サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ゲンロンの紙の本一覧

“ゲンロン”の紙の本一覧

“ゲンロン”に関連する紙の本を33件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ゲンロン 12(2021September)

  • 東 浩紀 (編集長)
  • 税込価格:2,860
  • 発売日:2021/09/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。12は、「無料とはなにか」を特集し、座談会、論考などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    東浩紀が編集長を務める批評誌「ゲンロン」最新刊です。今号の特集では、楠木建氏、鹿島茂氏、桜井英治氏、飯田泰之氏、井上智洋氏、小川さやか氏の論考と座談会で、多様な切り...

哲学の誤配 (ゲンロン叢書)

  • 東 浩紀 (著)
  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2020/05/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 正しい宛先に向けて正しく言葉を伝えることは、政治的でも公共的でもないのだ−。韓国の読者に向けて語った2つのインタビューと、2019年11月に中国・杭州で行なった講演を収録する。日韓並行出版。【「TRC MARC」の商品解説】

    誤配とは自由のことである――
    近くて遠い読者に向けたインタビュー&講演録

    韓国の読者に向けて語った2つのインタビュ...

新写真論 スマホと顔 (ゲンロン叢書)

  • 大山 顕 (著)
  • 評価3.8レビュー:4件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2020/03/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 自撮りから、ドローン、ウェアラブル、顔認証、香港のデモまで。写真を変えるあらゆる話題を横断し、工場写真の第一人者が辿り着いた、スリリングな人間=顔=写真論。『ゲンロンβ』連載に書き下ろしを追加して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    もしかしたら写真は人間を必要としなくなるのではないか

    写真は激変のまっただ中にある。
    「写真」という...

ゲンロン 0(2017April) 観光客の哲学

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.2レビュー:39件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2017/04/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 【毎日出版文化賞人文・社会部門(第71回)】グローバリズムが世界を覆う時代、新しい政治思想の足がかりはどこにあるのか。ルソー、ローティ、ネグリ、ドストエフスキー、ネットワーク理論を自在に横断し、ヘーゲルのパラダイムを乗り越える。【「TRC MARC」の商品解説】

    否定神学的マルチチュードから郵便的マルチチュードへ――。ナショナリズムが猛威を振るい、グローバリズムが世界を覆う時...

思想地図beta 4−1 チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.3レビュー:30件
  • 税込価格:1,540
  • 発売日:2013/07/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 1泊2日のチェルノブイリ原発立入禁止区域ツアーの内容を、キエフにあるチェルノブイリ博物館の展示とともに紹介。さらに、官民双方のさまざまな立場の人が、観光地化するチェルノブイリの現状と未来について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

新復興論 増補版 (ゲンロン叢書)

  • 小松 理虔 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 発売日:2021/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 【大佛次郎論壇賞(第18回)】外国人との交流、福祉施設への滞在、娘の成長。様々な出会いを通して、トラウマを受け止める「ナラティブ」にたどり着く。震災から10年、格闘し続けた福島のアクティビストが、自身の復興を語る。書きおろしを加えた増補版。【「TRC MARC」の商品解説】

    「本書は、ぼく、小松理虔が、この10年、いかに土地と交わり、思考を重ね、いかに震災と原発事故を血肉化し...

新プロパガンダ論 (ゲンロン叢書)

  • 辻田 真佐憲 (著)
  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/01/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 社会学者・西田亮介と近現代史家・辻田真佐憲によるまったく新しい安倍長期政権分析。現代日本のプロパガンダ(政治広報、情報戦略)をめぐり、2018年4月〜2020年9月に5回に渡って行われた対談を加筆修正し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    政治の戦場はいまや噓と宣伝のなかにある
    気鋭の近現代史家と社会学者によるまったく新しい安部長期政権分析!
    <...

ゲンロン 11(2020September)

  • 東 浩紀 (編集長)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,750
  • 発売日:2020/09/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。11は、「「線の芸術」と現実」を特集し、座談会、論考などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    東浩紀が編集長を務める批評誌『ゲンロン』の第11号。小特集「『線の芸術』と現実」では、マンガ家の安彦良和氏と山本直樹氏をお招きしたふたつの座談会を軸に、マンガの...

