サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~2/28

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 阪神・淡路大震災調査報告編集委員会の紙の本一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
在庫状況
価格帯

“阪神・淡路大震災調査報告編集委員会”の紙の本一覧

5学会(土木・地盤・機械・建築・地震)の代表者により構成,委員長:片山恒雄(土木学会)

“阪神・淡路大震災調査報告編集委員会”に関連する紙の本を26件掲載しています。126 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−5 非構造部材 材料・施工

  • 税込価格:12,100
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:2000.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神淡路大震災における被害の調査結果を報告する。非構造部材と材料・施工を取り上げ、それぞれの被害の概要や状況について写真を交えながらまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−10 都市計画 農漁村計画

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1999.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 震災3年後の被災地における復旧・復興の全体像を、復旧復興都市計画の特徴と問題点、その背景としての都市計画思想の構造的把握への接近を試みつつまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−9 海洋建築 建築経済 建築法制

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1999.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神・淡路大震災におけるウォーターフロントと人工島に建つ海洋構造物の被害と復旧活動、建築経済の動向、地震災害に対する法制度の整備と災害時の行政対応とその問題点についてまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤7 土木構造物の応急復旧,補修,補強 第1章 第2章 橋梁 トンネル・地下構造物

  • 税込価格:27,500
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1999.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神・淡路大震災における土木構造物関連の応急復旧、補修、補強について、「橋梁」「トンネル・地下構造物」の2章にまとめ分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤5 土木構造物の被害原因の分析

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1999.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神・淡路大震災における土木構造物関連の被害原因について、「耐震設計基準の変遷」「構造システムと耐震性」「トンネル・地下構造物」の3章にまとめ分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 共通編−3 都市安全システムの機能と体制

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1999.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 間接被害まで含めた震災の全容を、都市安全システムの時空間での事象として捉え、震災の背景や時間・空間軸を追った被災事象などを通して、問題点を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−6 火災 情報システム

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1998.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神・淡路大震災における火災の特性、耐火建築物の火害事例、ビル防災設備の被災状況などの報告のほか、震災時の情報と情報システムの被害と対応の状況をまとめ、大震災における情報システムの問題点等を幅広く分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−2 プレストレストコンクリート造建築物 鉄骨鉄筋コンクリート造建築物 壁式構造・組積造

  • 税込価格:15,400
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1998.8
  • 発送可能日:1~3日
  • コンクリート造建築物にも未曽有の被害をもたらした兵庫県南部地震。被害の概要、プレストレストコンクリート構造の設計に関する諸基準の変遷のほか、PC造建築物の特徴的被害、被害程度の統計分析・被害分布などをまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤6 土木構造物の被害原因の分析 第6章 第7章 地盤・土構造物 港湾・海岸構造物等

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1998.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神・淡路大震災による被害を調査し、豊富な資料と共に報告。本巻に収録された第6章では地盤振動、地盤、地盤と基礎の相互作用、第7章ではケーソン式岸壁、防波堤などの港湾・海洋構造物等の調査をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 共通編−2 1編 地震・地震動 2編 地盤・地質

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1998.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 神戸、淡路島地域の歴史的な地震環境や活断層の分布、地殻構造、兵庫県南部地震の発震機構と余震活動など、測地学的なデータや記録をもとに、地震と地震動の特性を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤4 土木構造物の被害原因の分析

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1997.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神、淡路大震災によるコンクリート構造物の被害は、ピルツ橋の倒壊をはじめとして、未曽有の大きさだった。土木学会コンクリート委員会が行った被害状況の調査・分析、既往の耐震設計法の検討などの活動成果をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤3 土木構造物の被害 第5章 第6章 港湾・海岸構造物 河川・砂防関係施設

  • 税込価格:27,500
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1997.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 阪神・淡路大震災で著しく破壊された港湾施設、海岸保全施設、荷役施設、漁港施設等の被害状況をとりまとめ、港湾地域の地震動および地盤条件の特徴について検討している。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 共通編−1 総集編

