サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 木村敏の商品一覧

“木村敏”の商品一覧

“木村敏”に関連する商品を105件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

時間と自己 (中公新書)(中公新書)

時間と自己 (中公新書)

電子書籍

からだ・こころ・生命(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

からだ・こころ・生命

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:594
  • 出版社:講談社
  • 販売開始日:2015/10/23
  • 著者は、常に臨床の現場に身をおきながら精神病理学と哲学を往還する独創的な学問的地平を切り拓いてきた。症例分析を通じて「もの/こと」や「あいだ」といった柔軟かつ強靱な概念装置を創出し、独自の自己論、時間論を展開、その思索は生命の根拠の探究へと旋回する。「からだ」と「こころ」はどのように関係しあっているのか。「生きる」とは、そして「死」とは? 木村生命論の内実と射程を雄弁に語る好著。解説:野家啓一 (...

新編分裂病の現象学 (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

新編分裂病の現象学 (ちくま学芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,728
  • 出版社:筑摩書房
  • 取扱開始日:2012/12/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 西田哲学における自−他論や時間論を敷衍し、分裂病者の自閉性や体験の基本的構造に注目することにより、自我障碍よりも人と人との「あいだ」における自己の自己性の危機、自己と身体との乖離を論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

自分ということ (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

自分ということ (ちくま学芸文庫)

分裂病と他者 (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

分裂病と他者 (ちくま学芸文庫)

  • 税込価格:1,620
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2007.8
  • 発送可能日:1~3日

あいだ (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

あいだ (ちくま学芸文庫)

関係としての自己 新装版

関係としての自己 新装版

  • 税込価格:3,888
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2018/07/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 「私」とは、「自己」とは何か。豊富な臨床経験と、生命や存在への透徹した眼差しをとおして、自己という奇妙なあり方の謎に迫る。先人との思想的対話から、自己を生きるとはいかなることかを論じつくす、木村人間学の到達点。【「TRC MARC」の商品解説】

    《自己とは、自己と世界とのあいだ――現在の事物的世界とのあいだだけでなく、当面の他者とのあいだ、所属集団とのあいだ、過去や未来の世界...

木村敏対談集 1 臨床哲学対話 いのちの臨床

木村敏対談集 1 臨床哲学対話 いのちの臨床

  • 税込価格:3,132
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2017/03/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 自らの仕事を「臨床哲学」と呼ぶ木村敏の対談集。「臨床篇」では、西村ユミ、村上靖彦、武満徹、安永浩、中井久夫、河合俊雄、鎌田東二らとの対談・鼎談・座談会を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

からだ・こころ・生命 (講談社学術文庫)(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

からだ・こころ・生命 (講談社学術文庫)

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:648
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2015/10/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 精神病理学の症例分析を通して「もの/こと」や「あいだ」といった柔軟かつ強靱な概念装置を創出し、独自の鮮やかな自己論、時間論を展開してきた木村敏。木村生命論の内実と射程を雄弁に語る。【「TRC MARC」の商品解説】

    著者は、精神科医として絶えず精神疾患という具体的現実と向き合い続けながら、精神病理学と哲学を往還する独創的な学問的地平を切り拓いてきた。症例分析を通じて「もの/こ...

臨床哲学講義

臨床哲学講義

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,700
  • 出版社:創元社
  • 取扱開始日:2012/06/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間の生身の姿を丸ごととらえる現象学の立場から、こころの病理にとらわれず人の生き様の本質をつかむ「臨床哲学」を提言する。2010年に計6回行われた連続講義の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

精神医学から臨床哲学へ (シリーズ「自伝」my life my world)

精神医学から臨床哲学へ (シリーズ「自伝」my life my world)

  • 評価4.6レビュー:6件
  • 税込価格:3,024
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • 発行年月:2010.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 【毎日出版文化賞(第64回)】家族、故郷、学生時代、研究対象の変遷、海外での生活、同時代の研究者・思想家たちとの知的交流…。精神病理学を軸に思索を重ねて醸成された独自の知的世界へいたる道筋を、鮮やかに描き出した初めての自伝。【「TRC MARC」の商品解説】

自己・あいだ・時間 現象学的精神病理学 (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

自己・あいだ・時間 現象学的精神病理学 (ちくま学芸文庫)

分裂病の詩と真実

分裂病の詩と真実

  • 税込価格:3,024
  • 出版社:河合文化教育研究所
  • 発行年月:1998.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 治療者と患者の治療関係=ふるまい合いの現場をてこに、生命の根底としての「こと」の形なき形を探りながら、言語化可能すれすれの領域で自己と生命について限りなくアクチュアルに考察した魅力的な論文集。【「TRC MARC」の商品解説】