新対話篇 (ゲンロン叢書)

  • 東 浩紀 (著)
  • 評価4.3レビュー:9件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2020/05/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 東浩紀が2012年以降に行なった対談・鼎談から、哲学と芸術がテーマのものを厳選。人間がデータに還元される時代に「対話」というもっとも古く原始的な方法で人文知の再起動に挑む。飴屋法水・柳美里との鼎談も新たに追加。【「TRC MARC」の商品解説】

    ソクラテスの対話をやりなおす――
    哲学と芸術の根本に立ち返った本格対談集

    東浩紀が2012年以...

新しい目の旅立ち (ゲンロン叢書)

  • プラープダー・ユン (著)
  • 評価3.9レビュー:9件
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2020/02/07
  • 発送可能日:1~3日
  • ポストモダンのバンコクを駆け抜けたカリスマ作家が、「黒魔術の島」で本当の哲学にたどり着く…。フィリピンと日本に渡航した著者が、フィリピンでの滞在について記す。『ゲンロン』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    新世代の小説や映画を続々発表、タイ・ポストモダンのカリスマとなったプラープダー・ユン。そんな流行作家も30代半ばを迎え、精神的危機に直面する。バンコクの喧騒...

ゲンロン 10(2019September)

  • 東 浩紀 (編集長)
  • 評価4.4レビュー:4件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2019/09/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。10は、「平成から令和へ」「AIと人文知」を特集し、座談会、論考などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    批評家東浩紀が編集長をつとめる批評誌『ゲンロン』。第2期創刊号となる今号では、小説家の高橋源一郎さん・政治学者の原武史さんと東浩紀のふたつの対談を収...

テーマパーク化する地球 (ゲンロン叢書)

  • 東 浩紀 (著)
  • 評価4.2レビュー:9件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2019/06/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 哲学し、対話し、経営する悩める批評家・東浩紀の軌跡をたどる評論集。東日本大震災以降の原稿から47のテクストを選び出し、「世界のテーマパーク化」「慰霊と記憶」「批評の役割」を軸に配列する。【「TRC MARC」の商品解説】

    哲学し、対話し、経営する
    悩める批評家の軌跡
    ぼくたちは、
    人間であり続けるために、
    等価交換の外部を

新記号論 脳とメディアが出会うとき (ゲンロン叢書)

  • 石田 英敬 (著)
  • 評価4.7レビュー:15件
  • 税込価格:3,080
  • 発売日:2019/03/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代人はつねにネットワークに接続されている。それはなにを意味するのか。ヒトと機械のインターフェイス=境界面の本質を明らかにする、ゲンロンカフェでの伝説の白熱講義と、書き下ろしの補足的論文を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    現代人はつねにネットワークに接続されている。
    それはなにを意味するのか。
    二人の哲学者が、記号論という名の
    ...

ゲンロン 9第1期終刊号(2018October)

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2018/11/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。9は、「現代日本の批評」「ロシア現代思想」「ゲームの時代」を特集し、鼎談、論考などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    批評は再生した。人文知のほんとうの再起動がここから始まる。

    『ゲンロン』創刊から3年。第Ⅰ期のあらゆる伏線を...

ゲンロン 8(2018May) 特集ゲームの時代

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価3.7レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2018/06/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。8は、「ゲームの時代」を特集。井上明人らによる共同討議や、論考などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    ゲームという新しい技術あるいはメディアは、いかに21世紀を生きるわたしたちの生と認識を規定しているのか。 その連関を探る、ゲンロン史上最大の大...

ゲンロン 7(2017December) 特集ロシア現代思想 2

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2017/12/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。7は、「ロシア現代思想Ⅱ」を特集。乗松亨平らによる共同討議や、論考などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

ゲンロン 6(2017September) 特集ロシア現代思想 1

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.5
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2017/09/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。6は、「ロシア現代思想Ⅰ」を特集。貝澤哉や乗松亨平らによる共同討議や、論考などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

ゲンロン 5(2017June) 特集幽霊的身体

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 取扱開始日:2017/06/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。5は、「幽霊的身体」を特集。梅沢和木や大澤真幸らによる共同討議や、論考などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

ゲンロン 4(2016November) 特集現代日本の批評 3

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2016/12/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。4は、「現代日本の批評」を特集。佐々木敦の基調報告や、杉田俊介の論考などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    昭和から平成の言論史を徹底総括、批評を未来に開く
    「現代日本の批評」ついに完結!

