サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 比較法史学会の紙の本一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
フォーマット
在庫状況
価格帯

“比較法史学会”の紙の本一覧

1991年設立

“比較法史学会”に関連する紙の本を16件掲載しています。116 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

歴史のなかの国家と宗教 (Historia Juris比較法史研究)

歴史のなかの国家と宗教 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2008.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 法史学の視点より多面的に国家と宗教との関係を問う。アジアへのアプローチも試みる充実の論文集。[執筆者]河上倫逸、ヨアヒム=リュッケルト、木村勲、嶋田義仁、蓮沼啓介、田中史高、齋藤司、塚本潔、小川侃、山城浩志、柏久(敬称略)【本の内容】

文明社会における異文化の法 (Historia Juris比較法史研究)

文明社会における異文化の法 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2007.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 東西が対峙し第三世界が併存する構図が崩れ諸文明の時代が到来した。価値の根源を神から人間へと移行させた西欧思想は限界を露呈した。この状況を法史学者たちが多角的な視点から問い直す。墳墓の変遷から古代の実情を探った中野智章「ピラミッドの規範から見た古代エジプト社会」、プラトン『法律』を通じて現代の歪みを描く瀬口昌久「プラトンの法と倫理」、平和概念の東西異同を史的に考察した立花京子「「神の平和」と「天皇の...

規範から見た社会 (Historia Juris比較法史研究)

規範から見た社会 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:7,452
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2006.3
  • 発送可能日:1~3日
  • さまざまな規範によって成立している人間社会の実相を法や制度といった規範の観点からとらえたときに見えてくる諸問題を、比較法史の立場から分析し論及する論文、翻訳、学会動向、書評などを収録する。【本の内容】

世界法史の単一性と複数性 (Historia Juris比較法史研究)

世界法史の単一性と複数性 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,616
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2005.3
  • 発送可能日:1~3日
  • もはや単一化しえない〈世界(史)〉のなかで、それでも普遍性をめざす〈世界法〉の現代的課題の喫緊性を摘出し、可能性を探る試み。「研究の変遷におけるゲルマン法史の法価値」(ヨアヒム・リュッケルト)、「信長権力におけるイベリア初期絶対主義の創成について」(立花京子)、「思想の再構成としての解釈──サヴィニーにおける解釈の概念」(耳野健二)、「マックス・ヴェーバーとカール・シュミットの思想史的差異──特に...

戦争装置としての国家 (Historia Juris比較法史研究)

戦争装置としての国家 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:6,264
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2004.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 2002年に開催された比較法史学会・第12回研究大会での研究報告をはじめとした、論説、書評、学会動向などを収録。特集テーマは「戦争装置としての国家」。佐々木有司「コバルビアスの合意(pactum)論における宣誓」、ヨアヒム・リュッケルト(耳野健二訳)「サヴィニーの解釈学──病理なき法律学の核心部」、蓮沼啓介「易緯鄭玄注について」、仲正昌樹「「戦争機械」と「国家」の行方」、小杉泰「現代イスラーム法に...

法生活と文明史 (Historia Juris比較法史研究)

法生活と文明史 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,400
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2003.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 2001年に開催された比較法史学会・第11回研究大会での研究報告をはじめとした、論説、書評、学会動向などを収録。特集テーマは「法生活と文明史」。渕倫彦「いわゆるグラーティアヌスの正戦論について」、蓮沼啓介「孝安紀の成立事情」、耳野健二「一九世紀ドイツ法学におけるRechtsverhaeltnisの概念」ほか、全18本の論考。【本の内容】

歴史のなかの普遍法 (Historia Juris比較法史研究)

歴史のなかの普遍法 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:6,156
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2002.3
  • 発送可能日:7~21日
  • 比較法史学会第10回研究大会「歴史のなかの普遍法」での研究報告をはじめとした論説、書評、学会動向などを収録する。駒城鎮一「道元とフッサール、あるいはライプニッツ──普遍法の理念」、小田桐忍「法の世界性について」、原信芳「歴史研究における認識の客観性について」、竹内実「法統論──「法」と「理」と」、高城修三「紀年解読──『古事記』崩年干支と『日本書紀』紀年の比較による新たな古代史の試み」ほか。【本の...

文明と法の衝突 (Historia Juris比較法史研究)

文明と法の衝突 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:4,860
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:2001.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 文明と法理論、法史学のあいだに生ずるさまざまな軋轢や問題点を多方面から洗い出し、比較法史学の立場から理論的・思想的な整序を与えようとする論集。大沼保昭、海老原明夫氏らの論考を含む、1999年春に東京大学でおこなわれた比較法史学会第九回研究大会での報告等を収録。【本の内容】

複雑系としてのイエ (Historia Juris比較法史研究)

複雑系としてのイエ (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1999.12
  • 発送可能日:7~21日
  • 「イエ」に焦点を当て、日本および西欧での家族・個人のありかた、結婚の形式の問題を制度と方法の側面から読み解く。【本の内容】

歴史創造の事理と法理 (Historia Juris比較法史研究)

歴史創造の事理と法理 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1998.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界的な「歴史」の問い直しのなかで法と法史学の今日的ありかたを問う。1997年の第七回比較法史学会での報告等を収録。【本の内容】

救済の秩序と法 (Historia Juris比較法史研究)

救済の秩序と法 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:6,264
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1997.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 民族紛争や宗教戦争などによる難民や罹災者の救済はどういう論理によって解決されるのか。第6回比較法史学会の成果。【本の内容】

文明装置としての国家 (Historia Juris比較法史研究)

文明装置としての国家 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,940
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1996.6
  • 発送可能日:7~21日
  • 〈国家〉という総括形態がいかに歴史的、民族的に形成されてきたか。第五回比較法史学会の勝田有恒氏ほかの報告等を収録。【本の内容】

制度知の可能性 (Historia Juris比較法史研究)

制度知の可能性 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:6,264
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1995.3
  • 発送可能日:7~21日
  • 梅原猛氏を囲む座談会「制度知と学知」をはじめ、第四回比較法史学会の報告等を収録した〈制度知〉をめぐる一大論集。【本の内容】

文明のなかの規範 (Historia Juris比較法史研究)

文明のなかの規範 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:6,264
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1994.3
  • 発送可能日:7~21日
  • 比較法史学会第三回研究大会での報告を中心に、梅棹忠夫氏へのインタビューなどを盛りこみ、規範性の意味を検討する。【本の内容】

歴史と社会のなかの法 (Historia Juris比較法史研究)

歴史と社会のなかの法 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:6,264
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1993.3
  • 発送可能日:7~21日
  • 「歴史と社会のなかの法」という特集テーマを中心に16編の論説と10編の書評、及び1編の問題提起の座談会記録から構成されている。【「TRC MARC」の商品解説】

比較法史研究の課題 (Historia Juris比較法史研究)

比較法史研究の課題 (Historia Juris比較法史研究)

  • 税込価格:5,184
  • 出版社:比較法制研究所
  • 発行年月:1992.3
  • 発送可能日:7~21日
  • 我国の比較法史学研究者の連絡と協力を促進するとともに、海外の研究者との学術交流をはかり、比較法史研究の深化と発展をはかること、そして海外における日本法およびその歴史と理論の研究の振興に寄与することを目的としたシリーズ第1号。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 16 件中 1 件~ 16 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。