音楽と言語 (講談社学術文庫)(講談社学術文庫)

音楽と言語 (講談社学術文庫)

木村敏対談集 2 臨床哲学対話 あいだの哲学

木村敏対談集 2 臨床哲学対話 あいだの哲学

  • 税込価格:3,132
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2017/06/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 自らの仕事を「臨床哲学」と呼ぶ木村敏の対談集。2「哲学篇」では、野家啓一、坂部恵、中村雄二郎、新宮一成、浅田彰、柄谷行人らとの対談・座談会を収録。哲学の俊傑たちとともに、人間存在の核心に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

ゲシュタルトクライス 知覚と運動の人間学 新装版

ゲシュタルトクライス 知覚と運動の人間学 新装版

  • 税込価格:6,048
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2017/05/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 神経生理学者である著者が、自ら考案した種々の実験装置を用いて提示する知覚/運動理論をまとめたもの。そのキーポイントとなる有機体と環境との生命的相即関係において成立する「主体」の概念について論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

    「生命あるものを研究するには、生命と関りあわねばならぬ。……生命は生命あるものとしてわれわれの眼の前にある。……学問というものは、問うということの...

臨床哲学の知 臨床としての精神病理学のために 言視舎版

臨床哲学の知 臨床としての精神病理学のために 言視舎版

  • 税込価格:2,160
  • 出版社:言視舎
  • 発売日:2017/04/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 現場の精神科医として、一貫して自己と患者との「あいだ」で「個別化の原理」を追い求める著者が、「臨床哲学」の場所から現代科学にパラダイムチェンジを促す。精神医学に本来の精神性を取り戻す、人間のための哲学の試み。〔洋泉社 2008年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    名著の復刊
    「臨床哲学」は、精神医学に本来の精神性を取り戻す、人間のための哲学だ。ハイデガーや西...

生命と現実 木村敏との対話 新装版

生命と現実 木村敏との対話 新装版

  • 税込価格:2,592
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2017/02/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 臨床の現場に身を置きながら各層に影響を与え続けてきた著者が、西田、ベルクソンなどを論じる哲学者の問いをうけて、「あいだ」、時間論、分裂病、鬱病、そして「生命論的差異」などの核心的テーマを語る。〔2006年刊に「『生命と現実』の一〇年後」を書き下ろし〕【「TRC MARC」の商品解説】

生命と死のあいだ (臨床哲学の諸相)

生命と死のあいだ (臨床哲学の諸相)

  • 税込価格:4,320
  • 出版社:河合文化教育研究所
  • 取扱開始日:2016/12/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 死すべき個体(ビオス)の根底には、生と死の両方を育む大きな〈生命〉ゾーエーが息づく。ビオスとゾーエーの生命論的差異を軸に〈生命〉の重層的意味を改めて問い直した論考集。2014年と2015年のシンポジウムの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

電子書籍

分裂病と他者(ちくま学芸文庫)

分裂病と他者

  • 税込価格:1,404
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 精神病理から人間存在の本質にいたる思索をさらに深め、分裂病者にとっての「他者」の問題を徹底して掘り下げた木村精神病理学の画期をなす論考。ハイデッガー、西田幾多郎らに加え、デリダ、ラカン、レヴィナスなどの構造主義と正面からわたり合い、自己と他者との関係のありかたを「あいだ=いま」という本質的な項を媒介として見つめ直す。研ぎ澄まされた治療感覚をもって、患者の生き方を知覚し、治癒をめざして真摯な長い対話...

電子書籍

新編 分裂病の現象学(ちくま学芸文庫)

新編 分裂病の現象学

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,512
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 実践的な臨床の経験から、分裂病(統合失調症)を治療すべき異常なものとする論理に与することなく、人間という矛盾に満ちた存在そのものに内在している自己分裂に根差したものとする地平から紡ぎだされた珠玉の初期論文。西田哲学における自‐他論や時間論を敷衍し、分裂病者の自閉性や体験の基本的構造に注目することにより、自我障碍よりも人と人との「あいだ」における自己の自己性の危機、自己と身体との乖離を論じる。

電子書籍

自己・あいだ・時間 ──現象学的精神病理学(ちくま学芸文庫)

自己・あいだ・時間 ──現象学的精神病理学

  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:1,404
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 精神の病態を一時的な疾患としてではなく人生全体の示す歴史的な歩みとして位置づけ、独自の思想を重ねてきた著者の代表的論考のかずかず。自己と他者の「あいだ」の病態として捉えられてきた分裂病を、「時間」の病態として、現象学的な思索を展開する。とりわけ鬱病者の“あとのまつり”的体制に対し、分裂病者が“前夜祭”的な時間体制をもつという新しい構図は世界的に大きな波紋を広げた。他者や世界との「あいだ」、自己自身...