    【特集:現代日本の批評Ⅲ...

ゲンロン 3(2016July) 特集脱戦後日本美術

  • 東浩紀 (編)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2016/07/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 特集:脱戦後日本美術
    もう悪い場所論や地域アート論はうんざりだ! 
    美術批評の日本特殊論を打ち破るため、巻頭に
    来るのはまずは東浩紀と黒瀬陽平による韓国リアルDMZプロジェクトの徹底取材。グラビアとインタビューでダークツーリズムと現代美術の新展開に迫る。同国を代表するアーティスト、パク・チャンキョン氏の特別寄稿も獲得。続く座談会では、会田誠・椹木野衣・安藤礼二 3氏を迎え、戦後日...

ゲンロン 2(2016April)慰霊の空間

  • 東浩紀 (編)
  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2016/04/07
  • 発送可能日:7~21日
  • 特集:慰霊の空間

    特集の中心をなすのは、津田大介らが参加した、2016年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館のコンペ展示案。挑戦的なプランを2色刷りで完全再現。中沢新一へのインタビュー、五十嵐太郎・黒瀬陽平とともに災害と慰霊を再検討する鼎談など、多様な側面からこの国における慰霊のありように迫る。


    小特集:現代日本の批評Ⅱ

    巻頭には最後の長篇こ...

ゲンロン 1(2015December) 現代日本の批評

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価4.4レビュー:2件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2015/12/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 『思想地図β』と『ゲンロン通信』を継承した批評誌。狭義の批評に限らず、幅広い寄稿者による多様なテーマの論考を掲載する。1は、「現代日本の批評」を特集。大澤聡の基調報告や、佐々木敦の論考などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

思想地図beta 4−2 福島第一原発観光地化計画

  • 東 浩紀 (編)
  • 評価3.8レビュー:18件
  • 税込価格:2,090
  • 発売日:2013/11/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 福島第一原子力発電所の跡地と周辺地域を後世に残すため「観光地化」することを提言する書。2020年と2036年を仮の実現目標とした開発計画を提案し、新しい観光スタイル・ダークツーリズムを主題とした論文も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

震災ニッポンはどこへいく ニコ生思想地図コンプリート 東浩紀対談集

  • 東 浩紀 (著)
  • 評価4.5レビュー:4件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2013/02/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 震災、原発、メディア、アート、サイエンス…。東浩紀をホストに、14人の多彩なゲストを迎えて「ニッポンのいま」について語り合った縦横無尽の対談集。「ニコニコ生放送」のウェブ対談番組「ニコ生思想地図」を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

マンガ家になる! ゲンロンひらめき☆マンガ教室第1期講義録

  • さやわか (編)
  • 評価4.6レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2018/12/01
  • 発送可能日:要確認
  • 「マンガ家になる」ためのノウハウを、12人の人気作家が語る。マンガ家育成スクール「ゲンロンひらめき☆マンガ教室」第1期講義録。第1回ゲンロンひらめき☆マンガ大賞選考会と第1期総括座談会の様子、最優秀作品も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    絵がうまいだけじゃダメ、マンガが描けるだけでもダメ。
    マンガ家として本当に成功するための、12人の人気作家が語るひらめき...

新復興論 (ゲンロン叢書)

  • 小松 理虔 (著)
  • 評価4.5レビュー:6件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2018/09/01
  • 発送可能日:要確認
  • 【大佛次郎論壇賞(第18回)】東日本大震災から7年、復興は地域の衰退を加速しただけだった−。復興の矛盾を見てきたアクティビストが、足下からの「地域づくり」を目指した新たな復興のビジョンを語る。『ゲンロン観光地化メルマガ』等連載を抜粋し改稿。【「TRC MARC」の商品解説】

    震災から七年、復興は地域の衰退を加速しただけだった――。
    希望を奪い、コミュニティを分断す...

ゲンロン通信 #9+10(2013OCT.)

  • 東 浩紀 (編集長)
  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,100
  • 取扱開始日:2013/12/07
  • 発送可能日:要確認
  • 〔「genron etc.」の改題,巻次を継承〕【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 33 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。