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:2000.3
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神淡路大震災に関して、これまでに出版された各種調査報告の概要、各種被害統計、震災後対応などをまとめた総集編。地域の概況及び耐震基準の変遷、地震・地震動及び地形・地質・地盤概要、出版物一覧など9章で構成。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤12 復興計画

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:2000.2
  • 発送可能日:購入できません
  • 行政サイドを中心に震災後の即応的な復旧の取り組みから、本格的な復興計画の策定と事業実施の状況を時間軸に沿ってまとめる。都市基盤施設や、市街地整備等の都市づくりの分野での復興計画を特に幅広く記載。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−7 建築設備・建築環境

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1999.3
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神・淡路大震災における家屋、近代的なビル、高速道路や鉄道高架の倒壊、ライフラインの崩壊など、被害の実際をまとめ、新たな耐震性強化策を検討する。また、人間の心理的状態も含めた地域環境への震災の影響も分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−8 建築計画 建築歴史・意匠

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1999.3
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神・淡路大震災時に結成された、「地震部会」を核とする調査研究ワーキンググループが行った、地震時の人間の行動、高齢者・障害者の被害状況、公共建築の被害、避難拠点に関する諸問題など8の調査研究活動をまとめた。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤11 社会経済的影響の分析

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1998.11
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神淡路大震災後の、大気汚染や水質汚染といった環境面の被害と対策、生産施設の直接被害及び交通施設の被災による間接的な経済被害といった分野についての調査報告書。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 機械編 機械設備の被害

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:日本機械学会
  • 発行年月:1998.8
  • 発送可能日:購入できません

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤8 土木構造物の応急復旧,補修,補強 第3章 第4章 第5章 地盤・土木構造物・基礎構造物 港湾・海岸構造物等 河川・砂防関係施設の復旧と今後の対策

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1998.6
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神・淡路大震災が地盤、土木建造物、基礎構造物、港湾、海岸構造物などに与えた被害を写真を交えてまとめた。また河川・砂防関係施設の復旧と今後の対策についても考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤2 土木構造物の被害 第2章 第3章 第4章 トンネル・地下構造物 土構造物 基礎構造物

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1998.6
  • 発送可能日:購入できません
  • トンネル、地下構造物、土構造物、基礎構造物など土木建造物に、阪神・淡路大震災が与えた被害を調査し、豊富な資料とともに報告する。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−4 木造建築物 建築基礎構造

  • 税込価格:15,400
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1998.3
  • 発送可能日:購入できません
  • 日本建築学会近畿支部による木造建築物に関する調査を始め、各大学・研究所・業界団体・木造住宅メーカー等による阪神・淡路大震災の被害調査を受け、この地震による木造建築物の被害を体系的にまとめた報告書。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤10 交通施設と農業施設の被害と復旧

  • 税込価格:22,000
  • 出版社:土木学会
  • 発行年月:1998.2
  • 発送可能日:購入できません
  • 交通施設、公園緑地、リゾート保養施設、農業施設、水産施設からなる自然環境に関連する社会基盤施設を対象に、阪神・淡路大震災の被害と復旧についてまとめた報告書。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編−3 鉄骨造建築物 シェル・空間構造 容器構造

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1997.10
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神・淡路大震災では、一般の地震に強いと信じられてきた鉄骨造建物の被害も数多く見られた。その詳細を事実に即して記述した、被害原因の同定と今後の対策にかかわる研究のための基礎資料。【「TRC MARC」の商品解説】

阪神・淡路大震災調査報告 建築編-1 鉄筋コンクリート造建築物

  • 税込価格:14,300
  • 出版社:日本建築学会
  • 発行年月:1997.7
  • 発送可能日:購入できません
  • 阪神・淡路大震災の教訓を活かすための資料として、地震被害の情報収集と分析の研究成果をまとめた貴重な大震災調査報告書。被害を受けた典型的な建物例も多数紹介。建築に携わる研究者、技術者に有益な情報を豊富に収載。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 26 件中 1 件~ 26 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。