に会す
    新しい民主主義のための政治理論をいかに創造するか。ジェンダー、ポピュリズム、資本主義をめぐ...

欲望の主体 ヘーゲルと二〇世紀フランスにおけるポスト・ヘーゲル主義 (Νυξ叢書)

  • 税込価格:4,400
  • 出版社:堀之内出版
  • 発売日:2019/06/20
  • 発送可能日:1~3日
  • ジュディス・バトラーのフェミニズム、クィア理論、さらには政治的主張を理解する上で、その基礎となっている彼女のヘーゲル理解、そしてそれに基づくフランス20世紀哲学についての理解を示した書。【「TRC MARC」の商品解説】

    ジュディス・バトラーについては、すでに多くの著作の訳書があり、日本でも受容が進んでいる。しかし、彼女の思想的出発点となったヘーゲル研究については十分な理解が...

人民とはなにか?

  • 評価3.5
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:以文社
  • 発売日:2015/05/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 「シャルリー・エブド」事件などの国際テロリズムは、アメリカの拡張的な世界戦略の帰結である。この新自由主義的グローバリズムに抗する新しい革新的主体としての「人民」概念の再興を促す論集。【「TRC MARC」の商品解説】

    「シャルリー・エブド」事件や〈イスラム国〉などの国際テロリズムは、湾岸戦争以来のアメリカの拡張的な世界戦略の結果によることがはっきりしてきました。この新自由主義...

戦争の枠組 生はいつ嘆きうるものであるのか

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:3,190
  • 出版社:筑摩書房
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 発送可能日:7~21日
  • 対テロ戦争におけるアメリカ合衆国のナショナリズムの形態や、欧州で悪化する移民排斥の潮流に対する、明確な政治的批判。私たちの存在に浸透する暴力といかに生きるのかを、クィア理論を代表する思想家が問いかける。【「TRC MARC」の商品解説】

公共圏に挑戦する宗教 ポスト世俗化時代における共棲のために

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:岩波書店
  • 取扱開始日:2014/11/27
  • 発送可能日:要確認
  • 多様な宗教的背景を持った人々とどのように共存し、ともに社会を形作っていけばよいのか。宗教的要素をそぎ落として構想された近代的公共圏とデモクラシーを、現代を代表する知性が再検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

触発する言葉 言語・権力・行為体 (岩波人文書セレクション)

  • 税込価格:3,190
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2015/10/15
  • 発送可能日:要確認
  • 権力や差別の言葉によって支えられる社会システム。なぜ言葉は人を傷つけるのか。どうすれば言葉は社会を変えるのか。フェミニズム理論・現代思想の旗手が、言葉と行為の関係に焦点を当て、現代アメリカの政治状況に迫る。〔2004年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

権力の心的な生 主体化=服従化に関する諸理論 (暴力論叢書)

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:月曜社
  • 取扱開始日:2012/06/22
  • 発送可能日:要確認
  • 人の主体形成の過程において、社会的統制の暴力は「良心/自己叱責」といった心的なもののうちに機能する。subjectionという語の二重の意味(主体化=服従化)を考察し、そこにおける抵抗の契機を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

自分自身を説明すること 倫理的暴力の批判 (暴力論叢書)

  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:月曜社
  • 発行年月:2008.8
  • 発送可能日:要確認
  • 他者との関わり合いにおいて主体は形作られ、他者への責任=応答可能性において主体は自らを変革する。倫理と暴力の危険な癒着に抗して「私」と「あなた」を結び直す、希望の哲学。【「TRC MARC」の商品解説】

国家を歌うのは誰か? グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

  • 評価3.8レビュー:3件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2008.5
  • 発送可能日:要確認
  • 精神分析の概念を批判的に検討することの多い哲学出身の理論家バトラーと、マルクス主義的階級分析の視点を手放さない文学研究者スピヴァクが、グローバル化が加速する現代社会の状況を、各々の関心や経験に根ざしつつ語る。【「TRC MARC」の商品解説】

生のあやうさ 哀悼と暴力の政治学

  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:2,750
  • 出版社:以文社
  • 発行年月:2007.8
  • 発送可能日:要確認
  • 自己充足化する世界の中で剝き出しにされた今日の「生」。喪、傷つきやすさ、他者への応答責任、「顔」などについて、ジェンダー論の成果に立って紡ぎ出された、ポスト9・11の「生」の条件。【「TRC MARC」の商品解説】

触発する言葉 言語・権力・行為体

  • 評価3.4レビュー:5件
  • 税込価格:3,850
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2004.4
  • 発送可能日:要確認
  • 権力の言葉、差別の言葉、そして希望の言葉。なぜ言葉は人を傷つけるのか。なぜ言葉は社会を変えられるのか。現代思想の最先端で「触発する言葉」を放ち続ける理論家が、言語の政治性を縦横無尽に論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

偶発性・ヘゲモニー・普遍性 新しい対抗政治への対話

  • 評価4.4
  • 税込価格:3,520
  • 出版社:青土社
  • 発行年月:2002.4
  • 発送可能日:要確認
  • 新しい民主主義のための政治理論をいかに創造するか。「ジェンダー・トラブル」のバトラー、「ポスト・マルクス主義」のラクラウ、「ラカン派」のジジェクが一堂に会し、最先端の課題をめぐって激しく論争する。【「TRC MARC」の商品解説】

ジェンダー・トラブル フェミニズムとアイデンティティの攪乱

  • 評価4.5レビュー:7件
  • 税込価格:3,080
  • 出版社:青土社
  • 発売日:1999/04/01
  • 発送可能日:要確認
  • 哲学、人類学、文学理論、精神分析のテクストに折り重なる言説を縦横に扱いつつ、女と男の弁別が身体の自然に根ざすとする本質論的前提を根底的に覆し、セクシュアリティ研究の方向を決定づける。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 19 件中 1 件~ 19 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。