電子書籍

自分ということ(ちくま学芸文庫)

自分ということ

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:918
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 「自己」とか「自分」とは、私たち個人の内部的ななにものかだろうか。自分の「自」は「おのずから」の「自然」となり、また「みずから」の「自分」となり、両者の間で根源的な生命は躍動する。自己あるいは自分とは、私の内部にあるものではなくて、私と世界との、総じて人と人との「あいだ」にあるのだ。自己の自己性にかかわる危機として分裂病(統合失調症)や離人症を取り上げ、「あいだ」の時間性や、自己の「もの」的ありよ...

電子書籍

あいだ(ちくま学芸文庫)

あいだ

  • 評価4.0レビュー:5件
  • 税込価格:918
  • 出版社:筑摩書房
  • 販売開始日:2016/08/19
  • 自己が生命の根拠に支えられて世界と出会う行為的原理である「あいだ」。その構造を、ゲシュタルトクライス理論に拠りつつ、ノエマ・ノエシスの円環的関係を西田哲学の「行為的直観」と関連づけて、多面的に解き明かす。自己が主体として生きるということは、生命一般の根拠の「おのずから」の動きにかかわると同時に、間主体的な世界を維持することではないか。ユクスキュル、ブーバー、レヴィナスらへの言及を通じて自他の関係を...

識られざる神 新装版

識られざる神 新装版

  • 税込価格:3,672
  • 出版社:みすず書房
  • 発売日:2016/08/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 精神医学と宗教は、どのような関係をもちうるのか。無意識が内在する宗教性を、人間の実存を解明する鍵として考察し、精神療法への応用を志向する。講演集「ロゴスと実存」を併収。〔初版のタイトル:フランクル・セレクション 3〕【「TRC MARC」の商品解説】

    精神医学と宗教は、どのような関係を持ちうるのであろうか。無意識が内在する宗教性を、人間の実存を解明する鍵として考察し、精神療法...

臨床哲学とは何か (臨床哲学の諸相)

臨床哲学とは何か (臨床哲学の諸相)

  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:4,320
  • 出版社:河合文化教育研究所
  • 取扱開始日:2014/12/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 木村敏・鷲田清一・野家啓一という精神病理学と哲学の巨匠の思考を中心に、気鋭の精神医学者・哲学者が臨床哲学の意味を根底から問い直す。河合文化教育研究所主催の、2012年と2013年のシンポジウムの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

あいだと生命 臨床哲学論文集

あいだと生命 臨床哲学論文集

  • 評価2.0
  • 税込価格:2,916
  • 出版社:創元社
  • 発売日:2014/11/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本の精神医学・精神病理学に比類なき足跡を残してきた著者の集大成。西田哲学に由来する概念「逆対応」を用いて統合失調症患者に特徴的な自他関係の病態を考察する「自他の「逆対応」」などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の精神医学・精神病理学に比類なき足跡を残してきた著者は、人間の生身の姿を丸ごととらえる現象学の立場から、こころの「病理」のみにとらわれずに人の生きざまの...

いのちと病い 〈臨床哲学〉に寄せて

いのちと病い 〈臨床哲学〉に寄せて

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,240
  • 出版社:創元社
  • 取扱開始日:2012/12/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 生と死、経験の根拠、欲動、正常と異常、自己と他者といったさまざまなテーマを手がかりに、生きること、病むことへの接近を試みたシンポジウムの講演をもとに編纂した論文集。【「TRC MARC」の商品解説】

「自己」と「他者」 (臨床哲学の諸相)

「自己」と「他者」 (臨床哲学の諸相)

  • 評価5.0
  • 税込価格:4,212
  • 出版社:河合文化教育研究所
  • 取扱開始日:2012/12/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 「他者」なくしては原理的に成り立ちえない「自己」という不安定な存在。「自己」の不可思議な内奥を、「中道的自己」「与格的自己」の補助線を引くことで辿りなおし、絶対的生=ゾーエーにまで遡って考察する論考集。【「TRC MARC」の商品解説】

目立たぬものの精神病理

目立たぬものの精神病理

  • 評価4.4レビュー:1件
  • 税込価格:5,184
  • 出版社:みすず書房
  • 取扱開始日:2012/09/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間学的精神医学、哲学と精神療法における理論と実践に大きな業績を残したブランケンブルクの、死後に編まれた論文集。心身問題、妄想の現存在分析、精神医学における弁証法的考察などをテーマに、代表的な論考10編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 105 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。